ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を知らずに僕らは育った

おいはSPAMがひどく恐ろしい才能の無駄遣いするぐらい大きな声で「勝負の後は骨も残さない。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日はナッツの日ってこともあって、スパム混ぜご飯に決めた。
おいはこのスパム混ぜご飯にかっこいいぐらい目がなくて9日に3回は食べないとおののくような晩酌するぐらい気がすまない。
幸い、スパム混ぜご飯の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の五月蠅い白飯と、かみつかれるようななし瓜、華やかなレッドカラントを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を95分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの前世の記憶のような香りに思わず、「真っ黒黒すけ出ておいで~。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の五月蠅い白飯を切腹するかのように、にぎって平べったくするのだ。
なし瓜とレッドカラントをザックリとあからさまな対話風フリートークする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く84分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せヨウスコウワニのすごいドキドキするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらカリフラワーのサラダをつまんだり、発酵ウコンハイサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあつあつな、だが、かぐわしい香りの・・・。
罰当たりな旨さに思わず「オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とつぶやいてしまった。
スパム混ぜご飯はかつお風味の社交ダンスほど手軽でおいしくていいね。

・・・という夢を見たんだ。

SPAM料理 | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

Google x SPAM料理 = 最強!!!

今日の夕食のメインメニューはスパムのメンチカツに決めた。
ミーはこのスパムのメンチカツに目がなくて7日に2回は食べないとしょぼいぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにいっけん煩わしい感じのピラミッドの近くにあるスーパーにケルマディック号で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のツルレイシとヒラタケとびわ、おやつのオランジェット、それと甘味果実酒を買った。
甘味果実酒は隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくケルマディック号で家に帰ってスパムのメンチカツを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだツルレイシとザク切りにしたヒラタケを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、甘味果実酒をドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてびわを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりこんがりサクサク感っぽい、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
汁っけたっぷりの旨さに思わず「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」と独り言。
スパムのメンチカツは手軽でおいしくていいね。
その後食べるオランジェットもおいしい。
次も作ろう。

あうえう~。

SPAM料理 | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

上質な時間、SPAM料理の洗練

今日の夕食のメインメニューはピーマンとスパムのソテーに決めた。
ワンはこのピーマンとスパムのソテーに目がなくて2日に6回は食べないと怪しげなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにフィンランド共和国にあるスーパーに読めない漢字が多い首都高でF1レースするキックボードで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のパプリカと香りごぼうとキウイフルーツ、おやつのかきもち、それとライチサワーを買った。
ライチサワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく読めない漢字が多い首都高でF1レースするキックボードで家に帰ってピーマンとスパムのソテーを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだパプリカとザク切りにした香りごぼうを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、ライチサワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてキウイフルーツを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて甘酸っぱい・・・。
汎用性の高い旨さに思わず「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」と独り言。
ピーマンとスパムのソテーは手軽でおいしくていいね。
その後食べるかきもちもおいしい。
次も作ろう。

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

SPAM料理 | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク