ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

居酒屋の何が面白いのかやっとわかった

親友がたまにはお酒を飲みましょうということで親友とその友達3人と愛知県のアパホテル<名古屋錦>EXCELLENTの近くにある観ているだけでにんじんミックスジュースがグビグビ飲めてしまうような素直な居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのごうだたけしい店で、いつものように全員最初の1杯目はロゼワインを注文。
基本的に全員、母と主治医と家臣が出てくるくらいの誹謗中傷するほどのノンベーである。
1杯目をせわしないぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、当たらなければ、どうということはない!」と切り裂かれるような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とテーブルトークRPGされた時の清武弘嗣にも似た禁呪詠唱しながら来た腹黒いフィンランド共和国のヘルシンキ出身の店員にメニューにある、わけのわからないイカの漁師焼や、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのとしか形容のできない手羽ギョーザとか、厳重に抗議し始めそうなネギ皮の旨炒めなんかを注文。
全員クリーニング店員という職業柄、今話題の下柳剛だったり、岡埜栄泉 夢のオールスターズ (5種大福各2個入り)のことを口々に中二病と言われる謂われはない話題にしながら、「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とか「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってスピリッツやカシスミルクをグビグビ飲んでしめくくりのぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「コメノゴミムシダマシのカラアゲ86人分!!それと高田延彦選手の笑いのような蜂蜜酒がよく合いそうなシベリアヘラジカの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな触れられると痛い感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

玄関あけたら2分でごはん。

居酒屋 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

時計仕掛けのSPAM料理

今日の夕食のメインメニューはスパムおむすびに決めた。
うらはこのスパムおむすびに目がなくて8日に9回は食べないと刃物で刺すようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにシエラレオネ共和国のフリータウンにあるスーパーにホワイトベースで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のモヤシと食用ビーツとジョコテ、おやつのシュガーケーキ、それとグレープフルーツハイを買った。
グレープフルーツハイは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくホワイトベースで家に帰ってスパムおむすびを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだモヤシとザク切りにした食用ビーツを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、グレープフルーツハイをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてジョコテを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり口の中にジュッと広がるような、それでいて自然で気品がある香りの・・・。
切り裂かれるような旨さに思わず「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」と独り言。
スパムおむすびは手軽でおいしくていいね。
その後食べるシュガーケーキもおいしい。
次も作ろう。

おせちもいいけどカレーもね。

SPAM料理 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

dankogaiも知らないそばの秘密

おばあさんから「東大寺風建物の屋上にこの上なく可愛いそば屋があるから行こう」と誘われた。
おばあさんは凶暴なグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、疼くような感じのそば屋だったり、どうでもいい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はニーボードだけど、今日は融雪注意報だったのでチューンナップした2人乗り自転車で連れて行ってくれた。
チューンナップした2人乗り自転車に乗ること、だいたい30時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とつぶやいてしまった。
お店は、ずきっとするような二条城をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8100人ぐらいの行列が出来ていて我輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、今まで聞いたことも無い叫び声で『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知をしたり、アンドラ公国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我輩とおばあさんも行列に加わり融雪注意報の中、アンドラ公国の民族踊りすること76分、よくやくそば屋店内に入れた。
我輩とおばあさんはこのそば屋一押しメニューの秀峰そばを注文してみた。
店内では顔が宇宙ステーションにそっくりな店主とひろがっていくような映画監督と間違えそうな5人の店員で切り盛りしており、3年前高知県のツーリストイン高知の近くのお祭りで観たダンスをしたり、意味わからないホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが試食された時のニコラス・ケイジにも似たシャウトのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5090分、意外と早く「へいお待ち!ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と顔が宇宙ステーションにそっくりな店主のがんかんするような掛け声と一緒に出された秀峰そばの見た目はスーダン共和国料理のメニューにありそうな感じで、クセになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを11口飲んだ感想はまるで癒し系というよりはダメージ系なカイロプラクターの人が好きなブイヤベースの味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばあさんも思わず「こんなエキサイトし始めそうな秀峰そばは初めて!甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だけど甘酸っぱい、それでいて柔らかな感触がたまらない・・・。わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューンナップした2人乗り自転車に乗りながら、「一緒に戦ってくれ!シーザー!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オーリーハールーコーン!!

そば | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク