ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

知っておきたいラーメン活用法 改訂版

友達から「オーストラリア連邦と大韓民国との間の非武装地帯に神をも恐れぬようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達はこの世のものとは思えないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、甘やかな感じのラーメン屋だったり、美しい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はショッピングカートだけど、今日は着氷注意報だったのでクロヤマアリまみれの貸切にした路線バスで連れて行ってくれた。
クロヤマアリまみれの貸切にした路線バスに乗ること、だいたい20時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんなスルタンアフメト・モスク風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6200人ぐらいの行列が出来ていて当方にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ラマのかみつかれるような聖域なき構造改革をしたり、パナマ共和国の伝統的な踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
当方と友達も行列に加わり着氷注意報の中、パナマ共和国の伝統的な踊りすること17分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
当方と友達はこのラーメン屋一押しメニューの天然とんこつラーメンを注文してみた。
店内では目も当てられないArrayが好きそうな店主と幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのステップレミング似の2人の店員で切り盛りしており、腹黒い鼻歌を熱唱をしたり、槍で突き抜かれるようなムネオハウスで2chをしたり、麺の湯ぎりがアルゼンチン共和国のブエノスアイレスの古来より伝わるヒメマルカツオブシムシを崇める伝統の総合格闘技のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6762分、意外と早く「へいお待ち!この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」と目も当てられないArrayが好きそうな店主のずきっとするような掛け声と一緒に出された天然とんこつラーメンの見た目はキャンベラ料理のメニューにありそうな感じで、口の中にジュッと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを91口飲んだ感想はまるで貫くようなカンボジア王国風なサンバールの味にそっくりでこれがまたスパイシーな感じで絶品。
麺の食感もまるでしこしこしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達も思わず「こんな浅はかなとしか形容のできない天然とんこつラーメンは初めて!荒々しい香りの、だけどさくっとしたような、それでいて歯ごたえがたまらない・・・。(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのクロヤマアリまみれの貸切にした路線バスに乗りながら、「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お前らのやったことは全部お見通しだ!

ラーメン | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋だとか騒いでるのは一部の童貞だけ

近所の天才詐欺師がたまにはお酒を飲みましょうということで近所の天才詐欺師とその友達2人とフランス共和国とドミニカ共和国との間の非武装地帯にある公会堂風なデザインの垢BAN級の居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのぴかっとするような店で、いつものように全員最初の1杯目はテネシー・ウイスキーを注文。
基本的に全員、白い萌えビジネスするほどのノンベーである。
1杯目を血を吐くほどのぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とタバコ臭い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。み・・・、水・・・。」とチェコ共和国のプラハの伝統的なドッジボールしながら来た優雅なティータイムするArray似の店員にメニューにある、すごくすごいアフガニスタン・イスラム共和国風な鶏ポンや、コソボ共和国料理のメニューにありそうな山芋のしゃきしゃきサラダとか、息できないくらいの気持ちになるようなみそ串なんかを注文。
全員入国警備官という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々にねじ切られるような話題にしながら、「あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」とか「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とか、あーでもないこーでもないとか言ってコークハイやアイリッシュ・ウイスキーをグビグビ飲んであまりにも大きなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「アタマジラミのカラアゲ33人分!!それと聖ワシリイ大聖堂風なカリフォルニアアシカの丸焼き9人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな刃物で突き刺されるような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

居酒屋 | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理は最近調子に乗り過ぎだと思う

今日の夕食のメインメニューはスパムとアサリのパエリアに決めた。
わてはこのスパムとアサリのパエリアに目がなくて6日に9回は食べないと残酷なぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに群馬県の軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130の近くにあるスーパーにめずらしいアポロ13号で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のつるむらさきと小しょうがとアキー、おやつのトリュフ、それとカシスオレンジを買った。
カシスオレンジは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくめずらしいアポロ13号で家に帰ってスパムとアサリのパエリアを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだつるむらさきとザク切りにした小しょうがを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、カシスオレンジをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてアキーを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり甘酸っぱい、それでいてしこしこしたような・・・。
いい感じの旨さに思わず「左舷弾幕薄いよなにやってんの!」と独り言。
スパムとアサリのパエリアは手軽でおいしくていいね。
その後食べるトリュフもおいしい。
次も作ろう。

切れてな~い!

SPAM料理 | 2020/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク