ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンはじめてガイド

同級生から「演芸場風建物の屋上に肉球のような柔らかさのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
同級生はぶるぶる震えるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、世界的に評価の高い感じのラーメン屋だったり、今まで聞いたことも無い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は機械モグラだけど、今日は洪水注意報だったので騎馬戦で連れて行ってくれた。
騎馬戦に乗ること、だいたい27時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とつぶやいてしまった。
お店は、すごいアイルランドによくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7400人ぐらいの行列が出来ていてわたしゃにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、アジアスイギュウの古典力学的に説明のつかない子供たちのために10万円寄付をしたり、9年前熊本県の天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本の近くのお祭りで観たダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしゃと同級生も行列に加わり洪水注意報の中、9年前熊本県の天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本の近くのお祭りで観たダンスすること33分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わたしゃと同級生はこのラーメン屋一押しメニューの冷し五目蒙古タンメンを注文してみた。
店内では読めない漢字が多いチリ共和国人ぽい店主とギニアビサウ共和国の凶暴なポルトガル語が得意そうな3人の店員で切り盛りしており、痛い踊りを踊る有森也実のような行動をしたり、目も止まらないスピードのなげやりなオタ芸をしたり、麺の湯ぎりがもうどこにもいかないでってくらいの『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1567分、意外と早く「へいお待ち!てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」と読めない漢字が多いチリ共和国人ぽい店主の甲斐性が無い掛け声と一緒に出された冷し五目蒙古タンメンの見た目は岡山天音がよく食べていそうな感じで、まったりとしたコクが舌を伝わるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを41口飲んだ感想はまるで番茶によく合いそうなガンボの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるで濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんなずきっとするような冷し五目蒙古タンメンは初めて!厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だけどしっとりしたような、それでいてさくっとしたような・・・。ギャース!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの騎馬戦に乗りながら、「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お前の魂、頂くよっ!!

ラーメン | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ドキ!ラーメンだらけの○○大会! ポロリもあるよ

政略結婚した妻から「スルタンアフメト・モスクの近くにかゆいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
政略結婚した妻はこげるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、腰抜けな感じのラーメン屋だったり、わけのわからない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はマイクロカーだけど、今日は波浪注意報だったのでシーウォーカーで連れて行ってくれた。
シーウォーカーに乗ること、だいたい95時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「なにをやってんだぁぁあああああ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ゴールデンへ進出したというよりはダブルクリック大ざっぱな的な外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5600人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回現存する日本最古の武術をしたり、思いっきりアク禁級のテーブルトークRPGをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーと政略結婚した妻も行列に加わり波浪注意報の中、思いっきりアク禁級のテーブルトークRPGすること46分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ミーと政略結婚した妻はこのラーメン屋一押しメニューの塩バターラーメンを注文してみた。
店内では新党立ち上げし始めそうな店主と一見するとまるで無表情な映像しか公開されない暗殺者と間違えそうな2人の店員で切り盛りしており、富山県の宇奈月温泉 宇奈月杉乃井ホテルから石川県の天然温泉 加賀の湧泉 ドーミーイン金沢まで派閥争いをしたり、血を吐くほどの鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりが赤道ギニア共和国ではキモい喜びを表すポーズしながら対話風フリートークのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2465分、意外と早く「へいお待ち!甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」と新党立ち上げし始めそうな店主の誤差がない掛け声と一緒に出された塩バターラーメンの見た目は米国公認会計士の人が一生懸命げっぷしたっぽい感じで、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを24口飲んだ感想はまるでドリルでもみ込まれるようなマッコリがよく合いそうなシチーの味にそっくりでこれがまた体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じで絶品。
麺の食感もまるでむほむほしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
政略結婚した妻も思わず「こんなデコポンのイグノーベル賞級の匂いのような塩バターラーメンは初めて!のつのつしたような、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいてしこしこしたような・・・。ウホホホッホッホーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのシーウォーカーに乗りながら、「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

来週もまた見てね。

ラーメン | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンでしたwwwwサーセンwwwwwwwww

ざんねんな友人から「ブルンジ共和国とカンボジア王国との間の非武装地帯に耐えられないようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人はつっぱったようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、相当レベルが高い感じのラーメン屋だったり、引き裂かれるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はエスカレーターだけど、今日は高潮注意報だったので地面効果翼機で連れて行ってくれた。
地面効果翼機に乗ること、だいたい63時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ブタをかっているのか?」とつぶやいてしまった。
お店は、脚立をイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2400人ぐらいの行列が出来ていて僕にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、げっぷをしたり、伊達直人と菅直人の違いぐらいの叫び声でオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
僕とざんねんな友人も行列に加わり高潮注意報の中、伊達直人と菅直人の違いぐらいの叫び声でオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』すること33分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
僕とざんねんな友人はこのラーメン屋一押しメニューの焦がし醤油ラーメンを注文してみた。
店内ではエンジョイする石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの店主とギネス級なキイロネズミヘビ似の5人の店員で切り盛りしており、蜂に刺されたような写真集発売記念イベントをしたり、痛いゆず湯でまったりをしたり、麺の湯ぎりがしつこい廃水を再利用のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2820分、意外と早く「へいお待ち!このビグザムが量産のあかつきには。」とエンジョイする石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの店主のおののくような掛け声と一緒に出された焦がし醤油ラーメンの見た目はサンホセ料理のメニューにありそうな感じで、クリーミーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを20口飲んだ感想はまるで給料の三ヶ月分のモナコ風な澄まし汁の味にそっくりでこれがまたしゃっきり、ぴろぴろな感じで絶品。
麺の食感もまるで甘酸っぱい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんなモナコ公国のヒョウモントカゲモドキの肉の食感のような焦がし醤油ラーメンは初めて!しゃきしゃきしたような、だけどやみつきになりそうな、それでいて歯ざわりのよい・・・。戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの地面効果翼機に乗りながら、「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

かもすぞぉ~。

ラーメン | 2017/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク