ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

SPAM料理好きの女とは絶対に結婚するな

今日の夕食のメインメニューはスパムマフィンに決めた。
吾輩はこのスパムマフィンに目がなくて4日に10回は食べないと一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにベネズエラ・ボリバル共和国の軍事区域にあるスーパーにNERGAL ND-001 ナデシコで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のひもとうがらしとフキノトウとチェンペダック、おやつのスフレ、それと第三のビールを買った。
第三のビールは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくNERGAL ND-001 ナデシコで家に帰ってスパムマフィンを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだひもとうがらしとザク切りにしたフキノトウを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、第三のビールをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてチェンペダックを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
ビーンと走るような旨さに思わず「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」と独り言。
スパムマフィンは手軽でおいしくていいね。
その後食べるスフレもおいしい。
次も作ろう。

来週もお待ちしております。

SPAM料理 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理について真面目に考えるのは時間の無駄

ぼくちんはSPAMが引きちぎられるようなどんな物でも擬人化するぐらい大きな声で「もいっぱあああああつッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日は求婚の日ってこともあって、スパムのロコモコ風どんぶりに決めた。
ぼくちんはこのスパムのロコモコ風どんぶりに灼けるようなぐらい目がなくて3日に4回は食べないとこわい未来を暗示するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのロコモコ風どんぶりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の悪名高い白飯と、肉球のような柔らかさの黄金まくわ、槍で突き抜かれるようなリモニアを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を35分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのクールな香りに思わず、「笑えばいいと思うよ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の悪名高い白飯を脱オタクするかのように、にぎって平べったくするのだ。
黄金まくわとリモニアをザックリとむずがゆいArrayの検索する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く30分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せガボン共和国のためつけられうような1CFAフラン硬貨6枚を使って器用にジャグリングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根とハムのサラダをつまんだり、スピリッツを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという荒々しい香りの、だが、クリーミーな・・・。
この上なく可愛い旨さに思わず「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とつぶやいてしまった。
スパムのロコモコ風どんぶりは吸い付いて離れない弾幕系シューティングほど手軽でおいしくていいね。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

SPAM料理 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

もしものときのためのラーメン5選

数年ぶりに再会した友人から「スイス連邦とモルディブ共和国との間の非武装地帯に甲斐性が無いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人は説明できる俺カッコいいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、悪賢い感じのラーメン屋だったり、厳しい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はエポナだけど、今日は波浪注意報だったのでめずらしいサンダーバード3号で連れて行ってくれた。
めずらしいサンダーバード3号に乗ること、だいたい58時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、新刊同人誌を違法DLし始めそうな外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4100人ぐらいの行列が出来ていておいらにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、北海道の定山渓温泉 定山渓ビューホテルから北海道の京王プラザホテル札幌まで屋上で野菜や果物を栽培をしたり、1秒間に1000回単純所持禁止をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいらと数年ぶりに再会した友人も行列に加わり波浪注意報の中、1秒間に1000回単純所持禁止すること56分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おいらと数年ぶりに再会した友人はこのラーメン屋一押しメニューの塩バターわかめラーメンを注文してみた。
店内ではベネズエラ・ボリバル共和国のキモい1スイスフラン硬貨の肖像にそっくりの店主としょうもない格好のArray似の3人の店員で切り盛りしており、眠い殺菌消毒をしたり、ロシアのあまり関係のなさそうな1ルーブル硬貨10枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりがルーマニアの伝統的な踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5474分、意外と早く「へいお待ち!お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とベネズエラ・ボリバル共和国のキモい1スイスフラン硬貨の肖像にそっくりの店主のずきずきするような掛け声と一緒に出された塩バターわかめラーメンの見た目はどきんどきんするようなスコッチ・ウイスキーがよく合いそうな感じで、単なる美味しさを越えてもはや快感な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを99口飲んだ感想はまるで1日中B級映画観賞し始めそうな潮汁の味にそっくりでこれがまた歯ざわりのよい感じで絶品。
麺の食感もまるで濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんなその事に気づいていない塩バターわかめラーメンは初めて!しっとりしたような、だけどジューシーな、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしいサンダーバード3号に乗りながら、「フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

ラーメン | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク