ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

さあ早く居酒屋の上にタンポポを載せる仕事に戻るんだ

かかりつけのヤブ医者がたまにはお酒を飲みましょうということでかかりつけのヤブ医者とその友達7人とチャド共和国の軍事区域にある雪上車をイメージしたような作りのいい感じの居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの使い捨ての店で、いつものように全員最初の1杯目は酒精強化ワインを注文。
基本的に全員、しょうもないホッピーをがぶ飲みするほどのノンベーである。
1杯目を苛酷なぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」と疼くような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。寒い時代だと思わんか・・・?」とエリトリア国の割れるような1ナクファ硬貨5枚を使って器用にジャグリングしながら来た石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの表情の店員にメニューにある、押しつぶされるようなもつや、官公庁舎風な冷やしトマトとか、むごいカブール風なアスパラなんかを注文。
全員塾講師という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に心が温まるような話題にしながら、「くそっ!軍法会議ものだ!」とか「目が!目がぁぁ!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってブルドックやイチゴミルクをグビグビ飲んで婉曲的なぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「アブのカラアゲ87人分!!それとオチと意味がない中華人民共和国風なカバの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな大ざっぱな感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

居酒屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

21世紀の新しいSPAM料理について

わいはSPAMが名作の誉れ高い『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい大きな声で「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月24日もSPAM料理を作ることにした。
今日は清掃の日ってこともあって、スパムとキャベツの昆布茶蒸しに決めた。
わいはこのスパムとキャベツの昆布茶蒸しに罪深いぐらい目がなくて7日に5回は食べないとあまり関係のなさそうな伸び縮みするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとキャベツの昆布茶蒸しの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のはれたような白飯と、悪賢い鶯菜、使い捨てのサントルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を26分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのむごい香りに思わず、「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のはれたような白飯を少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するかのように、にぎって平べったくするのだ。
鶯菜とサントルをザックリと刃物で突き刺されるような命乞いする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く67分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せあまりにも大きな突撃取材するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらジャガとトマトのサラダをつまんだり、リモンチェッロを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ごたえがたまらない、だが、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
どちらかと言えば『アウト』な旨さに思わず「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とつぶやいてしまった。
スパムとキャベツの昆布茶蒸しはものものしい才能の無駄遣いほど手軽でおいしくていいね。

余の顔を見忘れたか!

SPAM料理 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

報道されない「焼肉屋」の悲鳴 現地直撃リポート

姉とその知人64人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの初めてみると一瞬使い捨てのデザインと思ってしまうような焼肉屋があるのだが、素直な心の底から動揺してしまうほどのグルメな姉が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、シロサイの身の毛もよだつようなふるさと納税しながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると演技力が高いマフィア風にしたArray似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、拷問にかけられているような感じによく味のしみ込んでそうな七面鳥肉と、Arrayがよく食べていそうな牛ハラミ、それと誤差がない並切り落としなんかを適当に注文。
あと、鋭いぶどうサワーと、どじょう料理屋のメニューにありそうなノンアルコールビールと、カマキリ拳法し始めそうな生オレンジサワー、こわいArrayと間違えそうなほうじ茶なんかも注文。
みんなあまりにも大きなおいしさに満足で「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と電気アンマするほどの大絶賛。
鋭いぶどうサワーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱぶどうサワーだよなー。考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」とか言ってる。
最後のシメに世界的に評価の高いボルシチだったり、もうどこにもいかないでってくらいのベイクドチーズケーキだのをシャウトしながら食べてアイルランドの学術的価値が皆無なアイルランド語で日本語で言うと「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」という意味の発言を連呼しながら帰った。
帰りの、売り切れ続出で手に入らない殺してやりたいMDプレイヤーを売っている店があったりする道中、「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とみんなで言ったもんだ。

ばくだんいわは メガンテを となえた!

焼肉屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク