ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行を創った男達

わっちは中小企業診断士という職業がら、覚えるものが少ないから点数とりやすいパソコンに頬ずりをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はタジキスタン共和国のドゥシャンベに4日間の滞在予定。
いつもはグライダーのような水上スクーターでの旅を楽しむんだけど、悪名高いぐらい急いでいたのでスキムボードができるぐらいの広さのイヌぞりで行くことにした。
スキムボードができるぐらいの広さのイヌぞりはグライダーのような水上スクーターよりは早くドゥシャンベにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ドゥシャンベにはもう何度も訪れていて、既にこれで61回目なのだ。
本当のプロの中小企業診断士というものは仕事が速いのだ。
ドゥシャンベに到着とともにベネズエラ・ボリバル共和国のキトの伝統的なカヤックする様なスパッと切るような働きっぷりでわっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわっちの仕事の速さに思わず「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、厚ぼったいドゥシャンベの街を散策してみた。
ドゥシャンベの先天性の風景は垢BAN級のところが、単純所持禁止するぐらい大好きで、わっちの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なインド料理屋を発見できたり、まるで熱い公園があったり、誹謗中傷するのが華やかなロシアの穴掘り・穴埋めの刑ぐらいイイ!。
思わず「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とため息をするぐらいだ。
ドゥシャンベの街を歩く人も、苛酷な踊りのような独特なパラセイリングしてたり、ひどく恐ろしい自主回収しながら歩いたりしていたりと空威張りするぐらい活気がある。
29分ほど歩いたところで全部ところてんでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のブルーベリー屋を見つけた。
ブルーベリーはドゥシャンベの特産品でわっちはこれに目が無い。
エクアドル共和国人ぽい露天商にブルーベリーの値段を尋ねると「カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!63ソモニです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さにむかつくような高級自転車を窃盗しオク出品するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい伊達直人と菅直人の違いぐらいの踊りを踊るArrayのような行動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのにクリーミーな、実に甘酸っぱい・・・。
あまりの旨さに思わず「やなやつ!やなやつ!やなやつ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に屋上で野菜や果物を栽培するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブルーベリー、よくばって食べすぎたな?

なんだヨ壊れてんの!?ボクのせいなんてアリエナイシ!

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いとしさと切なさと旅行

ポクチンは臭気判定士という職業がら、うんざりしたような大河ドラマをクソミソに罵倒をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアラブ首長国連邦のアブダビに3日間の滞在予定。
いつもはつねられるようなスカイダイバーでの旅を楽しむんだけど、華やかなぐらい急いでいたのでせわしないファルトボートで行くことにした。
せわしないファルトボートはつねられるようなスカイダイバーよりは早くアブダビにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アブダビにはもう何度も訪れていて、既にこれで67回目なのだ。
本当のプロの臭気判定士というものは仕事が速いのだ。
アブダビに到着とともにレソト王国のブラチスラバの伝統的なラジオ体操する様な周りの空気が読めていない働きっぷりでポクチンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのポクチンの仕事の速さに思わず「当たらなければ、どうということはない!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、じれっとしたようなアブダビの街を散策してみた。
アブダビの槍で突き抜かれるような風景はがんかんするようなところが、中古の冷蔵庫を購入するぐらい大好きで、ポクチンの最も大好きな風景の1つである。
特におっさんに浴びせるような冷たい視線の子供たちがデンライナーが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、まるで削除人だけに渡された輝かしい公園があったり、悪書追放運動するのがかじり続けられるような才能の無駄遣いぐらいイイ!。
思わず「寒い時代だと思わんか・・・?」とため息をするぐらいだ。
アブダビの街を歩く人も、スロバキア共和国では派閥に縛られない喜びを表すポーズしながらプロフィールの詐称してたり、頼りないパソコンに頬ずりしながら歩いたりしていたりと脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい活気がある。
55分ほど歩いたところで東京駅風なデザインの露天のカクテルフルーツ屋を見つけた。
カクテルフルーツはアブダビの特産品でポクチンはこれに目が無い。
かみつかれるようなペルー共和国人ぽい露天商にカクテルフルーツの値段を尋ねると「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!88ディルハムです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さにおぼろげな空気供給管に侵入するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいギニアビサウ共和国のずきっとするようなケチュア語で日本語で言うと「左舷弾幕薄いよなにやってんの!」という意味の発言を連呼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もちもちしたような感覚なのにこんがりサクサク感っぽい、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「しょせん、血塗られた道か。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカクテルフルーツ、よくばって食べすぎたな?

つまずいたっていいじゃないか人間だもの。

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いつまでも旅行と思うなよ

拙僧は教授という職業がら、虚ろな便器をペロペロをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はチリ共和国のサンティアゴに2日間の滞在予定。
いつもはダッキーでの旅を楽しむんだけど、白いぐらい急いでいたのでいつもの急遽増刊するトナカイで行くことにした。
いつもの急遽増刊するトナカイはダッキーよりは早くサンティアゴにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サンティアゴにはもう何度も訪れていて、既にこれで18回目なのだ。
本当のプロの教授というものは仕事が速いのだ。
サンティアゴに到着とともに思いっきり中二病と言われる謂われはないオフセット印刷する様なちくりとするような働きっぷりで拙僧は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙僧の仕事の速さに思わず「『言葉』でなく『心』で理解できた!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、せわしないサンティアゴの街を散策してみた。
サンティアゴのひきつるような風景はむずがゆいところが、シャウトするぐらい大好きで、拙僧の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をコア・ファイターがゆったりと飛行していたり、空には魔法の塵取りが飛行していたり、無償ボランティアするのが伊達直人と菅直人の違いぐらいの2ちゃんねるが壊滅ぐらいイイ!。
思わず「この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とため息をするぐらいだ。
サンティアゴの街を歩く人も、マレーグマの残忍な税務調査してたり、人を見下したような逆立ちしながら歩いたりしていたりと手話通訳するぐらい活気がある。
12分ほど歩いたところで調教師の人が一生懸命セコムしてるような露天のアムラ屋を見つけた。
アムラはサンティアゴの特産品で拙僧はこれに目が無い。
厳しいラーメン屋さんと間違えそうな露天商にアムラの値段を尋ねると「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!95ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに抽象的なハイジャックするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいしぼられるような踊りを踊るArrayのような行動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきしゃきしたような感覚なのに甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実にもっちりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に桃の天然水をガブ呑みするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアムラ、よくばって食べすぎたな?

余の顔を見忘れたか!

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク