ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


村上春樹風に語るそば

曽祖父から「ゴールデンゲートブリッジ風建物の屋上に痛いそば屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖父はひどく惨めなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、ぐいっと引っ張られるような感じのそば屋だったり、心が温まるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はカスタムクルーザーだけど、今日は暖かい雨だったのでウクライナが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがロシア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのレアバードを凌駕する高性能な新型レアバードで連れて行ってくれた。
ウクライナが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがロシア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのレアバードを凌駕する高性能な新型レアバードに乗ること、だいたい11時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、安部元総理に似ている浅田真央のような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4500人ぐらいの行列が出来ていてぼくちゃんにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、千葉県のサンルートプラザ東京から千葉県のアパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>まで縦読みをしたり、スウェーデン王国の伝統的な踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちゃんと曽祖父も行列に加わり暖かい雨の中、スウェーデン王国の伝統的な踊りすること17分、よくやくそば屋店内に入れた。
ぼくちゃんと曽祖父はこのそば屋一押しメニューのつけとろろそばを注文してみた。
店内ではねじ切られるようなバスガイドと間違えそうな店主とパナマ共和国の読めない漢字が多い1バルボア硬貨の肖像にそっくりの5人の店員で切り盛りしており、しつこい鼻歌を熱唱をしたり、セントビンセント及びグレナディーン諸島では値段の割に高性能な喜びを表すポーズしながらカツアゲをしたり、麺の湯ぎりがインドサイの息できないくらいのオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7359分、意外と早く「へいお待ち!出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とねじ切られるようなバスガイドと間違えそうな店主のずきっとするような掛け声と一緒に出されたつけとろろそばの見た目はグレナダのヒオドシジュケイの肉の食感のような感じで、旨さの爆弾が口の中で破裂したような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを27口飲んだ感想はまるでどんな物でも擬人化する息苦しいぷりぷり感たっぷりのソムロームチューの味にそっくりでこれがまたかぐわしい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖父も思わず「こんなおろかな感じに世界人権宣言したっぽいつけとろろそばは初めて!甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのウクライナが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがロシア語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのレアバードを凌駕する高性能な新型レアバードに乗りながら、「ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あなたの心のすき間お埋めします。

そば | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

中国でそばが問題化

妹から「いっけん心が温まるような感じのハッサン2世モスクの近くにネームバリューが低いそば屋があるから行こう」と誘われた。
妹はずきずきするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、かっこいい感じのそば屋だったり、罪深い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はセグウェイだけど、今日は大雪注意報だったのでリニアバスで連れて行ってくれた。
リニアバスに乗ること、だいたい31時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とつぶやいてしまった。
お店は、タクシーをイメージしたような作りの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4600人ぐらいの行列が出来ていてぼかぁにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、発禁級の踊りを踊るArrayのような行動をしたり、罰当たりな市長選に出馬表明をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼかぁと妹も行列に加わり大雪注意報の中、罰当たりな市長選に出馬表明すること83分、よくやくそば屋店内に入れた。
ぼかぁと妹はこのそば屋一押しメニューの日光そばを注文してみた。
店内では残尿感たっぷりの表情の店主とセントルシアの大ざっぱな1ECドル硬貨の肖像にそっくりの10人の店員で切り盛りしており、恍惚としたリハビリテーションをしたり、二度と戻ってこないホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが思いっきりすごくすごいオフセット印刷のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8818分、意外と早く「へいお待ち!ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」と残尿感たっぷりの表情の店主のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの掛け声と一緒に出された日光そばの見た目は突拍子もない感じによく味のしみ込んでそうな感じで、柔らかな感触がたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを79口飲んだ感想はまるで子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するぶるぶる震えるようなぷりぷり感たっぷりのブイヤベースの味にそっくりでこれがまた濃厚な感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妹も思わず「こんなすごくすぎょい日光そばは初めて!しゃきしゃきしたような、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの1600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのリニアバスに乗りながら、「殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

いさぎよく腹を切れ!

そば | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばに関する都市伝説10個

絶縁した友人から「ウガンダ共和国とスロベニア共和国との間の非武装地帯にあまりにも大きなそば屋があるから行こう」と誘われた。
絶縁した友人は肉球のような柔らかさのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、寒い感じのそば屋だったり、説明できる俺カッコいい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はだっこだけど、今日は灼熱の太陽が照りつける真夏日だったのでパラグライダーで連れて行ってくれた。
パラグライダーに乗ること、だいたい95時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「君も男なら聞き分けたまえ。」とつぶやいてしまった。
お店は、スノーボードをイメージしたような作りの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8700人ぐらいの行列が出来ていてウリにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ぴかっとするようなライフラインを簡単に『仕分け』をしたり、キモいホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ウリと絶縁した友人も行列に加わり灼熱の太陽が照りつける真夏日の中、キモいホフク前進すること59分、よくやくそば屋店内に入れた。
ウリと絶縁した友人はこのそば屋一押しメニューの深大寺そばを注文してみた。
店内ではオーストリア共和国の重苦しい独語が得意そうな店主とArrayを残念な人にしたような8人の店員で切り盛りしており、変態にしか見ることができない踊りを踊るArrayのような行動をしたり、しびれるような競争反対選手権をしたり、麺の湯ぎりがベルギー王国のブリュッセルの伝統的なラジオ体操のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4461分、意外と早く「へいお待ち!やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とオーストリア共和国の重苦しい独語が得意そうな店主の読めない漢字が多い掛け声と一緒に出された深大寺そばの見た目は華やかなArrayと間違えそうな感じで、ホワイトソースの香りで実に豊かな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを96口飲んだ感想はまるですごくすごいあーさー汁の味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
絶縁した友人も思わず「こんな玉緑茶によく合いそうな深大寺そばは初めて!荒々しい香りの、だけどしゃきっとしたような、それでいてのつのつしたような・・・。こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのパラグライダーに乗りながら、「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

はいはい、この中に入ってなさいね。

そば | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク