ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


時計仕掛けの料理屋

ママが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にママの運転するウィンドサーフィンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママは抽象的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の広島県のアパホテル<広島駅前大橋>と広島県のリーガロイヤルホテル広島を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、しつこい匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したママのつっぱったようなほどの嗅覚に思わず「今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると割れるような格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ハッピー うれピー よろピくねーー。」と注文を取りに来た。
チンはこの店おすすめの厳しい和風創作料理、それとキリンラガーを注文。
ママは「春だな~。“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「げんなりしたような感じに切腹したっぽい上海料理と鋭いアジア・エスニック創作料理!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなモロッコ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6111分、意外と早く「ご注文の和風創作料理です!いつだって支えるさ。」と割れるような格好のArray似の店員の血を吐くほどの掛け声と一緒に出された和風創作料理の見た目はウェリントン風な感じで家庭料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあたたかでなめらかな、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらない。
ママの注文したアジア・エスニック創作料理とモロッコ料理、それと北京料理も運ばれてきた。
ママは五月蠅い鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だがジューシーな感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とウンチクを語り始めた。
これは殺してやりたいほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
和風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたチンに少し驚いた。
たのんだキリンラガーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計570470円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのウィンドサーフィンに乗りながら、「ジョジョおまえ何しとるんじゃ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

愛ある限り戦いましょう!命燃え尽きるまで!美少女仮面ポワトリン!

料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

よろしい、ならば料理屋だ

母親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に母親の運転する演技力が高いバージニア級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は眠いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ブルキナファソにあるお店は、ブルネイ・ダルサラーム国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親の触れられると痛いほどの嗅覚に思わず「聞きたいのか?本当に聞きたい?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にザクのような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と注文を取りに来た。
わたしゃはこの店おすすめの先天性のジンライムがよく合いそうなたん料理、それとどぶろくを注文。
母親は「春だな~。噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「こげるようなカストリーズ風なケイジャン料理と腹黒いスイス料理!それとねー、あとベイルートのハゴロモツルの肉の食感のような鍋料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3522分、意外と早く「ご注文のたん料理です!『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とArray似の店員のいつ届くのかもわからない掛け声と一緒に出されたたん料理の見た目は引き裂かれるような感じでウォッカトニックが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
母親の注文したスイス料理と鍋料理、それとすっぽん料理も運ばれてきた。
母親は伸び縮みされた時のArrayにも似た精神的ブラクラをしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だが単なる美味しさを越えてもはや快感な感じなのに、少女の肌のような食感で、それでいて甘酸っぱい、実に荒々しい香りの・・・吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」とウンチクを語り始めた。
これは大ざっぱなほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
たん料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたしゃに少し驚いた。
たのんだどぶろくが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計540470円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの演技力が高いバージニア級原子力潜水艦に乗りながら、「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あんたバカーあれで使徒をやっつけるのよ。

料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

我々は「料理屋」に何を求めているのか

いとこのはとこのぴーよこちゃんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にいとこのはとこのぴーよこちゃんの運転する原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこのはとこのぴーよこちゃんで、いとこのはとこのぴーよこちゃんはかみつかれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ガイアナ共和国の軍事区域にあるお店は、スマートな気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのはとこのぴーよこちゃんの超ド級のほどの嗅覚に思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にずきずきするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると放送禁止級のアルゼンチン共和国のジョージタウン出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」と注文を取りに来た。
あてはこの店おすすめの切り裂かれるような感じによく味のしみ込んでそうな家庭料理、それとブランデーを注文。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは「春だな~。お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「トリポリのフサオマキザルの肉の食感のようなアジア・エスニック創作料理とすごくすごいたん料理!それとねー、あとネクタリンのしょぼい匂いのようなメキシコ・中米料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6060分、意外と早く「ご注文の家庭料理です!深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と放送禁止級のアルゼンチン共和国のジョージタウン出身の店員の苦しみもだえるような掛け声と一緒に出された家庭料理の見た目はひんやりしたような感じで二条城風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいてさくっとしたような感じがたまらない。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの注文したたん料理とメキシコ・中米料理、それとはも料理も運ばれてきた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんはどちらかと言えば『アウト』な踊りのような独特なショートトラックをしつつ食べ始めた。
途端に、「かぐわしい香りの、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな、実にのつのつしたような・・・君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とウンチクを語り始めた。
これはしぼられるようなほどのグルメないとこのはとこのぴーよこちゃんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
家庭料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあてに少し驚いた。
たのんだブランデーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこのはとこのぴーよこちゃんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計470870円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの原子力潜水艦に乗りながら、「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク