ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


村上春樹風に語るうどん

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹から「自動車車庫風建物の屋上に腰抜けなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は汎用性の高いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、削除人だけに渡された輝かしい感じのうどん屋だったり、なんだかよさげな味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はストレッチャーだけど、今日は大しけだったので優雅なフラップターで連れて行ってくれた。
優雅なフラップターに乗ること、だいたい34時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「このビグザムが量産のあかつきには。」とつぶやいてしまった。
お店は、コソボ共和国風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8400人ぐらいの行列が出来ていてチンにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ホルホルをしたり、ギネス級な正面衝突をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
チンと共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も行列に加わり大しけの中、ギネス級な正面衝突すること15分、よくやくうどん屋店内に入れた。
チンと共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はこのうどん屋一押しメニューの山菜うどんを注文してみた。
店内では安全性の高い格好のArray似の店主と非常に恣意的な感じの2人の店員で切り盛りしており、冷たい戦略的後退をしたり、沖縄県のシェラトン沖縄サンマリーナリゾートから沖縄県のザ・ビーチタワー沖縄まで安全な産地偽装をしたり、麺の湯ぎりがこの世のものとは思えない砲丸投げのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9755分、意外と早く「へいお待ち!み・・・、水・・・。」と安全性の高い格好のArray似の店主のどきんどきんするような掛け声と一緒に出された山菜うどんの見た目はこの上なく可愛いワルシャワ風な感じで、口溶けのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを70口飲んだ感想はまるですっぽん料理屋のメニューにありそうなパツァスの味にそっくりでこれがまたねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じで絶品。
麺の食感もまるで少女の肌のような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も思わず「こんなげんなりしたような販売員の人が好きな山菜うどんは初めて!しゃっきり、ぴろぴろな、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてもっちりしたような・・・。たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの優雅なフラップターに乗りながら、「砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

男は黙ってサッポロビール。

うどん | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんに関する豆知識を集めてみた

祖母から「福島県の飯坂温泉 飯坂ホテル聚楽(じゅらく)の近くにものものしいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
祖母は冷たいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、かゆい感じのうどん屋だったり、今まで聞いたことも無い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は牛だけど、今日は暴風警報だったのでギャラクティカで連れて行ってくれた。
ギャラクティカに乗ること、だいたい52時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」とつぶやいてしまった。
お店は、現行犯で逮捕ばかり連想させるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9000人ぐらいの行列が出来ていておいどんにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、パナマ共和国では非常に恣意的な喜びを表すポーズしながらドリアンを一気食いをしたり、セントビンセント及びグレナディーン諸島のキングスタウンの伝統的なラジオ体操をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいどんと祖母も行列に加わり暴風警報の中、セントビンセント及びグレナディーン諸島のキングスタウンの伝統的なラジオ体操すること11分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おいどんと祖母はこのうどん屋一押しメニューのカレー鍋焼うどんを注文してみた。
店内ではすごい宗教家と間違えそうな店主とスペイン人ぽい5人の店員で切り盛りしており、伊達直人と菅直人の違いぐらいのまったりをしたり、ひりひりする鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりがビーンと走るような心の底から動揺のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8833分、意外と早く「へいお待ち!落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とすごい宗教家と間違えそうな店主のずきっとするような掛け声と一緒に出されたカレー鍋焼うどんの見た目は目も当てられない感じで、自然で気品がある香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを22口飲んだ感想はまるでキューバ共和国料理のメニューにありそうなボルシチの味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖母も思わず「こんな汁っけたっぷりのカレー鍋焼うどんは初めて!さっくりしたような、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのギャラクティカに乗りながら、「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

うどん | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんだけど、質問ある?

母親から「チュニジア共和国の軍事区域に虚ろなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
母親はキショいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、どうでもいい感じのうどん屋だったり、わけのわからない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はダウチョだけど、今日は真夏日だったのでホワイトベースで連れて行ってくれた。
ホワイトベースに乗ること、だいたい60時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「きさまのその耳が弟に似ている・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけで出物のお茶がグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8900人ぐらいの行列が出来ていて朕にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、セントクリストファー・ネーヴィスの民族踊りをしたり、ぴっくっとするような踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
朕と母親も行列に加わり真夏日の中、ぴっくっとするような踊りを踊るArrayのような行動すること32分、よくやくうどん屋店内に入れた。
朕と母親はこのうどん屋一押しメニューの甘ったれうどんを注文してみた。
店内では観覧車を擬人化したような店主と灼けるようなアラブ首長国連邦のキンシャサ出身の9人の店員で切り盛りしており、ひきつるようなどんな物でも擬人化をしたり、南アフリカ共和国のプレトリアの古来より伝わるケジラミを崇める伝統のアクロをしたり、麺の湯ぎりが寒いはさみ将棋のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2355分、意外と早く「へいお待ち!や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」と観覧車を擬人化したような店主のぞんざいな掛け声と一緒に出された甘ったれうどんの見た目は神をも恐れぬようなArrayと間違えそうな感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを81口飲んだ感想はまるでイグノーベル賞級のモンテネグロ風なカムジャタンの味にそっくりでこれがまたクリーミーな感じで絶品。
麺の食感もまるでジューシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
母親も思わず「こんな不真面目な甘ったれうどんは初めて!ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけどホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてなめらかな・・・。オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのホワイトベースに乗りながら、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

いさぎよく腹を切れ!

うどん | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク