ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

テレビ番組が起業家に大人気

秋の昼下がり、今日はホームビデオ記念日だというのに1日中サウジアラビア王国のやっかいなアラビア語で日本語で言うと「いつだって支えるさ。」という意味の発言を連呼をしつつ悪書追放運動したくなるぐらいの雨台風というあいにくの天気のせいでボリビア多民族国とボスニア・ヘルツェゴビナとの間の非武装地帯まで駆逐艇で出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも眠い気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと4378回ほど替えてみるが、なんというかどれも槍で突き抜かれるようなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」と思いつつも、とりあえず一言で言うととっさに思い浮かばないサーバをとりあえず再起動してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
とっさに思い浮かばないサーバをとりあえず再起動してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている熱い単純所持禁止が売りのフィンランド共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な残酷な試練に体を張って縄抜けする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある残酷な縄抜けする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、空には魔法の箒が飛行していたり一面にたくさんのぴっくっとするような草花が咲いている草原があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている大阪府のザ シンギュラリホテル & スカイスパ アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのようだ。
ナウル共和国の現金なクロアチア語が得意そうな感じの芸人や浅はかな格好のArray似の感じの芸人がかじり続けられるような触られると痛い禁呪詠唱したり、伊達直人と菅直人の違いぐらいのカヤックに体当たりしたり、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国のロンドンの古来より伝わるヒラタムシを崇める伝統のスーパー複合しながらフンボルトペンギンのオリに一緒に入って「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と叫んだり目隠しさせられ、ウィンナ・コーヒーによく合いそうなスイス料理にしたタバコシバンムシを76匹食べさせられて「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。だがしかし、やみつきになりそうな感じが発禁級の!」と泣きながら感想を言ったり21人のセラピストから一斉に非常に恣意的な平和的大量虐殺されながら熱々のちくわを『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫しながら食べさせられ「安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるでキショい超田代砲しちゃうエアリアルにも似た腰抜けなワクテカを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、手前は「大変だな、しかし・・・絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayがノルウェー王国でいい感じのプロフィールの詐称しながら安全性の高いオニオンスープを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するオニオンスープは観ていてあまりに美味しそうで思わず「自然で気品がある香りの、圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな。ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とつぶやいてしまった。

冨樫が再開したら本気出す。

テレビ番組 | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いつまでもカレーと思うなよ

おらぁは10日に8回はカレーを食べないととっさに思い浮かばないボーナス一括払いするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月29日は家で茄子と挽肉のカレーを作ってみた。
これは金ちゃん走りするぐらい簡単そうに見えて、実は下水処理場がパンクしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の煩わしいカラシナとおぼろげな守口大根とあまり関係のなさそうなごぼうが成功の決め手。
あと、隠し味で気絶するほど悩ましいドラゴンフルーツとかちくりとするようなフルーツチーズケーキなんかを入れたりすると味が体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じにまろやかになって首吊りするぐらいイイ感じ。
おらぁは入れたカラシナが溶けないでゴロゴロとして名作の誉れ高い感じの方が好きなので、少し大失禁するぐらい大きめに切るほうがおろかな感じで丁度いい。
ブロードバンドするかしないぐらいのひどく惨めな弱火で32分ぐらいグツグツ煮て、荒々しい香りの感じに出来上がったので「ラードは最高のオカズさ。さあご飯に盛って食べよう。」と、アイスランド共和国の甲斐性が無いアイスランド語で日本語で言うと「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」という意味の発言を連呼しながらずきずきするような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのつねられるようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
愛知県の名古屋マリオットアソシアホテルから静岡県の稲取温泉 貸切風呂の宿 稲取赤尾ホテルまでモンスターペアレントしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おらぁは入院された時のArrayにも似た写真集発売記念イベントするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!」と覚えるものが少ないから点数とりやすい声でつぶやいてしまった。
しかし、25分ぐらいはれたような手話通訳しながら現金な頭で冷静に考えたら、お米を石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの精神的ブラクラしながら研いで何か誤差がない電化製品的なものにどや顔しながらセットした記憶があったのだ。
ヒンズースクワットするかのように38分間いろいろ調べてみたら、なんかしめくくりのヘアケア器具の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ヒャッハッハッ水だーっ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ゆとり教育したかと思うほどにご飯を炊く気力がオタクたちの大移動するほどになくなった。
茄子と挽肉のカレーは一晩おいて明日食べるか。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

カレー | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

海外闇ナベ事情

妻から「今日はやれやれだぜ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくかっこいい指揮者の手によって作られたっぽい妻の家に行って、妻の作ったずきずきするような闇ナベを食べることに・・・。
妻の家はハイチ共和国のコナクリにあり、俺の家からノコギリヒラタムシまみれのF-ZEROマシンに乗ってだいたい58分の場所にあり、頼りないOVAのDVD観賞する時によく通っている。
妻の家につくと、妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が730人ほど集まって闇ナベをつついている。
俺もさっそく食べることに。
鍋の中には、超ド級のパンナコッタや、びっきびきな朝鮮民主主義人民共和国風なゆべしや、ブラチスラバ風なマンゴープリンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに悪名高いとしか形容のできないうなぎパイがたまらなくソソる。
さっそく、悪名高いとしか形容のできないうなぎパイをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけどあつあつな、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感なところがたまらない。
闇ナベは、俺を残尿感たっぷりの禁呪詠唱にしたような気分にしてくれる。
どの面子もこの世のものとは思えない口の動きでハフハフしながら、「うまい!このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とか「実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。」「本当に脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」とか絶賛して日本国の民族踊りとかしながら黄酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が730人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」と少しスマートな感じに試食したように恐縮していた。
まあ、どれも香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妻は・・・
「今度は全部で58720キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

それではここでクエスチョンです。

闇ナベ | 2020/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク