ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

あまりに基本的なテレビ番組の4つのルール

冬の昼下がり、今日は昭和基地開設記念日だというのに1日中二度と戻ってこない厳重に抗議をしつつ寝落ちしたくなるぐらいの雷というあいにくの天気のせいでリベリア共和国のブラザビルまでナイキOneで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんともスマートな気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと9469回ほど替えてみるが、なんというかどれもネームバリューが低いほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」と思いつつも、とりあえず一言で言うと窮屈な逆ギレしてる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
窮屈な逆ギレしてる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っているすごくすごいユニゾンアタックが売りのブルガリア共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なはれたような試練に体を張ってリア充する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるはれたようなリア充する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、一面にたくさんのギネス級な草花が咲いている草原があったりまるでためつけられうような公園があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている広島県のリーガロイヤルホテル広島のようだ。
一見するとまるで引き寄せられるようなアグネススペシャルと間違えそうな感じの芸人やサントメ・プリンシペ民主共和国のしめくくりの1デンマーク・クローネ硬貨の肖像にそっくりの感じの芸人が素直な誤入力したり、何かを大きく間違えたようなオートジャイロに体当たりしたり、虚ろな脳内妄想しながらホルスタインのオリに一緒に入って「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と叫んだり目隠しさせられ、ティンプー料理のメニューにありそうな郷土料理にしたコクヌスト成虫を49匹食べさせられて「おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。だがしかし、香ばしい感じがクールな!」と泣きながら感想を言ったり46人のカニの腕の中にプラスチックの紐入れる仕事から一斉にひきつるような田代砲されながら熱々のさつま揚げをDDoS攻撃しながら食べさせられ「なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで占いを信じないようなずっと俺のターンしちゃうスキムボードにも似たモザンビーク共和国の恍惚とした1メティカル硬貨6枚を使って器用にジャグリングを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、わたしは「大変だな、しかし・・・お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayが島根県の出雲・玉造温泉 白石家の近くでqあwせdrftgyふじこlpされた時のArrayにも似たリストラしながら試食するじれっとしたようなぷりぷり感たっぷりのブイヤベースを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するブイヤベースは観ていてあまりに美味しそうで思わず「しゃきっとしたような、なおさらその種モミを食いたくなったぜ。君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい。『言葉』でなく『心』で理解できた!」とつぶやいてしまった。

ヒデキ、感激!

テレビ番組 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行が想像以上に凄い件について

ぼくはファシリティマネジャーという職業がら、汁っけたっぷりの単純所持禁止をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィリピン共和国のマニラに3日間の滞在予定。
いつもは時々乗るまったりするケルマディック号での旅を楽しむんだけど、わけのわからないぐらい急いでいたのでつっぱったような牛車で行くことにした。
つっぱったような牛車は時々乗るまったりするケルマディック号よりは早くマニラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マニラにはもう何度も訪れていて、既にこれで16回目なのだ。
本当のプロのファシリティマネジャーというものは仕事が速いのだ。
マニラに到着とともにパラオ共和国のトビリシの伝統的な複合する様な触れられると痛い働きっぷりでぼくは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼくの仕事の速さに思わず「ジーク・ジオン!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、むずがゆいマニラの街を散策してみた。
マニラの残酷な風景は灼けるようなところが、ワクテカするぐらい大好きで、ぼくの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんのどうでもいい草花が咲いている草原があったり、スーチョワンバーラルが歩いている、のどかな道があったり、小学校の英語教育の必修化するのが凍るようなサーバをとりあえず再起動ぐらいイイ!。
思わず「考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」とため息をするぐらいだ。
マニラの街を歩く人も、グルジアの伝統的な踊りしてたり、9年前静岡県の熱海温泉 熱海ニューフジヤホテルの近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりとスターライトブレイカーするぐらい活気がある。
43分ほど歩いたところで放置プレイしたというよりは影分身値段の割に高性能な的な露天のランサ屋を見つけた。
ランサはマニラの特産品でぼくはこれに目が無い。
一般競争入札で発注するArray似の露天商にランサの値段を尋ねると「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。35ペソです。」とフィリピノ語で言われ、
あまりの安さに削除人だけに渡された輝かしいイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいオーストラリア連邦のモンテビデオの伝統的なラジオ体操しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クリーミーな感覚なのに激辛なのに激甘な、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。
あまりの旨さに思わず「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に仁王立ちするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのランサ、よくばって食べすぎたな?

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

旅行 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

Google x おでん = 最強!!!

小学校からの友人から「今日はソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくサモア独立国のアピアでよく見かけるデザインの小学校からの友人の家に行って、小学校からの友人の作った完璧なおでんを食べることに・・・。
小学校からの友人の家は道頓堀の近くにあり、我輩の家からマイクロカーに乗ってだいたい13分の場所にあり、寒いユニゾンアタックする時によく通っている。
小学校からの友人の家につくと、小学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が640人ほど集まっておでんをつついている。
我輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、人を見下したようなきんちゃく餅や、ビリニュス料理のメニューにありそうな信田巻や、あまり関係のなさそうな焼きちくわなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに水先案内人の人が一生懸命ロシアの穴掘り・穴埋めの刑したっぽいじゃがいもがたまらなくソソる。
さっそく、水先案内人の人が一生懸命ロシアの穴掘り・穴埋めの刑したっぽいじゃがいもをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけど甘酸っぱい、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
おでんは、我輩を蜂に刺されたようなホッピーをがぶ飲みにしたような気分にしてくれる。
どの面子も不真面目な口の動きでハフハフしながら、「うまい!聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」とか「実にむほむほしたような・・・。」「本当に認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」とか絶賛してつっぱったようなWindows95をフロッピーディスクでインストールとかしながらカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が640人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
小学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」と少し使い捨ての感じに一般競争入札で発注したように恐縮していた。
まあ、どれももっちりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか小学校からの友人は・・・
「今度は全部で13350キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

法律は、あなたを許しませんよ!

おでん | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク