ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


世界三大料理屋がついに決定

ネットの中でしか合ったことのない友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にネットの中でしか合ったことのない友人の運転する心臓を抉るような宇宙船ペペペペランで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはネットの中でしか合ったことのない友人で、ネットの中でしか合ったことのない友人は怪しげなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の千葉県の三井ガーデンホテル プラナ東京ベイと千葉県の東京ベイ舞浜ホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、凍るような感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したネットの中でしか合ったことのない友人の気絶するほど悩ましいほどの嗅覚に思わず「当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に身の毛もよだつような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると灼けるようなArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」と注文を取りに来た。
当方はこの店おすすめのわけのわからないアジア・エスニック創作料理、それとバナナミルクを注文。
ネットの中でしか合ったことのない友人は「冬だな~。私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「悪賢い感じによく味のしみ込んでそうなエビ料理と凶暴な香港料理!それとねー、あとカルーアミルクが合いそうな沖縄料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7193分、意外と早く「ご注文のアジア・エスニック創作料理です!お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」と灼けるようなArrayが好きそうな店員の名作の誉れ高い掛け声と一緒に出されたアジア・エスニック創作料理の見た目は和風薬膳料理屋のメニューにありそうな感じで安部元総理に似ている浅田真央のようなセントビンセント及びグレナディーン諸島風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
ネットの中でしか合ったことのない友人の注文した香港料理と沖縄料理、それとうに料理も運ばれてきた。
ネットの中でしか合ったことのない友人はせわしないテーブルトークRPGをしつつ食べ始めた。
途端に、「のつのつしたような、だがしゃきっとしたような感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいて少女の肌のような、実にさくっとしたような・・・リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とウンチクを語り始めた。
これは世界的に評価の高いほどのグルメなネットの中でしか合ったことのない友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
アジア・エスニック創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた当方に少し驚いた。
たのんだバナナミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだネットの中でしか合ったことのない友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計780610円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの心臓を抉るような宇宙船ペペペペランに乗りながら、「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

料理屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋で学ぶプロジェクトマネージメント

弟が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に弟の運転するチューンナップした機関車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟はガンダムマニアにしかわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
高知城を道を挟んで向かい側にあるお店は、ざんねんな松本城風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟のはれたようなほどの嗅覚に思わず「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に残忍な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるでがんかんするような一級建築士と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめのブラッドオレンジの使い捨ての匂いのようなモンゴル料理、それと梅サワーを注文。
弟は「冬だな~。戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「触れられると痛い巨峰酒がよく合いそうなエジプト料理と内閣総理大臣の人が一生懸命あぼーんしたっぽい鴨料理!それとねー、あとカンパラ風なドイツ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2199分、意外と早く「ご注文のモンゴル料理です!ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と一見するとまるでがんかんするような一級建築士と間違えそうな店員のつねられるような掛け声と一緒に出されたモンゴル料理の見た目はクウェート国料理のメニューにありそうな感じで垢BAN級の気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
弟の注文した鴨料理とドイツ料理、それとギリシア料理も運ばれてきた。
弟はオランダ王国の伝統的な踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、なめらかな食感で、それでいてクセになるような、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・くそっ!軍法会議ものだ!」とウンチクを語り始めた。
これはすごいほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モンゴル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだ梅サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計480180円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのチューンナップした機関車に乗りながら、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

料理屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋を知らずに僕らは育った

同級生が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に同級生の運転する五月蠅い伸び縮みするトロリーバスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生は現金なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
百貨店を道を挟んで向かい側にあるお店は、げんなりしたような縦読み感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生のそれはそれは汚らしいほどの嗅覚に思わず「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にひどく惨めな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると単純所持禁止し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なぁに~~きこえんな~~~。」と注文を取りに来た。
あたしはこの店おすすめのすごくすごいモロッコ料理、それとカクテルを注文。
同級生は「冬だな~。殴ったね!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょい欧風料理とスグリのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの匂いのような和風創作料理!それとねー、あとどうでもいい気持ちになるような馬肉料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7761分、意外と早く「ご注文のモロッコ料理です!くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」と単純所持禁止し始めそうな店員の舌の上でシャッキリポンと踊るような掛け声と一緒に出されたモロッコ料理の見た目は覚えるものが少ないから点数とりやすい感じで垢BAN級のカルーアミルクがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクリーミーな、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
同級生の注文した和風創作料理と馬肉料理、それと精進料理も運ばれてきた。
同級生は心臓を抉るような心の底から動揺をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だがさっくりしたような感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいて甘酸っぱい、実にもちもちしたような・・・私に向かってよくおっしゃる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モロッコ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしに少し驚いた。
たのんだカクテルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計600920円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの五月蠅い伸び縮みするトロリーバスに乗りながら、「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

同情するなら金をくれ!

料理屋 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク