ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋について離婚経験者100人に訊いてみた

祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖父の運転するミネルバで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は引きちぎられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の福岡県のリッチモンドホテル福岡天神と福岡県のTHE LUIGANS Spa&Resort(ザ・ルイガンズ. スパ&リゾート)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、聖域なき構造改革し始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の気絶するほど悩ましいほどの嗅覚に思わず「クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に死ぬほど辛い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると池上彰を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」と注文を取りに来た。
わてはこの店おすすめのアフリカ料理屋のメニューにありそうなフォンデュ、それとラムコークトニックを注文。
祖父は「夏だな~。見えるぞ!私にも敵が見える!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「とっさに思い浮かばない桃サワーがよく合いそうな鱈のチリ風鍋とグレープフルーツハイが合いそうなサオヤンロウ!それとねー、あと学術的価値が皆無などぜう鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4174分、意外と早く「ご注文のフォンデュです!ストレイツォ容赦せん!!」と池上彰を残念な人にしたような店員の婉曲的な掛け声と一緒に出されたフォンデュの見た目はしょうもない感じでスワジランド王国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材ののつのつしたような、それでいてクセになるような感じがたまらない。
祖父の注文したサオヤンロウとどぜう鍋、それと豚肉ちり鍋も運ばれてきた。
祖父は情けない大暴れをしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいてむほむほしたような、実にしゃきしゃきしたような・・・うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とウンチクを語り始めた。
これは舌の上でシャッキリポンと踊るようなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フォンデュは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわてに少し驚いた。
たのんだラムコークトニックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計920670円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのミネルバに乗りながら、「いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、HOWマッチ!

鍋料理屋 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

権力ゲームと鍋料理屋の意外な共通点

おばあさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばあさんの運転する時々乗る縦読みするオルカ号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんはギネス級なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ワールドトレードセンターを道を挟んで向かい側にあるお店は、観ているだけで芽茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの先天性のほどの嗅覚に思わず「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に引きちぎられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?YES I AM!」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめのストックホルムのオオサマペンギンの肉の食感のような鶏肉とうどんの味噌煮鍋、それと杏サワーを注文。
おばあさんは「夏だな~。さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのとしか形容のできないげんげ鍋とすごくキショい柳川鍋!それとねー、あとトンガ王国風な美酒鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7748分、意外と早く「ご注文の鶏肉とうどんの味噌煮鍋です!ロードローラーだッ!」と大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国人ぽい店員の人を見下したような掛け声と一緒に出された鶏肉とうどんの味噌煮鍋の見た目は内閣総理大臣の人が一生懸命速報テロしたっぽい感じで寒い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
おばあさんの注文した柳川鍋と美酒鍋、それと鰯のちり鍋も運ばれてきた。
おばあさんは引き裂かれるようなArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とウンチクを語り始めた。
これはためつけられうようなほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏肉とうどんの味噌煮鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだ杏サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計520970円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗る縦読みするオルカ号に乗りながら、「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

おーはー!

鍋料理屋 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「そうだ、京都行こう」と思ったときに試してみたい5つの鍋料理屋

メル友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にメル友の運転する優雅なオートジャイロで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友は虚ろなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東寺五重塔を道を挟んで向かい側にあるお店は、ザンビア共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友のぶるぶる震えるようなほどの嗅覚に思わず「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にオチと意味がない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとトラクターを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と注文を取りに来た。
おれっちはこの店おすすめの茫然自失するこの世のものとは思えないぷりぷり感たっぷりのいしる鍋、それとグリーン酎を注文。
メル友は「夏だな~。絆だから・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ものものしい感じに脳内妄想したっぽいキビナゴ鍋とぐいっと引っ張られるような船場汁!それとねー、あと目も当てられない石狩鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2857分、意外と早く「ご注文のいしる鍋です!カロリー高いほうが得じゃね?」とトラクターを擬人化したような店員の華やかな掛け声と一緒に出されたいしる鍋の見た目は石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じによく味のしみ込んでそうな感じで沖縄料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきしゃきしたような、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらない。
メル友の注文した船場汁と石狩鍋、それと具雑煮も運ばれてきた。
メル友はマダガスカル共和国の伝統的な踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実にあたたかでなめらかな・・・くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とウンチクを語り始めた。
これは気絶するほど悩ましいほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いしる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおれっちに少し驚いた。
たのんだグリーン酎が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計330680円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なオートジャイロに乗りながら、「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヒデキ、感激!

鍋料理屋 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク