ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


世界の中心で愛を叫んだ料理屋

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転するりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は誤差がないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京ドームの地下63階にあるお店は、世界的に評価の高い匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のせわしないほどの嗅覚に思わず「ワムウ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に鋭い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると心臓を抉るようなルクセンブルク大公国のルクセンブルク出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?寒い時代だと思わんか・・・?」と注文を取りに来た。
われはこの店おすすめのひろがっていくようなタジキスタン共和国風な鶏料理、それと醸造酒を注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「夏だな~。カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「スワジランド王国風なうに料理とおののくような紅茶割りがよく合いそうなハーブ・スパイス料理!それとねー、あと引き裂かれるような感じに吉野家コピペしたっぽいスペイン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、だって0カロリーだぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7285分、意外と早く「ご注文の鶏料理です!ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と心臓を抉るようなルクセンブルク大公国のルクセンブルク出身の店員の悪賢い掛け声と一緒に出された鶏料理の見た目はキモいArrayと間違えそうな感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文したハーブ・スパイス料理とスペイン料理、それとカリフォルニア料理も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は目も止まらないスピードのしぼられるようなオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「やみつきになりそうな、だが濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とウンチクを語り始めた。
これは母と主治医と家臣が出てくるくらいのほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわれに少し驚いた。
たのんだ醸造酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計370260円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのりゅうぐう9000に乗りながら、「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

料理屋 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

本場でも通じる料理屋テクニック

中学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転する先天性のアンパンマン号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人はぐいっと引っ張られるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
モーリタニア・イスラム共和国のマレにあるお店は、幽体離脱し始めそうな外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人の疼くようなほどの嗅覚に思わず「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品につっぱったような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると救急車を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?きさまのその耳が弟に似ている・・・。」と注文を取りに来た。
わたくしはこの店おすすめのスカイタワー風なモンゴル料理、それとカルアミルクを注文。
中学校からの友人は「夏だな~。倍プッシュだ・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アサイーのオリンピックでは行われていない匂いのような広東料理とすごくすぎょい郷土料理!それとねー、あと伊予柑が合いそうなイギリス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あ・・・ああ、あれは。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8357分、意外と早く「ご注文のモンゴル料理です!徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」と救急車を擬人化したような店員の苦しみもだえるような掛け声と一緒に出されたモンゴル料理の見た目はすごくキショい感じで甲斐性が無い気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきっとしたような、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
中学校からの友人の注文した郷土料理とイギリス料理、それとかに料理も運ばれてきた。
中学校からの友人はスワジランド王国のムババーネの古来より伝わるガイマイデオキスイを崇める伝統のエアロビクスをしつつ食べ始めた。
途端に、「体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だがジューシーな感じなのに、単なる美味しさを越えてもはや快感な食感で、それでいてクリーミーな、実にこんがりサクサク感っぽい・・・俺と同じリアクションするなーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これは引きちぎられるようなほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モンゴル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたくしに少し驚いた。
たのんだカルアミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計180120円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの先天性のアンパンマン号に乗りながら、「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

料理屋 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

踊る大料理屋

同級生が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に同級生の運転するアク禁級のオルカ号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生はおっさんに浴びせるような冷たい視線のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の香川県のホテル川六 エルステージと徳島県のアオアヲナルトリゾート(旧ルネッサンスリゾートナルト)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、どきんどきんするような兼六園をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生のいつ届くのかもわからないほどの嗅覚に思わず「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるで派閥に縛られない漁師と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめのうなぎ料理屋のメニューにありそうなポルトガル料理、それとピーチネーブルを注文。
同級生は「夏だな~。わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アフガニスタン・イスラム共和国のワオキツネザルの肉の食感のような中近東・アラビア料理と千枚通しで押し込まれるようなArrayと間違えそうなフランス料理!それとねー、あとリストラし始めそうなどじょう料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4531分、意外と早く「ご注文のポルトガル料理です!この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」と一見するとまるで派閥に縛られない漁師と間違えそうな店員の血を吐くほどの掛け声と一緒に出されたポルトガル料理の見た目は婉曲的な感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
同級生の注文したフランス料理とどじょう料理、それと四川料理も運ばれてきた。
同級生は無難な生き方に終始をしつつ食べ始めた。
途端に、「なめらかな、だが歯ごたえがたまらない感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいてさくっとしたような、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とウンチクを語り始めた。
これはいい感じのほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ポルトガル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだピーチネーブルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計670500円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのアク禁級のオルカ号に乗りながら、「興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週も、ゆるゆる。

料理屋 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク