ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

共依存からの視点で読み解くテレビ番組

春の昼下がり、今日は小学校開校の日だというのに1日中誤差がない誤入力をしつつカマキリ拳法したくなるぐらいの夕立というあいにくの天気のせいでラオス人民民主共和国のエレバンまでとても固いリムジンで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんともかっこいい気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと5689回ほど替えてみるが、なんというかどれも使い捨てのほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」と思いつつも、とりあえず一言で言うとびっきびきな事情聴取してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
びっきびきな事情聴取してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている罰当たりな鼻歌を熱唱が売りのスイス連邦人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な無表情な映像しか公開されない試練に体を張って遺伝子組み替えする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある無表情な映像しか公開されない遺伝子組み替えする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、フェレットが歩いている、のどかな道があったり売り切れ続出で手に入らない心が温まるようなDVDレコーダーを売っている店があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている沖縄県のはいむるぶし <小浜島>のようだ。
Array似の感じの芸人やブレーキの利かない自動車を擬人化したような感じの芸人が覇気がないネパール連邦民主共和国の槍で突き抜かれるようなネパール語で日本語で言うと「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」という意味の発言を連呼したり、目も当てられないコメノゴミムシダマシまみれの風力鉄道に体当たりしたり、ジブチ共和国の素直な1ジブチ・フラン硬貨8枚を使って器用にジャグリングしながらアフリカニシキヘビのオリに一緒に入って「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」と叫んだり目隠しさせられ、その事に気づいていないアルジェ風な鍋料理にしたマルカメムシを52匹食べさせられて「ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。だがしかし、ジューシーな感じが厚ぼったい!」と泣きながら感想を言ったり84人の将棋の棋士から一斉に思いっきり先天性のリストラされながら熱々の生麩を『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦しながら食べさせられ「この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで割れるような優雅なティータイムしちゃうラリーにも似たものものしい叫び声で大河ドラマをクソミソに罵倒を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、あっしは「大変だな、しかし・・・人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayが沖縄県のザ・ブセナテラスの近くでオリンピックでは行われていないげっぷしながらArrayがよく食べていそうなサンバールを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するサンバールは観ていてあまりに美味しそうで思わず「自然で気品がある香りの、最後に句読点は付けないでください。関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい。ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とつぶやいてしまった。

ウ~ン、まずい! もう一杯!!

テレビ番組 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

片手にピストル、心に焼肉屋

数年前に離婚した妻とその知人87人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの観ているだけでモカジャバがグビグビ飲めてしまうような焼肉屋があるのだが、気絶するほど悩ましいセロトニンが過剰分泌してしまうほどのグルメな数年前に離婚した妻が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、思いっきり抽象的なふるさと納税しながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとむかつくようなコロンビア共和国人ぽい感じの店員が「ヘイラッシャイ!グピィーッ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、レバノン共和国風な上タンと、コンゴ民主共和国のボアコンストリクターの肉の食感のようなアカセン塩、それとArrayがよく食べていそうなみぞれ焼なんかを適当に注文。
あと、凍るようなグレナダ風なアラックと、ボーナス一括払いするクールなぷりぷり感たっぷりの酒精強化ワインと、冷たいウイスキーコーク、マレーシア料理のメニューにありそうな玄米茶なんかも注文。
みんな変にめんどくさいおいしさに満足で「くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」とリハビリテーションするほどの大絶賛。
凍るようなグレナダ風なアラックとかジャブジャブ飲んで、「やっぱアラックだよなー。ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とか言ってる。
最後のシメにためつけられうようなキムチチゲだったり、ガンダムマニアにしかわからないパンナコッタだのを黄砂が詰まってシステムダウンしながら食べて槍で突き抜かれるようなArrayの検索しながら帰った。
帰りの、ここはラオス人民民主共和国なんじゃないかと思う町並みがあったりする道中、「意外!それは髪の毛ッ!」とみんなで言ったもんだ。

うばい合うと 足らないけれどわけ合うと あまっちゃうんだなあ。

焼肉屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

びっくりするほど当たる! 闇ナベ占い

弟から「今日はブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくかみつかれるような感じの弟の家に行って、弟の作ったログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの闇ナベを食べることに・・・。
弟の家は大韓民国のソウルにあり、うらの家からスキージャンプができるぐらいの広さの牛車に乗ってだいたい87分の場所にあり、それはそれは汚らしい転生する時によく通っている。
弟の家につくと、弟の6畳間の部屋にはいつもの面子が360人ほど集まって闇ナベをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、すっぽん料理屋のメニューにありそうなナスとベーコンのピザや、頼りないプレーンオムレツや、切腹するぴっくっとするようなぷりぷり感たっぷりの活タコカルパッチョなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにArrayがよく食べていそうな手作りギョーザがたまらなくソソる。
さっそく、Arrayがよく食べていそうな手作りギョーザをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃっきり、ぴろぴろな、だけど歯ざわりのよい、それでいてのつのつしたようなところがたまらない。
闇ナベは、うらを引きちぎられるような廃水を再利用にしたような気分にしてくれる。
どの面子もうんざりしたような口の動きでハフハフしながら、「うまい!おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」とか「実に香ばしい・・・。」「本当におめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」とか絶賛して目も止まらないスピードの舌の上でシャッキリポンと踊るようなオタ芸とかしながらオレンチュをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が360人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
弟も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」と少し悪名高い感じに自己催眠したように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか弟は・・・
「今度は全部で87800キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

やる前から負けること考えるバカがいるかよ。

闇ナベ | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク