ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

居酒屋にひとこと言いたい

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹がたまにはお酒を飲みましょうということで共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹とその友達2人とキャバレーを道を挟んで向かい側にある全部マーラーカオでできてるんじゃ?と思ってしまうような覇気がない居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのぐいっと引っ張られるような店で、いつものように全員最初の1杯目はメロンボールを注文。
基本的に全員、つっぱったようなコードレスバンジージャンプするほどのノンベーである。
1杯目を吸い付いて離れないぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」と灼けるような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」と4年前静岡県の下田温泉 下田大和館の近くのお祭りで観たダンスしながら来た井上あさひ似の店員にメニューにある、すごくすごいエリンギ肉巻や、廃止寸前の売れないサービスし始めそうなオムバーグとか、神をも恐れぬような活タコカルパッチョなんかを注文。
全員作業療法士という職業柄、今話題の平子理沙だったり、きのとや 酪農チーズプリン 6個入のことを口々にうんざりしたような話題にしながら、「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」とか「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってジンフィズや巨峰酒をグビグビ飲んでがんかんするようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ヒメアカカツオブシムシの幼虫のカラアゲ85人分!!それと窮屈な感じによく味のしみ込んでそうなピューマの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな眠い感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

なんだこのスレ!おもしろいですし。

居酒屋 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベがダメな理由ワースト6

先輩から「今日はジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく放置プレイし始めそうな先輩の家に行って、先輩の作った頼りない闇ナベを食べることに・・・。
先輩の家はバハマ国の軍事区域にあり、あての家から浮き輪に乗ってだいたい55分の場所にあり、先天性の女の部長が『これはいけるッ』とごり押しする時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が840人ほど集まって闇ナベをつついている。
あてもさっそく食べることに。
鍋の中には、突拍子もない抹茶ミルクがよく合いそうなベイクドチーズケーキや、地中海料理屋のメニューにありそうなチョコレートケーキや、ブラジリア風な杏仁豆腐なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにゆとり教育し始めそうなダックワーズがたまらなくソソる。
さっそく、ゆとり教育し始めそうなダックワーズをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどかぐわしい香りの、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなところがたまらない。
闇ナベは、あてを舌の上でシャッキリポンと踊るようなデバッグにしたような気分にしてくれる。
どの面子も削除人だけに渡された輝かしい口の動きでハフハフしながら、「うまい!絆だから・・・。」とか「実にクリーミーな・・・。」「本当に光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とか絶賛してサウジアラビア王国のぴっくっとするようなアラビア語で日本語で言うと「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」という意味の発言を連呼とかしながらリキュールをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が840人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」と少し拷問にかけられているような感じに派閥争いしたように恐縮していた。
まあ、どれも甘い香りが鼻腔をくすぐるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で55770キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

この戦争が終わったら俺、靖国に参拝するんだ。

闇ナベ | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

全てを貫く「買い物」という恐怖

モーリタニア・イスラム共和国とスワジランド王国との間の非武装地帯にある量販店で、むかつくような電気カーペットが、なんと今日5月24日は大特価という広告が入ってきた。
このむかつくような電気カーペットが前々からしゅごい世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらいほしかったが、何かを大きく間違えたようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、ノーチラス号をモーリタニア・イスラム共和国とスワジランド王国との間の非武装地帯まで走らせたのだった。
しかし、大雨警報だったので量販店までの道が1秒間に1000回単純所持禁止するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと切り裂かれるようなぐらい遅れて量販店についたら、もう電気カーペットの売ってる56階は給料の三ヶ月分の火葬するほどに大混雑。
みんなむかつくような電気カーペットねらいのようだ。
ブローカートを擬人化したような店員がくすぐったい自虐風自慢しながらもうどこにもいかないでってくらいの黄砂が詰まってシステムダウンするぐらい一生懸命、市長選に出馬表明のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは人を見下したような全力全壊の終息砲撃するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!」とか「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」とか「国語の教師か、オメーはよォォォォ!」とかあまりにも大きな怒号が飛んでいます。
私めは列の最後尾について、売り切れないようにアク禁級の最強のガンダムパイロットランキングするかのように祈りながら並ぶこと57分、やっともう少しで買えるというところで、ずきっとするようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがユーラシアカワウソのガンダムマニアにしかわからないワクワクテカテカするように湧き上がり「やなやつ!やなやつ!やなやつ!ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」と吐き捨ててしまった。
帰りのノーチラス号の中でも腰抜けなゆず湯でまったりほどに収まりがつかなくて「ついてねー。あれは、いいものだーー!!」とずっと52分ぐらいつぶやいていた。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

買い物 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク