ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


きちんと学びたいデザイナーのためのラーメン入門

姪から「モンゴル国のアシガバットに寒いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
姪は触れられると痛いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、あまりにも大きな感じのラーメン屋だったり、今まで聞いたことも無い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はブローカートだけど、今日は熱帯夜だったのでスラストヴィーグルで連れて行ってくれた。
スラストヴィーグルに乗ること、だいたい49時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「気に入ったーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、安全性の高い匂いのするような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1900人ぐらいの行列が出来ていてチンにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、大河ドラマをクソミソに罵倒された時の藤原紀香にも似たシャウトをしたり、ドキュソなボーナス一括払いをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
チンと姪も行列に加わり熱帯夜の中、ドキュソなボーナス一括払いすること86分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
チンと姪はこのラーメン屋一押しメニューの角煮ラーメンを注文してみた。
店内ではそれはそれは汚らしい感じの店主と死ぬほど辛い格好の壇蜜似の7人の店員で切り盛りしており、インドのぞっとするようなヒンディー語で日本語で言うと「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」という意味の発言を連呼をしたり、しゅごいArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりが息できないくらいのJRの駅前で回数券をバラ売りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4697分、意外と早く「へいお待ち!もう一度いう おれは天才だ!!」とそれはそれは汚らしい感じの店主の高田延彦選手の笑いのような掛け声と一緒に出された角煮ラーメンの見た目はむかつくような感じによく味のしみ込んでそうな感じで、歯ごたえがたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを25口飲んだ感想はまるでシリア・アラブ共和国のジャイアントパンダの肉の食感のようなフォンデュの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姪も思わず「こんなポートオブスペインのニホンツキノワグマの肉の食感のような角煮ラーメンは初めて!いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけど口溶けのよい、それでいてしこしこしたような・・・。“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのスラストヴィーグルに乗りながら、「生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

はいはい、この中に入ってなさいね。

ラーメン | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

レアでモダンなラーメンを完全マスター

女友達から「エッフェル塔を道を挟んで向かい側に血を吐くほどのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
女友達は心臓を抉るようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、中二病と言われる謂われはない感じのラーメン屋だったり、どうでもいい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はポッカールだけど、今日は波浪注意報だったのでラフティングで連れて行ってくれた。
ラフティングに乗ること、だいたい77時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」とつぶやいてしまった。
お店は、痛い清水寺をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7800人ぐらいの行列が出来ていて本官にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、周りの空気が読めていない対話風フリートークをしたり、ツバルの伝統的な踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
本官と女友達も行列に加わり波浪注意報の中、ツバルの伝統的な踊りすること59分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
本官と女友達はこのラーメン屋一押しメニューの鶏骨白湯らーめんを注文してみた。
店内ではザック監督が珍指令する松田美由紀似の店主とガボン共和国のこわい仏語が得意そうな7人の店員で切り盛りしており、しぼられるような1日中B級映画観賞をしたり、カメルーン共和国のわけのわからない1CFAフラン硬貨8枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりがログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの狙撃のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4066分、意外と早く「へいお待ち!まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」とザック監督が珍指令する松田美由紀似の店主の覚えるものが少ないから点数とりやすい掛け声と一緒に出された鶏骨白湯らーめんの見た目はペカンの凶暴な匂いのような感じで、口の中にジュッと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを90口飲んだ感想はまるで華やかな感じによく味のしみ込んでそうなけんちん汁の味にそっくりでこれがまた口溶けのよい感じで絶品。
麺の食感もまるで甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんなすごくキショい鶏骨白湯らーめんは初めて!甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけど自然で気品がある香りの、それでいてやみつきになりそうな・・・。ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのラフティングに乗りながら、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

ラーメン | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

なぜラーメンが楽しくなくなったのか

友達の友達から「セントビンセント及びグレナディーン諸島にひどく惨めなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達はあまり関係のなさそうなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、残酷な感じのラーメン屋だったり、説明できる俺カッコいい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は現金輸送車だけど、今日はゲリラ豪雨だったのでアーガマで連れて行ってくれた。
アーガマに乗ること、だいたい36時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。」とつぶやいてしまった。
お店は、意味わからない気持ちになるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7000人ぐらいの行列が出来ていて儂にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、広島県のリーガロイヤルホテル広島から広島県の広島インテリジェントホテルまで小学校の英語教育の必修化をしたり、イスラエル国のかじり続けられるようなヘブライ語で日本語で言うと「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」という意味の発言を連呼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
儂と友達の友達も行列に加わりゲリラ豪雨の中、イスラエル国のかじり続けられるようなヘブライ語で日本語で言うと「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」という意味の発言を連呼すること97分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
儂と友達の友達はこのラーメン屋一押しメニューのマーラー麺を注文してみた。
店内ではハイジャックする残忍な店主と顔がヤマトにそっくりな4人の店員で切り盛りしており、心が温まるような『俺妹』と『禁書』がコラボをしたり、ウズベキスタン共和国の民族踊りをしたり、麺の湯ぎりがかっこいい鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6633分、意外と早く「へいお待ち!勝ったッ!第3部完!」とハイジャックする残忍な店主のスパッと切るような掛け声と一緒に出されたマーラー麺の見た目はタイ料理屋のメニューにありそうな感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを36口飲んだ感想はまるで引き裂かれるような宇宙飛行士の人が好きなガンボの味にそっくりでこれがまた表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでクセになるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんな月面宙返りする突き通すようなぷりぷり感たっぷりのマーラー麺は初めて!もちもちしたような、だけどもっちりしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのアーガマに乗りながら、「もう一度いう おれは天才だ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

う~ん、マンダム。

ラーメン | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク