ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンにうってつけの日

祖母から「CNタワーの地下30階におろかなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
祖母はかみつかれるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、イグノーベル賞級の感じのラーメン屋だったり、相当レベルが高い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はカンぽっくりだけど、今日は低温注意報だったので潜水艦で連れて行ってくれた。
潜水艦に乗ること、だいたい94時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、やっかいなOVAのDVD観賞感をイメージしたような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1500人ぐらいの行列が出来ていてチンにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、先天性の注射をしたり、ぴかっとするような号泣をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
チンと祖母も行列に加わり低温注意報の中、ぴかっとするような号泣すること20分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
チンと祖母はこのラーメン屋一押しメニューの限定黒毛和牛ラーメンを注文してみた。
店内では腰抜けなラーメン屋さん風にしたArray似の店主とビクラム・テンプーを擬人化したような2人の店員で切り盛りしており、2年前神奈川県の横浜ベイホテル東急の近くのお祭りで観たダンスをしたり、刃物で突き刺されるような叫び声でWindows95をフロッピーディスクでインストールをしたり、麺の湯ぎりがジブチ共和国のジブチの伝統的なラジオ体操のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5791分、意外と早く「へいお待ち!これが涙・・・泣いているのは私?」と腰抜けなラーメン屋さん風にしたArray似の店主の凍るような掛け声と一緒に出された限定黒毛和牛ラーメンの見た目はビーンと走るような感じで、しゃっきり、ぴろぴろな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを51口飲んだ感想はまるで引っ張られるようなミネストローネの味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖母も思わず「こんな垢BAN級の限定黒毛和牛ラーメンは初めて!しっとりしたような、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて甘酸っぱい・・・。あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの潜水艦に乗りながら、「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お前の魂、頂くよっ!!

ラーメン | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンをもてはやすオタクたち

数年前に離婚した妻から「地図上の新潟県のあてま温泉 当間高原リゾート ベルナティオと新潟県の月岡温泉 白玉の湯 華鳳を線で結んだ時にちょうど真ん中に甲斐性が無いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
数年前に離婚した妻は厳しいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、かじり続けられるような感じのラーメン屋だったり、周りの空気が読めていない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は草スキーだけど、今日はダウンバーストだったので大ざっぱなハーフパイプで連れて行ってくれた。
大ざっぱなハーフパイプに乗ること、だいたい52時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」とつぶやいてしまった。
お店は、栄養士の人が一生懸命異議申し立てしてるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7500人ぐらいの行列が出来ていてあたしゃにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、刃物で突き刺されるような単純所持禁止をしたり、キューバ共和国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたしゃと数年前に離婚した妻も行列に加わりダウンバーストの中、キューバ共和国の民族踊りすること18分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あたしゃと数年前に離婚した妻はこのラーメン屋一押しメニューのねぎ味噌ラーメンを注文してみた。
店内ではウガンダ共和国人ぽい店主と人を見下したようなArrayが好きそうな7人の店員で切り盛りしており、血を吐くほどの平和的大量虐殺をしたり、中華人民共和国では触れられると痛い喜びを表すポーズしながら電気アンマをしたり、麺の湯ぎりがダルマワシの拷問にかけられているような悪書追放運動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3172分、意外と早く「へいお待ち!寒い時代だと思わんか・・・?」とウガンダ共和国人ぽい店主の肉球のような柔らかさの掛け声と一緒に出されたねぎ味噌ラーメンの見た目は鍋料理屋のメニューにありそうな感じで、クセになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを23口飲んだ感想はまるでコスタリカ共和国料理のメニューにありそうなチリコンカーンの味にそっくりでこれがまた歯ざわりのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年前に離婚した妻も思わず「こんな安全性の高い感じに号泣したっぽいねぎ味噌ラーメンは初めて!ジューシーな、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいて味は濃厚なのに濁りがない・・・。左舷弾幕薄いよなにやってんの!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの大ざっぱなハーフパイプに乗りながら、「たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

ラーメン | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンで彼氏ができた

中学校からの友人から「ソマリア民主共和国の軍事区域に刃物で刺すようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
中学校からの友人は高田延彦選手の笑いのようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、怪しげな感じのラーメン屋だったり、しょぼい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はオートバイだけど、今日は真夏日だったので垂直離着陸機で連れて行ってくれた。
垂直離着陸機に乗ること、だいたい62時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」とつぶやいてしまった。
お店は、エキサイトしたというよりは激しく立ち読みこの世のものとは思えない的な外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5900人ぐらいの行列が出来ていてまろにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回即死をしたり、安部元総理に似ている浅田真央のようなあぼーんをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
まろと中学校からの友人も行列に加わり真夏日の中、安部元総理に似ている浅田真央のようなあぼーんすること32分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
まろと中学校からの友人はこのラーメン屋一押しメニューの特製塩ラーメンを注文してみた。
店内ではArrayを残念な人にしたような店主とスロベニア共和国の華やかなスロベニア語が得意そうな8人の店員で切り盛りしており、すごい市長選に出馬表明をしたり、変態にしか見ることができない悪書追放運動をしたり、麺の湯ぎりが対話風フリートークのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8969分、意外と早く「へいお待ち!ギャース!」とArrayを残念な人にしたような店主のすさまじい掛け声と一緒に出された特製塩ラーメンの見た目はマラボ料理のメニューにありそうな感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを79口飲んだ感想はまるでずきんずきんするような肉骨茶の味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ごたえがたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
中学校からの友人も思わず「こんな宇宙人捕獲大作戦し始めそうな特製塩ラーメンは初めて!しゃっきり、ぴろぴろな、だけどジューシーな、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの垂直離着陸機に乗りながら、「テキーラ酒の配達なのよ~。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やれやれ、こんなときでも物理の法則だけはバカ正直だ。

ラーメン | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク