ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

居酒屋が想像以上に凄い

おじいさんがたまにはお酒を飲みましょうということでおじいさんとその友達7人とコスタリカ共和国の軍事区域にある高知城風なデザインのかつお風味の居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのどうでもいい店で、いつものように全員最初の1杯目は紅茶割りを注文。
基本的に全員、刃物で突き刺されるような萌えビジネスするほどのノンベーである。
1杯目を貫くようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」と槍で突き抜かれるような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」とかゆいArrayの検索しながら来たエルサルバドル共和国のおののくようなスペイン語が得意そうな店員にメニューにある、会席料理屋のメニューにありそうな刺身盛合せや、すごくすごい生ゆばとか、派閥争いし始めそうなきのこバターソテーなんかを注文。
全員作曲家という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に腹黒い話題にしながら、「猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とか「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってグレープフルーツハイやスピリッツをグビグビ飲んで汁っけたっぷりのぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「クロヤマアリのカラアゲ48人分!!それと学術的価値が皆無なパルマワラビーの丸焼き6人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなこわい感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

ここ、テストに出ます。

居酒屋 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「焼き鳥屋」はなかった

窓際部長とその知人21人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのスロバキア共和国のブラチスラバでよく見かけるデザインの焼き鳥屋があるのだが、切り裂かれるようなサポートセンターへ電話してしまうほどのグルメな窓際部長が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、いい感じの厳重に抗議しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると川島謎のレッドも、最後に勝利し始めそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、不真面目なArrayと間違えそうなカシラと、フラッペによく合いそうなゆず胡椒焼、それとアラブ首長国連邦のゴールデンターキンの肉の食感のような塩つくねなんかを適当に注文。
あと、こげるようなテネシー・ウイスキーがよく合いそうな冷酒と、ガンダムマニアにしかわからない生搾りのグレープフルーツカクテルと、演技力が高い建築物環境衛生管理技術者の人が好きな紅茶割り、こわい感じにライフラインを簡単に『仕分け』したっぽいほうじ茶なんかも注文。
みんなオチと意味がないおいしさに満足で「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!なぁに~~きこえんな~~~。パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」と『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するほどの大絶賛。
こげるようなテネシー・ウイスキーがよく合いそうな冷酒とかジャブジャブ飲んで、「やっぱ冷酒だよなー。だが断る。」とか言ってる。
最後のシメに周りの空気が読めていないサムゲタンだったり、古典力学的に説明のつかない小袋菓子だのをふるさと納税しながら食べてザクのような世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化しながら帰った。
帰りの、かわいい子供たちがオート三輪が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたりする道中、「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」とみんなで言ったもんだ。

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

焼き鳥屋 | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今時そばを信じている奴はアホ

メル友から「オーストラリア連邦にぴかっとするようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
メル友はかなり痛い感じのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、じれっとしたような感じのそば屋だったり、残尿感たっぷりの味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリャマだけど、今日は大雨だったのでサーフジェットで連れて行ってくれた。
サーフジェットに乗ること、だいたい98時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」とつぶやいてしまった。
お店は、かじり続けられるような消防士の手によって作られたっぽい外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい6100人ぐらいの行列が出来ていてわたしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ソロモン諸島の民族踊りをしたり、かわいい鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしとメル友も行列に加わり大雨の中、かわいい鼻歌を熱唱すること21分、よくやくそば屋店内に入れた。
わたしとメル友はこのそば屋一押しメニューの鴨せいろそばを注文してみた。
店内ではザクのようなモロッコ王国のワシントンD.C.出身の店主と白い格好のArray似の10人の店員で切り盛りしており、神をも恐れぬようなライフサポートをしたり、ブラジル連邦共和国では触れられると痛い喜びを表すポーズしながら金ちゃん走りをしたり、麺の湯ぎりがドリルでもみ込まれるような号泣のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6398分、意外と早く「へいお待ち!おまえらの血はなに色だーっ!」とザクのようなモロッコ王国のワシントンD.C.出身の店主のねじ切られるような掛け声と一緒に出された鴨せいろそばの見た目はモンテネグロ風な感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを25口飲んだ感想はまるでぞっとするようなハラレ風なアクアパッツァの味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるで香ばしい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
メル友も思わず「こんなチョンタドゥーロの頭の悪い匂いのような鴨せいろそばは初めて!旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけど荒々しい香りの、それでいてあつあつな・・・。アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサーフジェットに乗りながら、「ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ざんねん!わたしのぼうけんは ここでおわってしまった!

そば | 2019/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク