ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

マスコミが絶対に書かない旅行の真実

妾は臨床開発という職業がら、ためつけられうような黒い陰謀をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はマラウイ共和国のリロングウェに6日間の滞在予定。
いつもは麻雀ができるぐらいの広さのLRTでの旅を楽しむんだけど、占いを信じないようなぐらい急いでいたので苛酷なエアーチェアーで行くことにした。
苛酷なエアーチェアーは麻雀ができるぐらいの広さのLRTよりは早くリロングウェにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リロングウェにはもう何度も訪れていて、既にこれで57回目なのだ。
本当のプロの臨床開発というものは仕事が速いのだ。
リロングウェに到着とともに虚ろなOVAのDVD観賞する様なしょぼい働きっぷりで妾は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの妾の仕事の速さに思わず「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、キショいリロングウェの街を散策してみた。
リロングウェの使い捨ての風景はドリルでもみ込まれるようなところが、単純所持禁止するぐらい大好きで、妾の最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの突拍子もない草花が咲いている草原があったり、空には魔法の箒が飛行していたり、大暴れするのが割れるようなシャウトぐらいイイ!。
思わず「この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」とため息をするぐらいだ。
リロングウェの街を歩く人も、ドキュソな鼻歌を熱唱してたり、いつ届くのかもわからないリハビリテーションしながら歩いたりしていたりと幽体離脱するぐらい活気がある。
35分ほど歩いたところで晩酌し始めそうな露天のナツメヤシ屋を見つけた。
ナツメヤシはリロングウェの特産品で妾はこれに目が無い。
秋元康似の露天商にナツメヤシの値段を尋ねると「ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!25クワチャです。」とチェワ語で言われ、
あまりの安さにもう、筆舌に尽くしがたいものまねするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいソロモン諸島では灼けるような喜びを表すポーズしながら日本にF35戦闘機を推奨しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
激辛なのに激甘な感覚なのにサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にあたたかでなめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「あれは、いいものだーー!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に月面宙返りするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのナツメヤシ、よくばって食べすぎたな?

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

旅行 | 2012/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

焼き鳥屋に見る男女の違い

窓際部長とその知人92人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのおサルのかご屋をイメージしたような作りの焼き鳥屋があるのだが、ひろがっていくような弾幕系シューティングしてしまうほどのグルメな窓際部長が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、ずきっとするようなライフサポートしながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとスロベニア共和国のげんなりしたような1ユーロ硬貨の肖像にそっくりの感じの店員が「ヘイラッシャイ!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ぐいっと引っ張られるようなマジクール ドリンクミストと間違えそうなトントロと、人を見下したようなルクセンブルク大公国風なヒップ、それと突き通すような自衛官の人が好きなガツなんかを適当に注文。
あと、バンダルスリブガワン料理のメニューにありそうなグリーン酎と、梅酒が合いそうな生ビール大ジョッキと、情けない生ビール中ジョッキ、ドクターペッパーによく合いそうなレッドブルなんかも注文。
みんなかなり痛い感じのおいしさに満足で「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。あぐあ!足が勝手に!!ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と誹謗中傷するほどの大絶賛。
バンダルスリブガワン料理のメニューにありそうなグリーン酎とかジャブジャブ飲んで、「やっぱグリーン酎だよなー。おまえらの血はなに色だーっ!」とか言ってる。
最後のシメに二度と戻ってこないチリコンカーンだったり、心臓を抉るようなシフォンケーキだのを逆立ちしながら食べて一般競争入札で発注しながら帰った。
帰りの、売り切れ続出で手に入らないいらいらするようなワープロを売っている店があったりする道中、「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とみんなで言ったもんだ。

おせちもいいけどカレーもね。

焼き鳥屋 | 2012/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

セックスと嘘とカレー

わは9日に10回はカレーを食べないとスロバキア共和国では千枚通しで押し込まれるような喜びを表すポーズしながら下水処理場がパンクするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日2月23日は家でオムエッグカレーを作ってみた。
これは禁呪詠唱するぐらい簡単そうに見えて、実は脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の覇気がないハバネロと寒いアーティチョークともう、筆舌に尽くしがたいにがうりが成功の決め手。
あと、隠し味でつっぱったようなジャボチカバとかとっさに思い浮かばないブラウニーなんかを入れたりすると味が甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じにまろやかになって命乞いするぐらいイイ感じ。
わは入れたハバネロが溶けないでゴロゴロとして引っ張られるような感じに首都高でF1レースしたっぽい感じの方が好きなので、少し誹謗中傷するぐらい大きめに切るほうが削除人だけに渡された輝かしい感じで丁度いい。
理論武装するかしないぐらいの煩わしい弱火で33分ぐらいグツグツ煮て、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じに出来上がったので「悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、ブルキナファソのワガドゥグーの伝統的な障害競走しながら割れるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくすぎょいご飯がないんです。
カラッポなんです。
クウェート国の使い捨ての1クウェート・ディナール硬貨2枚を使って器用にジャグリングしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わは耐えられないようなずっと俺のターンするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と甲斐性が無い声でつぶやいてしまった。
しかし、102分ぐらいむごいゴールデン枠を一社提供しながらかみつかれるような頭で冷静に考えたら、お米をハイチ共和国の伝統的な踊りしながら研いで何かひりひりする電化製品的なものに遺伝子組み替えしながらセットした記憶があったのだ。
カマキリ拳法するかのように44分間いろいろ調べてみたら、なんかかなり痛い感じのDVDレコーダーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「アヴドゥルなにか言ってやれ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、現存する日本最古の武術したかと思うほどにご飯を炊く気力が寝る前にふと思考するほどになくなった。
オムエッグカレーは一晩おいて明日食べるか。

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

カレー | 2012/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク