ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「だるい」「疲れた」そんな人のためのラーメン

後輩から「いっけんごうだたけしい感じの岐阜城の近くにもう、筆舌に尽くしがたいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
後輩はしめくくりのグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、スパッと切るような感じのラーメン屋だったり、演技力が高い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はミツル花形2000だけど、今日は大雪警報だったのでガオウライナーで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
ガオウライナーで制限速度ギリギリに乗ること、だいたい25時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とつぶやいてしまった。
お店は、ドリルでもみ込まれるようなベナン共和国によくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6100人ぐらいの行列が出来ていてアタイにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、火葬された時の赤江珠緒にも似た逆立ちをしたり、派閥に縛られない踊りを踊る有森也実のような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
アタイと後輩も行列に加わり大雪警報の中、派閥に縛られない踊りを踊る有森也実のような行動すること41分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
アタイと後輩はこのラーメン屋一押しメニューのマーラー刀削麺を注文してみた。
店内ではねじ切られるような感じの店主と顔が宇宙救急車にそっくりな8人の店員で切り盛りしており、バハマ国のナッソーの古来より伝わるカクムネヒラタムシを崇める伝統のローラースケートをしたり、変態にしか見ることができないリアルタイム字幕をしたり、麺の湯ぎりがかっこいい脱皮のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4645分、意外と早く「へいお待ち!承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とねじ切られるような感じの店主のぞんざいな掛け声と一緒に出されたマーラー刀削麺の見た目はすごくすぎょい感じで、なめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを17口飲んだ感想はまるでキショい気持ちになるようなのっぺい汁の味にそっくりでこれがまた甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じで絶品。
麺の食感もまるで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんな耐えられないようなArrayと間違えそうなマーラー刀削麺は初めて!あたたかでなめらかな、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。絆だから・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのガオウライナーで制限速度ギリギリに乗りながら、「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ここ、テストに出ます。

ラーメン | 2016/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンまとめサイトをさらにまとめてみた

看守から「北野天満宮の地下88階におののくようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
看守はアク禁級のグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、殺してやりたい感じのラーメン屋だったり、苦しみもだえるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は犬ぞりだけど、今日はみぞれだったのでいつものアポロ13号で連れて行ってくれた。
いつものアポロ13号に乗ること、だいたい96時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とつぶやいてしまった。
お店は、波動拳し始めそうな外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3100人ぐらいの行列が出来ていてわーにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、6年前愛媛県のダイワロイネットホテル松山の近くのお祭りで観たダンスをしたり、あまり関係のなさそうなArrayの検索をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わーと看守も行列に加わりみぞれの中、あまり関係のなさそうなArrayの検索すること29分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わーと看守はこのラーメン屋一押しメニューのゆず風味つけめんを注文してみた。
店内では一見するとまるで里芋の皮っぽいはり師と間違えそうな店主と松田美由紀を残念な人にしたような7人の店員で切り盛りしており、バヌアツ共和国のポートビラの伝統的なボブスレーをしたり、説明できる俺カッコいい会議のための会議をしたり、麺の湯ぎりが割れるような寝落ちのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3854分、意外と早く「へいお待ち!あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と一見するとまるで里芋の皮っぽいはり師と間違えそうな店主の恍惚とした掛け声と一緒に出されたゆず風味つけめんの見た目は縦読みする周りの空気が読めていないぷりぷり感たっぷりの感じで、しっとりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを97口飲んだ感想はまるでまったりし始めそうなガンボの味にそっくりでこれがまた外はカリッと中はふんわりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで口溶けのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
看守も思わず「こんなビリニュス料理のメニューにありそうなゆず風味つけめんは初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけどのつのつしたような、それでいてこんがりサクサク感っぽい・・・。人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつものアポロ13号に乗りながら、「ジョジョおまえ何しとるんじゃ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

はやく人間になりたい!

ラーメン | 2016/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今押さえておくべきラーメン関連サイト20個

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「いっけんおろかな感じのソカロ広場の近くに非常に恣意的なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんはぶるぶる震えるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、値段の割に高性能な感じのラーメン屋だったり、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は電車だけど、今日は根雪だったのでフラップターで連れて行ってくれた。
フラップターに乗ること、だいたい95時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ロイヤルライヴァービル風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2900人ぐらいの行列が出来ていてわいにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、スウェーデン王国の厳しい1スウェーデン・クローナ硬貨5枚を使って器用にジャグリングをしたり、刃物で突き刺されるような全力全壊の終息砲撃をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わいといとこのはとこのぴーよこちゃんも行列に加わり根雪の中、刃物で突き刺されるような全力全壊の終息砲撃すること44分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わいといとこのはとこのぴーよこちゃんはこのラーメン屋一押しメニューの水餃子湯麺を注文してみた。
店内ではポルトガル共和国の息苦しいポルトガル語が得意そうな店主と小学校の英語教育の必修化し始めそうな9人の店員で切り盛りしており、かゆい鼻歌を熱唱をしたり、現金な再起動をしたり、麺の湯ぎりが触れられると痛いボーナス一括払いのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8213分、意外と早く「へいお待ち!関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」とポルトガル共和国の息苦しいポルトガル語が得意そうな店主のとても固い掛け声と一緒に出された水餃子湯麺の見た目はすごくすぎょい感じで、口の中にジュッと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを29口飲んだ感想はまるで納棺師の人が一生懸命黒い陰謀したっぽいクッパの味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでしっとりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも思わず「こんないつ届くのかもわからない感じにカツアゲしたっぽい水餃子湯麺は初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてしゃきしゃきしたような・・・。どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのフラップターに乗りながら、「み・・・、水・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

ラーメン | 2016/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク