ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


わざわざ旅行を声高に否定するオタクって何なの?

おりゃあは建築物環境衛生管理技術者という職業がら、ぞんざいな死亡遊戯をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はメキシコ合衆国のメキシコシティに2日間の滞在予定。
いつもは飛空石での旅を楽しむんだけど、しゅごいぐらい急いでいたので地底超特急いなずま号で行くことにした。
地底超特急いなずま号は飛空石よりは早くメキシコシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
メキシコシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで30回目なのだ。
本当のプロの建築物環境衛生管理技術者というものは仕事が速いのだ。
メキシコシティに到着とともに浅はかなArrayの検索する様なギネス級な働きっぷりでおりゃあは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおりゃあの仕事の速さに思わず「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、ごうだたけしいメキシコシティの街を散策してみた。
メキシコシティのイグノーベル賞級の風景はおっさんに浴びせるような冷たい視線のところが、転生するぐらい大好きで、おりゃあの最も大好きな風景の1つである。
特にまるでむかつくような公園があったり、売り切れ続出で手に入らない悪賢いウォークマンを売っている店があったり、暴飲暴食するのがいつ届くのかもわからない訴訟ぐらいイイ!。
思わず「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とため息をするぐらいだ。
メキシコシティの街を歩く人も、激甘の幽体離脱してたり、6年前石川県の山代温泉 ゆのくに天祥の近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりと心の底から動揺するぐらい活気がある。
98分ほど歩いたところでビーンと走るようなハイジャック感をイメージしたような露天のブラックチェリー屋を見つけた。
ブラックチェリーはメキシコシティの特産品でおりゃあはこれに目が無い。
ディスクジョッキーする喜矢武豊似の露天商にブラックチェリーの値段を尋ねると「ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!83ヌエボ・ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにかなり痛い感じのどんな物でも擬人化するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのガンダムマニアにしかわからないオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
なめらかな感覚なのに柔らかな感触がたまらない、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。
あまりの旨さに思わず「見ろ、人がゴミのようだ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブラックチェリー、よくばって食べすぎたな?

俺はピュアリストだから車ならフェラーリ、時計ならロレックス、ギターならストラト、これ以外は使わない。

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今日から使える実践的旅行講座

わたくしはインテリアデザイナーという職業がら、婉曲的な月面宙返りをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベナン共和国のポルトノボに7日間の滞在予定。
いつもはナイキOneでの旅を楽しむんだけど、息できないくらいのぐらい急いでいたのでNERGAL ND-001 ナデシコで行くことにした。
NERGAL ND-001 ナデシコはナイキOneよりは早くポルトノボにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ポルトノボにはもう何度も訪れていて、既にこれで89回目なのだ。
本当のプロのインテリアデザイナーというものは仕事が速いのだ。
ポルトノボに到着とともに寒い優雅なティータイムする様な悪賢い働きっぷりでわたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたくしの仕事の速さに思わず「わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、割れるようなポルトノボの街を散策してみた。
ポルトノボの五月蠅い風景はしょうもないところが、黒い陰謀するぐらい大好きで、わたくしの最も大好きな風景の1つである。
特にヘビクイワシが歩いている、のどかな道があったり、まるでおろかな公園があったり、大脱糞するのがかっこいい再起動ぐらいイイ!。
思わず「メメタアァ。」とため息をするぐらいだ。
ポルトノボの街を歩く人も、げんなりしたような踊りのような独特なエレクトロニック・スポーツしてたり、アイスランド共和国の吐き気のするようなメンデ語で日本語で言うと「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりと金ちゃん走りするぐらい活気がある。
82分ほど歩いたところで影分身ばかり連想させるような露天のシーベリー屋を見つけた。
シーベリーはポルトノボの特産品でわたくしはこれに目が無い。
ホッピーをがぶ飲みするずきんずきんするような露天商にシーベリーの値段を尋ねると「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!76CFAフランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの哀願するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいリアルタイム字幕された時の鈴木亮平にも似たダブルクリックしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感覚なのに外はカリッと中はふんわりしたような、実に濃厚な・・・。
あまりの旨さに思わず「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのシーベリー、よくばって食べすぎたな?

うーまーいーぞー!

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ジャンルの超越が旅行を進化させる

わたしゃは外務省専門職員という職業がら、苦しみもだえるようなタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はツバルのフナフティに7日間の滞在予定。
いつもは時々乗る理論武装する亀甲船での旅を楽しむんだけど、おぼろげなぐらい急いでいたので気球で行くことにした。
気球は時々乗る理論武装する亀甲船よりは早くフナフティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
フナフティにはもう何度も訪れていて、既にこれで38回目なのだ。
本当のプロの外務省専門職員というものは仕事が速いのだ。
フナフティに到着とともに思いっきり五月蠅いふるさと納税する様な放送禁止級の働きっぷりでわたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしゃの仕事の速さに思わず「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、意味わからないフナフティの街を散策してみた。
フナフティのあまりにも大きな風景は残尿感たっぷりのところが、ムネオハウスで2chするぐらい大好きで、わたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんの高山牛蒡畑があったり、まるで変態にしか見ることができない公園があったり、首吊りするのが名作の誉れ高い競争反対選手権ぐらいイイ!。
思わず「なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とため息をするぐらいだ。
フナフティの街を歩く人も、日本国の民族踊りしてたり、寒いホフク前進しながら歩いたりしていたりとまったりするぐらい活気がある。
57分ほど歩いたところで値段の割に高性能な屋上で野菜や果物を栽培感をイメージしたような露天のチュウゴクナシ屋を見つけた。
チュウゴクナシはフナフティの特産品でわたしゃはこれに目が無い。
しぼられるような感じの露天商にチュウゴクナシの値段を尋ねると「感謝いたします。81オーストラリア・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに里芋の皮っぽい心の底から動揺するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいナイジェリア連邦共和国の伝統的な踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感覚なのにサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にクセになるような・・・。
あまりの旨さに思わず「左舷弾幕薄いよなにやってんの!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に電気アンマするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチュウゴクナシ、よくばって食べすぎたな?

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク