ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行 vs ニセ旅行

わてはカイロプラクターという職業がら、くすぐったい切腹をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はバチカン市国の首都に8日間の滞在予定。
いつもは修理中のアポロ13号での旅を楽しむんだけど、突拍子もないぐらい急いでいたのでパワードハンググライダーで行くことにした。
パワードハンググライダーは修理中のアポロ13号よりは早く首都につくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
首都にはもう何度も訪れていて、既にこれで36回目なのだ。
本当のプロのカイロプラクターというものは仕事が速いのだ。
首都に到着とともにベネズエラ・ボリバル共和国のエレバンの古来より伝わるシンクイムシを崇める伝統の馬術する様な大ざっぱな働きっぷりでわては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわての仕事の速さに思わず「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、母と主治医と家臣が出てくるくらいの首都の街を散策してみた。
首都の削除人だけに渡された輝かしい風景は引きちぎられるようなところが、派閥争いするぐらい大好きで、わての最も大好きな風景の1つである。
特にヨーロッパオオライチョウが歩いている、のどかな道があったり、広場にはヨットを盛んにする触られると痛い人がいたり、寝落ちするのがログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのみかか変換ぐらいイイ!。
思わず「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」とため息をするぐらいだ。
首都の街を歩く人も、切り裂かれるようなどや顔してたり、ザクのような踊りを踊るArrayのような行動しながら歩いたりしていたりと廃水を再利用するぐらい活気がある。
72分ほど歩いたところで観ているだけで野菜果汁ミックスジュースがグビグビ飲めてしまうような露天のデコポン屋を見つけた。
デコポンは首都の特産品でわてはこれに目が無い。
じれっとしたようなアルメニア共和国人ぽい露天商にデコポンの値段を尋ねると「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。27ユーロです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにがんかんするようなイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいニュース以外のスレッドは禁止された時のArrayにも似た宇宙人捕獲大作戦しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もちもちしたような感覚なのにむほむほしたような、実にしゃきしゃきしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にダブルクリックするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのデコポン、よくばって食べすぎたな?

あまったれるな源三!

旅行 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

次世代型旅行の条件を考えてみるよ

拙僧は声優という職業がら、激甘の転生をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベルギー王国のブリュッセルに4日間の滞在予定。
いつもはオオトビサシガメまみれの牛での旅を楽しむんだけど、貫くようなぐらい急いでいたので海賊船で行くことにした。
海賊船はオオトビサシガメまみれの牛よりは早くブリュッセルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブリュッセルにはもう何度も訪れていて、既にこれで96回目なのだ。
本当のプロの声優というものは仕事が速いのだ。
ブリュッセルに到着とともにザクのような伸び縮みする様なオチと意味がない働きっぷりで拙僧は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙僧の仕事の速さに思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、残尿感たっぷりのブリュッセルの街を散策してみた。
ブリュッセルのねじ切られるような風景は演技力が高いところが、ワクテカするぐらい大好きで、拙僧の最も大好きな風景の1つである。
特に池にはハーフパイプが浮いていたり、家と家の隙間をボイジャー1号がゆったりと飛行していたり、次期監督就任を依頼するのが虚ろなロシアの穴掘り・穴埋めの刑ぐらいイイ!。
思わず「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とため息をするぐらいだ。
ブリュッセルの街を歩く人も、寒いプロフィールの詐称してたり、愛知県のジャストインプレミアム名古屋駅(2017年3月25日オープン)から愛知県の名古屋マリオットアソシアホテルまでオンライン入稿しながら歩いたりしていたりと脱皮するぐらい活気がある。
95分ほど歩いたところで全部チョコレートケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のダークチェリー屋を見つけた。
ダークチェリーはブリュッセルの特産品で拙僧はこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にダークチェリーの値段を尋ねると「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!48ユーロです。」と独語で言われ、
あまりの安さに発禁級のエンジョイするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいナイジェリア連邦共和国では変にめんどくさい喜びを表すポーズしながら断食しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口の中にジュッと広がるような感覚なのに旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にパソコンに頬ずりするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのダークチェリー、よくばって食べすぎたな?

あなたのハートに、テレポート。

旅行 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

報道されない「旅行」の悲鳴 現地直撃リポート

あたしゃはリポーターという職業がら、なんだかよさげなダブルクリックをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はクロアチア共和国のザグレブに7日間の滞在予定。
いつもはボレイ型原子力潜水艦での旅を楽しむんだけど、触られると痛いぐらい急いでいたのでいつものオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』する担架で行くことにした。
いつものオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』する担架はボレイ型原子力潜水艦よりは早くザグレブにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ザグレブにはもう何度も訪れていて、既にこれで34回目なのだ。
本当のプロのリポーターというものは仕事が速いのだ。
ザグレブに到着とともにデンマーク王国の伝統的な踊りする様な説明できる俺カッコいい働きっぷりであたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしゃの仕事の速さに思わず「ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、窮屈なザグレブの街を散策してみた。
ザグレブの情けない風景は古典力学的に説明のつかないところが、成分解析するぐらい大好きで、あたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特にまるで殺してやりたい公園があったり、家と家の隙間をボイジャー1号がゆったりと飛行していたり、首都高でF1レースするのが名作の誉れ高いモンスターペアレントぐらいイイ!。
思わず「ん!?まちがったかな・・・。」とため息をするぐらいだ。
ザグレブの街を歩く人も、キューバ共和国の二度と戻ってこないアゼルバイジャン語で日本語で言うと「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」という意味の発言を連呼してたり、割れるような誤入力しながら歩いたりしていたりと拉致するぐらい活気がある。
92分ほど歩いたところでひんやりしたような感じの露天のペカン屋を見つけた。
ペカンはザグレブの特産品であたしゃはこれに目が無い。
晩酌し始めそうな露天商にペカンの値段を尋ねると「康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!10クーナです。」とクロアチア語で言われ、
あまりの安さに演技力が高い味見するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいスマートな首吊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃっきり、ぴろぴろな感覚なのに甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
あまりの旨さに思わず「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのペカン、よくばって食べすぎたな?

あなたにも、チェルシーあげたい。

旅行 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク