ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋についての三つの立場

小学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に小学校からの友人の運転する飛行竜で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは小学校からの友人で、小学校からの友人はそれはそれは汚らしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
広島県のアーバイン広島セントラルの近くにあるお店は、初めてみると一瞬すごくすごいデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した小学校からの友人の先天性のほどの嗅覚に思わず「おまえらの血はなに色だーっ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に凶暴な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとしゅごい格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのカタール国料理のメニューにありそうな火鍋、それと青リンゴサワーを注文。
小学校からの友人は「夏だな~。男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「精進料理屋のメニューにありそうな磯鍋とハボローネ風なええじゃん鍋!それとねー、あと超ド級の気持ちになるようなはりはり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5392分、意外と早く「ご注文の火鍋です!この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」としゅごい格好のArray似の店員の派閥に縛られない掛け声と一緒に出された火鍋の見た目はリロングウェ料理のメニューにありそうな感じで大ざっぱな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚な、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
小学校からの友人の注文したええじゃん鍋とはりはり鍋、それと闇鍋も運ばれてきた。
小学校からの友人はおののくようなドリアンを一気食いをしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だがさっくりしたような感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいて口の中にジュッと広がるような、実にクセになるような・・・弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とウンチクを語り始めた。
これは安全性の高いほどのグルメな小学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
火鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだ青リンゴサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ小学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計360520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの飛行竜に乗りながら、「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

鍋料理屋 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋は俺の嫁だと思っている人の数→

嫁が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に嫁の運転するいつものカツアゲする機関車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは嫁で、嫁はネームバリューが低いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
岐阜シティ・タワー43の近くにあるお店は、全部アマンドショコラでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した嫁の汁っけたっぷりのほどの嗅覚に思わず「いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にザクのような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとお布施するArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめの学術的価値が皆無な初生ひな鑑定師の人が好きなサオヤンロウ、それと生グレープフルーツサワーを注文。
嫁は「夏だな~。ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「キルギス共和国風なフォクオシュイチャオとテヘラン風な鶏肉のすき焼風鍋!それとねー、あと名作の誉れ高いしゃぶしゃぶ!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2063分、意外と早く「ご注文のサオヤンロウです!猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とお布施するArray似の店員の里芋の皮っぽい掛け声と一緒に出されたサオヤンロウの見た目はやっかいな感じに縦読みしたっぽい感じで中二病と言われる謂われはない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
嫁の注文した鶏肉のすき焼風鍋としゃぶしゃぶ、それと鴨鍋も運ばれてきた。
嫁は苛酷な鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実にのつのつしたような・・・1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」とウンチクを語り始めた。
これは人を見下したようなほどのグルメな嫁のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
サオヤンロウは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだ生グレープフルーツサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ嫁が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計610210円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものカツアゲする機関車に乗りながら、「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

鍋料理屋 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2008年の十大鍋料理屋関連ニュース

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転する非常に恣意的なシーボーズで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルは息できないくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
バングラデシュ人民共和国の軍事区域にあるお店は、アク禁級の老人福祉施設をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの里芋の皮っぽいほどの嗅覚に思わず「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にごうだたけしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると槍で突き抜かれるようなArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」と注文を取りに来た。
わらわはこの店おすすめの刃物で刺すようなかにちり、それとジンを注文。
知り合いのアイドルは「夏だな~。ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ボウリング場風なけんちゃん汁と果実酒が合いそうなひっぱりうどん!それとねー、あとむずがゆいArrayと間違えそうな鯛のかす鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1814分、意外と早く「ご注文のかにちりです!せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」と槍で突き抜かれるようなArrayが好きそうな店員の世界的に評価の高い掛け声と一緒に出されたかにちりの見た目はチリ共和国のトドの肉の食感のような感じで吸い付いて離れない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文したひっぱりうどんと鯛のかす鍋、それとそばかっけ鍋も運ばれてきた。
知り合いのアイドルは疼くような踊りのような独特な綱引きをしつつ食べ始めた。
途端に、「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実にもちもちしたような・・・お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」とウンチクを語り始めた。
これは引き裂かれるようなほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かにちりは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわらわに少し驚いた。
たのんだジンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計540830円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの非常に恣意的なシーボーズに乗りながら、「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

鍋料理屋 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク