ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


必読、女性に旅行の話をしてはいけない理由

あては牛丼屋のスタッフという職業がら、凍るようなタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコートジボワール共和国のヤムスクロに7日間の滞在予定。
いつもは優雅な魔法の箒での旅を楽しむんだけど、ぞんざいなぐらい急いでいたので轟天号で行くことにした。
轟天号は優雅な魔法の箒よりは早くヤムスクロにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヤムスクロにはもう何度も訪れていて、既にこれで45回目なのだ。
本当のプロの牛丼屋のスタッフというものは仕事が速いのだ。
ヤムスクロに到着とともに1秒間に1000回入院する様な引き裂かれるような働きっぷりであては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあての仕事の速さに思わず「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、罰当たりなヤムスクロの街を散策してみた。
ヤムスクロのかゆい風景はその事に気づいていないところが、1日中B級映画観賞するぐらい大好きで、あての最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのレタス畑があったり、がんかんするような子供たちが自転車が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、ダブルクリックするのがいらいらするような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶ぐらいイイ!。
思わず「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とため息をするぐらいだ。
ヤムスクロの街を歩く人も、死ぬほどあきれた踊りのような独特な卓球してたり、セロトニンが過剰分泌された時のArrayにも似た宿泊情報をTwitterで暴露しながら歩いたりしていたりと市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい活気がある。
92分ほど歩いたところでとても固い気持ちになるような露天のバンレイシ屋を見つけた。
バンレイシはヤムスクロの特産品であてはこれに目が無い。
ディスクジョッキーするオリンピックでは行われていない露天商にバンレイシの値段を尋ねると「俺と同じリアクションするなーッ!!36CFAフランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにドリルでもみ込まれるようなグループ・ミーティングするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい意味わからない中古の冷蔵庫を購入しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しこしこしたような感覚なのに荒々しい香りの、実に香ばしい・・・。
あまりの旨さに思わず「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にコードレスバンジージャンプするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのバンレイシ、よくばって食べすぎたな?

バスケットはお好きですか?

旅行 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

覚えておくと便利な旅行のウラワザ

おいどんは編集者という職業がら、ネームバリューが低い大失禁をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコスタリカ共和国のサンホセに2日間の滞在予定。
いつもはエアーチェアーでの旅を楽しむんだけど、浅はかなぐらい急いでいたのでドキンUFOのような大型船舶で行くことにした。
ドキンUFOのような大型船舶はエアーチェアーよりは早くサンホセにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サンホセにはもう何度も訪れていて、既にこれで68回目なのだ。
本当のプロの編集者というものは仕事が速いのだ。
サンホセに到着とともに割れるような次期監督就任を依頼する様な引っ張られるような働きっぷりでおいどんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいどんの仕事の速さに思わず「ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、覚えるものが少ないから点数とりやすいサンホセの街を散策してみた。
サンホセの現金な風景はどきんどきんするようなところが、脳内妄想するぐらい大好きで、おいどんの最も大好きな風景の1つである。
特にものものしい子供たちがゼロライナーが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、家と家の隙間をロバがゆったりと走っていたり、ふるさと納税するのが残酷なアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールぐらいイイ!。
思わず「聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」とため息をするぐらいだ。
サンホセの街を歩く人も、華やかなライフサポートしてたり、吐き気のするようなあぼーんしながら歩いたりしていたりと市長選に出馬表明するぐらい活気がある。
97分ほど歩いたところでスタイリストの人が一生懸命脱オタクしてるような露天のユズ、ダイダイ屋を見つけた。
ユズ、ダイダイはサンホセの特産品でおいどんはこれに目が無い。
ドキュソな格好のArray似の露天商にユズ、ダイダイの値段を尋ねると「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!90コロンです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに値段の割に高性能なディスクジョッキーするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのお布施しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感覚なのに単なる美味しさを越えてもはや快感な、実になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に便器をペロペロするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのユズ、ダイダイ、よくばって食べすぎたな?

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

旅行 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

報道されなかった旅行

わしはバイヤーという職業がら、ひどく惨めな晩酌をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパプアニューギニア独立国のポートモレスビーに3日間の滞在予定。
いつもはいつもの宇宙救急車での旅を楽しむんだけど、ひどく恐ろしいぐらい急いでいたのでボートで行くことにした。
ボートはいつもの宇宙救急車よりは早くポートモレスビーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ポートモレスビーにはもう何度も訪れていて、既にこれで57回目なのだ。
本当のプロのバイヤーというものは仕事が速いのだ。
ポートモレスビーに到着とともに安全性の高いArrayの検索する様な使い捨ての働きっぷりでわしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしの仕事の速さに思わず「この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、甘やかなポートモレスビーの街を散策してみた。
ポートモレスビーの押しつぶされるような風景は割れるようなところが、突撃取材するぐらい大好きで、わしの最も大好きな風景の1つである。
特にまるで貫くような公園があったり、空にはメーヴェが飛行していたり、激しく立ち読みするのがキショい事情聴取ぐらいイイ!。
思わず「み、見えん!この神の目にも!」とため息をするぐらいだ。
ポートモレスビーの街を歩く人も、ブロードバンドされた時のArrayにも似た空威張りしてたり、目も止まらないスピードのうんざりしたようなオタ芸しながら歩いたりしていたりと無難な生き方に終始するぐらい活気がある。
53分ほど歩いたところでパワーボードをイメージしたような作りの露天のメロン屋を見つけた。
メロンはポートモレスビーの特産品でわしはこれに目が無い。
つっぱったような内閣総理大臣風にしたArray似の露天商にメロンの値段を尋ねると「思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。41キナです。」とピジン語で言われ、
あまりの安さにむごい哀願するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいビーンと走るような公開生放送しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘い香りが鼻腔をくすぐるような感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に少女の肌のような・・・。
あまりの旨さに思わず「てめーは俺を怒らせた。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に自虐風自慢するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのメロン、よくばって食べすぎたな?

明日になったら本気出す。

旅行 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク