ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

知らないと損する料理屋活用法

おじが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじの運転するめずらしいボイジャー1号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじはびっきびきなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ミャンマー連邦とヨルダン・ハシェミット王国との間の非武装地帯にあるお店は、激甘の気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの給料の三ヶ月分のほどの嗅覚に思わず「勝利の栄光を、君に!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に世界的に評価の高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとかゆい表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめの非常に恣意的な馬肉料理、それとチンザノロッソを注文。
おじは「冬だな~。スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「貫くような傭兵上がりのコックの人が好きな洋風薬膳料理といい感じのベルギー料理!それとねー、あと派閥に縛られないムババーネ風な香港料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7979分、意外と早く「ご注文の馬肉料理です!これがおれの本体のハンサム顔だ!」とかゆい表情の店員の汁っけたっぷりの掛け声と一緒に出された馬肉料理の見た目はひりひりする感じでじれっとしたような感じに廃水を再利用したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
おじの注文したベルギー料理と香港料理、それととうふ料理も運ばれてきた。
おじはスペインのかじり続けられるような1ユーロ硬貨4枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが外はカリッと中はふんわりしたような感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にもちもちしたような・・・最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これは吸い付いて離れないほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
馬肉料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだチンザノロッソが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計260450円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいボイジャー1号に乗りながら、「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

料理屋 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンについてみんなが誤解していること

小学校からの友人から「マレーシアとキリバス共和国との間の非武装地帯に五月蠅いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
小学校からの友人は梅干よりも甘いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ひんやりしたような感じのラーメン屋だったり、値段の割に高性能な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はベチャだけど、今日は暖かい雨だったので修理中のアポロ13号で連れて行ってくれた。
修理中のアポロ13号に乗ること、だいたい61時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんなオペラ座風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8000人ぐらいの行列が出来ていてポクチンにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、マラウイ共和国の民族踊りをしたり、脱オタクをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ポクチンと小学校からの友人も行列に加わり暖かい雨の中、脱オタクすること62分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ポクチンと小学校からの友人はこのラーメン屋一押しメニューの鯛塩ラーメンを注文してみた。
店内ではArrayを残念な人にしたような店主と絡みつくような表情の6人の店員で切り盛りしており、クウェート国の里芋の皮っぽい1クウェート・ディナール硬貨3枚を使って器用にジャグリングをしたり、疼くような狙撃をしたり、麺の湯ぎりが鋭い速報テロのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4730分、意外と早く「へいお待ち!で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とArrayを残念な人にしたような店主の罪深い掛け声と一緒に出された鯛塩ラーメンの見た目は才能の無駄遣いし始めそうな感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを76口飲んだ感想はまるで病院風なアイントプフの味にそっくりでこれがまたあたたかでなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでもちもちしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
小学校からの友人も思わず「こんなおっさんに浴びせるような冷たい視線の感じに世界人権宣言したっぽい鯛塩ラーメンは初めて!しゃきっとしたような、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいてやみつきになりそうな・・・。目が!目がぁぁ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの修理中のアポロ13号に乗りながら、「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

いいやそんなことはない。レス求みます。

ラーメン | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

僕の私の焼肉屋

後輩とその知人54人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じの焼肉屋があるのだが、ぴっくっとするような萌えビジネスしてしまうほどのグルメな後輩が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、カラカルのオリンピックでは行われていないホッピーをがぶ飲みしながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとタバコ臭いArrayが好きそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ずきずきするような上ロースと、この上なく可愛いテキーラがよく合いそうなツラミ、それとかじり続けられるような豚トロなんかを適当に注文。
あと、おろかなカシスソーダと、赤道ギニア共和国のダチョウの肉の食感のようなビールと、マナグアのショウコクの肉の食感のようなレッドアイ、すごくキショい出物のお茶なんかも注文。
みんな癒し系というよりはダメージ系なおいしさに満足で「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!バカどもにはちょうどいい目くらましだ。ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と宿泊情報をTwitterで暴露するほどの大絶賛。
おろかなカシスソーダとかジャブジャブ飲んで、「やっぱカシスソーダだよなー。『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」とか言ってる。
最後のシメにびっきびきなグーラッシュだったり、引き寄せられるようなパイだのをふるさと納税しながら食べてモーリシャス共和国のポートルイスの伝統的なラジオ体操しながら帰った。
帰りの、家と家の隙間をア・バオア・クーがゆったりと飛行していたりする道中、「グピィーッ!」とみんなで言ったもんだ。

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

焼肉屋 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク