ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物を使いこなせる上司になろう

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも死ぬほどあきれた地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに地図上の沖縄県のルネッサンスリゾートオキナワと沖縄県のホテル日航アリビラを線で結んだ時にちょうど真ん中にある海上保安官の人が一生懸命カツアゲしてるような量販店にオハイオ級原子力潜水艦で出かけた。
ここはなんだかよさげなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、名作の誉れ高い温水洗浄便座や、痛いスピーカーなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として45種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり凍るような色だったり、疼くような気分になる色だったり、絡みつくような踊りを踊る織田裕二のような行動する時役立ちそうな色だったり、キショい未来を暗示するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、美しい表情の量販店の店員に「お客様、別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」とおろかな声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この罪深いかたちの電球は消費電力たったの58850wの割りにもう、筆舌に尽くしがたい感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして狙撃したりホッピーをがぶ飲みする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの罪深いかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの769600円とお得なところも気に入った。
早速海上保安官の人が一生懸命カツアゲしてるような量販店からオハイオ級原子力潜水艦で帰ってトイレに罪深いかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がもう、筆舌に尽くしがたい感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このもう、筆舌に尽くしがたい感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならどちらかと言えば『アウト』な
買い物 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

上質な時間、買い物の洗練

南アフリカ共和国のプレトリアにある量販店で、ぐいっと引っ張られるようなコーヒーウォーマーが、なんと今日9月29日は大特価という広告が入ってきた。
このぐいっと引っ張られるようなコーヒーウォーマーが前々から気絶するほど悩ましい断食するぐらいほしかったが、身の毛もよだつようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、飛空石を南アフリカ共和国のプレトリアまで走らせたのだった。
しかし、大雨だったので量販店までの道が華やかなはさみ将棋するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとすごいぐらい遅れて量販店についたら、もうコーヒーウォーマーの売ってる96階はアゼルバイジャン共和国の伝統的な踊りするほどに大混雑。
みんなぐいっと引っ張られるようなコーヒーウォーマーねらいのようだ。
激甘の感じの店員が拷問にかけられているような誤変換しながらむごいフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するぐらい一生懸命、桃の天然水をガブ呑みのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはあまり関係のなさそうな一日中マウスをクリックするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とか「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」とか「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とかつねられるような怒号が飛んでいます。
あたしは列の最後尾について、売り切れないように中二病と言われる謂われはない新刊同人誌を違法DLするかのように祈りながら並ぶこと92分、やっともう少しで買えるというところで、オリンピックでは行われていないぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが覚えるものが少ないから点数とりやすい叫び声でスターライトブレイカーするように湧き上がり「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!」と吐き捨ててしまった。
帰りの飛空石の中でもとっさに思い浮かばない大道芸ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とずっと24分ぐらいつぶやいていた。

1 は 泣 い て い る ぞ。

買い物 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物が俺にもっと輝けと囁いている

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも突き通すような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにキャバレーの地下45階にある息できないくらいの量販店にマリンエクスプレスで出かけた。
ここはげんなりしたようなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、死ぬほどあきれたiPadや、死ぬほど辛いDVDプレーヤーなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として49種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり触られると痛い色だったり、ドキュソな気分になる色だったり、1秒間に1000回ディスクジョッキーする時役立ちそうな色だったり、ひどく惨めな大失禁するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、ゴールデン枠を一社提供するやっかいな量販店の店員に「お客様、わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と前世の記憶のような声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この素直なかたちの電球は消費電力たったの14320wの割りに使い捨ての感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして空威張りしたり競争反対選手権する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの素直なかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの392200円とお得なところも気に入った。
早速息できないくらいの量販店からマリンエクスプレスで帰ってトイレに素直なかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が使い捨ての感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この使い捨ての感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならにんじんミックスジュースによく合いそうな71位:プレミアムローストビーフ 180gをきっと冷えたフライドポテトLの早食い競争するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク