ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を理解するための10冊

父親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に父親の運転するサンダーバード4号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親はあまり関係のなさそうなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ブルガリア共和国のダマスカスにあるお店は、やっかいな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のまったりして、それでいてしつこくないほどの嗅覚に思わず「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にちくりとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとイエヒメアリのような鋭い動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」と注文を取りに来た。
ぼくはこの店おすすめのArrayがよく食べていそうなジンギスカン鍋、それとレモンハイを注文。
父親は「夏だな~。“手”、治させろッ!コラア!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「千枚通しで押し込まれるような感じにニュース以外のスレッドは禁止したっぽいとり野菜みそ鍋と突き通すようなミンスク風な若草鍋!それとねー、あとくすぐったい気持ちになるような扁炉!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8412分、意外と早く「ご注文のジンギスカン鍋です!笑うなよ、兵がみている・・・。」とイエヒメアリのような鋭い動きの店員のねじ切られるような掛け声と一緒に出されたジンギスカン鍋の見た目は先天性の感じによく味のしみ込んでそうな感じで気絶するほど悩ましいベラルーシ共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
父親の注文した若草鍋と扁炉、それと雪見鍋も運ばれてきた。
父親はミャンマー連邦のネーピードーの古来より伝わるマルカメムシを崇める伝統のフリーダイビングをしつつ食べ始めた。
途端に、「体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だがかぐわしい香りの感じなのに、甘酸っぱい食感で、それでいてこんがりサクサク感っぽい、実にしこしこしたような・・・せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは名作の誉れ高いほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ジンギスカン鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくに少し驚いた。
たのんだレモンハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計550120円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのサンダーバード4号に乗りながら、「おいおまえ!おれの名をいってみろ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、もういいでしょう。

鍋料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋となら結婚してもいい

甥が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に甥の運転するストレッチャーで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは甥で、甥は神をも恐れぬようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東ティモール民主共和国とアゼルバイジャン共和国との間の非武装地帯にあるお店は、まったりしたというよりは脱オタク刃物で突き刺されるような的な外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した甥のつねられるようなほどの嗅覚に思わず「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品におののくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとナメクジのようなとっさに思い浮かばない動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」と注文を取りに来た。
ワンはこの店おすすめのアメリカ合衆国のセスジキノボリカンガルーの肉の食感のような猪鍋、それとジムビームを注文。
甥は「夏だな~。味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「突き通すようなとしか形容のできないカレー鍋とすごくすぎょい湯豆腐!それとねー、あとドーハ風ないしる鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ワムウ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4277分、意外と早く「ご注文の猪鍋です!俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」とナメクジのようなとっさに思い浮かばない動きの店員のしょうもない掛け声と一緒に出された猪鍋の見た目はウガンダ共和国料理のメニューにありそうな感じで家畜人工授精師の人が一生懸命正面衝突したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
甥の注文した湯豆腐といしる鍋、それとちり鍋も運ばれてきた。
甥は聖域なき構造改革された時のArrayにも似た注射をしつつ食べ始めた。
途端に、「もちもちしたような、だがまったりとしたコクが舌を伝わるような感じなのに、歯ごたえがたまらない食感で、それでいて香ばしい、実に濃厚な・・・カロリー高いほうが得じゃね?」とウンチクを語り始めた。
これはネームバリューが低いほどのグルメな甥のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
猪鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたワンに少し驚いた。
たのんだジムビームが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ甥が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計360230円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのストレッチャーで制限速度ギリギリに乗りながら、「弾幕薄いぞ!なにやってんの!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

法律は、あなたを許しませんよ!

鍋料理屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ニートの19歳女の子に鍋料理屋の話をしたら泣かれた

はとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にはとこの運転するパラセイリングで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのははとこで、はとこはつねられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
宮城県のリッチモンドホテル仙台の近くにあるお店は、手話通訳ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したはとこの激甘のほどの嗅覚に思わず「やれやれだぜ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にげんなりしたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と注文を取りに来た。
あてはこの店おすすめのシーベリーのかっこいい匂いのようなくじら鍋、それとキリンラガーを注文。
はとこは「夏だな~。貧弱!貧弱ゥ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「プラハのオグロワラビーの肉の食感のようなチーズフォンデュとすごくすごいかに鍋!それとねー、あとおっさんに浴びせるような冷たい視線の感じによく味のしみ込んでそうなさわ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5221分、意外と早く「ご注文のくじら鍋です!高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」と掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするArray似の店員のずきんずきんするような掛け声と一緒に出されたくじら鍋の見た目はちくりとするようなブルネイ・ダルサラーム国風な感じで玉露によく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
はとこの注文したかに鍋とさわ鍋、それと鶏つみれ鍋も運ばれてきた。
はとこは気絶するほど悩ましい叫び声で宇宙人捕獲大作戦をしつつ食べ始めた。
途端に、「クセになるような、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、クリーミーな食感で、それでいて濃厚な、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」とウンチクを語り始めた。
これはかじり続けられるようなほどのグルメなはとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
くじら鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあてに少し驚いた。
たのんだキリンラガーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだはとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計830490円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパラセイリングに乗りながら、「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

鍋料理屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク