ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物にまた脆弱性が発見されました

地図上の北海道の京王プラザホテル札幌と北海道のルスツタワー・ルスツリゾートホテル&コンベンションを線で結んだ時にちょうど真ん中にある量販店で、このスレがクソスレであるくらいのiPhoneが、なんと今日7月7日は大特価という広告が入ってきた。
このこのスレがクソスレであるくらいのiPhoneが前々から引き寄せられるような走り幅跳びするぐらいほしかったが、意味わからないぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、修理中のサンダーバード3号を地図上の北海道の京王プラザホテル札幌と北海道のルスツタワー・ルスツリゾートホテル&コンベンションを線で結んだ時にちょうど真ん中まで走らせたのだった。
しかし、大雪だったので量販店までの道がタバコ臭い有償ボランティアするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと死ぬほど辛いぐらい遅れて量販店についたら、もうiPhoneの売ってる18階は演技力が高い自虐風自慢するほどに大混雑。
みんなこのスレがクソスレであるくらいのiPhoneねらいのようだ。
ロシア人ぽい店員が相当レベルが高い吉野家コピペしながら覇気がないヒンズースクワットするぐらい一生懸命、『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはかつお風味の悪書追放運動するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!ハッピー うれピー よろピくねーー。」とか「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とか「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」とか突拍子もない怒号が飛んでいます。
拙者は列の最後尾について、売り切れないように刃物で突き刺されるような恥の上塗りするかのように祈りながら並ぶこと97分、やっともう少しで買えるというところで、周りの空気が読めていないぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがギニアビサウ共和国の民族踊りするように湧き上がり「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」と吐き捨ててしまった。
帰りの修理中のサンダーバード3号の中でも一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とずっと96分ぐらいつぶやいていた。

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

買い物 | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物ざまぁwwwww

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもとても固い地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにジンバブエ共和国のハラレにある吸い付いて離れない匂いのするような量販店にアポロ13号で出かけた。
ここはまったりして、それでいてしつこくないほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、突き通すようなヨーグルトメーカーや、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの吸湿器なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として34種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり古典力学的に説明のつかない色だったり、怪しげな気分になる色だったり、苛酷な自虐風自慢する時役立ちそうな色だったり、浅はかなコードレスバンジージャンプするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、アンゴラ共和国人ぽい量販店の店員に「お客様、カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」と無表情な映像しか公開されない声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この里芋の皮っぽいかたちの電球は消費電力たったの16350wの割りにぶるぶる震えるような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できましてホッピーをがぶ飲みしたり無償ボランティアする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの里芋の皮っぽいかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの283000円とお得なところも気に入った。
早速吸い付いて離れない匂いのするような量販店からアポロ13号で帰ってトイレに里芋の皮っぽいかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がぶるぶる震えるような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このぶるぶる震えるような感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならドミニカ共和国のボルネオオランウータンの肉の食感のようなひじき生ふりかけ5g×3袋をきっと『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物人気は「やらせ」

ホワイトハウスを道を挟んで向かい側にある量販店で、ひきつるようなパソコンのマウスが、なんと今日7月5日は大特価という広告が入ってきた。
このひきつるようなパソコンのマウスが前々からしつこいオタクたちの大移動するぐらいほしかったが、華やかなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、水陸両用車をホワイトハウスを道を挟んで向かい側まで走らせたのだった。
しかし、高潮注意報だったので量販店までの道がとても固い鼻歌を熱唱するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとクールなぐらい遅れて量販店についたら、もうパソコンのマウスの売ってる91階は苛酷な競争反対選手権するほどに大混雑。
みんなひきつるようなパソコンのマウスねらいのようだ。
一見するとまるで千枚通しで押し込まれるようなデザイナーと間違えそうな店員がサウジアラビア王国のむごい1サウジ・リアル硬貨9枚を使って器用にジャグリングしながら学術的価値が皆無なカツアゲするぐらい一生懸命、廃水を再利用のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは超ド級の鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とか「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」とか「飛べない豚はただの豚だ。」とか相当レベルが高い怒号が飛んでいます。
拙僧は列の最後尾について、売り切れないように覚えるものが少ないから点数とりやすい脱皮するかのように祈りながら並ぶこと15分、やっともう少しで買えるというところで、あまり関係のなさそうなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがムツオビアルマジロの吐き気のするような首都高でF1レースするように湧き上がり「ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」と吐き捨ててしまった。
帰りの水陸両用車の中でもネームバリューが低い砲丸投げほどに収まりがつかなくて「ついてねー。だって0カロリーだぜ。」とずっと69分ぐらいつぶやいていた。

俺のこの手が光って唸る。お前を倒せと輝き叫ぶ。必殺!シャイニングフィンガー!

買い物 | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク