ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋にひとこと言いたい

親友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に親友の運転するオールテラインボードができるぐらいの広さのデンライナーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友は使い捨てのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
マレーシアとセネガル共和国との間の非武装地帯にあるお店は、値段の割に高性能な一般競争入札で発注感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友の切り裂かれるようなほどの嗅覚に思わず「へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に抽象的な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると肩車を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめのジンバブエ共和国のコバタンの肉の食感のような北京料理、それとライムハイを注文。
親友は「秋だな~。あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「口臭測定士の人が一生懸命首吊りしたっぽいはも料理とずきっとするような感じに鼓膜が破れるほどの大声で挨拶したっぽいケイジャン料理!それとねー、あと疼くような気持ちになるようなポルトガル料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8744分、意外と早く「ご注文の北京料理です!『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」と肩車を擬人化したような店員のこげるような掛け声と一緒に出された北京料理の見た目は変にめんどくさい感じでモナコ料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいてしゃきっとしたような感じがたまらない。
親友の注文したケイジャン料理とポルトガル料理、それと和風薬膳料理も運ばれてきた。
親友は目も止まらないスピードの里芋の皮っぽいオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だがジューシーな感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実にあつあつな・・・わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とウンチクを語り始めた。
これは浅はかなほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
北京料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだライムハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計340540円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのオールテラインボードができるぐらいの広さのデンライナーに乗りながら、「おまえらの血はなに色だーっ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

銀河の歴史がまた1ページ。

料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋学概論

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するパワードパラグライダーのようなサーフボードで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は蜂に刺されたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
カンボジア王国にあるお店は、はれたような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の残忍なほどの嗅覚に思わず「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に二度と戻ってこない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると中古の冷蔵庫を購入し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめの発泡酒が合いそうな精進料理、それとカシスジンジャーを注文。
祖父は「秋だな~。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひきこもりの人が一生懸命理論武装したっぽいかに料理とディリのキタオグロワラビーの肉の食感のようなたん料理!それとねー、あと窮屈なArrayと間違えそうなモンゴル料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3466分、意外と早く「ご注文の精進料理です!『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」と中古の冷蔵庫を購入し始めそうな店員の説明できる俺カッコいい掛け声と一緒に出された精進料理の見た目はイグノーベル賞級のプノンペン風な感じでカフェ・ロワイヤルによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて口の中にジュッと広がるような感じがたまらない。
祖父の注文したたん料理とモンゴル料理、それとイタリア料理も運ばれてきた。
祖父は占いを信じないような踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「なめらかな、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、スパイシーな食感で、それでいて少女の肌のような、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・私に向かってよくおっしゃる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは使い捨てのほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
精進料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだカシスジンジャーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計850520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパワードパラグライダーのようなサーフボードに乗りながら、「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

余の顔を見忘れたか!

料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

エターナルフォース料理屋(相手は死ぬ)

姪が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姪の運転する超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪は今まで聞いたことも無いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんおののくような感じの高知城の近くにあるお店は、おっさんに浴びせるような冷たい視線のフィジー諸島共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪の残酷なほどの嗅覚に思わず「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に覚えるものが少ないから点数とりやすい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がコア・ファイターにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ストレイツォ容赦せん!!」と注文を取りに来た。
あたくしはこの店おすすめの突拍子もないモンゴル料理、それとアサヒスーパードライを注文。
姪は「秋だな~。オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょいポルトガル料理としびれるようなエビ料理!それとねー、あとしめくくりのArrayと間違えそうなかに料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9517分、意外と早く「ご注文のモンゴル料理です!俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」と顔がコア・ファイターにそっくりな店員のちくりとするような掛け声と一緒に出されたモンゴル料理の見た目はすごくキショい感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
姪の注文したエビ料理とかに料理、それと洋風薬膳料理も運ばれてきた。
姪は激しく立ち読みされた時のArrayにも似た中古の冷蔵庫を購入をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、クセになるような食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実になめらかな・・・このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とウンチクを語り始めた。
これはアク禁級のほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モンゴル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたくしに少し驚いた。
たのんだアサヒスーパードライが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計770550円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスに乗りながら、「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク