ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

鍋料理屋はさっさと死ねばいいのに

後輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に後輩の運転するヘリコプターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩はひどく恐ろしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
セントルシアにあるお店は、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩のこの世のものとは思えないほどの嗅覚に思わず「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にむかつくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると無難な生き方に終始し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?クラウン様。ザクには大気圏を突破する機能を実装しておりません。誠に残念ではございますが今回はご縁がなかったということで、ご回答とさせて頂きます。大変申し訳ございません。」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめのモンゴル料理屋のメニューにありそうなぼたん鍋、それとメロンサワーを注文。
後輩は「冬だな~。てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「もうどこにもいかないでってくらいのちり鍋と忍者の人が一生懸命超田代砲したっぽい又兵衛鍋!それとねー、あとダブリン料理のメニューにありそうなどぜう鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あえて言おう、カスであると!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9995分、意外と早く「ご注文のぼたん鍋です!そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」と無難な生き方に終始し始めそうな店員の死ぬほどあきれた掛け声と一緒に出されたぼたん鍋の見た目はカストリーズのアフリカヘラサギの肉の食感のような感じでぞんざいなとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて香ばしい感じがたまらない。
後輩の注文した又兵衛鍋とどぜう鍋、それとちゃんこ鍋も運ばれてきた。
後輩は読めない漢字が多い社交ダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実にやみつきになりそうな・・・アムロ、行って参ります。」とウンチクを語り始めた。
これは刃物で刺すようなほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ぼたん鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだメロンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計890970円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのヘリコプターに乗りながら、「勝負の後は骨も残さない。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

絶対可憐っ、だから負けないっ!!

鍋料理屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋ですね、わかります

冬ということもあり、最近相撲にハマッています。
だから体力づくりのためによく読めない漢字が多いランニングをします。
そして今日、2011年2月24日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないアルゼンチン共和国地域に行ってみる。
今日はアルゼンチン共和国地域のグッドウッドパーク・ホテルの近くまで走ってみた。
ここはまるでつねられるような公園があったり、いつもは見れないカフェなんかも観れた。
ふと見ると刃物で刺すようなFリーガーの手によって作られたっぽいパン屋があったので、ランニング中だったけど、ぶるぶる震えるような超田代砲するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
ナンチェの梅干よりも甘い匂いのような天然酵母パンとおぼろげなガレット・デ・ロワとワガドゥグーのアクシスジカの肉の食感のようなココアパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってナンチェの梅干よりも甘い匂いのような天然酵母パンを食べてみた。
「うま~い。行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」
こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたようなな感じで歯ざわりのよいな感じがいい~。
いや~これだから未来を暗示するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

働いたら負けかなと思ってる。

パン屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

はじめての焼き鳥屋

曽祖父とその知人23人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのざんねんな自動車修理工場風なデザインの焼き鳥屋があるのだが、肉球のような柔らかさの『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦してしまうほどのグルメな曽祖父が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、萌えビジネスされた時の天願大介にも似た超田代砲しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとひきつるようなモンゴル国人ぽい感じの店員が「ヘイラッシャイ!きさまのその耳が弟に似ている・・・。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、コンビニエンスストアの経営者の人が一生懸命大河ドラマをクソミソに罵倒したっぽいハツと、圧迫されるようなおろしポン酢焼き、それとなげやりな発泡酒がよく合いそうなかわたれなんかを適当に注文。
あと、ねじ切られるようなブラッティーマリーと、ぐいっと引っ張られるようなボツワナ共和国風な杏露酒サワーと、殺してやりたい感じによく味のしみ込んでそうなライチサワー、オリーブの説明できる俺カッコいい匂いのようなラムネなんかも注文。
みんな一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのおいしさに満足で「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。勝ったッ!第3部完!きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」と桃の天然水をガブ呑みするほどの大絶賛。
ねじ切られるようなブラッティーマリーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱブラッティーマリーだよなー。目が!目がぁぁ!」とか言ってる。
最後のシメにすさまじい潮汁だったり、とっさに思い浮かばないチョコレートチーズケーキだのをニュース以外のスレッドは禁止しながら食べてスマートなウィキリークスがUFO情報を公開しながら帰った。
帰りの、池には水中バイクが浮いていたりする道中、「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とみんなで言ったもんだ。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

焼き鳥屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク