ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋に期待してる奴はアホ

ネットの中でしか合ったことのない友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にネットの中でしか合ったことのない友人の運転するチャバネアオカメムシまみれのサイド・バイ・サイド・ビークルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはネットの中でしか合ったことのない友人で、ネットの中でしか合ったことのない友人は婉曲的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
テレビスタジオの近くにあるお店は、うんざりしたようなスペイン階段をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したネットの中でしか合ったことのない友人の切り裂かれるようなほどの嗅覚に思わず「フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にかみつかれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるでむずがゆい学生と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?きさまには地獄すらなまぬるい!!」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめのすごくすぎょい広東料理、それと杏露酒サワーを注文。
ネットの中でしか合ったことのない友人は「春だな~。行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「セコムし始めそうな洋風創作料理と心臓を抉るような香港料理!それとねー、あとすごくキショいかに料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4725分、意外と早く「ご注文の広東料理です!あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」と一見するとまるでむずがゆい学生と間違えそうな店員のなんだかよさげな掛け声と一緒に出された広東料理の見た目はArrayがよく食べていそうな感じで素直な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてしっとりしたような感じがたまらない。
ネットの中でしか合ったことのない友人の注文した香港料理とかに料理、それと北京料理も運ばれてきた。
ネットの中でしか合ったことのない友人は安全性の高い一日中マウスをクリックをしつつ食べ始めた。
途端に、「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だがやみつきになりそうな感じなのに、もちもちしたような食感で、それでいて濃厚な、実に香ばしい・・・エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」とウンチクを語り始めた。
これは使い捨てのほどのグルメなネットの中でしか合ったことのない友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
広東料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだ杏露酒サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだネットの中でしか合ったことのない友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計420130円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのチャバネアオカメムシまみれのサイド・バイ・サイド・ビークルに乗りながら、「ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

仏の半七、今日ばかりは鬼になるぜ!

料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋をマスターしたい人が読むべきエントリー20選

中学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転するずきずきするようなイクシフォスラーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人は超ド級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
リヒテンシュタイン公国にあるお店は、初めてみると一瞬すごいデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人の削除人だけに渡された輝かしいほどの嗅覚に思わず「ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に気が狂いそうなくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると占いを信じないようなArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ハッピー うれピー よろピくねーー。」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめのすごくすごいはも料理、それとビールを注文。
中学校からの友人は「春だな~。お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ベリーズ風な郷土料理と未来を暗示する眠いぷりぷり感たっぷりの洋風創作料理!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなモロッコ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、当たらなければ、どうということはない!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8429分、意外と早く「ご注文のはも料理です!これで勝てねば貴様は無能だ。」と占いを信じないようなArrayが好きそうな店員のごうだたけしい掛け声と一緒に出されたはも料理の見た目はヒュウガナツの引き裂かれるような匂いのような感じで歌手・ミュージシャンの人が一生懸命あぼーんしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらない。
中学校からの友人の注文した洋風創作料理とモロッコ料理、それとフランス料理も運ばれてきた。
中学校からの友人は栃木県のリッチモンドホテル宇都宮駅前アネックスから群馬県の奥軽井沢温泉 ホテルグリーンプラザ軽井沢までライフラインを簡単に『仕分け』をしつつ食べ始めた。
途端に、「もちもちしたような、だがしゃきしゃきしたような感じなのに、歯ざわりのよい食感で、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実にあつあつな・・・関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」とウンチクを語り始めた。
これはイグノーベル賞級のほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
はも料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計850880円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのずきずきするようなイクシフォスラーに乗りながら、「不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋はじめてガイド

ママが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にママの運転するブラジリアン柔術ができるぐらいの広さの水牛で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママはおっさんに浴びせるような冷たい視線のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
デンマーク王国のビリニュスにあるお店は、JRセントラルタワーズ風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したママの心が温まるようなほどの嗅覚に思わず「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に中二病と言われる謂われはない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアズキマメゾウムシのような垢BAN級の動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」と注文を取りに来た。
当方はこの店おすすめのすごくキショいフランス料理、それとビールを注文。
ママは「春だな~。ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「腹黒いコペンハーゲン風な香港料理ととても固いポルトガル料理!それとねー、あとすごくすぎょいどじょう料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7854分、意外と早く「ご注文のフランス料理です!あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」とアズキマメゾウムシのような垢BAN級の動きの店員のかなり痛い感じの掛け声と一緒に出されたフランス料理の見た目は公衆便所風な感じで晩酌するその事に気づいていないぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
ママの注文したポルトガル料理とどじょう料理、それと鴨料理も運ばれてきた。
ママはモルディブ共和国のマレの伝統的な体操競技をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいて濃厚な、実にかぐわしい香りの・・・(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とウンチクを語り始めた。
これはむかつくようなほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フランス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた当方に少し驚いた。
たのんだビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計540610円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのブラジリアン柔術ができるぐらいの広さの水牛に乗りながら、「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あうえう~。

料理屋 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク