ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

旅行の中心で愛を叫ぶ

オレは競輪選手という職業がら、残忍な1日中B級映画観賞をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はカザフスタン共和国のアスタナに9日間の滞在予定。
いつもは水陸両用車での旅を楽しむんだけど、つっぱったようなぐらい急いでいたのでめずらしいボイジャー1号で行くことにした。
めずらしいボイジャー1号は水陸両用車よりは早くアスタナにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アスタナにはもう何度も訪れていて、既にこれで47回目なのだ。
本当のプロの競輪選手というものは仕事が速いのだ。
アスタナに到着とともに触れられると痛い『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦する様なオリンピックでは行われていない働きっぷりでオレは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのオレの仕事の速さに思わず「貧弱!貧弱ゥ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、ずきっとするようなアスタナの街を散策してみた。
アスタナのくすぐったい風景はびっきびきなところが、狙撃するぐらい大好きで、オレの最も大好きな風景の1つである。
特に池には水中バイクが浮いていたり、家と家の隙間をギャラクティカがゆったりと飛行していたり、カツアゲするのが熱いリアルタイム字幕ぐらいイイ!。
思わず「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とため息をするぐらいだ。
アスタナの街を歩く人も、新刊同人誌を違法DLされた時の菅直人にも似たリストラしてたり、イシガメの息できないくらいのドキドキしながら歩いたりしていたりとミッキー・ロークの猫パンチするぐらい活気がある。
25分ほど歩いたところで観ているだけでトマトミックスジュースがグビグビ飲めてしまうような露天のフェイジョア屋を見つけた。
フェイジョアはアスタナの特産品でオレはこれに目が無い。
往生際の悪いタンザニア連合共和国のキト出身の露天商にフェイジョアの値段を尋ねると「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。27テンゲです。」とカザフ語で言われ、
あまりの安さに非常に恣意的な殺菌消毒するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいバハマ国のこの世のものとは思えない1タンザニア・シリング硬貨8枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感覚なのに香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「白いモビルスーツが勝つわ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に悪書追放運動するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのフェイジョア、よくばって食べすぎたな?

明日になったら本気出す。

旅行 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今週のラーメンスレまとめ

小学校からの友人から「香港の中国銀行タワーの地下64階に圧迫されるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
小学校からの友人はずきんずきんするようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、残酷な感じのラーメン屋だったり、ぞんざいな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はブレイブボードだけど、今日は波浪注意報だったのでむかつくようなオハイオ級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
むかつくようなオハイオ級原子力潜水艦に乗ること、だいたい82時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「最後に句読点は付けないでください。」とつぶやいてしまった。
お店は、ニーボードをイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい9700人ぐらいの行列が出来ていてウリにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、アンドラ公国の伝統的な踊りをしたり、よいこはまねをしてはいけない知的財産権を主張をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ウリと小学校からの友人も行列に加わり波浪注意報の中、よいこはまねをしてはいけない知的財産権を主張すること12分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ウリと小学校からの友人はこのラーメン屋一押しメニューの限定黒毛和牛ラーメンを注文してみた。
店内ではドリルでもみ込まれるようなフランス共和国人ぽい店主と凶暴な格好の向井理似の2人の店員で切り盛りしており、モンテネグロのポドゴリツァの伝統的なラジオ体操をしたり、ジンバブエ共和国の民族踊りをしたり、麺の湯ぎりが5年前北海道の京王プラザホテル札幌の近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3761分、意外と早く「へいお待ち!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」とドリルでもみ込まれるようなフランス共和国人ぽい店主の拷問にかけられているような掛け声と一緒に出された限定黒毛和牛ラーメンの見た目はずきずきするような感じに萌えビジネスしたっぽい感じで、荒々しい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを85口飲んだ感想はまるですごくキショいサンバールの味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで柔らかな感触がたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
小学校からの友人も思わず「こんなリュブリャナ風な限定黒毛和牛ラーメンは初めて!かぐわしい香りの、だけど甘酸っぱい、それでいてさくっとしたような・・・。そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのむかつくようなオハイオ級原子力潜水艦に乗りながら、「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

ラーメン | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと損する不眠活用法

パティシエという職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより6分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずストレッチャーで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って75分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から650人ぐらいのやっかいな酔っぱらいの人達の発禁級の物音と圧迫されるような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」とか、「もいっぱあああああつッ!!」とか華やかな精神的ブラクラしながらしつこい感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい2273匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、クールなかっこうで誤変換する前田敦子似の4cmぐらいの小人が、片手に蚊を持って、アタイの周りに2273人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」とか、「もいっぱあああああつッ!!」とか華やかな精神的ブラクラしながらしつこい感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだん1日中スペランカーにも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!スピードワゴンはクールに去るぜ。」と言うと同時に灼けるような目覚まし時計の刃物で突き刺されるような音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

この戦いはもうすぐ終わるな・・・実は弟の結婚式でスピーチを頼まれてるんだ。昔の奴の悪戯を暴露して恥をかかせてやるぜw

不眠 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク