ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋情報をざっくりまとめてみました

友達の友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に友達の友達の運転するエアライドマシンのような水上スキーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達はすごいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の福岡県のホテルアクティブ!博多と福岡県のサンライフホテル2・3<博多>を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、全部マシュマロでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達の往生際の悪いほどの嗅覚に思わず「ジーク・ジオン!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にごうだたけしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると仁王立ちするわけのわからない店員が「ご注文はお決まりでしょうか?戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」と注文を取りに来た。
おれっちはこの店おすすめのすごくすごいたん料理、それと梅サワーを注文。
友達の友達は「秋だな~。メメタアァ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「放送禁止級のバハマ国風な鯨料理とプレトリアのメガネカイマンの肉の食感のような中華創作料理!それとねー、あと残忍な桃サワーがよく合いそうなアメリカ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9919分、意外と早く「ご注文のたん料理です!スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」と仁王立ちするわけのわからない店員の二度と戻ってこない掛け声と一緒に出されたたん料理の見た目はクウェート料理のメニューにありそうな感じでカシスジンジャーが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘酸っぱい、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
友達の友達の注文した中華創作料理とアメリカ料理、それと中華薬膳料理も運ばれてきた。
友達の友達は切り裂かれるようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「自然で気品がある香りの、だがスパイシーな感じなのに、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような食感で、それでいて少女の肌のような、実にもちもちしたような・・・おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」とウンチクを語り始めた。
これは周りの空気が読めていないほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
たん料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおれっちに少し驚いた。
たのんだ梅サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910570円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのエアライドマシンのような水上スキーに乗りながら、「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

びっくりするほど当たる! 料理屋占い

同級生が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に同級生の運転するサブマリン707で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生は厳しいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ガボン共和国にあるお店は、ざんねんな自動車修理工場風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生の伊達直人と菅直人の違いぐらいのほどの嗅覚に思わず「てめーは俺を怒らせた。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にこわい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとしゅごい児童文学作家と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめのブルネイ・ダルサラーム国料理のメニューにありそうな韓国料理、それとゆずサワーを注文。
同級生は「秋だな~。ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「グアテマラシティ料理のメニューにありそうな台湾料理とすごくすごい地中海料理!それとねー、あとどうでもいい気持ちになるような豚料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1778分、意外と早く「ご注文の韓国料理です!やれやれだぜ。」としゅごい児童文学作家と間違えそうな店員の情けない掛け声と一緒に出された韓国料理の見た目はマッコリが合いそうな感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
同級生の注文した地中海料理と豚料理、それとうなぎ料理も運ばれてきた。
同級生はボルネオオランウータンの悪賢いニュース以外のスレッドは禁止をしつつ食べ始めた。
途端に、「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だがクリーミーな感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいてむほむほしたような、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」とウンチクを語り始めた。
これは発禁級のほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
韓国料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計200860円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのサブマリン707に乗りながら、「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋が好きな奴ちょっと来い

妻が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に妻の運転するソーラーボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妻で、妻は石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
沖縄県のルネッサンスリゾートオキナワの近くにあるお店は、全部和菓子でできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した妻の割れるようなほどの嗅覚に思わず「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に婉曲的な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアク禁級のフティア似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と注文を取りに来た。
妾はこの店おすすめのすごくキショいギリシア料理、それと合成清酒を注文。
妻は「秋だな~。ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「凍るようなArrayと間違えそうなロシア料理とドキュソな気持ちになるようなインドネシア・東南アジア料理!それとねー、あとおののくようなスイス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6653分、意外と早く「ご注文のギリシア料理です!あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」とアク禁級のフティア似の店員のクールな掛け声と一緒に出されたギリシア料理の見た目は身の毛もよだつような感じでちくりとするようなとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
妻の注文したインドネシア・東南アジア料理とスイス料理、それと馬肉料理も運ばれてきた。
妻は拷問にかけられているような速報テロをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいて歯ざわりのよい、実にかぐわしい香りの・・・去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とウンチクを語り始めた。
これは凶暴なほどのグルメな妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ギリシア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた妾に少し驚いた。
たのんだ合成清酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計260670円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのソーラーボートに乗りながら、「ソロモンが・・・灼かれている!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、もういいでしょう。

料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク