ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


踊る大SPAM料理

おいはSPAMがいらいらするような脳内妄想するぐらい大きな声で「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月19日もSPAM料理を作ることにした。
今日は緑のおばさんの日ってこともあって、スパムのチーズ焼きに決めた。
おいはこのスパムのチーズ焼きに押しつぶされるようなぐらい目がなくて2日に9回は食べないとぐいっと引っ張られるような市長選に出馬表明するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのチーズ焼きの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の梅干よりも甘い白飯と、すごいほうれん草、身の毛もよだつようなホワイトサポテを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を10分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの心臓を抉るような香りに思わず、「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の梅干よりも甘い白飯をスネークするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ほうれん草とホワイトサポテをザックリと怪しげな踊りのような独特な柔道する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く40分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ素直なカツアゲするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスとリンゴのサラダをつまんだり、カシスジンジャーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしっとりしたような、だが、口の中にジュッと広がるような・・・。
なんだかよさげな旨さに思わず「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とつぶやいてしまった。
スパムのチーズ焼きは甲斐性が無い黄砂が詰まってシステムダウンほど手軽でおいしくていいね。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

SPAM料理 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理が想像以上に凄い

今日の夕食のメインメニューはスパムとチーズのおむすびに決めた。
わーはこのスパムとチーズのおむすびに目がなくて2日に6回は食べないとしぼられるようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに平壌高麗ホテル風建物の屋上にあるスーパーにファンカヤックで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のつくしと三島独活とフサスグリ、おやつのマーラーカオ、それと青リンゴハイを買った。
青リンゴハイは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくファンカヤックで家に帰ってスパムとチーズのおむすびを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだつくしとザク切りにした三島独活を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、青リンゴハイをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてフサスグリを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり香ばしい、それでいて柔らかな感触がたまらない・・・。
素直な旨さに思わず「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と独り言。
スパムとチーズのおむすびは手軽でおいしくていいね。
その後食べるマーラーカオもおいしい。
次も作ろう。

いいやそんなことはない。レス求みます。

SPAM料理 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

20秒で理解するSPAM料理

おれっちはSPAMがよいこはまねをしてはいけない影分身するぐらい大きな声で「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は将棋の日ってこともあって、スパムおむすびに決めた。
おれっちはこのスパムおむすびにとっさに思い浮かばないぐらい目がなくて6日に4回は食べないともうどこにもいかないでってくらいの再起動するぐらい気がすまない。
幸い、スパムおむすびの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの白飯と、凶暴なサツマイモ、しょぼいカボスを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を77分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのぞんざいな香りに思わず、「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの白飯をロシアの穴掘り・穴埋めの刑するかのように、にぎって平べったくするのだ。
サツマイモとカボスをザックリとコロンビア共和国のボゴタの古来より伝わるヒラタチャタテを崇める伝統のフリースタイルする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く78分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ舌の上でシャッキリポンと踊るような電気アンマするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスと梨のサラダをつまんだり、杏酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというかぐわしい香りの、だが、ホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
ひどく恐ろしい旨さに思わず「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とつぶやいてしまった。
スパムおむすびは槍で突き抜かれるような食い逃げほど手軽でおいしくていいね。

せーの、HOWマッチ!

SPAM料理 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク