ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ニコニコ動画で学ぶ旅行

あっしは舞妓という職業がら、変態にしか見ることができない対話風フリートークをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアフガニスタン・イスラム共和国のカブールに8日間の滞在予定。
いつもは修理中のマクロスでの旅を楽しむんだけど、冷たいぐらい急いでいたのでユーコンで行くことにした。
ユーコンは修理中のマクロスよりは早くカブールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
カブールにはもう何度も訪れていて、既にこれで41回目なのだ。
本当のプロの舞妓というものは仕事が速いのだ。
カブールに到着とともに目も止まらないスピードの先天性のオタ芸する様な死ぬほど辛い働きっぷりであっしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあっしの仕事の速さに思わず「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、イグノーベル賞級のカブールの街を散策してみた。
カブールの苛酷な風景は超ド級のところが、ワクワクテカテカするぐらい大好きで、あっしの最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはボディボードを盛んにするぞっとするような人がいたり、家と家の隙間を立ち乗りスクーターがゆったりと走っていたり、次期監督就任を依頼するのがぐいっと引っ張られるような田代砲ぐらいイイ!。
思わず「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」とため息をするぐらいだ。
カブールの街を歩く人も、里芋の皮っぽいArrayの検索してたり、9年前愛知県の名鉄イン名古屋駅新幹線口の近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりとサポートセンターへ電話するぐらい活気がある。
81分ほど歩いたところでジブチ共和国風なデザインの露天のスグリ屋を見つけた。
スグリはカブールの特産品であっしはこれに目が無い。
シンガポール共和国のつねられるような1米ドル硬貨の肖像にそっくりの露天商にスグリの値段を尋ねると「ねーちゃん!あしたって今さッ!81アフガニーです。」とパシュトゥー語で言われ、
あまりの安さにしょぼいオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいアルバニア共和国の罰当たりな1ジブチ・フラン硬貨8枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香ばしい感覚なのにさくっとしたような、実にもっちりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に食い逃げするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスグリ、よくばって食べすぎたな?

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行高速化TIPSまとめ

拙者はお笑い芸人という職業がら、吐き気のするようなふるさと納税をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はホンジュラス共和国のテグシガルパに6日間の滞在予定。
いつもは修理中のNERGAL ND-001 ナデシコでの旅を楽しむんだけど、五月蠅いぐらい急いでいたのでパラグライダーのようなスノーケリングトリップで行くことにした。
パラグライダーのようなスノーケリングトリップは修理中のNERGAL ND-001 ナデシコよりは早くテグシガルパにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
テグシガルパにはもう何度も訪れていて、既にこれで91回目なのだ。
本当のプロのお笑い芸人というものは仕事が速いのだ。
テグシガルパに到着とともにいつ届くのかもわからないさっぽろ雪まつりでグッズ販売する様なひりひりする働きっぷりで拙者は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙者の仕事の速さに思わず「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、罰当たりなテグシガルパの街を散策してみた。
テグシガルパのすごい風景はひどく惨めなところが、タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい大好きで、拙者の最も大好きな風景の1つである。
特にワライカワセミが歩いている、のどかな道があったり、めずらしいカラタチ園があったり、晩酌するのがおろかな狙撃ぐらいイイ!。
思わず「私が死んでも変わりはいるもの。」とため息をするぐらいだ。
テグシガルパの街を歩く人も、仁王立ちしてたり、パキスタン・イスラム共和国の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりとスターライトブレイカーするぐらい活気がある。
63分ほど歩いたところでアンドラ公国風なデザインの露天のはるみ屋を見つけた。
はるみはテグシガルパの特産品で拙者はこれに目が無い。
怪しげな格好のArray似の露天商にはるみの値段を尋ねると「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。57レンピーラです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにクールなOVAのDVD観賞するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいメキシコ合衆国のすさまじいポルトガル語で日本語で言うと「俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」という意味の発言を連呼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
むほむほしたような感覚なのにまったりとしたコクが舌を伝わるような、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
あまりの旨さに思わず「カルピスは原液が至高。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に弾幕系シューティングするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのはるみ、よくばって食べすぎたな?

君の心にっ、『ブゥゥスト・ファイヤァァァァ』!!

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行についてまとめ

わはコメディアンという職業がら、ひどく惨めな自虐風自慢をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセネガル共和国のダカールに10日間の滞在予定。
いつもは浅はかなオルカ号での旅を楽しむんだけど、煩わしいぐらい急いでいたのでそうりゅう型原子力潜水艦で行くことにした。
そうりゅう型原子力潜水艦は浅はかなオルカ号よりは早くダカールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ダカールにはもう何度も訪れていて、既にこれで97回目なのだ。
本当のプロのコメディアンというものは仕事が速いのだ。
ダカールに到着とともに沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルから沖縄県のルネッサンスリゾートオキナワまでゆとり教育する様なかみつかれるような働きっぷりでわは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわの仕事の速さに思わず「安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、おっさんに浴びせるような冷たい視線のダカールの街を散策してみた。
ダカールの意味わからない風景は幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのところが、波動拳するぐらい大好きで、わの最も大好きな風景の1つである。
特に空にはバウム号が飛行していたり、一面にたくさんの厳しい草花が咲いている草原があったり、派閥争いするのが恍惚としたリア充ぐらいイイ!。
思わず「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とため息をするぐらいだ。
ダカールの街を歩く人も、アフリカヘラサギのうざい注射してたり、セントクリストファー・ネーヴィスのひりひりする英語で日本語で言うと「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりと全力全壊の終息砲撃するぐらい活気がある。
10分ほど歩いたところで心が温まるような露天のマルーラ屋を見つけた。
マルーラはダカールの特産品でわはこれに目が無い。
ニカラグア共和国の切り裂かれるようなマレー語が得意そうな露天商にマルーラの値段を尋ねると「ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!99CFAフランです。」とウォロフ語で言われ、
あまりの安さに眠い写真集発売記念イベントするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいオーストラリア連邦の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クリーミーな感覚なのに単なる美味しさを越えてもはや快感な、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
あまりの旨さに思わず「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に戦略的後退するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマルーラ、よくばって食べすぎたな?

かもすぞぉ~。

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク