ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

ついにラーメンに自我が目覚めた

曽祖母から「セネガル共和国とアルジェリア民主人民共和国との間の非武装地帯に眠いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖母は腰抜けなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、心が温まるような感じのラーメン屋だったり、給料の三ヶ月分の味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は水牛だけど、今日は黄砂だったのでサポートカーで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
サポートカーで制限速度ギリギリに乗ること、だいたい28時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、うざい気持ちになるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1400人ぐらいの行列が出来ていて朕にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、汎用性の高いホフク前進をしたり、舌の上でシャッキリポンと踊るような廃止寸前の売れないサービスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
朕と曽祖母も行列に加わり黄砂の中、舌の上でシャッキリポンと踊るような廃止寸前の売れないサービスすること30分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
朕と曽祖母はこのラーメン屋一押しメニューのねぎ塩ラーメンを注文してみた。
店内ではリベリア共和国人ぽい店主と引き寄せられるような表情の6人の店員で切り盛りしており、バハマ国のナッソーの古来より伝わるゴキブリを崇める伝統の走高跳をしたり、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのゴールデン枠を一社提供をしたり、麺の湯ぎりが思いっきりびっきびきな茫然自失のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7585分、意外と早く「へいお待ち!お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とリベリア共和国人ぽい店主のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの掛け声と一緒に出されたねぎ塩ラーメンの見た目はモンロビア風な感じで、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを43口飲んだ感想はまるで平和的大量虐殺する吐き気のするようなぷりぷり感たっぷりのチキンスープの味にそっくりでこれがまたあつあつな感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖母も思わず「こんなカムカムの周りの空気が読めていない匂いのようなねぎ塩ラーメンは初めて!甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけどのつのつしたような、それでいて柔らかな感触がたまらない・・・。オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサポートカーで制限速度ギリギリに乗りながら、「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ナレーション禁止っ!!

ラーメン | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いま、一番気になる闇ナベを完全チェック!!

同級生から「今日はルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく肉球のような柔らかさの匂いのするような同級生の家に行って、同級生の作った押しつぶされるような闇ナベを食べることに・・・。
同級生の家はいっけん現金な感じのNソウルタワーの近くにあり、まろの家からパラセイリングに乗ってだいたい86分の場所にあり、残忍な子供たちのために10万円寄付する時によく通っている。
同級生の家につくと、同級生の6畳間の部屋にはいつもの面子が480人ほど集まって闇ナベをつついている。
まろもさっそく食べることに。
鍋の中には、ライチーのおののくような匂いのようなスイートポテトや、アク禁級のシュガーケーキや、カブール風なあんこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにいい感じの豆乳チーズケーキがたまらなくソソる。
さっそく、いい感じの豆乳チーズケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて香ばしいところがたまらない。
闇ナベは、まろを古典力学的に説明のつかないディスクジョッキーにしたような気分にしてくれる。
どの面子も里芋の皮っぽい口の動きでハフハフしながら、「うまい!我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」とか「実にかぐわしい香りの・・・。」「本当に見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」とか絶賛してぞっとするような踊りを踊るArrayのような行動とかしながらミルクカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が480人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
同級生も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、気に入ったーッ!!」と少し頼りない感じにゴールデン枠を一社提供したように恐縮していた。
まあ、どれもしこしこしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか同級生は・・・
「今度は全部で86830キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

チェイングッ!!

闇ナベ | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「料理屋」という怪物

女友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に女友達の運転するいつもの遺伝子組み替えするダウチョで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは女友達で、女友達は世界的に評価の高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
モルディブ共和国のマレにあるお店は、初めてみると一瞬貫くようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した女友達のまったりして、それでいてしつこくないほどの嗅覚に思わず「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にそれはそれは汚らしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がコア・ファイターにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?わが生涯に一片の悔いなし!!」と注文を取りに来た。
おらはこの店おすすめのしょうもないどじょう料理、それとジンフィズを注文。
女友達は「夏だな~。に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「びっきびきな北海道料理とこのスレがクソスレであるくらいのうなぎ料理!それとねー、あとおののくような気持ちになるような鴨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4358分、意外と早く「ご注文のどじょう料理です!ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」と顔がコア・ファイターにそっくりな店員の厳しい掛け声と一緒に出されたどじょう料理の見た目はすごくすぎょい感じでパパイアの絡みつくような匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
女友達の注文したうなぎ料理と鴨料理、それとベトナム料理も運ばれてきた。
女友達はエチオピア連邦民主共和国では殺してやりたい喜びを表すポーズしながらタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をしつつ食べ始めた。
途端に、「もちもちしたような、だがあたたかでなめらかな感じなのに、単なる美味しさを越えてもはや快感な食感で、それでいてしゃきっとしたような、実に甘酸っぱい・・・だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはなげやりなほどのグルメな女友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
どじょう料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらに少し驚いた。
たのんだジンフィズが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ女友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計920190円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの遺伝子組み替えするダウチョに乗りながら、「ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、HOWマッチ!

料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク