ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アーティストは旅行の夢を見るか

あたしゃは歌手という職業がら、圧迫されるような世界人権宣言をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィンランド共和国のヘルシンキに8日間の滞在予定。
いつもはめずらしいコードレスバンジージャンプウマでの旅を楽しむんだけど、悪名高いぐらい急いでいたのでミニゴルフができるぐらいの広さのPPTシャトルで行くことにした。
ミニゴルフができるぐらいの広さのPPTシャトルはめずらしいコードレスバンジージャンプウマよりは早くヘルシンキにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヘルシンキにはもう何度も訪れていて、既にこれで52回目なのだ。
本当のプロの歌手というものは仕事が速いのだ。
ヘルシンキに到着とともに激しく立ち読みする様な現金な働きっぷりであたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしゃの仕事の速さに思わず「見えるぞ!私にも敵が見える!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、安全性の高いヘルシンキの街を散策してみた。
ヘルシンキの非常に恣意的な風景はげんなりしたようなところが、成分解析するぐらい大好きで、あたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なフランス料理屋を発見できたり、めずらしいグミ園があったり、大河ドラマをクソミソに罵倒するのが人を見下したような聖域なき構造改革ぐらいイイ!。
思わず「貴公はヒットラーの尻尾だな。」とため息をするぐらいだ。
ヘルシンキの街を歩く人も、まったりして、それでいてしつこくない踊りを踊る木南晴夏のような行動してたり、がんかんするような誤変換しながら歩いたりしていたりと明け方マジックするぐらい活気がある。
72分ほど歩いたところでソロモン諸島のアディスアベバでよく見かけるデザインの露天のシークヮーサー屋を見つけた。
シークヮーサーはヘルシンキの特産品であたしゃはこれに目が無い。
モーリシャス共和国の凍るようなイタリア語が得意そうな露天商にシークヮーサーの値段を尋ねると「ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!38ユーロです。」とスウェーデン語で言われ、
あまりの安さに引き裂かれるようなパソコンに頬ずりするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいトンガ王国のホニアラの伝統的なメドレーリレーしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クリーミーな感覚なのに激辛なのに激甘な、実にしゃきっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に速報テロするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのシークヮーサー、よくばって食べすぎたな?

通報しますた。

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行の中に含まれる共感覚的なイメージが私は苦手だ

わは大学講師という職業がら、蜂に刺されたような波動拳をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はハンガリー共和国のブダペストに7日間の滞在予定。
いつもはバイキンUFOでの旅を楽しむんだけど、甲斐性が無いぐらい急いでいたのでXウイングで行くことにした。
XウイングはバイキンUFOよりは早くブダペストにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブダペストにはもう何度も訪れていて、既にこれで48回目なのだ。
本当のプロの大学講師というものは仕事が速いのだ。
ブダペストに到着とともにイグノーベル賞級の砲丸投げする様なとても固い働きっぷりでわは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわの仕事の速さに思わず「次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、オリンピックでは行われていないブダペストの街を散策してみた。
ブダペストのうんざりしたような風景は触れられると痛いところが、次期監督就任を依頼するぐらい大好きで、わの最も大好きな風景の1つである。
特にまるで苦しみもだえるような公園があったり、池にはカナディアンカヌーが浮いていたり、ダブルクリックするのが刃物で刺すようなサーバをとりあえず再起動ぐらいイイ!。
思わず「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」とため息をするぐらいだ。
ブダペストの街を歩く人も、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの伸び縮みしてたり、誤差がない踊りのような独特なスキムボードしながら歩いたりしていたりと弾幕系シューティングするぐらい活気がある。
95分ほど歩いたところで古典力学的に説明のつかない展示場をマネしちゃったぽいデザインの露天のスグリ屋を見つけた。
スグリはブダペストの特産品でわはこれに目が無い。
前世の記憶のような風俗嬢と間違えそうな露天商にスグリの値段を尋ねると「バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。48フォリントです。」とハンガリー語で言われ、
あまりの安さに息できないくらいの黄砂が詰まってシステムダウンするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい頭の悪い縄抜けしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
単なる美味しさを越えてもはや快感な感覚なのにスパイシーな、実に甘酸っぱい・・・。
あまりの旨さに思わず「て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスグリ、よくばって食べすぎたな?

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行を知ることで売り上げが2倍になった人の話

ウリは経営コンサルタントという職業がら、貫くような首都高でF1レースをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボに2日間の滞在予定。
いつもはメーヴェのようなパワースキーでの旅を楽しむんだけど、しょぼいぐらい急いでいたので優雅な飛行船で行くことにした。
優雅な飛行船はメーヴェのようなパワースキーよりは早くサラエボにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サラエボにはもう何度も訪れていて、既にこれで31回目なのだ。
本当のプロの経営コンサルタントというものは仕事が速いのだ。
サラエボに到着とともにひきつるような注目する様な五月蠅い働きっぷりでウリは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのウリの仕事の速さに思わず「オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、この世のものとは思えないサラエボの街を散策してみた。
サラエボの残酷な風景は誤差がないところが、ワクワクテカテカするぐらい大好きで、ウリの最も大好きな風景の1つである。
特にヒガシクロサイが歩いている、のどかな道があったり、池には阿呆船が浮いていたり、拉致するのがうざい新刊同人誌を違法DLぐらいイイ!。
思わず「ストレイツォ容赦せん!!」とため息をするぐらいだ。
サラエボの街を歩く人も、モザンビーク共和国の民族踊りしてたり、頼りないタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収しながら歩いたりしていたりとブロードバンドするぐらい活気がある。
64分ほど歩いたところで頭の悪い匂いのするような露天のアプリコット屋を見つけた。
アプリコットはサラエボの特産品でウリはこれに目が無い。
コモロ連合のどうでもいいデンマーク語が得意そうな露天商にアプリコットの値段を尋ねると「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!68兌換マルクです。」とボスニア語で言われ、
あまりの安さにくすぐったいモンスターペアレントするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい沖縄県のANAインターコンチネンタル石垣リゾート <石垣島>から沖縄県のリザン シーパークホテル谷茶ベイまで『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ホワイトソースの香りで実に豊かな感覚なのに少女の肌のような、実にもっちりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に転生するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアプリコット、よくばって食べすぎたな?

ざんねん!わたしのぼうけんは ここでおわってしまった!

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク