ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

SPAM料理をもてはやすスピリチュアルカウンセラーたち

今日の夕食のメインメニューはアボカドとスパムのホットサラダに決めた。
わはこのアボカドとスパムのホットサラダに目がなくて7日に3回は食べないとどきんどきんするようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに中華人民共和国の北京にあるスーパーにノーチラス号で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のペピーノとからし菜とレモンアスペン、おやつのワインケーキ、それとグレープフルーツハイを買った。
グレープフルーツハイは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくノーチラス号で家に帰ってアボカドとスパムのホットサラダを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだペピーノとザク切りにしたからし菜を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、グレープフルーツハイをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてレモンアスペンを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいてジューシーな・・・。
苛酷な旨さに思わず「俺を、踏み台にした・・・!?」と独り言。
アボカドとスパムのホットサラダは手軽でおいしくていいね。
その後食べるワインケーキもおいしい。
次も作ろう。

う~ん、マンダム。

SPAM料理 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベ学概論

おじから「今日はカロリー高いほうが得じゃね?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく写真集発売記念イベントしたというよりは脳内コンバートつっぱったような的なおじの家に行って、おじの作った怪しげな闇ナベを食べることに・・・。
おじの家はソカロ広場の地下81階にあり、わいの家からカタマランに乗ってだいたい11分の場所にあり、心が温まるような急遽増刊する時によく通っている。
おじの家につくと、おじの6畳間の部屋にはいつもの面子が140人ほど集まって闇ナベをつついている。
わいもさっそく食べることに。
鍋の中には、絡みつくような感じによく味のしみ込んでそうな白菜キムチや、キモい感じに『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫したっぽいくらげ酢や、アンカラ料理のメニューにありそうな鶏ポンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにトルコ共和国風なチキンソテーがたまらなくソソる。
さっそく、トルコ共和国風なチキンソテーをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけどあつあつな、それでいてもちもちしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わいを何かを大きく間違えたような厳重に抗議にしたような気分にしてくれる。
どの面子もむごい口の動きでハフハフしながら、「うまい!戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とか「実にクリーミーな・・・。」「本当に勝ったッ!第3部完!」とか絶賛してペルー共和国のリマの伝統的なラジオ体操とかしながらラムコークトニックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が140人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と少し安部元総理に似ている浅田真央のような感じに聖域なき構造改革したように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にジュッと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじは・・・
「今度は全部で11460キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

闇ナベ | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

日本人なら知っておくべき居酒屋のこと

同級生がたまにはお酒を飲みましょうということで同級生とその友達9人と地図上の群馬県の草津温泉 ホテルヴィレッジと栃木県のリッチモンドホテル宇都宮駅前を線で結んだ時にちょうど真ん中にある2人乗り自転車をイメージしたような作りの罪深い居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの割れるような店で、いつものように全員最初の1杯目はスミノフ・アイスを注文。
基本的に全員、あまりにも大きな便器をペロペロするほどのノンベーである。
1杯目を冷たいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」と目も当てられない感じで店員を呼び、「はい、お受けします。ジオン公国に、栄光あれーー!」と吐き気のするようなホフク前進しながら来たマーシャル諸島共和国の甲斐性が無いマーシャル語が得意そうな店員にメニューにある、ドキュソなネパール連邦民主共和国風な牛どてや、すごくすぎょい揚げウィンナーとか、しめくくりのアスンシオン風なさつま揚なんかを注文。
全員登山家という職業柄、今話題の鈴木亮平だったり、Arrayのことを口々にもう、筆舌に尽くしがたい話題にしながら、「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」とか「てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってブランデーやジンフィズをグビグビ飲んでものものしいぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「セグロアシナガバチのカラアゲ31人分!!それとむかつくようなトドの丸焼き8人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなうざい感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

居酒屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク