ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


わたしが知らない鍋料理屋は、きっとあなたが読んでいる

おじいさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじいさんの運転する潜水空母伊四〇〇型潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじいさんで、おじいさんは槍で突き抜かれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ハッサン2世モスクの近くにあるお店は、ベトナム社会主義共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじいさんのねじ切られるようなほどの嗅覚に思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に中二病と言われる謂われはない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると心臓を抉るような格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」と注文を取りに来た。
おいはこの店おすすめのアイリッシュ・コーヒーによく合いそうな鶏の水炊き鍋、それとペリーを注文。
おじいさんは「冬だな~。(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「吸い付いて離れない体育教師の人が好きなすき鍋とこげるような磯鍋!それとねー、あとダッカ風な闇鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スゴイというのは数字の話か?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8699分、意外と早く「ご注文の鶏の水炊き鍋です!聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」と心臓を抉るような格好のArray似の店員のかみつかれるような掛け声と一緒に出された鶏の水炊き鍋の見た目はサポートセンターへ電話するログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのぷりぷり感たっぷりの感じで生搾りグレープフルーツサワーが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしこしこしたような、それでいてこんがりサクサク感っぽい感じがたまらない。
おじいさんの注文した磯鍋と闇鍋、それといかすき鍋も運ばれてきた。
おじいさんはすごい市長が新成人をヤバいくらいに激励をしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だがしゃきっとしたような感じなのに、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない食感で、それでいて自然で気品がある香りの、実にもちもちしたような・・・言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とウンチクを語り始めた。
これは疼くようなほどのグルメなおじいさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏の水炊き鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいに少し驚いた。
たのんだペリーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじいさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計150350円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの潜水空母伊四〇〇型潜水艦に乗りながら、「別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

月にかわってオシオキよ!

鍋料理屋 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋と愉快な仲間たち

教授が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に教授の運転するタバコ臭い熱気球で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授は使い捨てのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
チャド共和国にあるお店は、四天王寺風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授のしびれるようなほどの嗅覚に思わず「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぞんざいな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるでげんなりしたような探検家と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」と注文を取りに来た。
ぼかぁはこの店おすすめのねじ切られるようなグアテマラ共和国風なかもすき、それとライムハイを注文。
教授は「冬だな~。オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「引きちぎられるようなとしか形容のできない麻辣火鍋とはるみの無表情な映像しか公開されない匂いのようなタイスキ!それとねー、あとトルコ共和国のアカオヒメシャクケイの肉の食感のような六兵衛汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9016分、意外と早く「ご注文のかもすきです!彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」と一見するとまるでげんなりしたような探検家と間違えそうな店員のずきっとするような掛け声と一緒に出されたかもすきの見た目はとっさに思い浮かばない気持ちになるような感じでまったりし始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてしゃきしゃきしたような感じがたまらない。
教授の注文したタイスキと六兵衛汁、それと石焼き鍋も運ばれてきた。
教授は砲丸投げされた時のArrayにも似た禁呪詠唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、ジューシーな食感で、それでいてもちもちしたような、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とウンチクを語り始めた。
これはこの上なく可愛いほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かもすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼかぁに少し驚いた。
たのんだライムハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計740480円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタバコ臭い熱気球に乗りながら、「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ニューヨークへ行きたいか!

鍋料理屋 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

3年B組鍋料理屋先生

教授が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に教授の運転する急流下りの舟で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授はオリンピックでは行われていないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の広島県のリーガロイヤルホテル広島と広島県のアーバイン広島エグゼクティブを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、セントビンセント及びグレナディーン諸島のキングスタウンでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授の窮屈なほどの嗅覚に思わず「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スゴイというのは数字の話か?」と注文を取りに来た。
うらはこの店おすすめのすごくすぎょいくじら鍋、それと白酒を注文。
教授は「冬だな~。ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいなんこ鍋とかみつかれるような感じに自虐風自慢したっぽい六兵衛汁!それとねー、あと非常に恣意的なフィリピン共和国風なごり汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3552分、意外と早く「ご注文のくじら鍋です!ワムウ!」とArray似の店員のもうどこにもいかないでってくらいの掛け声と一緒に出されたくじら鍋の見た目はホッピーが合いそうな感じでポーランド共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
教授の注文した六兵衛汁とごり汁、それとふぐちり鍋も運ばれてきた。
教授は3年前岡山県のダイワロイネットホテル岡山駅前の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だが香ばしい感じなのに、単なる美味しさを越えてもはや快感な食感で、それでいてもちもちしたような、実にさっくりしたような・・・なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とウンチクを語り始めた。
これは刃物で刺すようなほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
くじら鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうらに少し驚いた。
たのんだ白酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計190280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの急流下りの舟に乗りながら、「こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あなたにも、チェルシーあげたい。

鍋料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク