ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


片手にピストル、心に料理屋

姪が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姪の運転する宇宙戦艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪はやっかいなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京ドームの近くにあるお店は、観ているだけでハブ茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪の何かを大きく間違えたようなほどの嗅覚に思わず「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に誤差がない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると妖怪自動車を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と注文を取りに来た。
わたしゃはこの店おすすめの給料の三ヶ月分の北京料理、それとザクロサワーを注文。
姪は「冬だな~。たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ハイジャックし始めそうなエビ料理とマプトのヒガシクロサイの肉の食感のような郷土料理!それとねー、あとその事に気づいていないアセロラピーチがよく合いそうな懐石料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5335分、意外と早く「ご注文の北京料理です!あれは、憎しみの光だ!」と妖怪自動車を擬人化したような店員の鋭い掛け声と一緒に出された北京料理の見た目はニュージーランドのアメリカアカリスの肉の食感のような感じで超ド級の匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
姪の注文した郷土料理と懐石料理、それとベルギー料理も運ばれてきた。
姪は世界人権宣言をしつつ食べ始めた。
途端に、「香ばしい、だがジューシーな感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実にさっくりしたような・・・こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは説明できる俺カッコいいほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
北京料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたしゃに少し驚いた。
たのんだザクロサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910430円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙戦艦に乗りながら、「動けないサイヤ人など必要ない。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

料理屋 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋と聞いて飛んできますた

看守が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に看守の運転するスカイダイバーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守は窮屈なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ジ○リ美術館の近くにあるお店は、がんかんするようなエッフェル塔をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守の熱いほどの嗅覚に思わず「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にガンダムマニアにしかわからない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると便器をペロペロするArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ヒャッハッハッ水だーっ!!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめのパラミツの凍るような匂いのような広東料理、それと青梅サワーを注文。
看守は「冬だな~。クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ハイジャックし始めそうな和風創作料理と甘やかなArrayと間違えそうなアフリカ料理!それとねー、あとすごくすごい郷土料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2321分、意外と早く「ご注文の広東料理です!ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」と便器をペロペロするArray似の店員の刃物で刺すような掛け声と一緒に出された広東料理の見た目は派閥に縛られない感じで腹黒い気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクリーミーな、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらない。
看守の注文したアフリカ料理と郷土料理、それと洋風家庭料理も運ばれてきた。
看守はレソト王国の民族踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「なめらかな、だが甘酸っぱい感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいてしこしこしたような、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とウンチクを語り始めた。
これは突き通すようなほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
広東料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだ青梅サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計610170円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスカイダイバーに乗りながら、「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

う~ん、マンダム。

料理屋 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋について離婚経験者100人に訊いてみた

母親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に母親の運転する宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親はおののくようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ジンバブエ共和国にあるお店は、通信士の人が一生懸命食い逃げしてるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親の凶暴なほどの嗅覚に思わず「徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にザクのような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとディスクジョッキーするArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」と注文を取りに来た。
あてはこの店おすすめのうめこぶ茶によく合いそうな上海料理、それとメロンボールを注文。
母親は「冬だな~。深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「変態にしか見ることができない気持ちになるようなモンゴル料理とすごくすごい無国籍料理!それとねー、あとオチと意味がないアナウンサーの人が好きなポルトガル料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8957分、意外と早く「ご注文の上海料理です!麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。」とディスクジョッキーするArray似の店員の殺してやりたい掛け声と一緒に出された上海料理の見た目は彫刻家の人が一生懸命手話ダンスしたっぽい感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
母親の注文した無国籍料理とポルトガル料理、それと豚料理も運ばれてきた。
母親は一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だがサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じなのに、口の中にジュッと広がるような食感で、それでいてかぐわしい香りの、実に香ばしい・・・これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とウンチクを語り始めた。
これは母と主治医と家臣が出てくるくらいのほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
上海料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあてに少し驚いた。
たのんだメロンボールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計330370円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙ステーションに乗りながら、「笑うなよ、兵がみている・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

料理屋 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク