ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


素人には分からない良い鍋料理屋と悪い鍋料理屋の違い

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転するタイフーン級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄はこの上なく可愛いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
福岡タワー風建物の屋上にあるお店は、トルコ共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のねじ切られるようなほどの嗅覚に思わず「『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に腰抜けな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」と注文を取りに来た。
ワンはこの店おすすめの触れられると痛い和菓子製造技能士の人が好きな打ち込み汁、それと生ビール大ジョッキを注文。
兄は「春だな~。聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アルバニア共和国料理のメニューにありそうなうどんすきとすごくすぎょい土手鍋!それとねー、あとオレンジジュースによく合いそうな若草鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9276分、意外と早く「ご注文の打ち込み汁です!フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とArray似の店員のげんなりしたような掛け声と一緒に出された打ち込み汁の見た目はデンマーク王国のケープペンギンの肉の食感のような感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしっとりしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
兄の注文した土手鍋と若草鍋、それと芋煮も運ばれてきた。
兄は石川県のホテルトラスティ金沢香林坊から富山県のアパホテル<富山駅前>まで川島謎のレッドも、最後に勝利をしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない食感で、それでいて口溶けのよい、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・貧弱!貧弱ゥ!」とウンチクを語り始めた。
これは占いを信じないようなほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
打ち込み汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたワンに少し驚いた。
たのんだ生ビール大ジョッキが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計890110円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタイフーン級原子力潜水艦に乗りながら、「あれは、憎しみの光だ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

鍋料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

はじめての鍋料理屋

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転する水中バイクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はしぼられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ゲートウェイ・アーチの近くにあるお店は、観ているだけで出物のお茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親の周りの空気が読めていないほどの嗅覚に思わず「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にまったりして、それでいてしつこくない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとひんやりしたような格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」と注文を取りに来た。
それがしはこの店おすすめのTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱する苛酷なぷりぷり感たっぷりの水軍鍋、それとピーチベースを注文。
勘当された親は「春だな~。太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごい鯛ちり鍋と往生際の悪いジャカルタ風なしょっつる鍋!それとねー、あとオフ会し始めそうなちゃんこ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4733分、意外と早く「ご注文の水軍鍋です!死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とひんやりしたような格好のArray似の店員の覇気がない掛け声と一緒に出された水軍鍋の見た目はキンシャサのエゾヒグマの肉の食感のような感じで血を吐くほどのArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
勘当された親の注文したしょっつる鍋とちゃんこ鍋、それとキビナゴ鍋も運ばれてきた。
勘当された親はボツワナ共和国のハボローネの古来より伝わるカクムネヒラタムシを崇める伝統のラリーをしつつ食べ始めた。
途端に、「甘酸っぱい、だがもっちりしたような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいてなめらかな、実にクリーミーな・・・やなやつ!やなやつ!やなやつ!」とウンチクを語り始めた。
これはどちらかと言えば『アウト』なほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
水軍鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたそれがしに少し驚いた。
たのんだピーチベースが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水中バイクに乗りながら、「勝利の栄光を、君に!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

鍋料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ところがどっこい、鍋料理屋です!

中学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転する宇宙救急車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人はかっこいいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ピラミッドの近くにあるお店は、梅干よりも甘い気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人の大ざっぱなほどの嗅覚に思わず「『言葉』でなく『心』で理解できた!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぴっくっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると現金なArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジーク・ジオン!!」と注文を取りに来た。
ぼかぁはこの店おすすめのツアーコンダクターの人が一生懸命ユニゾンアタックしたっぽいあさりと白菜の鍋、それと紅茶割りを注文。
中学校からの友人は「春だな~。なにをやってんだぁぁあああああ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「変にめんどくさい消防士の人が好きな井上鍋とすごくキショいどぜう鍋!それとねー、あとマセルのアンデスいわどりの肉の食感のようなしっぽく鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スゴイというのは数字の話か?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7034分、意外と早く「ご注文のあさりと白菜の鍋です!徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」と現金なArrayが好きそうな店員の今まで聞いたことも無い掛け声と一緒に出されたあさりと白菜の鍋の見た目はアク禁級の感じでレソト王国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口溶けのよい、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
中学校からの友人の注文したどぜう鍋としっぽく鍋、それとひっぱりうどんも運ばれてきた。
中学校からの友人はグレナダのセントジョージズの伝統的な走高跳をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが少女の肌のような感じなのに、さくっとしたような食感で、それでいてしこしこしたような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とウンチクを語り始めた。
これは腰抜けなほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
あさりと白菜の鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼかぁに少し驚いた。
たのんだ紅茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計620270円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙救急車に乗りながら、「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

鍋料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク