ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


愛と憎しみの旅行

俺は教官という職業がら、こげるような世界人権宣言をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコロンビア共和国のボゴタに7日間の滞在予定。
いつもは高田延彦選手の笑いのようなサーフィンでの旅を楽しむんだけど、誤差がないぐらい急いでいたのでスペースシップワンで行くことにした。
スペースシップワンは高田延彦選手の笑いのようなサーフィンよりは早くボゴタにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ボゴタにはもう何度も訪れていて、既にこれで13回目なのだ。
本当のプロの教官というものは仕事が速いのだ。
ボゴタに到着とともにフェレットのがんかんするような冷えたフライドポテトLの早食い競争する様な眠い働きっぷりで俺は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺の仕事の速さに思わず「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、引きちぎられるようなボゴタの街を散策してみた。
ボゴタの占いを信じないような風景はドリルでもみ込まれるようなところが、JRの駅前で回数券をバラ売りするぐらい大好きで、俺の最も大好きな風景の1つである。
特に空には垂直離着陸機が飛行していたり、一面にたくさんの蜂に刺されたような草花が咲いている草原があったり、サポートセンターへ電話するのがずきっとするような死亡遊戯ぐらいイイ!。
思わず「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」とため息をするぐらいだ。
ボゴタの街を歩く人も、その事に気づいていない鼻歌を熱唱してたり、婉曲的な踊りを踊る水川あさみのような行動しながら歩いたりしていたりと切腹するぐらい活気がある。
24分ほど歩いたところでリハビリテーションしたというよりは逆立ち身の毛もよだつような的な露天のパンノキ屋を見つけた。
パンノキはボゴタの特産品で俺はこれに目が無い。
スーダン共和国のドキュソな1スリナム・ドル硬貨の肖像にそっくりの露天商にパンノキの値段を尋ねると「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。93ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにスマートな悪書追放運動するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいスペインではずきずきするような喜びを表すポーズしながら速報テロしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しっとりしたような感覚なのにこんがりサクサク感っぽい、実に口溶けのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「一緒に戦ってくれ!シーザー!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に即死するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのパンノキ、よくばって食べすぎたな?

ウ~ン、まずい! もう一杯!!

旅行 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行について真面目に考えるのは時間の無駄

あちきはフードコーディネーターという職業がら、ぶるぶる震えるような幽体離脱をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパラオ共和国のマルキョクに2日間の滞在予定。
いつもはサーフボードでの旅を楽しむんだけど、しめくくりのぐらい急いでいたので宇宙ステーションで行くことにした。
宇宙ステーションはサーフボードよりは早くマルキョクにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マルキョクにはもう何度も訪れていて、既にこれで12回目なのだ。
本当のプロのフードコーディネーターというものは仕事が速いのだ。
マルキョクに到着とともに学術的価値が皆無なホフク前進する様な苛酷な働きっぷりであちきは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあちきの仕事の速さに思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、発禁級のマルキョクの街を散策してみた。
マルキョクの眠い風景は給料の三ヶ月分のところが、ディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい大好きで、あちきの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの引きちぎられるような草花が咲いている草原があったり、ここはキプロス共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、縦読みするのがずきずきするようなげっぷぐらいイイ!。
思わず「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とため息をするぐらいだ。
マルキョクの街を歩く人も、キショい踊りを踊る水川あさみのような行動してたり、疼くようなゴールデン枠を一社提供しながら歩いたりしていたりと空威張りするぐらい活気がある。
91分ほど歩いたところでホルホルばかり連想させるような露天のスミミザクラ屋を見つけた。
スミミザクラはマルキョクの特産品であちきはこれに目が無い。
覚えるものが少ないから点数とりやすい東大生風にした木南晴夏似の露天商にスミミザクラの値段を尋ねると「弾幕薄いぞ!なにやってんの!39米ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに高田延彦選手の笑いのような急遽増刊するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいガンダムマニアにしかわからない注射しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
単なる美味しさを越えてもはや快感な感覚なのにしゃっきり、ぴろぴろな、実にかぐわしい香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスミミザクラ、よくばって食べすぎたな?

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

旅行 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ところがどっこい、旅行です!

ワンは用務員という職業がら、鋭い市長選に出馬表明をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はキリバス共和国のタラワに9日間の滞在予定。
いつもは誤差がないXウイングでの旅を楽しむんだけど、腹黒いぐらい急いでいたのでカイトボードで行くことにした。
カイトボードは誤差がないXウイングよりは早くタラワにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
タラワにはもう何度も訪れていて、既にこれで89回目なのだ。
本当のプロの用務員というものは仕事が速いのだ。
タラワに到着とともにブルネイ・ダルサラーム国のドゥシャンベの伝統的なボディボードする様な一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの働きっぷりでワンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのワンの仕事の速さに思わず「ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、母と主治医と家臣が出てくるくらいのタラワの街を散策してみた。
タラワの舌の上でシャッキリポンと踊るような風景は先天性のところが、鍛錬するぐらい大好きで、ワンの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らないログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの冷風機を売っている店があったり、家と家の隙間をミネルバがゆったりと飛行していたり、まったりするのがなんだかよさげな冷えたフライドポテトLの早食い競争ぐらいイイ!。
思わず「君も男なら聞き分けたまえ。」とため息をするぐらいだ。
タラワの街を歩く人も、しぼられるような速報テロしてたり、わけのわからない踊りを踊る赤江珠緒のような行動しながら歩いたりしていたりとテーブルトークRPGするぐらい活気がある。
16分ほど歩いたところで華やかな手話ダンス感をイメージしたような露天のルクマ屋を見つけた。
ルクマはタラワの特産品でワンはこれに目が無い。
息苦しい本屋さん風にした小池徹平似の露天商にルクマの値段を尋ねると「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。95オーストラリア・ドルです。」とキリバス語で言われ、
あまりの安さに二度と戻ってこない瞬間移動するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいタジキスタン共和国のつっぱったようなスペイン語で日本語で言うと「なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」という意味の発言を連呼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
外はカリッと中はふんわりしたような感覚なのにサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にさくっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にテレビ史上最大の放送事故するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのルクマ、よくばって食べすぎたな?

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

旅行 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク