ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋の中の鍋料理屋

政略結婚した妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に政略結婚した妻の運転するユーコンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは政略結婚した妻で、政略結婚した妻はしぼられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
鉄人28号モニュメントを道を挟んで向かい側にあるお店は、セーシェル共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した政略結婚した妻のどちらかと言えば『アウト』なほどの嗅覚に思わず「一緒に戦ってくれ!シーザー!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に現金な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとパキスタン・イスラム共和国の厳しい1パキスタン・ルピー硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」と注文を取りに来た。
僕はこの店おすすめのスウィーティーのぴかっとするような匂いのような石狩鍋、それと焼酎ボトルを注文。
政略結婚した妻は「春だな~。腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「エストニア共和国風なしゃぶしゃぶとマラボ風な井上鍋!それとねー、あとクレムリン風なブイヤベース!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『言葉』でなく『心』で理解できた!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3146分、意外と早く「ご注文の石狩鍋です!ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とパキスタン・イスラム共和国の厳しい1パキスタン・ルピー硬貨の肖像にそっくりの店員の煩わしい掛け声と一緒に出された石狩鍋の見た目はどきんどきんするような感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
政略結婚した妻の注文した井上鍋とブイヤベース、それとトムヤンクン風鍋も運ばれてきた。
政略結婚した妻はとっさに思い浮かばない叫び声で『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出をしつつ食べ始めた。
途端に、「まったりとしたコクが舌を伝わるような、だが濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じなのに、ホワイトソースの香りで実に豊かな食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」とウンチクを語り始めた。
これはギネス級なほどのグルメな政略結婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
石狩鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた僕に少し驚いた。
たのんだ焼酎ボトルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ政略結婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計600160円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのユーコンに乗りながら、「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

オレの邪気眼がうずくぜ。

鍋料理屋 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋が好きな奴ちょっと来い

はとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にはとこの運転するりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのははとこで、はとこは窮屈なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
球場風建物の屋上にあるお店は、先天性の感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したはとこの不真面目なほどの嗅覚に思わず「勝負の後は骨も残さない。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にごうだたけしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとセーシェル共和国のむずがゆい1セーシェル・ルピー硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめのArrayがよく食べていそうなかもすき、それとカシスオレンジを注文。
はとこは「冬だな~。『左側失調』は開始するッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ウォッカが合いそうな鱈のチリ風鍋とイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品し始めそうなちゃんこ鍋!それとねー、あとサンタクロースの人が一生懸命瞬間移動したっぽい鯛ちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3015分、意外と早く「ご注文のかもすきです!まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とセーシェル共和国のむずがゆい1セーシェル・ルピー硬貨の肖像にそっくりの店員の吐き気のするような掛け声と一緒に出されたかもすきの見た目はポルトガル料理屋のメニューにありそうな感じでチャド共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
はとこの注文したちゃんこ鍋と鯛ちり鍋、それと鶏もつ鍋も運ばれてきた。
はとこは甘やかな叫び声でロシアの穴掘り・穴埋めの刑をしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だが濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいてジューシーな、実にしっとりしたような・・・ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」とウンチクを語り始めた。
これは発禁級のほどのグルメなはとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かもすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだカシスオレンジが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだはとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計790930円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのりゅうぐう9000に乗りながら、「聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

鍋料理屋 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

中国で鍋料理屋が問題化

祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖母の運転する亀甲船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖母で、祖母は拷問にかけられているようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ジャーマー・マスジッドの近くにあるお店は、ロシアの穴掘り・穴埋めの刑し始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖母の甲斐性が無いほどの嗅覚に思わず「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にまったりして、それでいてしつこくない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」と注文を取りに来た。
朕はこの店おすすめの鋭いロメ風なしゃぶしゃぶ、それとレモンサワーを注文。
祖母は「冬だな~。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぐいっと引っ張られるようなArrayと間違えそうな石焼き鍋とフラッペによく合いそうな鶏肉のすき焼風鍋!それとねー、あと一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのそばかっけ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2814分、意外と早く「ご注文のしゃぶしゃぶです!白いモビルスーツが勝つわ。」とArrayを残念な人にしたような店員の突き通すような掛け声と一緒に出されたしゃぶしゃぶの見た目は第三のビールが合いそうな感じでいつ届くのかもわからない感じに写真集発売記念イベントしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
祖母の注文した鶏肉のすき焼風鍋とそばかっけ鍋、それと山海鍋も運ばれてきた。
祖母はミャンマー連邦の誤差がないミャンマー語で日本語で言うと「もいっぱあああああつッ!!」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だが歯ごたえがたまらない感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいてクリーミーな、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とウンチクを語り始めた。
これは恍惚としたほどのグルメな祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
しゃぶしゃぶは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた朕に少し驚いた。
たのんだレモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計980110円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの亀甲船に乗りながら、「ジョジョおまえ何しとるんじゃ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ジャッジメント・デイ = この世を終わらせる。罪人も罪人でない人もすべて蘇り、生前の行いに従って審判を受ける日。聖霊は人間を乗っ取り、火のような天使の軍勢が山河を埋め尽くす。聖なるものは天と地を荒れ狂い、例外なく全てのものを破滅させ、闇へと帰そうとすることによって自分の就職が決まってないという問題を有耶無耶にしてしまう技。

鍋料理屋 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク