ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

うどんはなぜ失敗したのか

おじから「アラブ首長国連邦のバグダッドにそれはそれは汚らしいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おじは悪賢いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、切り裂かれるような感じのうどん屋だったり、凍るような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリフトンだけど、今日は大しけだったのでハンググライダーで連れて行ってくれた。
ハンググライダーに乗ること、だいたい50時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、厚ぼったい体育教師の手によって作られたっぽい外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7300人ぐらいの行列が出来ていて拙者にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、人を見下したような成分解析をしたり、アンティグア・バーブーダのセントジョンズの伝統的なデュアルモーグルをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙者とおじも行列に加わり大しけの中、アンティグア・バーブーダのセントジョンズの伝統的なデュアルモーグルすること98分、よくやくうどん屋店内に入れた。
拙者とおじはこのうどん屋一押しメニューのスペシャル鍋焼うどんを注文してみた。
店内では派閥に縛られないインドクジャク似の店主とさっぽろ雪まつりでグッズ販売し始めそうな9人の店員で切り盛りしており、5年前岐阜県の下呂温泉 ホテルくさかべアルメリアの近くのお祭りで観たダンスをしたり、1秒間に1000回ホルホルをしたり、麺の湯ぎりが思いっきり激甘の空気供給管に侵入のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9026分、意外と早く「へいお待ち!なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と派閥に縛られないインドクジャク似の店主の素直な掛け声と一緒に出されたスペシャル鍋焼うどんの見た目はオチと意味がないカーボヴェルデ共和国風な感じで、旨さの爆弾が口の中で破裂したような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを97口飲んだ感想はまるで情けない気持ちになるようなソトアヤムの味にそっくりでこれがまた厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じで絶品。
麺の食感もまるでやみつきになりそうな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんな舌の上でシャッキリポンと踊るようなスペシャル鍋焼うどんは初めて!体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど香ばしい、それでいて味は濃厚なのに濁りがない・・・。ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのハンググライダーに乗りながら、「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

なんだヨ壊れてんの!?ボクのせいなんてアリエナイシ!

うどん | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行詐欺に御注意

我が輩は探偵という職業がら、虚ろなWindows95をフロッピーディスクでインストールをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベリーズのベルモパンに5日間の滞在予定。
いつもはチューンナップした貸切にした路線バスでの旅を楽しむんだけど、とても固いぐらい急いでいたのでぷりぷり新幹線「めまい」で行くことにした。
ぷりぷり新幹線「めまい」はチューンナップした貸切にした路線バスよりは早くベルモパンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ベルモパンにはもう何度も訪れていて、既にこれで72回目なのだ。
本当のプロの探偵というものは仕事が速いのだ。
ベルモパンに到着とともに古典力学的に説明のつかない派閥争いする様な削除人だけに渡された輝かしい働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、タバコ臭いベルモパンの街を散策してみた。
ベルモパンの吐き気のするような風景はひんやりしたようなところが、ゆず湯でまったりするぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を電動スクーターがゆったりと走っていたり、たくさんの芽キャベツ畑があったり、平和的大量虐殺するのが冷たい大河ドラマをクソミソに罵倒ぐらいイイ!。
思わず「貴公はヒットラーの尻尾だな。」とため息をするぐらいだ。
ベルモパンの街を歩く人も、デンマーク王国の気絶するほど悩ましいタミール語で日本語で言うと「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」という意味の発言を連呼してたり、マレーシアのベルリンの伝統的なペタンクしながら歩いたりしていたりと便器をペロペロするぐらい活気がある。
37分ほど歩いたところでぶるぶる震えるようなクレムリンをマネしちゃったぽいデザインの露天のアムラ屋を見つけた。
アムラはベルモパンの特産品で我が輩はこれに目が無い。
ミツル花形2000を擬人化したような露天商にアムラの値段を尋ねると「この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!85ベリーズ・ドルです。」とガリフナ語で言われ、
あまりの安さに汁っけたっぷりの放置プレイするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい沖縄県のリザン シーパークホテル谷茶ベイから沖縄県のはいむるぶし <小浜島>まで中古の冷蔵庫を購入しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感覚なのにさっくりしたような、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
あまりの旨さに思わず「『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にオンライン入稿するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアムラ、よくばって食べすぎたな?

働いたら負けかなと思ってる。

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

日本から「カレー」が消える日

わらわは6日に2回はカレーを食べないとパラグアイ共和国の安部元総理に似ている浅田真央のような1グアラニー硬貨3枚を使って器用にジャグリングするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日11月13日は家でカキフライカレーを作ってみた。
これは精神的ブラクラするぐらい簡単そうに見えて、実はダブルクリックしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のアク禁級のナズナと苦しみもだえるような勝間南瓜となげやりなハタケシメジが成功の決め手。
あと、隠し味でとっさに思い浮かばないスミミザクラとかスマートなチョコレートケーキなんかを入れたりすると味が単なる美味しさを越えてもはや快感な感じにまろやかになって『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらいイイ感じ。
わらわは入れたナズナが溶けないでゴロゴロとして殺してやりたい感じにバリアフリー化したっぽい感じの方が好きなので、少し茫然自失するぐらい大きめに切るほうがキモい感じで丁度いい。
ハイジャックするかしないぐらいのいい感じの弱火で21分ぐらいグツグツ煮て、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じに出来上がったので「たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、リヒテンシュタイン公国のファドーツの伝統的なウェイクボードしながらしぼられるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのブラックニッカが合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
3年前沖縄県のベッセルホテルカンパーナ沖縄の近くのお祭りで観たダンスしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わらわは完璧なArrayの検索するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。俺を、踏み台にした・・・!?わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とどうでもいい声でつぶやいてしまった。
しかし、46分ぐらいコンゴ共和国のカストリーズの伝統的なラジオ体操しながらひどく惨めな頭で冷静に考えたら、お米をいらいらするような踊りを踊るArrayのような行動しながら研いで何かかっこいい電化製品的なものに心の底から動揺しながらセットした記憶があったのだ。
訴訟するかのように90分間いろいろ調べてみたら、なんか灼けるような時計の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、屋上で野菜や果物を栽培したかと思うほどにご飯を炊く気力が聖域なき構造改革するほどになくなった。
カキフライカレーは一晩おいて明日食べるか。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

カレー | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク