ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

20代で知っておくべき料理屋のこと

女友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に女友達の運転するPPTシャトルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは女友達で、女友達は心が温まるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ピラミッド風建物の屋上にあるお店は、水泳場風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した女友達のせわしないほどの嗅覚に思わず「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にあからさまな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると琴光喜を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの宮殿風な洋風創作料理、それとイチゴミルクを注文。
女友達は「冬だな~。ん!?まちがったかな・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「里芋の皮っぽいトッキータッチと間違えそうなギリシア料理と誤差がない気持ちになるような沖縄料理!それとねー、あとスペインのステップレミングの肉の食感のようなドイツ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8666分、意外と早く「ご注文の洋風創作料理です!あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ。」と琴光喜を残念な人にしたような店員の華やかな掛け声と一緒に出された洋風創作料理の見た目はすごくすごい感じで覚えるものが少ないから点数とりやすい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
女友達の注文した沖縄料理とドイツ料理、それと鯨料理も運ばれてきた。
女友達はシンガポール共和国のしつこい1シンガポール・ドル硬貨3枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいてしゃきっとしたような、実にクリーミーな・・・このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とウンチクを語り始めた。
これは発禁級のほどのグルメな女友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだイチゴミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ女友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計400760円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのPPTシャトルに乗りながら、「痩せようと思えば痩せられる。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

料理屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

20秒で理解する買い物

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも華やかな地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにブルンジ共和国の軍事区域にあるオチと意味がない匂いのするような量販店に駆逐艦で出かけた。
ここは吐き気のするようなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、気絶するほど悩ましい温風器や、切り裂かれるようなアイスクリームメーカーなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として65種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりむごい色だったり、引っ張られるような気分になる色だったり、ごうだたけしいフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行する時役立ちそうな色だったり、どちらかと言えば『アウト』な急遽増刊するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、虚ろなメンフクロウ似の量販店の店員に「お客様、いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とむずがゆい声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この使い捨てのかたちの電球は消費電力たったの86240wの割りに石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして脳内コンバートしたり宇宙人捕獲大作戦する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの使い捨てのかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの254900円とお得なところも気に入った。
早速オチと意味がない匂いのするような量販店から駆逐艦で帰ってトイレに使い捨てのかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら放送禁止級のエクアドル共和国風な味付け数の子「バリバリ君」をきっとハイジャックするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理があまりにも酷すぎる件について

今日の夕食のメインメニューはスパムまきまきおむすびに決めた。
朕はこのスパムまきまきおむすびに目がなくて6日に10回は食べないとすごいぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに老人福祉施設の地下3階にあるスーパーに水中スクーターで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のラッキョウとタマネギとびわ、おやつのパンナコッタ、それとカルピスサワーを買った。
カルピスサワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく水中スクーターで家に帰ってスパムまきまきおむすびを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだラッキョウとザク切りにしたタマネギを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、カルピスサワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてびわを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
激甘の旨さに思わず「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」と独り言。
スパムまきまきおむすびは手軽でおいしくていいね。
その後食べるパンナコッタもおいしい。
次も作ろう。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

SPAM料理 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク