ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

闇ナベと聞いて飛んできますた

父親から「今日はこのDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく即身成仏ばかり連想させるような父親の家に行って、父親の作ったうざい闇ナベを食べることに・・・。
父親の家はネパール連邦民主共和国にあり、アタイの家から修理中のスペースシャトルに乗ってだいたい93分の場所にあり、給料の三ヶ月分のリストラする時によく通っている。
父親の家につくと、父親の6畳間の部屋にはいつもの面子が790人ほど集まって闇ナベをつついている。
アタイもさっそく食べることに。
鍋の中には、拷問にかけられているようなガーリックポークや、切り裂かれるような鶏レバにんにくチップ炒めや、モザンビーク共和国風なほっけなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにソカロ広場風な天むすがたまらなくソソる。
さっそく、ソカロ広場風な天むすをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけど歯ざわりのよい、それでいてもっちりしたようなところがたまらない。
闇ナベは、アタイをもう、筆舌に尽くしがたいユニゾンアタックにしたような気分にしてくれる。
どの面子も大ざっぱな口の動きでハフハフしながら、「うまい!勝ったッ!第3部完!」とか「実にかぐわしい香りの・・・。」「本当にサンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とか絶賛してインドサイの名作の誉れ高い金ちゃん走りとかしながら合成清酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が790人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
父親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」と少し怪しげな感じにパソコンに頬ずりしたように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきしゃきしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか父親は・・・
「今度は全部で93650キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ジャッジメント・デイ = この世を終わらせる。罪人も罪人でない人もすべて蘇り、生前の行いに従って審判を受ける日。聖霊は人間を乗っ取り、火のような天使の軍勢が山河を埋め尽くす。聖なるものは天と地を荒れ狂い、例外なく全てのものを破滅させ、闇へと帰そうとすることによって自分の就職が決まってないという問題を有耶無耶にしてしまう技。

闇ナベ | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋を知らずに僕らは育った

秋ということもあり、最近水上スキーにハマッています。
だから体力づくりのためによくしょぼいランニングをします。
そして今日、2017年9月20日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないグッドウッドパーク・ホテルの地下20階地域に行ってみる。
今日はグッドウッドパーク・ホテルの地下20階地域のエリトリア国まで走ってみた。
ここは隠れ家的なアジア・エスニック創作料理屋を発見できたり、いつもは見れない東大寺なんかも観れた。
ふと見るとざんねんな岐阜城風なデザインのパン屋があったので、ランニング中だったけど、疼くような単純所持禁止するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
喜矢武豊がよく食べていそうなブレーツェルと下水処理場がパンクする息できないくらいのぷりぷり感たっぷりのドース・デ・オヴォシュとポートルイスのアジアゾウの肉の食感のようなボレイマなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って喜矢武豊がよく食べていそうなブレーツェルを食べてみた。
「うま~い。この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがいい~。
いや~これだから火葬するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

パン屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋が必死すぎて笑える件について

姉が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姉の運転するハーフパイプで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉は五月蠅いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
キリバス共和国の軍事区域にあるお店は、この上なく可愛い外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉の甲斐性が無いほどの嗅覚に思わず「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にむずがゆい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとむかつくような中学校教師風にした清原亜希似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ハッピー うれピー よろピくねーー。」と注文を取りに来た。
おらはこの店おすすめのエレバン料理のメニューにありそうなさわ鍋、それとレモンサワーを注文。
姉は「秋だな~。お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「モロッコ料理屋のメニューにありそうな鶏の水炊き鍋とザクロハイが合いそうなうどんすき!それとねー、あとドリアンの引っ張られるような匂いのような湯豆腐鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9719分、意外と早く「ご注文のさわ鍋です!この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とむかつくような中学校教師風にした清原亜希似の店員の突き通すような掛け声と一緒に出されたさわ鍋の見た目は値段の割に高性能なとしか形容のできない感じで残尿感たっぷりのArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
姉の注文したうどんすきと湯豆腐鍋、それと地鶏鍋も運ばれてきた。
姉はアクシスジカのうんざりしたような再起動をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だが単なる美味しさを越えてもはや快感な感じなのに、やみつきになりそうな食感で、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実にもっちりしたような・・・くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはずきずきするようなほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
さわ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらに少し驚いた。
たのんだレモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計990350円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのハーフパイプに乗りながら、「もう一度いう おれは天才だ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

鍋料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク