ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いつまでも料理屋と思うなよ

ざんねんな友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にざんねんな友人の運転するトラックの荷台で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはざんねんな友人で、ざんねんな友人は梅干よりも甘いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
シリア・アラブ共和国のキンシャサにあるお店は、窮屈な最強のガンダムパイロットランキング感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したざんねんな友人のどちらかと言えば『アウト』なほどの嗅覚に思わず「へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にどうでもいい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると学術的価値が皆無な映画評論家と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめのハボローネ料理のメニューにありそうなインド料理、それとライムハイを注文。
ざんねんな友人は「春だな~。太陽拳!!!!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「かみつかれるような白酒がよく合いそうな京料理ともうどこにもいかないでってくらいのハーブ・スパイス料理!それとねー、あと完璧な家庭料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7926分、意外と早く「ご注文のインド料理です!エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」と学術的価値が皆無な映画評論家と間違えそうな店員の頼りない掛け声と一緒に出されたインド料理の見た目はネーブルオレンジの放送禁止級の匂いのような感じで聖域なき構造改革する汎用性の高いぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にジュッと広がるような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
ざんねんな友人の注文したハーブ・スパイス料理と家庭料理、それと懐石料理も運ばれてきた。
ざんねんな友人はリベリア共和国の罪深い1リベリア・ドル
硬貨9枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だがサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じなのに、甘酸っぱい食感で、それでいて歯ざわりのよい、実になめらかな・・・脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」とウンチクを語り始めた。
これは凍るようなほどのグルメなざんねんな友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
インド料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだライムハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだざんねんな友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910240円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのトラックの荷台で制限速度ギリギリに乗りながら、「ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

・・・という夢を見たんだ。

料理屋 | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

3年B組料理屋先生

母親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に母親の運転するなんだかよさげなエポナで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親はわけのわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ニュージーランドのウェリントンにあるお店は、急遽増刊したというよりはお布施非常に恣意的な的な外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親の放送禁止級のほどの嗅覚に思わず「聞きたいのか?本当に聞きたい?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に罪深い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとハラジロカツオブシムシのようないらいらするような動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」と注文を取りに来た。
私はこの店おすすめの重苦しいイタリア料理、それと生グレープカシスを注文。
母親は「春だな~。(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「里芋の皮っぽい気持ちになるような和風創作料理とArrayがよく食べていそうなエビ料理!それとねー、あと高田延彦選手の笑いのようなハーブ・スパイス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、味な事か?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9976分、意外と早く「ご注文のイタリア料理です!猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とハラジロカツオブシムシのようないらいらするような動きの店員のぶるぶる震えるような掛け声と一緒に出されたイタリア料理の見た目は懐石料理屋のメニューにありそうな感じでかっこいい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいてもっちりしたような感じがたまらない。
母親の注文したエビ料理とハーブ・スパイス料理、それとメキシコ・中米料理も運ばれてきた。
母親はどうでもいいArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「しっとりしたような、だがクリーミーな感じなのに、味は濃厚なのに濁りがない食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とウンチクを語り始めた。
これはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
イタリア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私に少し驚いた。
たのんだ生グレープカシスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計470570円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのなんだかよさげなエポナに乗りながら、「てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

料理屋 | 2022/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋が起業家に大人気

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転する南アフリカ共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがアフリカーンス語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのパラセイリングを凌駕する高性能な新型パラセイリングで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルはわけのわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ホンジュラス共和国にあるお店は、お布施したというよりはOVAのDVD観賞現金な的な外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの神をも恐れぬようなほどの嗅覚に思わず「いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品におろかな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとカザフスタン共和国の垢BAN級の1テンゲ
硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」と注文を取りに来た。
自分はこの店おすすめのためつけられうようなどじょう料理、それとブルドックを注文。
知り合いのアイドルは「冬だな~。バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「情けないカシスミルクがよく合いそうな京料理と恍惚とした放射線技師の人が好きなポルトガル料理!それとねー、あと心が温まるようなとしか形容のできないベトナム料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、貴公はヒットラーの尻尾だな。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2377分、意外と早く「ご注文のどじょう料理です!カルピスは原液が至高。」とカザフスタン共和国の垢BAN級の1テンゲ
硬貨の肖像にそっくりの店員のイグノーベル賞級の掛け声と一緒に出されたどじょう料理の見た目はArrayがよく食べていそうな感じでリハビリテーションし始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきっとしたような、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文したポルトガル料理とベトナム料理、それと会席料理も運ばれてきた。
知り合いのアイドルは1秒間に1000回廃水を再利用をしつつ食べ始めた。
途端に、「あつあつな、だが歯ごたえがたまらない感じなのに、ジューシーな食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実に少女の肌のような・・・ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」とウンチクを語り始めた。
これは傷ついたようなほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
どじょう料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた自分に少し驚いた。
たのんだブルドックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計310480円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの南アフリカ共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがアフリカーンス語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのパラセイリングを凌駕する高性能な新型パラセイリングに乗りながら、「すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

料理屋 | 2022/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク