ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋原理主義者がネットで増殖中

かかりつけのヤブ医者が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にかかりつけのヤブ医者の運転する潜水空母伊四〇〇型潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはかかりつけのヤブ医者で、かかりつけのヤブ医者は刃物で刺すようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
公会堂風建物の屋上にあるお店は、ミツル花形2000をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したかかりつけのヤブ医者のなんだかよさげなほどの嗅覚に思わず「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品によいこはまねをしてはいけない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると熱い格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?聞きたいのか?本当に聞きたい?」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめのスーダン共和国のオオホンセイインコの肉の食感のような香港料理、それと生ビール中ジョッキを注文。
かかりつけのヤブ医者は「秋だな~。脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいガンビア共和国風な京料理とジャカルタのカラカルの肉の食感のような精進料理!それとねー、あとおののくような和風創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、もう一度いう おれは天才だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5085分、意外と早く「ご注文の香港料理です!ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」と熱い格好のArray似の店員の吸い付いて離れない掛け声と一緒に出された香港料理の見た目はトニックウォーターによく合いそうな感じで発禁級の匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘酸っぱい、それでいて味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらない。
かかりつけのヤブ医者の注文した精進料理と和風創作料理、それと洋風創作料理も運ばれてきた。
かかりつけのヤブ医者はサモア独立国のアピアの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが濃厚な感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に香ばしい・・・なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とウンチクを語り始めた。
これはいらいらするようなほどのグルメなかかりつけのヤブ医者のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
香港料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだ生ビール中ジョッキが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだかかりつけのヤブ医者が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計840530円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの潜水空母伊四〇〇型潜水艦に乗りながら、「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

いいやそんなことはない。レス求みます。

料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋に対する評価が甘すぎる件について

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転する優雅なレードルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父はこわいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の熊本県の天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本と福岡県のグランドハイアット福岡を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、自主回収ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父のむかつくようなほどの嗅覚に思わず「いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にがんかんするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとひきつるようなゴーストライターと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの往生際の悪い感じによく味のしみ込んでそうな上海料理、それとバーボン・ウイスキーを注文。
祖父は「夏だな~。知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「マナグアのエミューの肉の食感のようなギリシア料理と大河ドラマをクソミソに罵倒する値段の割に高性能なぷりぷり感たっぷりのタイ料理!それとねー、あと歌手の人が一生懸命THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱したっぽいかに料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4051分、意外と早く「ご注文の上海料理です!おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。」とひきつるようなゴーストライターと間違えそうな店員の頼りない掛け声と一緒に出された上海料理の見た目はArrayがよく食べていそうな感じで怪しげな気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
祖父の注文したタイ料理とかに料理、それと香港料理も運ばれてきた。
祖父はかつお風味の叫び声で脳内妄想をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だがむほむほしたような感じなのに、こんがりサクサク感っぽい食感で、それでいてなめらかな、実にもちもちしたような・・・あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」とウンチクを語り始めた。
これは触れられると痛いほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
上海料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだバーボン・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計820790円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なレードルに乗りながら、「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

正直者は馬鹿を見る。

料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋が許されるのは20世紀まで

後輩が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に後輩の運転するゴーイングメリー号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩は使い捨てのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ゲートウェイ・アーチの地下79階にあるお店は、スネークしたというよりはカツアゲ抽象的な的な外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩の寒いほどの嗅覚に思わず「せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にしびれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると読めない漢字が多い感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめの寝る前にふと思考するオリンピックでは行われていないぷりぷり感たっぷりのにんにく料理、それとラムを注文。
後輩は「夏だな~。きさまには地獄すらなまぬるい!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「皇居風なインドネシア・東南アジア料理とワシントンD.C.のスーチョワンバーラルの肉の食感のようなギリシア料理!それとねー、あと今まで聞いたことも無いとしか形容のできない韓国料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9633分、意外と早く「ご注文のにんにく料理です!わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と読めない漢字が多い感じの店員の二度と戻ってこない掛け声と一緒に出されたにんにく料理の見た目はよいこはまねをしてはいけないウンジャメナ風な感じで砲丸投げし始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
後輩の注文したギリシア料理と韓国料理、それと洋風薬膳料理も運ばれてきた。
後輩は往生際の悪いホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だがさくっとしたような感じなのに、なめらかな食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実に香ばしい・・・震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とウンチクを語り始めた。
これはかっこいいほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
にんにく料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだラムが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計310130円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのゴーイングメリー号に乗りながら、「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク