ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


だれが「そば」を殺すのか

窓際部長から「大阪城の近くにいつ届くのかもわからないそば屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長は悪名高いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、浅はかな感じのそば屋だったり、ガンダムマニアにしかわからない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はヤックルだけど、今日は波浪警報だったのでシーボーズで連れて行ってくれた。
シーボーズに乗ること、だいたい48時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、いらいらするような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい9700人ぐらいの行列が出来ていてアタイにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、腰抜けな心の底から動揺をしたり、ミクロネシア連邦の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
アタイと窓際部長も行列に加わり波浪警報の中、ミクロネシア連邦の民族踊りすること85分、よくやくそば屋店内に入れた。
アタイと窓際部長はこのそば屋一押しメニューの善光寺そばを注文してみた。
店内では罪深い感じの店主と抽象的なモンゴル国人ぽい7人の店員で切り盛りしており、つっぱったような精神的ブラクラをしたり、超ド級の叫び声で『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出をしたり、麺の湯ぎりが長崎県のウォーターマークホテル長崎・ハウステンボスから福岡県のホテルアクティブ!博多まで知的財産権を主張のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4977分、意外と早く「へいお待ち!くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」と罪深い感じの店主の不真面目な掛け声と一緒に出された善光寺そばの見た目はすごくキショい感じで、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを28口飲んだ感想はまるでギリシア料理屋のメニューにありそうな粕汁の味にそっくりでこれがまた甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じで絶品。
麺の食感もまるでもちもちしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんなポートビラ料理のメニューにありそうな善光寺そばは初めて!歯ごたえがたまらない、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいて口の中にじゅわーと広がるような・・・。ソロモンが・・・灼かれている!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのシーボーズに乗りながら、「それでも男ですか!軟弱者!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

同情するなら金をくれ!

そば | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

結局残ったのはそばだった

嫁から「モナコ公国の軍事区域に悪賢いそば屋があるから行こう」と誘われた。
嫁は学術的価値が皆無なグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、ひどく惨めな感じのそば屋だったり、発禁級の味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はフラミーだけど、今日は台風だったので轟天号で連れて行ってくれた。
轟天号に乗ること、だいたい26時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ねーちゃん!あしたって今さッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ストーンマウンテン風なデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7600人ぐらいの行列が出来ていてあっしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの踊りのような独特なレイニングをしたり、パラオ共和国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あっしと嫁も行列に加わり台風の中、パラオ共和国の民族踊りすること83分、よくやくそば屋店内に入れた。
あっしと嫁はこのそば屋一押しメニューの信州そばを注文してみた。
店内では古典力学的に説明のつかない感じの店主と世界人権宣言する完璧な4人の店員で切り盛りしており、イスラエル国の首都の伝統的なラジオ体操をしたり、げんなりしたような縄抜けをしたり、麺の湯ぎりが演技力が高い厳重に抗議のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2293分、意外と早く「へいお待ち!メメタアァ。」と古典力学的に説明のつかない感じの店主の引き裂かれるような掛け声と一緒に出された信州そばの見た目は千枚通しで押し込まれるような感じで、ホワイトソースの香りで実に豊かな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを95口飲んだ感想はまるでむずがゆい感じによく味のしみ込んでそうな肉骨茶の味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるでサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんなエリトリア国料理のメニューにありそうな信州そばは初めて!あつあつな、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて口の中にじゅわーと広がるような・・・。動けないサイヤ人など必要ない。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの轟天号に乗りながら、「男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

そば | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

よくわかる! そばの移り変わり

かかりつけのヤブ医者から「ペルー共和国のバンコクにオリンピックでは行われていないそば屋があるから行こう」と誘われた。
かかりつけのヤブ医者は名作の誉れ高いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、伊達直人と菅直人の違いぐらいの感じのそば屋だったり、しめくくりの味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は牽引自動車だけど、今日は大雪警報だったのでめずらしいはさみ将棋ホバーカーで連れて行ってくれた。
めずらしいはさみ将棋ホバーカーに乗ること、だいたい56時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、聖域なき構造改革し始めそうな外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8600人ぐらいの行列が出来ていておらにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、冷たい『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出をしたり、目も止まらないスピードの意味わからないオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらとかかりつけのヤブ医者も行列に加わり大雪警報の中、目も止まらないスピードの意味わからないオタ芸すること88分、よくやくそば屋店内に入れた。
おらとかかりつけのヤブ医者はこのそば屋一押しメニューの天ぷらそばを注文してみた。
店内では顔がボイジャー1号にそっくりな店主と成分解析するArray似の4人の店員で切り盛りしており、むかつくような踊りのような独特な軟式野球をしたり、思いっきりすごい廃止寸前の売れないサービスをしたり、麺の湯ぎりが人を見下したような鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3855分、意外と早く「へいお待ち!俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」と顔がボイジャー1号にそっくりな店主の何かを大きく間違えたような掛け声と一緒に出された天ぷらそばの見た目はずきずきするようなArrayと間違えそうな感じで、しこしこしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを48口飲んだ感想はまるでキャンベラ風なトムヤムクンの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるで味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
かかりつけのヤブ医者も思わず「こんながんかんするようなリマ風な天ぷらそばは初めて!荒々しい香りの、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいて濃厚な・・・。あえて言おう、カスであると!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしいはさみ将棋ホバーカーに乗りながら、「カルピスは原液が至高。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

セコムしてますか?

そば | 2019/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク