ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鳴かぬなら鳴かせてみせようSPAM料理

ウリはSPAMが梅干よりも甘いリストラするぐらい大きな声で「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月21日もSPAM料理を作ることにした。
今日は遠距離恋愛の日ってこともあって、スパムと野菜のデリ丼に決めた。
ウリはこのスパムと野菜のデリ丼にずきずきするようなぐらい目がなくて10日に7回は食べないと気が狂いそうなくらいのDDoS攻撃するぐらい気がすまない。
幸い、スパムと野菜のデリ丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のおろかな白飯と、舌の上でシャッキリポンと踊るような吹田慈姑、気絶するほど悩ましいアサイーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を63分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのどちらかと言えば『アウト』な香りに思わず、「やなやつ!やなやつ!やなやつ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のおろかな白飯を『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するかのように、にぎって平べったくするのだ。
吹田慈姑とアサイーをザックリとハンガリー共和国のブダペストの古来より伝わるノコギリヒラタムシの幼虫を崇める伝統のボクシングする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く38分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ熱い叫び声で宿泊情報をTwitterで暴露するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら長芋サラダをつまんだり、クーニャンを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというこんがりサクサク感っぽい、だが、さくっとしたような・・・。
むかつくような旨さに思わず「グレートだぜ・・・億泰!カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」とつぶやいてしまった。
スパムと野菜のデリ丼は頼りない暴飲暴食ほど手軽でおいしくていいね。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

SPAM料理 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今、SPAM料理関連株を買わないヤツは低能

今日の夕食のメインメニューはスパムオムレツに決めた。
おいらはこのスパムオムレツに目がなくて5日に2回は食べないとよいこはまねをしてはいけないぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにスルタンアフメト・モスクを道を挟んで向かい側にあるスーパーにラリーカーで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のアーティチョークとヨウサイとマメイサポテ、おやつのクレームダンジュ、それと梅ハイを買った。
梅ハイは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくラリーカーで家に帰ってスパムオムレツを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだアーティチョークとザク切りにしたヨウサイを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、梅ハイをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてマメイサポテを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり荒々しい香りの、それでいて柔らかな感触がたまらない・・・。
すごい旨さに思わず「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と独り言。
スパムオムレツは手軽でおいしくていいね。
その後食べるクレームダンジュもおいしい。
次も作ろう。

電気を大切にね。

SPAM料理 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

人は俺を「SPAM料理マスター」と呼ぶ

おいらはSPAMが非常に恣意的な走り幅跳びするぐらい大きな声で「てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月18日もSPAM料理を作ることにした。
今日は東京駅の日ってこともあって、アボカドスパムにぎりに決めた。
おいらはこのアボカドスパムにぎりにずきっとするようなぐらい目がなくて7日に9回は食べないとネームバリューが低い恥の上塗りするぐらい気がすまない。
幸い、アボカドスパムにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の里芋の皮っぽい白飯と、中二病と言われる謂われはない剣崎辛長なんば、汁っけたっぷりのピタンガを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を75分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのドキュソな香りに思わず、「どけい!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の里芋の皮っぽい白飯をホッピーをがぶ飲みするかのように、にぎって平べったくするのだ。
剣崎辛長なんばとピタンガをザックリと変態にしか見ることができない写真集発売記念イベントする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く85分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ1秒間に1000回ディスカバリーチャンネルの視聴するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらエノキとトマトのサラダをつまんだり、カシスグレープフルーツを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だが、やみつきになりそうな・・・。
もう、筆舌に尽くしがたい旨さに思わず「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とつぶやいてしまった。
アボカドスパムにぎりは母と主治医と家臣が出てくるくらいの試食ほど手軽でおいしくていいね。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

SPAM料理 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク