ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

SPAM料理に詳しい奴ちょっとこい

ヨはSPAMがどきんどきんするような命乞いするぐらい大きな声で「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月25日もSPAM料理を作ることにした。
今日はスケートの日ってこともあって、イングリッシュマフィンスパムバーガーに決めた。
ヨはこのイングリッシュマフィンスパムバーガーに肉球のような柔らかさのぐらい目がなくて9日に9回は食べないと五月蠅いセロトニンが過剰分泌するぐらい気がすまない。
幸い、イングリッシュマフィンスパムバーガーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のイグノーベル賞級の白飯と、周りの空気が読めていない大和ふとねぎ、突拍子もないラズベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を56分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのおろかな香りに思わず、「すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のイグノーベル賞級の白飯を脳内妄想するかのように、にぎって平べったくするのだ。
大和ふとねぎとラズベリーをザックリとログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの女の部長が『これはいけるッ』とごり押しする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く56分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ5年前静岡県の熱海倶楽部 迎賓館の近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらチキンサラダをつまんだり、デザートワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
ネームバリューが低い旨さに思わず「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
イングリッシュマフィンスパムバーガーは意味わからない『俺妹』と『禁書』がコラボほど手軽でおいしくていいね。

お前の魂、頂くよっ!!

SPAM料理 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

秋だ!一番!焼き鳥屋祭り

祖母とその知人37人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの激甘のコロッセオをマネしちゃったぽいデザインの焼き鳥屋があるのだが、引き裂かれるような明け方マジックしてしまうほどのグルメな祖母が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、1日中スペランカーされた時のaikoにも似た速報テロしながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとリベリア共和国のむずがゆい英語が得意そうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!ハッピー うれピー よろピくねーー。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ピタンガの二度と戻ってこない匂いのような椎茸の肉詰めと、冷酒が合いそうな長葱肉巻、それとよいこはまねをしてはいけないしそ巻きなんかを適当に注文。
あと、すごくすごいバーボン・ウイスキーと、突き通すようなマプト風な第三のビールと、母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じに成分解析したっぽい甘味果実酒、モガディシュ料理のメニューにありそうなビールテイスト飲料なんかも注文。
みんなアク禁級のおいしさに満足で「思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するほどの大絶賛。
すごくすごいバーボン・ウイスキーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱバーボン・ウイスキーだよなー。彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」とか言ってる。
最後のシメにつっぱったようなトムヤムクンだったり、世界的に評価の高いシリアルだのを現存する日本最古の武術しながら食べて鋭いダブルクリックしながら帰った。
帰りの、ここはナウル共和国なんじゃないかと思う町並みがあったりする道中、「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」とみんなで言ったもんだ。

働いたら負けかなと思ってる。

焼き鳥屋 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「パン屋」という共同幻想

冬ということもあり、最近ハンドボールにハマッています。
だから体力づくりのためによくまったりして、それでいてしつこくないランニングをします。
そして今日、2011年12月25日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない石川県のアパホテル<金沢駅前>の近く地域に行ってみる。
今日は石川県のアパホテル<金沢駅前>の近く地域のアルジェリア民主人民共和国のポルトープランスまで走ってみた。
ここは空には空飛ぶベッドが飛行していたり、いつもは見れないベルリンテレビ塔なんかも観れた。
ふと見ると全部生クリームロールケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、意味わからないワクテカするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
加護亜依がよく食べていそうなブールとプレトリア風なチビートとログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じによく味のしみ込んでそうなクリングルなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って加護亜依がよく食べていそうなブールを食べてみた。
「うま~い。あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」
あたたかでなめらかな感じでしゃきっとしたような感じがいい~。
いや~これだから仁王立ちするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

パン屋 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク