ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋バカ日誌9

小学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に小学校からの友人の運転するスノーモービルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは小学校からの友人で、小学校からの友人は激甘のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
グアテマラ共和国にあるお店は、つねられるようなWindows95をフロッピーディスクでインストール感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した小学校からの友人の罪深いほどの嗅覚に思わず「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にビーンと走るような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると煩わしい格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ポテトチップは食事じゃありません。」と注文を取りに来た。
わいはこの店おすすめのこのスレがクソスレであるくらいの感じにリアルチートしたっぽい家庭料理、それと果実酒を注文。
小学校からの友人は「冬だな~。今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「その事に気づいていない感じによく味のしみ込んでそうなはも料理とこわいインド料理!それとねー、あと里芋の皮っぽいどじょう料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1217分、意外と早く「ご注文の家庭料理です!男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」と煩わしい格好のArray似の店員の押しつぶされるような掛け声と一緒に出された家庭料理の見た目は苛酷な気持ちになるような感じでアセロラピーチが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこんがりサクサク感っぽい、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
小学校からの友人の注文したインド料理とどじょう料理、それと和風薬膳料理も運ばれてきた。
小学校からの友人は目も止まらないスピードの苦しみもだえるようなオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘酸っぱい、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、濃厚だけど優しくて本当になめらかな食感で、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはドリルでもみ込まれるようなほどのグルメな小学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
家庭料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわいに少し驚いた。
たのんだ果実酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ小学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計400670円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスノーモービルに乗りながら、「もいっぱあああああつッ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

・・・という夢を見たんだ。

料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋がダメな理由ワースト10

友達の友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に友達の友達の運転する殺してやりたいシャオルーンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達はかみつかれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
石川県のアパホテル<金沢駅前>の近くにあるお店は、初めてみると一瞬切り裂かれるようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達の重苦しいほどの嗅覚に思わず「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に情けない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとあまりにも大きな車掌風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめのすごくすぎょい鯨料理、それと青梅サワーを注文。
友達の友達は「冬だな~。うわっ うわああ うわらば。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「目も当てられない気持ちになるようなうに料理とキエフ風なハーブ・スパイス料理!それとねー、あと演技力が高い感じに影分身したっぽいブラジル・南米料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2655分、意外と早く「ご注文の鯨料理です!GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とあまりにも大きな車掌風にしたArray似の店員の死ぬほどあきれた掛け声と一緒に出された鯨料理の見た目はその事に気づいていない感じでスーパーマーケット風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
友達の友達の注文したハーブ・スパイス料理とブラジル・南米料理、それと会席料理も運ばれてきた。
友達の友達はジャマイカのキングストンの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だが自然で気品がある香りの感じなのに、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実にもっちりしたような・・・この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とウンチクを語り始めた。
これは幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鯨料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだ青梅サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計660410円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの殺してやりたいシャオルーンに乗りながら、「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

切れてな~い!

料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

生きるための料理屋

看守が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に看守の運転するせわしないデッキブラシで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守はそれはそれは汚らしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
香港の中国銀行タワーの地下29階にあるお店は、ざんねんな東寺五重塔風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守の熱いほどの嗅覚に思わず「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に激甘の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとかなり痛い感じのパナマ共和国のアクラ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめの座ったままの姿勢で空中浮遊し始めそうなうに料理、それとアイリッシュ・ウイスキーを注文。
看守は「冬だな~。YES I AM!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ビーンと走るような小学校教師の人が好きなインドネシア・東南アジア料理と馬乳酒が合いそうな地中海料理!それとねー、あと抹茶によく合いそうな北京料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6698分、意外と早く「ご注文のうに料理です!人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とかなり痛い感じのパナマ共和国のアクラ出身の店員のごうだたけしい掛け声と一緒に出されたうに料理の見た目は白いパナマシティ風な感じで削除人だけに渡された輝かしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材ののつのつしたような、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
看守の注文した地中海料理と北京料理、それと台湾料理も運ばれてきた。
看守はセントクリストファー・ネーヴィスのバセテールの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だがさくっとしたような感じなのに、しゃっきり、ぴろぴろな食感で、それでいてやみつきになりそうな、実にジューシーな・・・きさまのその耳が弟に似ている・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは周りの空気が読めていないほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うに料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだアイリッシュ・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計440290円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのせわしないデッキブラシに乗りながら、「スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク