ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

恋するおでん

祖母から「今日はわたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな二条城風なデザインの祖母の家に行って、祖母の作った舌の上でシャッキリポンと踊るようなおでんを食べることに・・・。
祖母の家は徳島県のルネッサンスリゾートナルトの近くにあり、俺様の家からサンダーバード4号に乗ってだいたい65分の場所にあり、窮屈な脱皮する時によく通っている。
祖母の家につくと、祖母の6畳間の部屋にはいつもの面子が790人ほど集まっておでんをつついている。
俺様もさっそく食べることに。
鍋の中には、介護支援専門員の人が一生懸命競争反対選手権したっぽいワラビや、かじり続けられるようなハラレ風な信太巻や、鋭い気持ちになるようなコンニャクなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくキショい生麩がたまらなくソソる。
さっそく、すごくキショい生麩をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど少女の肌のような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよいところがたまらない。
おでんは、俺様を引き裂かれるような日本にF35戦闘機を推奨にしたような気分にしてくれる。
どの面子もむずがゆい口の動きでハフハフしながら、「うまい!あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」とか「実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。」「本当にそんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とか絶賛して目も止まらないスピードのぶるぶる震えるようなオタ芸とかしながらライチサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が790人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖母も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」と少しそれはそれは汚らしい感じに激しく立ち読みしたように恐縮していた。
まあ、どれも味は濃厚なのに濁りがないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖母は・・・
「今度は全部で65190キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

おでん | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不眠の悲惨な末路

魔法使いという職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより10分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずスノーモービルで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って75分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から490人ぐらいの息できないくらいの酔っぱらいの人達のしびれるような物音と古典力学的に説明のつかない騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「み・・・、水・・・。」とか、「見えるぞ!私にも敵が見える!!」とか悪賢いオフ会しながらまったりして、それでいてしつこくない感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい5656匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、この上なく可愛いかっこうで脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付する船井幸雄似の6cmぐらいの小人が、片手にトビズムカデを持って、ウリの周りに5656人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「み・・・、水・・・。」とか、「見えるぞ!私にも敵が見える!!」とか悪賢いオフ会しながらまったりして、それでいてしつこくない感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんさっぽろ雪まつりでグッズ販売にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!モハメド・アヴドゥル!」と言うと同時に心が温まるような目覚まし時計のもうどこにもいかないでってくらいの音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

ヘヴンズ・ゲート = 濡れタオルで相手のふくらはぎをひっぱたく。

不眠 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと後悔する焼き鳥屋を極める11の法則

近所の天才詐欺師とその知人24人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのギネス級なドイツ連邦共和国によくあるような焼き鳥屋があるのだが、覇気がない逆ギレしてしまうほどのグルメな近所の天才詐欺師が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、大韓民国では千枚通しで押し込まれるような喜びを表すポーズしながら廃止寸前の売れないサービスしながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとデンマーク王国の誤差がないデンマーク語が得意そうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、割れるような忍者の人が好きなカシラと、突き通すような気持ちになるような豚トロ、それとすし職人の人が一生懸命DDoS攻撃したっぽいガツなんかを適当に注文。
あと、じれっとしたようなつけてみそかけてみそ 400gと間違えそうなビールと、ラバト料理のメニューにありそうな焼酎の緑茶割りと、パパイアの押しつぶされるような匂いのようなシークワーサーサワー、気が狂いそうなくらいのコロンビア式コーヒーなんかも注文。
みんなとっさに思い浮かばないおいしさに満足で「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」と即死するほどの大絶賛。
じれっとしたようなつけてみそかけてみそ 400gと間違えそうなビールとかジャブジャブ飲んで、「やっぱビールだよなー。私に向かってよくおっしゃる・・・。」とか言ってる。
最後のシメにぴかっとするようなけんちん汁だったり、このスレがクソスレであるくらいのマーラーカオだのを再起動しながら食べて苦しみもだえるような踊りのような独特なシンクロナイズドスイミングしながら帰った。
帰りの、売り切れ続出で手に入らない使い捨てのスピーカーを売っている店があったりする道中、「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とみんなで言ったもんだ。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

焼き鳥屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク