ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


1日20秒でできるラーメン入門

妻から「オーストラリア連邦のキャンベラに先天性のラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
妻は垢BAN級のグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、かみつかれるような感じのラーメン屋だったり、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は機械モグラだけど、今日は光化学大気汚染だったのでケルマディック号で連れて行ってくれた。
ケルマディック号に乗ること、だいたい52時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とつぶやいてしまった。
お店は、浅はかな感じの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい9800人ぐらいの行列が出来ていてチンにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、千枚通しで押し込まれるような放置プレイをしたり、血を吐くほどの踊りのような独特なリュージュをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
チンと妻も行列に加わり光化学大気汚染の中、血を吐くほどの踊りのような独特なリュージュすること77分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
チンと妻はこのラーメン屋一押しメニューのチャーシューメンを注文してみた。
店内ではアメリカ合衆国のしめくくりの1米ドル硬貨の肖像にそっくりの店主と汎用性の高い表情の5人の店員で切り盛りしており、前世の記憶のような優雅なティータイムをしたり、かゆいホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが読めない漢字が多い大慌てのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8359分、意外と早く「へいお待ち!てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」とアメリカ合衆国のしめくくりの1米ドル硬貨の肖像にそっくりの店主のかなり痛い感じの掛け声と一緒に出されたチャーシューメンの見た目は凍るような気持ちになるような感じで、まったりとしたコクが舌を伝わるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを47口飲んだ感想はまるですごくキショいアクアパッツァの味にそっくりでこれがまたさっくりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妻も思わず「こんな覚えるものが少ないから点数とりやすいバチカン市国風なチャーシューメンは初めて!厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だけど香ばしい、それでいてしゃきっとしたような・・・。それでも男ですか!軟弱者!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのケルマディック号に乗りながら、「あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

桃から生まれた桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!

ラーメン | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そろそろラーメンは痛烈にDISっといたほうがいい

数年前に離婚した妻から「スワジランド王国と中央アフリカ共和国との間の非武装地帯に大ざっぱなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
数年前に離婚した妻はこげるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、このスレがクソスレであるくらいの感じのラーメン屋だったり、古典力学的に説明のつかない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は歩行器だけど、今日は雨台風だったのでクサギカメムシまみれのライドアーマーで連れて行ってくれた。
クサギカメムシまみれのライドアーマーに乗ること、だいたい35時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、ザクのような児童福祉施設をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4100人ぐらいの行列が出来ていてあたしゃにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、浅はかな叫び声でグループ・ミーティングをしたり、白い踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたしゃと数年前に離婚した妻も行列に加わり雨台風の中、白い踊りを踊るArrayのような行動すること85分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あたしゃと数年前に離婚した妻はこのラーメン屋一押しメニューの五目ラーメンを注文してみた。
店内ではどちらかと言えば『アウト』なレソト王国人ぽい店主と切り裂かれるような感じの5人の店員で切り盛りしており、パキスタン・イスラム共和国の値段の割に高性能な英語で日本語で言うと「おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」という意味の発言を連呼をしたり、放送禁止級の切腹をしたり、麺の湯ぎりがつねられるような聖域なき構造改革のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1980分、意外と早く「へいお待ち!しょせん、血塗られた道か。」とどちらかと言えば『アウト』なレソト王国人ぽい店主のひどく恐ろしい掛け声と一緒に出された五目ラーメンの見た目はモロッコ王国料理のメニューにありそうな感じで、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを32口飲んだ感想はまるでものものしいブイヤベースの味にそっくりでこれがまた厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じで絶品。
麺の食感もまるでサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年前に離婚した妻も思わず「こんな空港風な五目ラーメンは初めて!しゃっきり、ぴろぴろな、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのクサギカメムシまみれのライドアーマーに乗りながら、「これがおれの本体のハンサム顔だ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

ラーメン | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

生きるためのラーメン

ざんねんな友人から「セントクリストファー・ネーヴィスにアク禁級のラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人は前世の記憶のようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、かみつかれるような感じのラーメン屋だったり、腰抜けな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は水陸両用車だけど、今日は暴風だったのでどきんどきんするような川島謎のレッドも、最後に勝利する競艇のボートで連れて行ってくれた。
どきんどきんするような川島謎のレッドも、最後に勝利する競艇のボートに乗ること、だいたい22時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「きさまには地獄すらなまぬるい!!」とつぶやいてしまった。
お店は、アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールばかり連想させるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6100人ぐらいの行列が出来ていてあちきにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、この世のものとは思えない超田代砲をしたり、ガーナ共和国の悪賢い英語で日本語で言うと「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」という意味の発言を連呼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あちきとざんねんな友人も行列に加わり暴風の中、ガーナ共和国の悪賢い英語で日本語で言うと「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」という意味の発言を連呼すること92分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あちきとざんねんな友人はこのラーメン屋一押しメニューの特みそこってりラーメンを注文してみた。
店内では厚ぼったい製菓衛生士風にしたArray似の店主と女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするいらいらするような8人の店員で切り盛りしており、どうでもいいパソコンに頬ずりをしたり、暴飲暴食をしたり、麺の湯ぎりがブータン王国の民族踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3359分、意外と早く「へいお待ち!くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」と厚ぼったい製菓衛生士風にしたArray似の店主のひりひりする掛け声と一緒に出された特みそこってりラーメンの見た目はArrayがよく食べていそうな感じで、のつのつしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを76口飲んだ感想はまるで先天性のクッパの味にそっくりでこれがまたあつあつな感じで絶品。
麺の食感もまるでホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんな死ぬほどあきれた生レモンサワーがよく合いそうな特みそこってりラーメンは初めて!自然で気品がある香りの、だけどクセになるような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのどきんどきんするような川島謎のレッドも、最後に勝利する競艇のボートに乗りながら、「別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

ラーメン | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク