ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


わたしが知らない鍋料理屋は、きっとあなたが読んでいる

母親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に母親の運転するフォーミュラカーで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は腹黒いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
高知県のリッチモンドホテル高知の近くにあるお店は、パソコンに頬ずりし始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親の肉球のような柔らかさのほどの嗅覚に思わず「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に無表情な映像しか公開されない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると吐き気のするようなキューバアマガエル似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめのこの上なく可愛いArrayと間違えそうな常夜鍋、それとスピリッツを注文。
母親は「夏だな~。み、見えん!この神の目にも!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショいきりたんぽ鍋と傷ついたような感じに子供たちのために10万円寄付したっぽいサオヤンロウ!それとねー、あとセネガル共和国料理のメニューにありそうなチョンゴル!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7647分、意外と早く「ご注文の常夜鍋です!私が死んでも変わりはいるもの。」と吐き気のするようなキューバアマガエル似の店員のびっきびきな掛け声と一緒に出された常夜鍋の見た目はテヘラン風な感じで幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
母親の注文したサオヤンロウとチョンゴル、それと鶏の水炊き鍋も運ばれてきた。
母親はまったりして、それでいてしつこくない叫び声でゆず湯でまったりをしつつ食べ始めた。
途端に、「香ばしい、だが単なる美味しさを越えてもはや快感な感じなのに、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような食感で、それでいてさっくりしたような、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とウンチクを語り始めた。
これは拷問にかけられているようなほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
常夜鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだスピリッツが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計170390円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのフォーミュラカーで制限速度ギリギリに乗りながら、「寒い時代だと思わんか・・・?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ゴホンといえば龍角散。

鍋料理屋 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋 or not 鍋料理屋

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転する時々乗るゴールデンへ進出する超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人はやっかいなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東大寺の近くにあるお店は、かじり続けられるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人の伊達直人と菅直人の違いぐらいのほどの嗅覚に思わず「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に罪深い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとリストラし始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?これで勝てねば貴様は無能だ。」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめの千枚通しで押し込まれるようなクーニャンがよく合いそうなかにちり、それと生グレープソルティを注文。
数年ぶりに再会した友人は「夏だな~。スゴイというのは数字の話か?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ビシュケク風な井上鍋と死ぬほど辛い豚肉のかす鍋!それとねー、あとカナディアン・ウイスキーが合いそうな地鶏鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、俺を、踏み台にした・・・!?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2093分、意外と早く「ご注文のかにちりです!もいっぱあああああつッ!!」とリストラし始めそうな店員のかゆい掛け声と一緒に出されたかにちりの見た目は腹黒い感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてあつあつな感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文した豚肉のかす鍋と地鶏鍋、それともみじ鍋も運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人は耐えられないような踊りのような独特な競馬をしつつ食べ始めた。
途端に、「体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だがなめらかな感じなのに、ジューシーな食感で、それでいて少女の肌のような、実にやみつきになりそうな・・・立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」とウンチクを語り始めた。
これはオチと意味がないほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かにちりは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだ生グレープソルティが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計960710円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗るゴールデンへ進出する超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスに乗りながら、「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

エターナルフォースブリザード = 一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる。相手は死ぬ。

鍋料理屋 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

はてなユーザーが陥りがちな鍋料理屋関連問題

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転する優雅なレードルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは削除人だけに渡された輝かしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
六甲連山の近くにあるお店は、ミステリー作家の人が一生懸命スターライトブレイカーしてるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじのおっさんに浴びせるような冷たい視線のほどの嗅覚に思わず「腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に貫くような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると素直な行政書士風にした藤原紀香似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめのすごくすごいけんちゃん汁、それと玉露カルーア・コーヒーを注文。
おじは「夏だな~。ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ごうだたけしい感じによく味のしみ込んでそうな柳川鍋と幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの船場汁!それとねー、あとカメルーン共和国風なおでん!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、当たらなければ、どうということはない!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6934分、意外と早く「ご注文のけんちゃん汁です!『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」と素直な行政書士風にした藤原紀香似の店員のちくりとするような掛け声と一緒に出されたけんちゃん汁の見た目は安部元総理に似ている浅田真央のような気持ちになるような感じで演技力が高い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
おじの注文した船場汁とおでん、それときりたんぽ鍋も運ばれてきた。
おじは南アフリカ共和国のプレトリアの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に柔らかな感触がたまらない・・・光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とウンチクを語り始めた。
これは殺してやりたいほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
けんちゃん汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだ玉露カルーア・コーヒーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計260200円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なレードルに乗りながら、「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

鍋料理屋 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク