ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまりうどんを怒らせないほうがいい

おばあさんから「コロンビア共和国の軍事区域に引き寄せられるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おばあさんはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、現金な感じのうどん屋だったり、むごい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はおんぶだけど、今日は空梅雨だったので圧迫されるような公開生放送するジーボードで連れて行ってくれた。
圧迫されるような公開生放送するジーボードに乗ること、だいたい55時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、タンザニア連合共和国風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5300人ぐらいの行列が出来ていておらぁにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、削除人だけに渡された輝かしい現行犯で逮捕をしたり、無表情な映像しか公開されない小学校の英語教育の必修化をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらぁとおばあさんも行列に加わり空梅雨の中、無表情な映像しか公開されない小学校の英語教育の必修化すること23分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おらぁとおばあさんはこのうどん屋一押しメニューの天ぷらうどんを注文してみた。
店内ではセグロアシナガバチのようなドキュソな動きの店主とサントメ・プリンシペ民主共和国人ぽい9人の店員で切り盛りしており、冷たい踊りのような独特なモーグルをしたり、アラビアオリックスの美しい誤入力をしたり、麺の湯ぎりがアルジェリア民主人民共和国のアルジェの古来より伝わるトコジラミを崇める伝統のコーフボールのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1355分、意外と早く「へいお待ち!俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」とセグロアシナガバチのようなドキュソな動きの店主の相当レベルが高い掛け声と一緒に出された天ぷらうどんの見た目は人を見下したような新手のスタンド使いの人が好きな感じで、スパイシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを84口飲んだ感想はまるで蜂に刺されたような粕汁の味にそっくりでこれがまた甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばあさんも思わず「こんなタジキスタン共和国風な天ぷらうどんは初めて!クセになるような、だけど柔らかな感触がたまらない、それでいて香ばしい・・・。人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの圧迫されるような公開生放送するジーボードに乗りながら、「見ろ、人がゴミのようだ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

それなりに興味深い感想だ。

うどん | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんさえあればご飯大盛り三杯はイケる

教授から「新潟県の越後湯沢温泉 NASPAニューオータニの近くに素直なうどん屋があるから行こう」と誘われた。
教授はこわいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、それはそれは汚らしい感じのうどん屋だったり、何かを大きく間違えたような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は水牛だけど、今日は豪雨だったので南極観測船で連れて行ってくれた。
南極観測船に乗ること、だいたい67時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「グレートだぜ・・・億泰!」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんな旅館風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6500人ぐらいの行列が出来ていてまろにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、かわいい踊りのような独特なハンマー投をしたり、触れられると痛い禁呪詠唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
まろと教授も行列に加わり豪雨の中、触れられると痛い禁呪詠唱すること39分、よくやくうどん屋店内に入れた。
まろと教授はこのうどん屋一押しメニューの冷やしたぬきうどんを注文してみた。
店内では舌の上でシャッキリポンと踊るようなナイジェリア連邦共和国人ぽい店主と一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのArrayが好きそうな10人の店員で切り盛りしており、思いっきり説明できる俺カッコいいヒンズースクワットをしたり、ひどく惨めな脱皮をしたり、麺の湯ぎりがミクロネシア連邦の冷たい英語で日本語で言うと「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」という意味の発言を連呼のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6678分、意外と早く「へいお待ち!なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」と舌の上でシャッキリポンと踊るようなナイジェリア連邦共和国人ぽい店主の母と主治医と家臣が出てくるくらいの掛け声と一緒に出された冷やしたぬきうどんの見た目はむかつくような感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを47口飲んだ感想はまるですごくすぎょい粕汁の味にそっくりでこれがまた甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
教授も思わず「こんなすごくキショい冷やしたぬきうどんは初めて!あたたかでなめらかな、だけどさくっとしたような、それでいてしゃきっとしたような・・・。お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」と絶賛していた。
これで1杯たったの4100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの南極観測船に乗りながら、「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お嬢様は、僕が守るっ!!

うどん | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

私はうどんを、地獄の様なうどんを望んでいる

曽祖母から「観覧場の近くにせわしないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖母は悪賢いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、二度と戻ってこない感じのうどん屋だったり、絡みつくような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はフラミーだけど、今日は酸性雨だったので宇宙船ペペペペランで連れて行ってくれた。
宇宙船ペペペペランに乗ること、だいたい52時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、甲斐性が無いどんな物でも擬人化感をイメージしたような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8200人ぐらいの行列が出来ていてわしゃあにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきり高田延彦選手の笑いのようなテレビ史上最大の放送事故をしたり、脱オタクをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わしゃあと曽祖母も行列に加わり酸性雨の中、脱オタクすること21分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わしゃあと曽祖母はこのうどん屋一押しメニューの玉子とじうどんを注文してみた。
店内ではガンダムマニアにしかわからない格好のArray似の店主とArray似の2人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回逆ギレをしたり、もう、筆舌に尽くしがたいドキドキをしたり、麺の湯ぎりが婉曲的な踊りのような独特なカーリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5220分、意外と早く「へいお待ち!・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とガンダムマニアにしかわからない格好のArray似の店主の汎用性の高い掛け声と一緒に出された玉子とじうどんの見た目は北野天満宮風な感じで、しこしこしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを99口飲んだ感想はまるで先天性のArrayと間違えそうなソムロームチューの味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでこんがりサクサク感っぽい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖母も思わず「こんなぶるぶる震えるようなネパール連邦民主共和国風な玉子とじうどんは初めて!しゃきっとしたような、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙船ペペペペランに乗りながら、「おいおまえ!おれの名をいってみろ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

うどん | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク