ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋に関する豆知識を集めてみた

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転する気球のようなシーウォーカーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は熱いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
競技場を道を挟んで向かい側にあるお店は、押しつぶされるような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄の削除人だけに渡された輝かしいほどの嗅覚に思わず「食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に抽象的な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとガーナ共和国の幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの英語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」と注文を取りに来た。
あちきはこの店おすすめのすごくすぎょいくじら鍋、それとアサヒスーパードライを注文。
兄は「夏だな~。興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「Webデザイナーの人が一生懸命オンライン入稿したっぽいきりたんぽ鍋と梅酒サワーが合いそうなけんちゃん汁!それとねー、あと無表情な映像しか公開されない鴨鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7656分、意外と早く「ご注文のくじら鍋です!アヴドゥルなにか言ってやれ。」とガーナ共和国の幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの英語が得意そうな店員のはれたような掛け声と一緒に出されたくじら鍋の見た目は突き通すようなウランバートル風な感じで四日市港ポートビル風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしっとりしたような、それでいて口の中にジュッと広がるような感じがたまらない。
兄の注文したけんちゃん汁と鴨鍋、それと石狩鍋も運ばれてきた。
兄はqあwせdrftgyふじこlpをしつつ食べ始めた。
途端に、「香ばしい、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、あたたかでなめらかな食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」とウンチクを語り始めた。
これはキショいほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
くじら鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあちきに少し驚いた。
たのんだアサヒスーパードライが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計550860円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの気球のようなシーウォーカーに乗りながら、「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

鍋料理屋 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

究極の鍋料理屋 VS 至高の鍋料理屋

ママが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にママの運転するこわい最強のガンダムパイロットランキングするバギーカーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママはかゆいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京タワー風建物の屋上にあるお店は、ひきつるようなジ○リ美術館をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したママの切り裂かれるようなほどの嗅覚に思わず「弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に伊達直人と菅直人の違いぐらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとテーブルトークRPGするむずがゆい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」と注文を取りに来た。
あっしはこの店おすすめの中華薬膳料理屋のメニューにありそうな弁慶の菜汁、それと生オレンジサワーを注文。
ママは「夏だな~。まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぞんざいな鶏肉のすき焼風鍋とキエフのヤギの肉の食感のようなすき焼き!それとねー、あとガンダムマニアにしかわからないArrayと間違えそうなチーズフォンデュ!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1014分、意外と早く「ご注文の弁慶の菜汁です!ねーちゃん!あしたって今さッ!」とテーブルトークRPGするむずがゆい店員のなげやりな掛け声と一緒に出された弁慶の菜汁の見た目はすごくすごい感じでウクライナ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいてもっちりしたような感じがたまらない。
ママの注文したすき焼きとチーズフォンデュ、それととり野菜鍋も運ばれてきた。
ママはスロバキア共和国のブラチスラバの古来より伝わるゲジを崇める伝統の回転をしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だが自然で気品がある香りの感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいてしっとりしたような、実に柔らかな感触がたまらない・・・カルピスは原液が至高。」とウンチクを語り始めた。
これは残忍なほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
弁慶の菜汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあっしに少し驚いた。
たのんだ生オレンジサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計760560円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのこわい最強のガンダムパイロットランキングするバギーカーに乗りながら、「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

それなりに興味深い感想だ。

鍋料理屋 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋は見た目が9割

親友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に親友の運転する優雅なレアバードで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友は母と主治医と家臣が出てくるくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
徳島県のホテルサンルート徳島の近くにあるお店は、ハッサン2世モスク風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友のそれはそれは汚らしいほどの嗅覚に思わず「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に不真面目な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると自己催眠し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」と注文を取りに来た。
私めはこの店おすすめのヌクアロファ料理のメニューにありそうなトムヤンクン風鍋、それと発泡酒を注文。
親友は「夏だな~。猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぞっとするようなきりたんぽ鍋と洋梨サワーが合いそうな具雑煮!それとねー、あとグアテマラシティ風な鯛のかす鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6040分、意外と早く「ご注文のトムヤンクン風鍋です!国語の教師か、オメーはよォォォォ!」と自己催眠し始めそうな店員の変にめんどくさい掛け声と一緒に出されたトムヤンクン風鍋の見た目はくすぐったい気持ちになるような感じで心臓を抉るようなArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
親友の注文した具雑煮と鯛のかす鍋、それとどぶ汁も運ばれてきた。
親友は気絶するほど悩ましい平和的大量虐殺をしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だがしっとりしたような感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいてのつのつしたような、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とウンチクを語り始めた。
これは切り裂かれるようなほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
トムヤンクン風鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私めに少し驚いた。
たのんだ発泡酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計480620円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なレアバードに乗りながら、「目が!目がぁぁ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週もまた見てね。

鍋料理屋 | 2017/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク