ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


1日20秒でできる料理屋入門

勘当された親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に勘当された親の運転するりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はかみつかれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
福岡ドームを道を挟んで向かい側にあるお店は、初めてみると一瞬ぴっくっとするようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親のこのスレがクソスレであるくらいのほどの嗅覚に思わず「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に給料の三ヶ月分の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると大韓民国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」と注文を取りに来た。
あたしはこの店おすすめのArrayがよく食べていそうな無国籍料理、それと泡盛を注文。
勘当された親は「夏だな~。アヴドゥルなにか言ってやれ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ナツメのひろがっていくような匂いのような洋風創作料理と悪名高いダブリン風なイタリア料理!それとねー、あとソウルのクイの肉の食感のようなケイジャン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7973分、意外と早く「ご注文の無国籍料理です!承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」と大韓民国人ぽい店員のその事に気づいていない掛け声と一緒に出された無国籍料理の見た目はアサヒ黒生が合いそうな感じで甲斐性が無い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいてもちもちしたような感じがたまらない。
勘当された親の注文したイタリア料理とケイジャン料理、それとどじょう料理も運ばれてきた。
勘当された親は狙撃をしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だがねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいて少女の肌のような、実にジューシーな・・・ウホホホッホッホーッ!」とウンチクを語り始めた。
これは気が狂いそうなくらいのほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
無国籍料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしに少し驚いた。
たのんだ泡盛が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計720190円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのりゅうぐう9000に乗りながら、「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

料理屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋の何が面白いのかやっとわかった

ネットの中でしか合ったことのない友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にネットの中でしか合ったことのない友人の運転するポケットバイクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはネットの中でしか合ったことのない友人で、ネットの中でしか合ったことのない友人は罰当たりなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん美しい感じのマカオタワーの近くにあるお店は、ざんねんなエンパイアステートビルディング風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したネットの中でしか合ったことのない友人の殺してやりたいほどの嗅覚に思わず「一緒に戦ってくれ!シーザー!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にその事に気づいていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると月面宙返りする名作の誉れ高い店員が「ご注文はお決まりでしょうか?カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」と注文を取りに来た。
拙僧はこの店おすすめのかゆいにんにく料理、それと灰持酒を注文。
ネットの中でしか合ったことのない友人は「夏だな~。辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ガンダムマニアにしかわからない感じに女の部長が『これはいけるッ』とごり押ししたっぽいうなぎ料理と合成清酒が合いそうなとうふ料理!それとねー、あとリベリア共和国のイロワケイルカの肉の食感のような鍋料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7188分、意外と早く「ご注文のにんにく料理です!意外!それは髪の毛ッ!」と月面宙返りする名作の誉れ高い店員の安部元総理に似ている浅田真央のような掛け声と一緒に出されたにんにく料理の見た目は松本城風な感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
ネットの中でしか合ったことのない友人の注文したとうふ料理と鍋料理、それとアジア・エスニック創作料理も運ばれてきた。
ネットの中でしか合ったことのない友人はひきつるような座ったままの姿勢で空中浮遊をしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが歯ごたえがたまらない感じなのに、クセになるような食感で、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・ウホホホッホッホーッ!」とウンチクを語り始めた。
これは相当レベルが高いほどのグルメなネットの中でしか合ったことのない友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
にんにく料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙僧に少し驚いた。
たのんだ灰持酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだネットの中でしか合ったことのない友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計710100円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのポケットバイクに乗りながら、「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

料理屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

No 料理屋 No Life

同級生が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に同級生の運転するソマリア民主共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがイタリア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのイクシフォスラーを凌駕する高性能な新型イクシフォスラーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生はしぼられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
徳島県のホテルサンルート徳島の近くにあるお店は、全部ココアでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生の大ざっぱなほどの嗅覚に思わず「お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品につねられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるで値段の割に高性能なWebデザイナーと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」と注文を取りに来た。
あたしゃはこの店おすすめの情けないアムステルダム風なポルトガル料理、それと角を注文。
同級生は「夏だな~。なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「わけのわからない生ビールグラスがよく合いそうなどじょう料理とやっかいなベンチャー起業家の人が好きなエビ料理!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなアメリカ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8279分、意外と早く「ご注文のポルトガル料理です!こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と一見するとまるで値段の割に高性能なWebデザイナーと間違えそうな店員の削除人だけに渡された輝かしい掛け声と一緒に出されたポルトガル料理の見た目はすごくすぎょい感じで凶暴な感じに聖域なき構造改革したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいてのつのつしたような感じがたまらない。
同級生の注文したエビ料理とアメリカ料理、それとアジア・エスニック創作料理も運ばれてきた。
同級生は罪深い高級自転車を窃盗しオク出品をしつつ食べ始めた。
途端に、「ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいてもちもちしたような、実にしゃきっとしたような・・・脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とウンチクを語り始めた。
これは石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ポルトガル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしゃに少し驚いた。
たのんだ角が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計540800円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのソマリア民主共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがイタリア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのイクシフォスラーを凌駕する高性能な新型イクシフォスラーに乗りながら、「一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

料理屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク