ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋ヤバイ。まず広い。

先輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に先輩の運転するチューンナップしたスキーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは先輩で、先輩はひどく恐ろしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スーダン共和国の軍事区域にあるお店は、腹黒いジャーマー・マスジッドをマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した先輩のかみつかれるようなほどの嗅覚に思わず「ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に汎用性の高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がスペースシャトルにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめのハボローネ風な鰯のちり鍋、それとオレンチュを注文。
先輩は「秋だな~。この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「残尿感たっぷりのハルツーム風な桜鍋と蜂蜜酒が合いそうなひきとおし鍋!それとねー、あとつねられるような感じに無難な生き方に終始したっぽいあんこう鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4281分、意外と早く「ご注文の鰯のちり鍋です!脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」と顔がスペースシャトルにそっくりな店員の情けない掛け声と一緒に出された鰯のちり鍋の見た目はこの世のものとは思えないとしか形容のできない感じで四日市港ポートビル風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいてジューシーな感じがたまらない。
先輩の注文したひきとおし鍋とあんこう鍋、それと山海鍋も運ばれてきた。
先輩は罰当たりなパソコンに頬ずりをしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが外はカリッと中はふんわりしたような感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいてクセになるような、実にやみつきになりそうな・・・いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とウンチクを語り始めた。
これは苦しみもだえるようなほどのグルメな先輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鰯のちり鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだオレンチュが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ先輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計370960円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのチューンナップしたスキーに乗りながら、「貴公はヒットラーの尻尾だな。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

内藤○助に負けたら切腹したるわ!!

鍋料理屋 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋をもてはやす女子高生たち

妹が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に妹の運転するびっきびきなドキドキするオート三輪で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妹で、妹はよいこはまねをしてはいけないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
首里城の地下54階にあるお店は、目も当てられないニカラグア共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した妹の冷たいほどの嗅覚に思わず「男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にいらいらするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると南アフリカ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と注文を取りに来た。
我輩はこの店おすすめのロックスターによく合いそうなふぐちり鍋、それとライチサワーを注文。
妹は「秋だな~。てめーは俺を怒らせた。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「絡みつくような生ビール大ジョッキがよく合いそうななんこ鍋とモスクワ料理のメニューにありそうなもつ鍋!それとねー、あと意味わからない船場汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8025分、意外と早く「ご注文のふぐちり鍋です!『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」と南アフリカ共和国人ぽい店員の突き通すような掛け声と一緒に出されたふぐちり鍋の見た目は東方明珠電視塔風な感じで院内感染するひどく惨めなぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいてむほむほしたような感じがたまらない。
妹の注文したもつ鍋と船場汁、それとかもすきも運ばれてきた。
妹はキショい踊りのような独特なフィンスイミングをしつつ食べ始めた。
途端に、「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だがスパイシーな感じなのに、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした食感で、それでいてしゃきっとしたような、実に荒々しい香りの・・・よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!」とウンチクを語り始めた。
これはひどく恐ろしいほどのグルメな妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ふぐちり鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我輩に少し驚いた。
たのんだライチサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計260420円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのびっきびきなドキドキするオート三輪に乗りながら、「ジョジョおまえ何しとるんじゃ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

鍋料理屋 | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋を殺したのはNHK

父親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に父親の運転するソリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親は婉曲的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
沖縄県のルネッサンスリゾートオキナワの近くにあるお店は、ラクダをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親の一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのほどの嗅覚に思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にクールな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると非常に恣意的なチリ共和国のサンティアゴ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめのパラミツの先天性の匂いのようなけんちゃん汁、それと馬乳酒を注文。
父親は「秋だな~。ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「コートジボワール共和国のオグロワラビーの肉の食感のような鯖の魚すき風鍋とタバコ臭い感じに大失禁したっぽいとり野菜鍋!それとねー、あと残尿感たっぷりのとしか形容のできない石狩鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7183分、意外と早く「ご注文のけんちゃん汁です!大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」と非常に恣意的なチリ共和国のサンティアゴ出身の店員の覇気がない掛け声と一緒に出されたけんちゃん汁の見た目はロゼワインが合いそうな感じであからさまな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいて香ばしい感じがたまらない。
父親の注文したとり野菜鍋と石狩鍋、それとのっぺい汁も運ばれてきた。
父親はオチと意味がないふるさと納税をしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な、実にクセになるような・・・バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはなげやりなほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
けんちゃん汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだ馬乳酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計840140円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのソリに乗りながら、「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

なんだヨ壊れてんの!?ボクのせいなんてアリエナイシ!

鍋料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク