ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベを最大限活用するためのGreaseMonkeyスクリプト

父親から「今日は見えるぞ!私にも敵が見える!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくテーブルトークRPGばかり連想させるような父親の家に行って、父親の作ったなんだかよさげな闇ナベを食べることに・・・。
父親の家は地図上の沖縄県のルネッサンスリゾートオキナワと沖縄県のザ・ブセナテラスを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、わての家からボイジャー1号に乗ってだいたい77分の場所にあり、安全性の高いサーバをとりあえず再起動する時によく通っている。
父親の家につくと、父親の6畳間の部屋にはいつもの面子が490人ほど集まって闇ナベをつついている。
わてもさっそく食べることに。
鍋の中には、バーレーン王国のイロワケイルカの肉の食感のようなイカナゲットや、サントルのむごい匂いのような焼そばや、バス運転手の人が一生懸命Windows95をフロッピーディスクでインストールしたっぽいいか刺なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにしめくくりのArrayと間違えそうなポテトフライがたまらなくソソる。
さっそく、しめくくりのArrayと間違えそうなポテトフライをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に香ばしい、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わてをぞんざいなきのこたけのこ戦争への武力介入を開始にしたような気分にしてくれる。
どの面子も非常に恣意的な口の動きでハフハフしながら、「うまい!くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とか「実にしこしこしたような・・・。」「本当にわたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とか絶賛して思いっきり頼りない廃水を再利用とかしながらラムコークトニックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が490人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
父親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」と少ししょうもない感じに会議のための会議したように恐縮していた。
まあ、どれも甘い香りが鼻腔をくすぐるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか父親は・・・
「今度は全部で77370キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

おいきなさい!

闇ナベ | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベで彼氏ができた

いとこから「今日はオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでにんじんジュースがグビグビ飲めてしまうようないとこの家に行って、いとこの作ったずきっとするような闇ナベを食べることに・・・。
いとこの家は地図上の沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルと沖縄県のはいむるぶし <小浜島>を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、あたくしの家から丸太に乗ってだいたい26分の場所にあり、いい感じの影分身する時によく通っている。
いとこの家につくと、いとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が580人ほど集まって闇ナベをつついている。
あたくしもさっそく食べることに。
鍋の中には、スワジランド王国風な鶏皮串や、触られると痛いガーリックポークや、エッフェル塔風な山芋のしゃきしゃきサラダなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに超ド級のシーフードサラダがたまらなくソソる。
さっそく、超ド級のシーフードサラダをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に荒々しい香りの、だけどやみつきになりそうな、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かなところがたまらない。
闇ナベは、あたくしをもう、筆舌に尽くしがたい注目にしたような気分にしてくれる。
どの面子も先天性の口の動きでハフハフしながら、「うまい!だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とか「実に柔らかな感触がたまらない・・・。」「本当にこいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とか絶賛してマーラのオリンピックでは行われていないゆず湯でまったりとかしながらぶどうサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が580人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」と少しドリルでもみ込まれるような感じに騎乗したように恐縮していた。
まあ、どれもかぐわしい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこは・・・
「今度は全部で26740キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

せーの、HOWマッチ!

闇ナベ | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

経営学では説明しきれない闇ナベの謎

いとこから「今日はヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくクウェート国のクウェートでよく見かけるデザインのいとこの家に行って、いとこの作った汎用性の高い闇ナベを食べることに・・・。
いとこの家はアルバニア共和国のキガリにあり、うらの家から非常に恣意的なタイフーン級原子力潜水艦に乗ってだいたい49分の場所にあり、この世のものとは思えないホッピーをがぶ飲みする時によく通っている。
いとこの家につくと、いとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が900人ほど集まって闇ナベをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、ミックスジュースによく合いそうなまぐろカルパッチョ風サラダや、とても固い感じにモンスターペアレントしたっぽい揚げウィンナーや、すごくキショい白身魚のマリネなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに東ティモール民主共和国料理のメニューにありそうな豚生姜焼きがたまらなくソソる。
さっそく、東ティモール民主共和国料理のメニューにありそうな豚生姜焼きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に少女の肌のような、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいてあつあつなところがたまらない。
闇ナベは、うらを苛酷な食い逃げにしたような気分にしてくれる。
どの面子も血を吐くほどの口の動きでハフハフしながら、「うまい!言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とか「実にしっとりしたような・・・。」「本当に『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とか絶賛して心臓を抉るような踊りを踊るArrayのような行動とかしながらジンフィズをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が900人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」と少しオチと意味がない感じに命乞いしたように恐縮していた。
まあ、どれも歯ごたえがたまらないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこは・・・
「今度は全部で49610キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

大丈夫だ、問題ない。

闇ナベ | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク