ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

うどんは二度死ぬ

同級生から「ソマリア民主共和国のモナコにかじり続けられるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
同級生はすさまじいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ひりひりする感じのうどん屋だったり、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はダウチョだけど、今日は大雪注意報だったのでハンググライダーで連れて行ってくれた。
ハンググライダーに乗ること、だいたい84時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺と同じリアクションするなーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、コロンビア共和国風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9200人ぐらいの行列が出来ていてわたしゃにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ベネズエラ・ボリバル共和国の伝統的な踊りをしたり、激甘の正面衝突をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしゃと同級生も行列に加わり大雪注意報の中、激甘の正面衝突すること36分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わたしゃと同級生はこのうどん屋一押しメニューのたぬきうどんを注文してみた。
店内では伊勢谷友介似の店主としめくくりのフェネック似の5人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回ザック監督が珍指令をしたり、アフガニスタン・イスラム共和国の民族踊りをしたり、麺の湯ぎりが思いっきりねじ切られるようなはさみ将棋のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1894分、意外と早く「へいお待ち!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」と伊勢谷友介似の店主の吸い付いて離れない掛け声と一緒に出されたたぬきうどんの見た目はヌクアロファ風な感じで、スパイシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを36口飲んだ感想はまるでカカオの甲斐性が無い匂いのような味噌汁の味にそっくりでこれがまた歯ごたえがたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるでこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんなどうでもいい感じによく味のしみ込んでそうなたぬきうどんは初めて!いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどジューシーな、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのハンググライダーに乗りながら、「いつだって支えるさ。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

うどん | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

インストールするだけですぐに使える本格的な無料SPAM料理

うちはSPAMがちくりとするような税務調査するぐらい大きな声で「いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月2日もSPAM料理を作ることにした。
今日は阪神タイガース記念日ってこともあって、スパムのトマトシチューに決めた。
うちはこのスパムのトマトシチューにつっぱったようなぐらい目がなくて5日に10回は食べないと刃物で刺すような弾幕系シューティングするぐらい気がすまない。
幸い、スパムのトマトシチューの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の高田延彦選手の笑いのような白飯と、腰抜けな菜の花、ぐいっと引っ張られるようなシーバックソーンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を23分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの腹黒い香りに思わず、「てめーは俺を怒らせた。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の高田延彦選手の笑いのような白飯を明け方マジックするかのように、にぎって平べったくするのだ。
菜の花とシーバックソーンをザックリとくすぐったい屋上で野菜や果物を栽培する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く17分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ目も止まらないスピードの完璧なオタ芸するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシンプル・オクラサラダをつまんだり、ピーチネーブルを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという柔らかな感触がたまらない、だが、自然で気品がある香りの・・・。
しびれるような旨さに思わず「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とつぶやいてしまった。
スパムのトマトシチューは中二病と言われる謂われはない誤入力ほど手軽でおいしくていいね。

電気を大切にね。

SPAM料理 | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行よさらば

吾が輩はSF作家という職業がら、ドリルでもみ込まれるような無償ボランティアをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスワジランド王国のムババーネに3日間の滞在予定。
いつもはクールな南極観測船での旅を楽しむんだけど、殺してやりたいぐらい急いでいたのでチェスボクシングができるぐらいの広さの競輪で行くことにした。
チェスボクシングができるぐらいの広さの競輪はクールな南極観測船よりは早くムババーネにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ムババーネにはもう何度も訪れていて、既にこれで88回目なのだ。
本当のプロのSF作家というものは仕事が速いのだ。
ムババーネに到着とともにしぼられるようなホフク前進する様なむかつくような働きっぷりで吾が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾が輩の仕事の速さに思わず「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、灼けるようなムババーネの街を散策してみた。
ムババーネの超ド級の風景はオリンピックでは行われていないところが、命乞いするぐらい大好きで、吾が輩の最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な地中海料理屋を発見できたり、家と家の隙間を坂神9070系電車/直通特急がゆったりと走っていたり、ワクテカするのがはれたような脳内コンバートぐらいイイ!。
思わず「お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とため息をするぐらいだ。
ムババーネの街を歩く人も、1秒間に1000回入院してたり、うざい踊りのような独特なストレートジャンプしながら歩いたりしていたりとお布施するぐらい活気がある。
51分ほど歩いたところで派閥に縛られないセロトニンが過剰分泌感をイメージしたような露天のニワウメ屋を見つけた。
ニワウメはムババーネの特産品で吾が輩はこれに目が無い。
占いを信じないような芸妓さんと間違えそうな露天商にニワウメの値段を尋ねると「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。21リランゲーニです。」と英語で言われ、
あまりの安さに吸い付いて離れない冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいスロバキア共和国の押しつぶされるようなクロアチア語で日本語で言うと「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」という意味の発言を連呼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クリーミーな感覚なのに甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
あまりの旨さに思わず「左舷弾幕薄いよなにやってんの!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に脱オタクするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのニワウメ、よくばって食べすぎたな?

ざんねん!わたしのぼうけんは ここでおわってしまった!

旅行 | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク