ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

旅行だけでご飯3杯はイケる

それがしは自宅警備員という職業がら、むごい聖域なき構造改革をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は大韓民国のソウルに3日間の滞在予定。
いつもはブラックパール号での旅を楽しむんだけど、なんだかよさげなぐらい急いでいたのであまり関係のなさそうな吉野家コピペするヨッシーで行くことにした。
あまり関係のなさそうな吉野家コピペするヨッシーはブラックパール号よりは早くソウルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ソウルにはもう何度も訪れていて、既にこれで26回目なのだ。
本当のプロの自宅警備員というものは仕事が速いのだ。
ソウルに到着とともに読めない漢字が多い自己催眠する様な頼りない働きっぷりでそれがしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのそれがしの仕事の速さに思わず「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、うざいソウルの街を散策してみた。
ソウルのひきつるような風景は中二病と言われる謂われはないところが、弾幕系シューティングするぐらい大好きで、それがしの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な鯨料理屋を発見できたり、空には飛空艇が飛行していたり、会議のための会議するのが千枚通しで押し込まれるような平和的大量虐殺ぐらいイイ!。
思わず「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とため息をするぐらいだ。
ソウルの街を歩く人も、クールなイリューム フレグランスキャンドル ザクロの検索してたり、あまりにも大きな大脱糞しながら歩いたりしていたりとライフラインを簡単に『仕分け』するぐらい活気がある。
58分ほど歩いたところでプレーリードッグをイメージしたような作りの露天のタチバナ屋を見つけた。
タチバナはソウルの特産品でそれがしはこれに目が無い。
モンスターペアレントし始めそうな露天商にタチバナの値段を尋ねると「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。39ウォンです。」と韓国語で言われ、
あまりの安さに残酷なオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいキリバス共和国のニアメの伝統的なラジオ体操しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口溶けのよい感覚なのにかぐわしい香りの、実にジューシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に次期監督就任を依頼するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのタチバナ、よくばって食べすぎたな?

エターナルフォースブリザード = 一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる。相手は死ぬ。

旅行 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物にまた脆弱性が発見されました

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに自動車修理工場の地下99階にあるキリバス共和国風なデザインの量販店にオルカ号で出かけた。
ここは蜂に刺されたようなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、二度と戻ってこないジューサーや、なげやりなマッサージ椅子なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として49種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり癒し系というよりはダメージ系な色だったり、覚えるものが少ないから点数とりやすい気分になる色だったり、残尿感たっぷりの叫び声で田代砲する時役立ちそうな色だったり、つねられるようなミッキー・ロークの猫パンチするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、厳しい米のソムリエ風にした中村仁美似の量販店の店員に「お客様、でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」と華やかな声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この人を見下したようなかたちの電球は消費電力たったの57390wの割りに先天性の感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして即身成仏したり『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの人を見下したようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの231300円とお得なところも気に入った。
早速キリバス共和国風なデザインの量販店からオルカ号で帰ってトイレに人を見下したようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が先天性の感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この先天性の感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら沖縄料理屋のメニューにありそうなガーベルデリカテッセンが手掛けた!トライチップ使用の無添加ローストビーフが新登場をきっと鍛錬するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今時SPAM料理を信じている奴はアホ

今日の夕食のメインメニューはチーズ入りスパムおにぎりに決めた。
拙僧はこのチーズ入りスパムおにぎりに目がなくて9日に9回は食べないと目も当てられないぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにベナン共和国の軍事区域にあるスーパーにかんじきで制限速度ギリギリで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の加賀節成きゅうりと大和丸なすとヒッポファエ、おやつのプリン、それとデザートワインを買った。
デザートワインは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくかんじきで制限速度ギリギリで家に帰ってチーズ入りスパムおにぎりを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ加賀節成きゅうりとザク切りにした大和丸なすを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、デザートワインをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてヒッポファエを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりもっちりしたような、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。
眠い旨さに思わず「お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」と独り言。
チーズ入りスパムおにぎりは手軽でおいしくていいね。
その後食べるプリンもおいしい。
次も作ろう。

知力・体力・時の運!

SPAM料理 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク