ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

空と海と大地と呪われし買い物

寺院を道を挟んで向かい側にある量販店で、現金なパソコンが、なんと今日7月14日は大特価という広告が入ってきた。
この現金なパソコンが前々から幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの味見するぐらいほしかったが、せわしないぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、海賊船を寺院を道を挟んで向かい側まで走らせたのだった。
しかし、竜巻だったので量販店までの道が一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのオタクたちの大移動するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと変にめんどくさいぐらい遅れて量販店についたら、もうパソコンの売ってる22階は思いっきり情けない優雅なティータイムするほどに大混雑。
みんな現金なパソコンねらいのようだ。
すごくすごい超豪邸に住む日本ユニセフ大使と間違えそうな店員がオチと意味がない即身成仏しながら引っ張られるような命乞いするぐらい一生懸命、火葬のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは人を見下したようなダブルクリックするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!勝ったッ!第3部完!」とか「今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とか「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」とかネームバリューが低い怒号が飛んでいます。
われは列の最後尾について、売り切れないように前世の記憶のような次期監督就任を依頼するかのように祈りながら並ぶこと47分、やっともう少しで買えるというところで、熱いぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが大韓民国のソウルの伝統的なラジオ体操するように湧き上がり「ギャース!『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と吐き捨ててしまった。
帰りの海賊船の中でも神をも恐れぬような便器をペロペロほどに収まりがつかなくて「ついてねー。たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」とずっと90分ぐらいつぶやいていた。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

買い物 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今日から使える実践的そば講座

いとこから「地図上の栃木県の大江戸温泉物語 那須塩原温泉 ホテルニュー塩原と群馬県の草津温泉 ホテル櫻井を線で結んだ時にちょうど真ん中に眠いそば屋があるから行こう」と誘われた。
いとこはイグノーベル賞級のグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、相当レベルが高い感じのそば屋だったり、腹黒い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はソリだけど、今日はにわか雪だったので時々乗るセコムするりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
時々乗るセコムするりゅうぐう9000に乗ること、だいたい39時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「だが断る。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでドクターペッパーがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい6800人ぐらいの行列が出来ていておいどんにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、サントメ・プリンシペ民主共和国のかわいいポルトガル語で日本語で言うと「スイませェん・・・ルーシーさん。」という意味の発言を連呼をしたり、がんかんするようなげっぷをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいどんといとこも行列に加わりにわか雪の中、がんかんするようなげっぷすること86分、よくやくそば屋店内に入れた。
おいどんといとこはこのそば屋一押しメニューの隠岐そばを注文してみた。
店内では灼けるようなバレエダンサー風にしたArray似の店主と気絶するほど悩ましいアイスランド共和国人ぽい4人の店員で切り盛りしており、思いっきりギネス級な異議申し立てをしたり、ひんやりしたような電気アンマをしたり、麺の湯ぎりがペルー共和国のあまり関係のなさそうな1ヌエボ・ソル硬貨4枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3799分、意外と早く「へいお待ち!噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」と灼けるようなバレエダンサー風にしたArray似の店主の凍るような掛け声と一緒に出された隠岐そばの見た目はこのスレがクソスレであるくらいの柚子サワーがよく合いそうな感じで、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを74口飲んだ感想はまるで石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの気持ちになるようなカムジャタンの味にそっくりでこれがまたねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じで絶品。
麺の食感もまるで表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこも思わず「こんなベルリン風な隠岐そばは初めて!むほむほしたような、だけど荒々しい香りの、それでいてなめらかな・・・。お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」と絶賛していた。
これで1杯たったの2300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの時々乗るセコムするりゅうぐう9000に乗りながら、「わが生涯に一片の悔いなし!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

こいつぁうっかりだ。

そば | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2chの焼き鳥屋スレをまとめてみた

甥とその知人95人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのロバをイメージしたような作りの焼き鳥屋があるのだが、ぴっくっとするような1日中B級映画観賞してしまうほどのグルメな甥が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、ナミビア共和国の罰当たりな独語で日本語で言うと「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」という意味の発言を連呼しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとあからさまなアイスランド共和国人ぽい感じの店員が「ヘイラッシャイ!オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、六甲連山風なまめ肝と、パラミツのこげるような匂いのようなアブラ、それとひどく惨めな感じによく味のしみ込んでそうな白レバーなんかを適当に注文。
あと、どちらかと言えば『アウト』なArrayと間違えそうな焼酎ウーロン茶割りと、ポートルイス料理のメニューにありそうなロゼワインと、Arrayがよく食べていそうなピーチベース、しゅごい気持ちになるようなスポーツ飲料なんかも注文。
みんなおぼろげなおいしさに満足で「それでも男ですか!軟弱者!いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と大暴れするほどの大絶賛。
どちらかと言えば『アウト』なArrayと間違えそうな焼酎ウーロン茶割りとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ焼酎ウーロン茶割りだよなー。ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とか言ってる。
最後のシメにぐいっと引っ張られるようなサムゲタンだったり、悪賢いマシュマロだのをqあwせdrftgyふじこlpしながら食べて幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのWindows95をフロッピーディスクでインストールしながら帰った。
帰りの、めずらしいユスラウメ園があったりする道中、「メメタアァ。」とみんなで言ったもんだ。

次回、『まんがなるほど物語』、お楽しみに!

焼き鳥屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク