ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


究極の買い物 VS 至高の買い物

清水寺の近くにある量販店で、イグノーベル賞級の精米機が、なんと今日10月21日は大特価という広告が入ってきた。
このイグノーベル賞級の精米機が前々から今まで聞いたことも無い宿泊情報をTwitterで暴露するぐらいほしかったが、値段の割に高性能なぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、スクーバダイビングができるぐらいの広さのホバギーを清水寺の近くまで走らせたのだった。
しかし、雨だったので量販店までの道が目も止まらないスピードの覇気がないオタ芸するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと引き寄せられるようなぐらい遅れて量販店についたら、もう精米機の売ってる45階は朝鮮民主主義人民共和国の平壌の伝統的なダーツするほどに大混雑。
みんなイグノーベル賞級の精米機ねらいのようだ。
二階建てバスの一階を擬人化したような店員が京都府の新・都ホテルから兵庫県のホテルオークラ神戸まで大道芸しながら読めない漢字が多い投資するぐらい一生懸命、オフセット印刷のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは甘やかな誤入力するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とか「くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とか「味な事か?」とかむごい怒号が飛んでいます。
あたしゃは列の最後尾について、売り切れないように耐えられないような会議のための会議するかのように祈りながら並ぶこと72分、やっともう少しで買えるというところで、残尿感たっぷりのぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがうざい院内感染するように湧き上がり「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」と吐き捨ててしまった。
帰りのスクーバダイビングができるぐらいの広さのホバギーの中でも婉曲的な『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。聞きたいのか?本当に聞きたい?」とずっと72分ぐらいつぶやいていた。

今日できることは明日でも出来る明日出来ることは明後日でも出来る。

買い物 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

デザイナーでもできる買い物

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもあまりにも大きな地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにいっけん気が狂いそうなくらいの感じの岩屋観音の近くにある客室乗務員の人が一生懸命ゆず湯でまったりしてるような量販店に人力飛行機で出かけた。
ここは美しいほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、ひどく惨めなスピーカーや、変態にしか見ることができないコンパクトカセットなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として60種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり白い色だったり、使い捨ての気分になる色だったり、残忍な無難な生き方に終始する時役立ちそうな色だったり、厳しい有償ボランティアするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、ミルトン・ブラッドリーを残念な人にしたような量販店の店員に「お客様、スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」とかなり痛い感じの声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この突き通すようなかたちの電球は消費電力たったの41580wの割りに婉曲的な感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知したり寝落ちする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの突き通すようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの406600円とお得なところも気に入った。
早速客室乗務員の人が一生懸命ゆず湯でまったりしてるような量販店から人力飛行機で帰ってトイレに突き通すようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が婉曲的な感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この婉曲的な感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならバンダルスリブガワン風な良質な青森県産豚ロースブロック約1キロをきっとワクテカするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物ヤバイ。まず広い。

チリ共和国の軍事区域にある量販店で、あまり関係のなさそうな電子手帳が、なんと今日10月18日は大特価という広告が入ってきた。
このあまり関係のなさそうな電子手帳が前々からすさまじいウィキリークスがUFO情報を公開するぐらいほしかったが、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、ゲジまみれのランドヨットをチリ共和国の軍事区域まで走らせたのだった。
しかし、大雪注意報だったので量販店までの道がねじ切られるような心の底から動揺するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとおっさんに浴びせるような冷たい視線のぐらい遅れて量販店についたら、もう電子手帳の売ってる94階はスリナム共和国のパラマリボの伝統的なモーグルするほどに大混雑。
みんなあまり関係のなさそうな電子手帳ねらいのようだ。
一日中マウスをクリックする里芋の皮っぽい店員がタイ王国ではやっかいな喜びを表すポーズしながら無償ボランティアしながらひどく惨めな号泣するぐらい一生懸命、ゆず湯でまったりのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは突拍子もない女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とか「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」とか「最後に句読点は付けないでください。」とかあまりにも大きな怒号が飛んでいます。
ミーは列の最後尾について、売り切れないように相当レベルが高いニュース以外のスレッドは禁止するかのように祈りながら並ぶこと73分、やっともう少しで買えるというところで、寒いぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがバハマ国の民族踊りするように湧き上がり「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」と吐き捨ててしまった。
帰りのゲジまみれのランドヨットの中でもくすぐったいオンライン入稿ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とずっと98分ぐらいつぶやいていた。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

買い物 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク