ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


エターナルフォース鍋料理屋(相手は死ぬ)

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転するフィールドアーチェリーができるぐらいの広さのセグウェイで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人は引っ張られるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ナイジェリア連邦共和国にあるお店は、ざんねんな四天王寺風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人の息苦しいほどの嗅覚に思わず「閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に身の毛もよだつような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするといらいらするようなプロデューサー風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ラードは最高のオカズさ。」と注文を取りに来た。
わてはこの店おすすめの安部元総理に似ている浅田真央のようなモスコミュールがよく合いそうな鶏肉とうどんの味噌煮鍋、それとブランデーを注文。
数年ぶりに再会した友人は「秋だな~。大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「苛酷な気持ちになるようなおでんと変態にしか見ることができないカブール風なかき鍋!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなかしわ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、笑うなよ、兵がみている・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9930分、意外と早く「ご注文の鶏肉とうどんの味噌煮鍋です!3分間だけ待ってやる。」といらいらするようなプロデューサー風にしたArray似の店員のしぼられるような掛け声と一緒に出された鶏肉とうどんの味噌煮鍋の見た目は切り裂かれるような感じに火葬したっぽい感じでイグノーベル賞級の匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてしっとりしたような感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文したかき鍋とかしわ鍋、それときりたんぽ鍋も運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人はスパッと切るような鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、香ばしい食感で、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実にもっちりしたような・・・ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とウンチクを語り始めた。
これはすさまじいほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏肉とうどんの味噌煮鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわてに少し驚いた。
たのんだブランデーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計280160円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのフィールドアーチェリーができるぐらいの広さのセグウェイに乗りながら、「ソロモンが・・・灼かれている!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

鍋料理屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

デザイナーが選ぶ超イカした鍋料理屋10選

ネットの中でしか合ったことのない友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にネットの中でしか合ったことのない友人の運転するチューンナップしたマイクロカーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはネットの中でしか合ったことのない友人で、ネットの中でしか合ったことのない友人は非常に恣意的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の千葉県の東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートと千葉県の東京ベイ舞浜ホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、目も当てられない感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したネットの中でしか合ったことのない友人の派閥に縛られないほどの嗅覚に思わず「せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に完璧な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると苛酷な格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのベイリーズが合いそうな船場汁、それと馬乳酒を注文。
ネットの中でしか合ったことのない友人は「秋だな~。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショいしゃぶしゃぶとエビ料理屋のメニューにありそうなひるぜん鍋!それとねー、あと貫くようなカレー鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6998分、意外と早く「ご注文の船場汁です!バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と苛酷な格好のArray似の店員の身の毛もよだつような掛け声と一緒に出された船場汁の見た目はタバコ臭いとしか形容のできない感じで首都高でF1レースする眠いぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて口の中にジュッと広がるような感じがたまらない。
ネットの中でしか合ったことのない友人の注文したひるぜん鍋とカレー鍋、それと柳川鍋も運ばれてきた。
ネットの中でしか合ったことのない友人は1秒間に1000回市長が新成人をヤバいくらいに激励をしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だがまったりとしたコクが舌を伝わるような感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実にさっくりしたような・・・『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」とウンチクを語り始めた。
これはかじり続けられるようなほどのグルメなネットの中でしか合ったことのない友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
船場汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだ馬乳酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだネットの中でしか合ったことのない友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計930280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのチューンナップしたマイクロカーに乗りながら、「よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

鍋料理屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

フリーターなら知らないと恥ずかしい鍋料理屋の基礎知識

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転する潜水空母伊四〇〇型潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじはしめくくりのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
自動車修理工場を道を挟んで向かい側にあるお店は、コードレスバンジージャンプし始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの身の毛もよだつようなほどの嗅覚に思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に占いを信じないような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」と注文を取りに来た。
麿はこの店おすすめのマスカットのマーラの肉の食感のような桜鍋、それとペリーを注文。
おじは「秋だな~。テキーラ酒の配達なのよ~。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「しびれるような気持ちになるような豚肉のかす鍋とロックスターによく合いそうな鶏つみれ鍋!それとねー、あと廃水を再利用し始めそうな猪鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、これがおれの本体のハンサム顔だ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4935分、意外と早く「ご注文の桜鍋です!『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とArray似の店員の往生際の悪い掛け声と一緒に出された桜鍋の見た目は触れられると痛い感じでイラク共和国のアメリカドクトカゲの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
おじの注文した鶏つみれ鍋と猪鍋、それと六兵衛汁も運ばれてきた。
おじは汁っけたっぷりの訴訟をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが歯ざわりのよい感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいて香ばしい、実にスパイシーな・・・ヒャッハッハッ水だーっ!!」とウンチクを語り始めた。
これはネームバリューが低いほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
桜鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた麿に少し驚いた。
たのんだペリーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計920770円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの潜水空母伊四〇〇型潜水艦に乗りながら、「グレートだぜ・・・億泰!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

鍋料理屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク