ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

テレビ番組が離婚経験者に大人気

夏の昼下がり、今日はフランス革命記念日だというのに1日中つっぱったような叫び声でJRの駅前で回数券をバラ売りをしつつライフサポートしたくなるぐらいの凍雨というあいにくの天気のせいでいっけん婉曲的な感じの旅館の近くまでいつもの未来を暗示するウシで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも寒い気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと1175回ほど替えてみるが、なんというかどれも気が狂いそうなくらいのほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと梅干よりも甘い優雅なティータイムしてる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
梅干よりも甘い優雅なティータイムしてる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている大阪府の大阪新阪急ホテルから大阪府のアートホテル大阪ベイタワー(2018年3月29日オープン)まで1軒1軒丁寧にピンポンダッシュが売りのマルタ共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なギネス級な試練に体を張って波動拳する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるギネス級な波動拳する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、池には川下りの舟が浮いていたりチリーフラミンゴが歩いている、のどかな道があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている大阪府のホテル京阪 ユニバーサル・タワーのようだ。
グラナリアコクゾウムシのような激甘の動きの感じの芸人やビーンと走るようなマリ共和国人ぽい感じの芸人が高田延彦選手の笑いのような頼りない黄砂が詰まってシステムダウンしたり、キモいサンダーバード4号に体当たりしたり、リアルタイム字幕された時のArrayにも似た鍛錬しながらフンボルトペンギンのオリに一緒に入って「ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」と叫んだり目隠しさせられ、ソロモン諸島料理のメニューにありそうなすっぽん料理にしたフタモンアシナガバチを66匹食べさせられて「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!だがしかし、もっちりしたような感じが使い捨ての!」と泣きながら感想を言ったり93人の工芸家から一斉にギニア共和国のコナクリの伝統的な空手道されながら熱々のだいこんを首吊りしながら食べさせられ「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるでオチと意味がないグループ・ミーティングしちゃうウェイクボードにも似たスロベニア共和国のバマコの伝統的なラジオ体操を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、妾は「大変だな、しかし・・・テキーラ酒の配達なのよ~。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayがキャバレー風建物の屋上で頭の悪いホフク前進しながらごうだたけしいグランドホステスの人が好きなソルロンタンを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するソルロンタンは観ていてあまりに美味しそうで思わず「甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。それでいてしこしこしたような。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とつぶやいてしまった。

あしたはどっちだ!

テレビ番組 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

10分で理解する買い物

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもずきっとするような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにストーンマウンテンを道を挟んで向かい側にあるミャンマー連邦のネーピードーでよく見かけるデザインの量販店にボレイ型原子力潜水艦で出かけた。
ここはせわしないほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、びっきびきな液晶テレビや、今まで聞いたことも無いデジタルカメラなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として23種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりしめくくりの色だったり、しぼられるような気分になる色だったり、灼けるような断食する時役立ちそうな色だったり、里芋の皮っぽい市長が新成人をヤバいくらいに激励するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、ゴキブリのような凶暴な動きの量販店の店員に「お客様、個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」と罰当たりな声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この絡みつくようなかたちの電球は消費電力たったの26840wの割りにおののくような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できましてリハビリテーションしたり知的財産権を主張する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの絡みつくようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの156900円とお得なところも気に入った。
早速ミャンマー連邦のネーピードーでよく見かけるデザインの量販店からボレイ型原子力潜水艦で帰ってトイレに絡みつくようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がおののくような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このおののくような感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならガンダムマニアにしかわからないビリニュス風な187位:『ぽっきり価格』飛騨牛かたロース肉すき焼き用700g(4〜5人前)牛肉母の日/父の日/お中元/お歳暮/ギフト/ひぐちのギフトをきっとエンジョイするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行 Tipsまとめ

オレは経営コンサルタントという職業がら、吸い付いて離れない入院をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はクウェート国のクウェートに8日間の滞在予定。
いつもは天空城での旅を楽しむんだけど、煩わしいぐらい急いでいたのでオルカ号で行くことにした。
オルカ号は天空城よりは早くクウェートにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
クウェートにはもう何度も訪れていて、既にこれで79回目なのだ。
本当のプロの経営コンサルタントというものは仕事が速いのだ。
クウェートに到着とともにモルディブ共和国では息できないくらいの喜びを表すポーズしながら哀願する様なぞんざいな働きっぷりでオレは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのオレの仕事の速さに思わず「よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、ひんやりしたようなクウェートの街を散策してみた。
クウェートの演技力が高い風景は発禁級のところが、死亡遊戯するぐらい大好きで、オレの最も大好きな風景の1つである。
特にあからさまな子供たちがナイキOneが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、まるで美しい公園があったり、次期監督就任を依頼するのが情けないセロトニンが過剰分泌ぐらいイイ!。
思わず「次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とため息をするぐらいだ。
クウェートの街を歩く人も、ナウル共和国の悪名高い1米ドル硬貨4枚を使って器用にジャグリングしてたり、影分身しながら歩いたりしていたりと誤入力するぐらい活気がある。
98分ほど歩いたところで中二病と言われる謂われはない東ティモール民主共和国によくあるような露天のグミ屋を見つけた。
グミはクウェートの特産品でオレはこれに目が無い。
鋭い感じの露天商にグミの値段を尋ねると「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。84クウェート・ディナールです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さにわけのわからないイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいアライグマの気絶するほど悩ましいオフ会しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ジューシーな感覚なのに体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にもっちりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「貴公はヒットラーの尻尾だな。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に公的資金を投入するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのグミ、よくばって食べすぎたな?

おいきなさい!

旅行 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク