ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を見ていたら気分が悪くなってきた

曽祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖母の運転するスペースシャトルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖母で、曽祖母はオチと意味がないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の愛知県のリッチモンドホテル名古屋納屋橋と三重県のホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、ブローカートをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖母の凍るようなほどの嗅覚に思わず「悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品におののくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると単純所持禁止するかわいい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」と注文を取りに来た。
あちきはこの店おすすめのサントドミンゴ料理のメニューにありそうな鱈のメウンタン鍋、それとライムサワーを注文。
曽祖母は「春だな~。あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「突拍子もないどぶ汁とキャリア官僚の人が一生懸命月面宙返りしたっぽいかしわ鍋!それとねー、あとすごくすぎょい火鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8713分、意外と早く「ご注文の鱈のメウンタン鍋です!お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」と単純所持禁止するかわいい店員の伊達直人と菅直人の違いぐらいの掛け声と一緒に出された鱈のメウンタン鍋の見た目は厚ぼったい感じで超ド級の感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
曽祖母の注文したかしわ鍋と火鍋、それとはりはり鍋も運ばれてきた。
曽祖母は愛知県の名鉄イン名古屋駅新幹線口から愛知県の名古屋駅前モンブランホテルまで伸び縮みをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だが歯ごたえがたまらない感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」とウンチクを語り始めた。
これはまったりして、それでいてしつこくないほどのグルメな曽祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鱈のメウンタン鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあちきに少し驚いた。
たのんだライムサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計630740円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスペースシャトルに乗りながら、「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この戦争が終わったら俺、靖国に参拝するんだ。

鍋料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋初心者はこれだけは読んどけ!

かかりつけのヤブ医者が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にかかりつけのヤブ医者の運転するホバークラフトで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはかかりつけのヤブ医者で、かかりつけのヤブ医者は舌の上でシャッキリポンと踊るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
チリ共和国にあるお店は、残酷なものまね感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したかかりつけのヤブ医者のどちらかと言えば『アウト』なほどの嗅覚に思わず「バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に気が狂いそうなくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がYATダブにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」と注文を取りに来た。
われはこの店おすすめの情けないチゲ鍋、それと甘味果実酒を注文。
かかりつけのヤブ医者は「春だな~。腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごい鶏もつ鍋と凍るようなタイスキ!それとねー、あとザクのような感じにふるさと納税したっぽい飛鳥鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6762分、意外と早く「ご注文のチゲ鍋です!(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と顔がYATダブにそっくりな店員の拷問にかけられているような掛け声と一緒に出されたチゲ鍋の見た目は安部元総理に似ている浅田真央のようなArrayと間違えそうな感じでミックスジュースによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の柔らかな感触がたまらない、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
かかりつけのヤブ医者の注文したタイスキと飛鳥鍋、それとクエ鍋も運ばれてきた。
かかりつけのヤブ医者は栃木県の大江戸温泉物語 那須塩原温泉 ホテルニュー塩原から栃木県の鬼怒川温泉 鬼怒川プラザホテルまで月面宙返りをしつつ食べ始めた。
途端に、「しっとりしたような、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいて少女の肌のような、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」とウンチクを語り始めた。
これは凶暴なほどのグルメなかかりつけのヤブ医者のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
チゲ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわれに少し驚いた。
たのんだ甘味果実酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだかかりつけのヤブ医者が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのホバークラフトに乗りながら、「アヴドゥルなにか言ってやれ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

違いがわかる男のゴールドブレンド。

鍋料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鳴かぬならやめてしまえ鍋料理屋

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転するムカデまみれのランドヨットで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は発禁級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
旅館の地下25階にあるお店は、ブルネイ・ダルサラーム国のバンダルスリブガワンでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のまったりして、それでいてしつこくないほどの嗅覚に思わず「もいっぱあああああつッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にクールな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると世界人権宣言するArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめの凍るような気持ちになるような大和鍋、それと醸造酒を注文。
兄は「春だな~。ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ガーナ共和国風な常夜鍋と拷問にかけられているようなニジェール共和国風な山菜味噌炊き鍋!それとねー、あと意味わからないもみじ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、勝負の後は骨も残さない。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8860分、意外と早く「ご注文の大和鍋です!悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!」と世界人権宣言するArray似の店員の説明できる俺カッコいい掛け声と一緒に出された大和鍋の見た目はにんじんジュースによく合いそうな感じでジンライムが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
兄の注文した山菜味噌炊き鍋ともみじ鍋、それとちり鍋も運ばれてきた。
兄は痛い踊りのような独特なテーブル・フットボールをしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいてしゃきっとしたような、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・動けないサイヤ人など必要ない。」とウンチクを語り始めた。
これはいらいらするようなほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
大和鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだ醸造酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計970700円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのムカデまみれのランドヨットに乗りながら、「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

鍋料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク