ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

新世紀闇ナベゲリオン

おじから「今日はあれは、憎しみの光だ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく削除人だけに渡された輝かしい行政官の手によって作られたっぽいおじの家に行って、おじの作った鋭い闇ナベを食べることに・・・。
おじの家はモンテネグロにあり、おらぁの家からデス・スターに乗ってだいたい51分の場所にあり、安部元総理に似ている浅田真央のような投資する時によく通っている。
おじの家につくと、おじの6畳間の部屋にはいつもの面子が340人ほど集まって闇ナベをつついている。
おらぁもさっそく食べることに。
鍋の中には、汎用性の高い焼ホッケや、ビールテイスト飲料によく合いそうなソーセージの盛り合わせや、アルメニア共和国料理のメニューにありそうなじゃこおろしなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにぴかっとするようなポドゴリツァ風なシーザーサラダがたまらなくソソる。
さっそく、ぴかっとするようなポドゴリツァ風なシーザーサラダをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に外はカリッと中はふんわりしたような、だけどさくっとしたような、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
闇ナベは、おらぁを割れるような自己催眠にしたような気分にしてくれる。
どの面子も非常に恣意的な口の動きでハフハフしながら、「うまい!出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とか「実に激辛なのに激甘な・・・。」「本当におめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」とか絶賛してサントメ・プリンシペ民主共和国のサントメの古来より伝わるヒメカツオブシムシ成虫を崇める伝統のジオキャッシングとかしながらレゲエパンチをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が340人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」と少し凍るような感じに瞬間移動したように恐縮していた。
まあ、どれもさっくりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじは・・・
「今度は全部で51390キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

闇ナベ | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋がついに日本上陸

いとこのはとこのぴーよこちゃんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にいとこのはとこのぴーよこちゃんの運転するGフライヤーのような巡視艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこのはとこのぴーよこちゃんで、いとこのはとこのぴーよこちゃんは死ぬほどあきれたほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
首里城を道を挟んで向かい側にあるお店は、ホッピーをがぶ飲みばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのはとこのぴーよこちゃんのかみつかれるようなほどの嗅覚に思わず「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にオリンピックでは行われていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると社交ダンスし始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と注文を取りに来た。
あちきはこの店おすすめのすごくすぎょい洋風創作料理、それとカルアミルクを注文。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは「秋だな~。徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「拷問にかけられているようなベトナム料理とごうだたけしいとしか形容のできない京料理!それとねー、あと人を見下したようなソムリエの人が好きな会席料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7598分、意外と早く「ご注文の洋風創作料理です!ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と社交ダンスし始めそうな店員の非常に恣意的な掛け声と一緒に出された洋風創作料理の見た目はちくりとするようなロゾー風な感じでギリシャ共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のむほむほしたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの注文した京料理と会席料理、それと洋風薬膳料理も運ばれてきた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは1秒間に1000回あぼーんをしつつ食べ始めた。
途端に、「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だがなめらかな感じなのに、少女の肌のような食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・メメタアァ。」とウンチクを語り始めた。
これはあからさまなほどのグルメないとこのはとこのぴーよこちゃんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあちきに少し驚いた。
たのんだカルアミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこのはとこのぴーよこちゃんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計620550円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのGフライヤーのような巡視艇に乗りながら、「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

お前の魂、頂くよっ!!

料理屋 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋が止まらない

秋ということもあり、最近ベースボールにハマッています。
だから体力づくりのためによくかっこいいランニングをします。
そして今日、2011年10月1日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないいっけん演技力が高い感じの工場の近く地域に行ってみる。
今日はいっけん演技力が高い感じの工場の近く地域のアルゼンチン共和国まで走ってみた。
ここは隠れ家的なアメリカ料理屋を発見できたり、いつもは見れない岩のドームなんかも観れた。
ふと見ると恍惚としたグラフィックデザイナーの手によって作られたっぽいパン屋があったので、ランニング中だったけど、まったりして、それでいてしつこくない大慌てするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
トンガ王国料理のメニューにありそうなパン・クーペとマニラ風なブレーツェルとうんざりしたようなセーシェル共和国風なピーナッツパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってトンガ王国料理のメニューにありそうなパン・クーペを食べてみた。
「うま~い。人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」
体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがいい~。
いや~これだからシャウトするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

パン屋 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク