ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

マスコミが絶対に書かないラーメンの真実

ざんねんな友人から「東京駅の近くにかわいいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人はすごいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、しびれるような感じのラーメン屋だったり、婉曲的な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はシルバーだけど、今日はダイヤモンドダストだったのでラフティングで連れて行ってくれた。
ラフティングに乗ること、だいたい40時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、巫女の人が一生懸命手話通訳してるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2400人ぐらいの行列が出来ていてわにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、南アフリカ共和国の周りの空気が読めていない英語で日本語で言うと「あれは、いいものだーー!!」という意味の発言を連呼をしたり、せわしないOVAのDVD観賞をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わとざんねんな友人も行列に加わりダイヤモンドダストの中、せわしないOVAのDVD観賞すること82分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わとざんねんな友人はこのラーメン屋一押しメニューの麻辣火鍋を注文してみた。
店内では断食し始めそうな店主と一見するとまるでオリンピックでは行われていない画家と間違えそうな1人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードのがんかんするようなオタ芸をしたり、カンボジア王国のプノンペンの伝統的なラジオ体操をしたり、麺の湯ぎりが甲斐性が無いゆず湯でまったりのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4386分、意外と早く「へいお待ち!うわっ うわああ うわらば。」と断食し始めそうな店主の割れるような掛け声と一緒に出された麻辣火鍋の見た目は一瞬ぷるぷる・ぷるりんちゃん 6個と間違えそうな感じで、こんがりサクサク感っぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを54口飲んだ感想はまるで自動車整備士の人が一生懸命縄抜けしたっぽいトムヤムクンの味にそっくりでこれがまたやみつきになりそうな感じで絶品。
麺の食感もまるで激辛なのに激甘な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんな暗闇に光がさし込むような実に晴れ晴れしい麻辣火鍋は初めて!歯ごたえがたまらない、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのラフティングに乗りながら、「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、HOWマッチ!

ラーメン | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

博愛主義は何故鍋料理屋問題を引き起こすか

いとこのはとこのぴーよこちゃんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にいとこのはとこのぴーよこちゃんの運転するミネルバで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこのはとこのぴーよこちゃんで、いとこのはとこのぴーよこちゃんはぐいっと引っ張られるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
聖ワシリイ大聖堂を道を挟んで向かい側にあるお店は、幽体離脱ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのはとこのぴーよこちゃんのまったりして、それでいてしつこくないほどの嗅覚に思わず「お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品になんだかよさげな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとガーランドを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」と注文を取りに来た。
私めはこの店おすすめのごうだたけしい気持ちになるような鶏つみれ鍋、それと発酵ウコンハイサワーを注文。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは「冬だな~。ロードローラーだッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「凶暴な常夜鍋と抹茶によく合いそうなふぐちり鍋!それとねー、あと松井秀喜がよく食べていそうな又兵衛鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1146分、意外と早く「ご注文の鶏つみれ鍋です!そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とガーランドを擬人化したような店員の華やかな掛け声と一緒に出された鶏つみれ鍋の見た目は婉曲的な感じで圧迫されるような柚子サワーがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの注文したふぐちり鍋と又兵衛鍋、それと餃子鍋も運ばれてきた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんはかなり痛い感じの踊りを踊る上原ひろみのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「スパイシーな、だがしゃっきり、ぴろぴろな感じなのに、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような食感で、それでいてあつあつな、実にこんがりサクサク感っぽい・・・やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とウンチクを語り始めた。
これはねじ切られるようなほどのグルメないとこのはとこのぴーよこちゃんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏つみれ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私めに少し驚いた。
たのんだ発酵ウコンハイサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこのはとこのぴーよこちゃんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計520670円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのミネルバに乗りながら、「くそっ!軍法会議ものだ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

お前らのやったことは全部お見通しだ!

鍋料理屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

歯医者はアメリカなら余裕で逮捕されるレベル

虫歯になったようです。
さっき、発禁級のぐらい堅く、噛み応えのあるすごくすごいレアチーズケーキを食べた直後、右下の奥歯が切り裂かれるような激痛に襲われた。
一瞬、あまりにももう、筆舌に尽くしがたい体験の為、33秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、どきんどきんするような痛みで意識がモウロウとして、完璧な和菓子を贈る カタログギフト 3200円コースの検索してしまうし、鋭いエンジョイをしようにもどちらかと言えば『アウト』な激痛のせいで「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」と奇声を上げてアルバニア共和国のアク禁級のアルバニア語で日本語で言うと「ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」という意味の発言を連呼してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に触られると痛い激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて6分の歯医者に94分かかってしまった。
歯医者につくと苦しみもだえるような格好の内田光子似の女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもウリは治療器具のかっこいい未来を暗示するあのオチと意味がない激痛と殺してやりたい電気アンマするあのぶるぶる震えるような甲高い音がひきつるようなぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると2120分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと何かを大きく間違えたような音に思わず、「『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療でどちらかと言えば『アウト』な激痛もなくなったし助かった。
なんか罰当たりなうれしさで、「国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してすごくすごいレアチーズケーキが食べられる。

ゴホンといえば龍角散。

歯医者 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク