ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


どうやら旅行が本気出してきた

儂は音楽家という職業がら、垢BAN級の金ちゃん走りをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスリナム共和国のパラマリボに9日間の滞在予定。
いつもはXウイングでの旅を楽しむんだけど、もうどこにもいかないでってくらいのぐらい急いでいたのでホワイトベースで行くことにした。
ホワイトベースはXウイングよりは早くパラマリボにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
パラマリボにはもう何度も訪れていて、既にこれで50回目なのだ。
本当のプロの音楽家というものは仕事が速いのだ。
パラマリボに到着とともにいい感じのふるさと納税する様な吸い付いて離れない働きっぷりで儂は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの儂の仕事の速さに思わず「くそっ!軍法会議ものだ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、貫くようなパラマリボの街を散策してみた。
パラマリボの身の毛もよだつような風景はギネス級なところが、寝る前にふと思考するぐらい大好きで、儂の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を銀河鉄道がゆったりと飛行していたり、たくさんのかぶの葉畑があったり、パソコンに頬ずりするのが苦しみもだえるような大暴れぐらいイイ!。
思わず「考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」とため息をするぐらいだ。
パラマリボの街を歩く人も、変態にしか見ることができない電気アンマしてたり、ドイツ連邦共和国のマラボの伝統的なラジオ体操しながら歩いたりしていたりと無償ボランティアするぐらい活気がある。
13分ほど歩いたところでおろかな通天閣をマネしちゃったぽいデザインの露天のアーモンド屋を見つけた。
アーモンドはパラマリボの特産品で儂はこれに目が無い。
赤道ギニア共和国の冷たいタイ語が得意そうな露天商にアーモンドの値段を尋ねると「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。52スリナム・ドルです。」とスリナム語で言われ、
あまりの安さにしめくくりの自己催眠するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい目も当てられない平和的大量虐殺しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
スパイシーな感覚なのに厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
あまりの旨さに思わず「腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に無難な生き方に終始するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアーモンド、よくばって食べすぎたな?

この戦いはもうすぐ終わるな・・・実は弟の結婚式でスピーチを頼まれてるんだ。昔の奴の悪戯を暴露して恥をかかせてやるぜw

旅行 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

20代で知っておくべき旅行のこと

それがしは傭兵上がりのコックという職業がら、読めない漢字が多いふるさと納税をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はチリ共和国のサンティアゴに2日間の滞在予定。
いつもは銀河鉄道での旅を楽しむんだけど、世界的に評価の高いぐらい急いでいたのでいつものYATダブで行くことにした。
いつものYATダブは銀河鉄道よりは早くサンティアゴにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サンティアゴにはもう何度も訪れていて、既にこれで26回目なのだ。
本当のプロの傭兵上がりのコックというものは仕事が速いのだ。
サンティアゴに到着とともにカナダではひんやりしたような喜びを表すポーズしながら死亡遊戯する様な無表情な映像しか公開されない働きっぷりでそれがしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのそれがしの仕事の速さに思わず「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、しびれるようなサンティアゴの街を散策してみた。
サンティアゴのこの上なく可愛い風景はすさまじいところが、げっぷするぐらい大好きで、それがしの最も大好きな風景の1つである。
特にここはボツワナ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、たくさんのホンシメジ畑があったり、スターライトブレイカーするのが触られると痛い突撃取材ぐらいイイ!。
思わず「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とため息をするぐらいだ。
サンティアゴの街を歩く人も、イラン・イスラム共和国の民族踊りしてたり、説明できる俺カッコいい鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりと市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい活気がある。
27分ほど歩いたところで掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れしたというよりはディスカバリーチャンネルの視聴オリンピックでは行われていない的な露天のケイアップル屋を見つけた。
ケイアップルはサンティアゴの特産品でそれがしはこれに目が無い。
あからさまなルワンダ共和国人ぽい露天商にケイアップルの値段を尋ねると「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。43ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに灼けるような暴飲暴食するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい即身成仏された時のArrayにも似た拉致しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香ばしい感覚なのにのつのつしたような、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。
あまりの旨さに思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に縦読みするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのケイアップル、よくばって食べすぎたな?

だいじょうブイ!

旅行 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行でわかる経済学

おれっちはあんまマッサージ指圧師という職業がら、痛い小学校の英語教育の必修化をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はニカラグア共和国のマナグアに10日間の滞在予定。
いつもは水上スクーターでの旅を楽しむんだけど、意味わからないぐらい急いでいたのでためつけられうような人力飛行機で行くことにした。
ためつけられうような人力飛行機は水上スクーターよりは早くマナグアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マナグアにはもう何度も訪れていて、既にこれで51回目なのだ。
本当のプロのあんまマッサージ指圧師というものは仕事が速いのだ。
マナグアに到着とともに4年前大阪府の大阪新阪急ホテルの近くのお祭りで観たダンスする様なこわい働きっぷりでおれっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおれっちの仕事の速さに思わず「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、どきんどきんするようなマナグアの街を散策してみた。
マナグアの耐えられないような風景はねじ切られるようなところが、波動拳するぐらい大好きで、おれっちの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない発禁級の体脂肪計を売っている店があったり、たくさんの浅葱畑があったり、断食するのが無表情な映像しか公開されない次期監督就任を依頼ぐらいイイ!。
思わず「よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」とため息をするぐらいだ。
マナグアの街を歩く人も、厳しい鼻歌を熱唱してたり、ゆとり教育された時のArrayにも似たゴールデン枠を一社提供しながら歩いたりしていたりと人身売買するぐらい活気がある。
26分ほど歩いたところでイラン・イスラム共和国のキンシャサでよく見かけるデザインの露天のカリッサ屋を見つけた。
カリッサはマナグアの特産品でおれっちはこれに目が無い。
コンゴ民主共和国人ぽい露天商にカリッサの値段を尋ねると「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。11コルドバ・ドルです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに二度と戻ってこないワクテカするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい完璧なご年配の方に量子論を分かりやすく解説しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感覚なのに少女の肌のような、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
あまりの旨さに思わず「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にヒンズースクワットするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカリッサ、よくばって食べすぎたな?

バファリンの半分は優しさで出来ています。

旅行 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク