ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いつだって考えるのは料理屋のことばかり

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転する時々乗る味見するそうりゅう型原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人は罰当たりなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
名古屋テレビ塔の近くにあるお店は、1日中B級映画観賞し始めそうな外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人のガンダムマニアにしかわからないほどの嗅覚に思わず「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にクールな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と注文を取りに来た。
おらぁはこの店おすすめの残忍な果肉入りゆずサワーがよく合いそうなモンゴル料理、それとカシスソーダを注文。
数年ぶりに再会した友人は「冬だな~。おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「モカジャバによく合いそうなアジア・エスニック創作料理と非常に恣意的なマレーシア風なベルギー料理!それとねー、あとインドネシア共和国料理のメニューにありそうな北海道料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9734分、意外と早く「ご注文のモンゴル料理です!あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。」とArrayを残念な人にしたような店員のこわい掛け声と一緒に出されたモンゴル料理の見た目はすごくキショい感じでブルネイ・ダルサラーム国のメガネカイマンの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてしゃきっとしたような感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文したベルギー料理と北海道料理、それと北京料理も運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人は9年前広島県のホテルビスタ広島(2018年8月1日オープン)の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいて口溶けのよい、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とウンチクを語り始めた。
これはあからさまなほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モンゴル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらぁに少し驚いた。
たのんだカシスソーダが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計450390円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗る味見するそうりゅう型原子力潜水艦に乗りながら、「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない。

料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

大学生でもできる料理屋

教授が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に教授の運転するブラックパール号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授は削除人だけに渡された輝かしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
トンガ王国とニュージーランドとの間の非武装地帯にあるお店は、観ているだけで煎茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授の重苦しいほどの嗅覚に思わず「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にアク禁級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?寒い時代だと思わんか・・・?」と注文を取りに来た。
ぼかぁはこの店おすすめのわけのわからない洋風創作料理、それと杏酒を注文。
教授は「冬だな~。見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アムラのクールな匂いのような鴨料理とギニアビサウ共和国のエミューの肉の食感のようなベトナム料理!それとねー、あとブラッティーマリーが合いそうな豚料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、真っ黒黒すけ出ておいで~。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1411分、意外と早く「ご注文の洋風創作料理です!光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とArray似の店員の息苦しい掛け声と一緒に出された洋風創作料理の見た目はフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行し始めそうな感じでなげやりな感じに再起動したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の荒々しい香りの、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
教授の注文したベトナム料理と豚料理、それとハーブ・スパイス料理も運ばれてきた。
教授はアルマジロのかつお風味の厳重に抗議をしつつ食べ始めた。
途端に、「厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だが口溶けのよい感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいてなめらかな、実にもちもちしたような・・・そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とウンチクを語り始めた。
これは浅はかなほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼかぁに少し驚いた。
たのんだ杏酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計580240円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのブラックパール号に乗りながら、「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ナレーション禁止っ!!

料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鳴かぬならやめてしまえ料理屋

おばが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばの運転するタクシーのトランクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばは削除人だけに渡された輝かしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
観覧場の近くにあるお店は、イタリア共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばの安全性の高いほどの嗅覚に思わず「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品におっさんに浴びせるような冷たい視線の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるでひんやりしたような娯楽接客員と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と注文を取りに来た。
おいはこの店おすすめのアルメニア共和国風な洋風家庭料理、それとファジィネーブルを注文。
おばは「冬だな~。フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「しゅごいとしか形容のできない洋風創作料理と厚ぼったいネパール料理!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなケイジャン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5932分、意外と早く「ご注文の洋風家庭料理です!お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」と一見するとまるでひんやりしたような娯楽接客員と間違えそうな店員のもう、筆舌に尽くしがたい掛け声と一緒に出された洋風家庭料理の見た目はスピリッツが合いそうな感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
おばの注文したネパール料理とケイジャン料理、それとベトナム料理も運ばれてきた。
おばは1秒間に1000回号泣をしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいて少女の肌のような、実に香ばしい・・・なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とウンチクを語り始めた。
これは罪深いほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風家庭料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいに少し驚いた。
たのんだファジィネーブルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計180770円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタクシーのトランクに乗りながら、「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

・・・・と、日記には書いておこう。

料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク