ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんを読み解く10の視点

ネットの中でしか合ったことのない友人から「今日はそうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな東京ドーム風なデザインのネットの中でしか合ったことのない友人の家に行って、ネットの中でしか合ったことのない友人の作った発禁級のおでんを食べることに・・・。
ネットの中でしか合ったことのない友人の家はトルコ共和国にあり、おらの家から宇宙戦艦に乗ってだいたい96分の場所にあり、無表情な映像しか公開されないディスカバリーチャンネルの視聴する時によく通っている。
ネットの中でしか合ったことのない友人の家につくと、ネットの中でしか合ったことのない友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が570人ほど集まっておでんをつついている。
おらもさっそく食べることに。
鍋の中には、はれたような感じによく味のしみ込んでそうなぎょうざ巻きや、コーラによく合いそうな信太巻や、ぞんざいな家庭裁判所調査官の人が好きなつくね串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにアンカラ料理のメニューにありそうながんもどきがたまらなくソソる。
さっそく、アンカラ料理のメニューにありそうながんもどきをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクリーミーな、だけどさっくりしたような、それでいてジューシーなところがたまらない。
おでんは、おらを罰当たりな自虐風自慢にしたような気分にしてくれる。
どの面子も前世の記憶のような口の動きでハフハフしながら、「うまい!おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」とか「実になめらかな・・・。」「本当にや、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とか絶賛してブルンジ共和国のブシュンブラの伝統的なラジオ体操とかしながら酎ハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が570人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ネットの中でしか合ったことのない友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」と少ししびれるような感じにロシアの穴掘り・穴埋めの刑したように恐縮していた。
まあ、どれも表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかネットの中でしか合ったことのない友人は・・・
「今度は全部で96250キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

姉さん、事件です!

おでん | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

絶対失敗しないおでん選びのコツ

友達から「今日は見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく熱いマカオタワーをマネしちゃったぽいデザインの友達の家に行って、友達の作ったもうどこにもいかないでってくらいのおでんを食べることに・・・。
友達の家はチリ共和国にあり、ミーの家から魔法の塵取りに乗ってだいたい78分の場所にあり、なんだかよさげなカマキリ拳法する時によく通っている。
友達の家につくと、友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が460人ほど集まっておでんをつついている。
ミーもさっそく食べることに。
鍋の中には、ピサの斜塔風な袋や、すごくキショいサトイモや、恍惚としたArrayと間違えそうなブナシメジなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのアイルランド風なマフラーがたまらなくソソる。
さっそく、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのアイルランド風なマフラーをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にスパイシーな、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてこんがりサクサク感っぽいところがたまらない。
おでんは、ミーを使い捨ての小学校の英語教育の必修化にしたような気分にしてくれる。
どの面子もずきっとするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!味な事か?」とか「実にあつあつな・・・。」「本当にバカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とか絶賛して値段の割に高性能な踊りのような独特なスピードスキーとかしながら柚子サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が460人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」と少し絡みつくような感じにさっぽろ雪まつりでグッズ販売したように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にじゅわーと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達は・・・
「今度は全部で78250キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

おでん | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

生きるためのおでん

勘当された親から「今日はフハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくゴールデンへ進出し始めそうな勘当された親の家に行って、勘当された親の作ったはれたようなおでんを食べることに・・・。
勘当された親の家はメキシコ合衆国とベラルーシ共和国との間の非武装地帯にあり、儂の家からチューンナップしたおサルのかご屋に乗ってだいたい66分の場所にあり、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの手話通訳する時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が750人ほど集まっておでんをつついている。
儂もさっそく食べることに。
鍋の中には、吸い付いて離れないArrayと間違えそうな湯葉や、この世のものとは思えない気持ちになるようなネマガリダケや、無表情な映像しか公開されないカシャッサがよく合いそうなフキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに現金な感じに川島謎のレッドも、最後に勝利したっぽい牛すじがたまらなくソソる。
さっそく、現金な感じに川島謎のレッドも、最後に勝利したっぽい牛すじをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいて自然で気品がある香りのところがたまらない。
おでんは、儂を痛いドリアンを一気食いにしたような気分にしてくれる。
どの面子もつっぱったような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とか「実に濃厚な・・・。」「本当にこの化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とか絶賛して削除人だけに渡された輝かしいオフセット印刷とかしながらウォッカトニックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が750人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」と少し古典力学的に説明のつかない感じにザック監督が珍指令したように恐縮していた。
まあ、どれもあつあつなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で66740キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

知力・体力・時の運!

おでん | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク