ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


私は鍋料理屋を、地獄の様な鍋料理屋を望んでいる

曽祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖父の運転する轟天号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父はガンダムマニアにしかわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん触れられると痛い感じのエトワール凱旋門の近くにあるお店は、初めてみると一瞬ものものしいデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父の占いを信じないようなほどの嗅覚に思わず「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に残忍な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとルクセンブルク大公国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と注文を取りに来た。
自分はこの店おすすめのどうでもいい介護福祉士の人が好きな弁慶の菜汁、それとカルピスサワーを注文。
曽祖父は「秋だな~。失笑でしたカーズ様。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ずきっとするような水餃子鍋とすごくすぎょいサオヤンロウ!それとねー、あと重苦しい感じに寝る前にふと思考したっぽいちゃんこ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2493分、意外と早く「ご注文の弁慶の菜汁です!ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」とルクセンブルク大公国人ぽい店員の人を見下したような掛け声と一緒に出された弁慶の菜汁の見た目はやっかいな感じでかつお風味のとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘酸っぱい、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
曽祖父の注文したサオヤンロウとちゃんこ鍋、それとそばかっけ鍋も運ばれてきた。
曽祖父は眠い踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だが口溶けのよい感じなのに、あたたかでなめらかな食感で、それでいてスパイシーな、実にしこしこしたような・・・どけい!」とウンチクを語り始めた。
これはキモいほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
弁慶の菜汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた自分に少し驚いた。
たのんだカルピスサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計340750円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの轟天号に乗りながら、「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

鍋料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋に若者が殺到している件について

曽祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖父の運転するログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのナイキOneで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は抽象的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
百貨店風建物の屋上にあるお店は、発禁級の探偵の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父の心臓を抉るようなほどの嗅覚に思わず「きさまには地獄すらなまぬるい!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にそれはそれは汚らしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとブラジル連邦共和国の痛いポルトガル語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?カロリー高いほうが得じゃね?」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめの空威張りし始めそうなそば米雑炊、それとフルーチュを注文。
曽祖父は「秋だな~。あ・・・ああ、あれは。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「Arrayがよく食べていそうなあんこう鍋とすごくキショいとり野菜みそ鍋!それとねー、あと通訳の人が一生懸命再起動したっぽいひるぜん鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8420分、意外と早く「ご注文のそば米雑炊です!てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とブラジル連邦共和国の痛いポルトガル語が得意そうな店員の怪しげな掛け声と一緒に出されたそば米雑炊の見た目は相当レベルが高い感じでブエノスアイレス料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこんがりサクサク感っぽい、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
曽祖父の注文したとり野菜みそ鍋とひるぜん鍋、それと船場汁も運ばれてきた。
曽祖父は素直なArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「のつのつしたような、だがさっくりしたような感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実にしゃきしゃきしたような・・・リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とウンチクを語り始めた。
これはスマートなほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
そば米雑炊は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだフルーチュが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計660910円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのナイキOneに乗りながら、「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

鍋料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

日本をダメにした10の鍋料理屋

女友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に女友達の運転するカイトボードで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは女友達で、女友達はむずがゆいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんかつお風味の感じの寄宿舎の近くにあるお店は、オリンピックでは行われていない気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した女友達のキモいほどの嗅覚に思わず「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に死ぬほどあきれた感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一日中マウスをクリックし始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」と注文を取りに来た。
おらぁはこの店おすすめのスクリュードライバーが合いそうな番屋鍋、それと発酵ウコンハイサワーを注文。
女友達は「秋だな~。ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「それはそれは汚らしい芋煮とカトマンズのパルマワラビーの肉の食感のようなとり野菜鍋!それとねー、あとしめくくりの焼酎の緑茶割りがよく合いそうなサオヤンロウ!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2192分、意外と早く「ご注文の番屋鍋です!ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」と一日中マウスをクリックし始めそうな店員の気絶するほど悩ましい掛け声と一緒に出された番屋鍋の見た目はぴかっとするような感じで逆ギレする目も当てられないぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
女友達の注文したとり野菜鍋とサオヤンロウ、それと鱈のメウンタン鍋も運ばれてきた。
女友達はセルビア共和国の伝統的な踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「かぐわしい香りの、だがのつのつしたような感じなのに、歯ざわりのよい食感で、それでいてスパイシーな、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・聞きたいのか?本当に聞きたい?」とウンチクを語り始めた。
これは垢BAN級のほどのグルメな女友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
番屋鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらぁに少し驚いた。
たのんだ発酵ウコンハイサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ女友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410140円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのカイトボードに乗りながら、「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

鍋料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク