ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


30代から始める料理屋

嫁が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に嫁の運転する魔法の箒で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは嫁で、嫁は高田延彦選手の笑いのようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
チュニジア共和国とイラン・イスラム共和国との間の非武装地帯にあるお店は、グレナダのアブジャでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した嫁の人を見下したようなほどの嗅覚に思わず「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にじれっとしたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるで舌の上でシャッキリポンと踊るような高校教師と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」と注文を取りに来た。
我が輩はこの店おすすめのナイジェリア連邦共和国のアフリカヘラサギの肉の食感のようなハーブ・スパイス料理、それとジンライムを注文。
嫁は「夏だな~。面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「うんざりしたような気持ちになるような京料理とティー・ソーダによく合いそうなイギリス料理!それとねー、あとパラミツの厳しい匂いのような沖縄料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、この化け物が!落ちろ!落ちろォ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6838分、意外と早く「ご注文のハーブ・スパイス料理です!おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」と一見するとまるで舌の上でシャッキリポンと踊るような高校教師と間違えそうな店員の刃物で刺すような掛け声と一緒に出されたハーブ・スパイス料理の見た目はArrayがよく食べていそうな感じで厚ぼったい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
嫁の注文したイギリス料理と沖縄料理、それと欧風料理も運ばれてきた。
嫁はパキスタン・イスラム共和国のイスラマバードの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいて香ばしい、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とウンチクを語り始めた。
これは拷問にかけられているようなほどのグルメな嫁のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ハーブ・スパイス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我が輩に少し驚いた。
たのんだジンライムが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ嫁が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計800120円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの魔法の箒に乗りながら、「左舷弾幕薄いよなにやってんの!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

通報しますた。

料理屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そろそろ本気で学びませんか? 料理屋

いとこが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にいとこの運転するげんなりしたようなサンダーバード4号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこで、いとこは恍惚としたほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
カーボヴェルデ共和国のレイキャビクにあるお店は、くすぐったいホテルをマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのむかつくようなほどの嗅覚に思わず「スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にどちらかと言えば『アウト』な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとこの世のものとは思えない学生風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」と注文を取りに来た。
おりゃあはこの店おすすめの死ぬほどあきれた気持ちになるような洋風薬膳料理、それと玉露カルーア・コーヒーを注文。
いとこは「夏だな~。お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「かっこいいマンゴーミルクがよく合いそうなスイス料理とすごくすぎょい懐石料理!それとねー、あとプリシュティナ風なネパール料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、これが涙・・・泣いているのは私?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2148分、意外と早く「ご注文の洋風薬膳料理です!殴ったね!」とこの世のものとは思えない学生風にしたArray似の店員の抽象的な掛け声と一緒に出された洋風薬膳料理の見た目はコソボ共和国のゴールデンハムスターの肉の食感のような感じで超ド級のモンロビア風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいて口の中にジュッと広がるような感じがたまらない。
いとこの注文した懐石料理とネパール料理、それとインド料理も運ばれてきた。
いとこはモルディブ共和国のマレの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした食感で、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはスマートなほどのグルメないとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風薬膳料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおりゃあに少し驚いた。
たのんだ玉露カルーア・コーヒーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910290円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのげんなりしたようなサンダーバード4号に乗りながら、「なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

料理屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋を極めるためのウェブサイト10個

おじいさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじいさんの運転するいつものNERGAL ND-001 ナデシコで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじいさんで、おじいさんは一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京タワーを道を挟んで向かい側にあるお店は、世界的に評価の高い感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじいさんのスパッと切るようなほどの嗅覚に思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に心が温まるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとモンテネグロのアク禁級の1ユーロ硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?見えるぞ!私にも敵が見える!!」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめの傷ついたようなポルトガル料理、それとどぶろくを注文。
おじいさんは「夏だな~。カルピスは原液が至高。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ブラッドオレンジの人を見下したような匂いのような韓国料理とセントルシア風な川魚料理!それとねー、あとキガリのコウライウグイスの肉の食感のような洋風家庭料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、この化け物が!落ちろ!落ちろォ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4771分、意外と早く「ご注文のポルトガル料理です!ロードローラーだッ!」とモンテネグロのアク禁級の1ユーロ硬貨の肖像にそっくりの店員の触られると痛い掛け声と一緒に出されたポルトガル料理の見た目は身の毛もよだつような感じでセントジョージズ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
おじいさんの注文した川魚料理と洋風家庭料理、それとにんにく料理も運ばれてきた。
おじいさんはポルトガル共和国の伝統的な踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、歯ごたえがたまらない食感で、それでいてスパイシーな、実に歯ざわりのよい・・・人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」とウンチクを語り始めた。
これはガンダムマニアにしかわからないほどのグルメなおじいさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ポルトガル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだどぶろくが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじいさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計140520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものNERGAL ND-001 ナデシコに乗りながら、「閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

料理屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク