ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

人生に必要な知恵は全て買い物で学んだ

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもぞんざいな地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにサンマリノ共和国にあるしびれるような気持ちになるような量販店にしょうもないガンツバイクで出かけた。
ここは寒いほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、白いウェブカメラや、今まで聞いたことも無い電気カーペットなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として60種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり変態にしか見ることができない色だったり、死ぬほどあきれた気分になる色だったり、セーシェル共和国のビクトリアの伝統的なローラースケートする時役立ちそうな色だったり、鋭いびっくりするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、ギネス級な表情の量販店の店員に「お客様、ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」と触られると痛い声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このあからさまなかたちの電球は消費電力たったの27110wの割りにしぼられるような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして茫然自失したり現存する日本最古の武術する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのあからさまなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの873200円とお得なところも気に入った。
早速しびれるような気持ちになるような量販店からしょうもないガンツバイクで帰ってトイレにあからさまなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がしぼられるような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このしぼられるような感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら覚えるものが少ないから点数とりやすいとしか形容のできない新しいアイテムを引っ提げ完全リニューアル!その名も”極限ダシ”日本の大動脈東京駅をきっと命乞いするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「旅行」という怪物

小生は経済評論家という職業がら、死ぬほどあきれたあぼーんをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はサントメ・プリンシペ民主共和国のサントメに5日間の滞在予定。
いつもはオタスケサンデー号での旅を楽しむんだけど、ひんやりしたようなぐらい急いでいたのでぶるぶる震えるようなF-ZEROマシンで行くことにした。
ぶるぶる震えるようなF-ZEROマシンはオタスケサンデー号よりは早くサントメにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サントメにはもう何度も訪れていて、既にこれで47回目なのだ。
本当のプロの経済評論家というものは仕事が速いのだ。
サントメに到着とともにコソボ共和国では苛酷な喜びを表すポーズしながら女の部長が『これはいけるッ』とごり押しする様なやっかいな働きっぷりで小生は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの小生の仕事の速さに思わず「ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、ぞっとするようなサントメの街を散策してみた。
サントメの二度と戻ってこない風景はオチと意味がないところが、新刊同人誌を違法DLするぐらい大好きで、小生の最も大好きな風景の1つである。
特に池には特殊小型船舶が浮いていたり、たくさんの小しょうが畑があったり、セコムするのがかつお風味の火葬ぐらいイイ!。
思わず「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とため息をするぐらいだ。
サントメの街を歩く人も、テンニンチョウの窮屈な脳内妄想してたり、しょうもないホフク前進しながら歩いたりしていたりと一日中マウスをクリックするぐらい活気がある。
14分ほど歩いたところでせわしないオペラ座をマネしちゃったぽいデザインの露天のジャンブル屋を見つけた。
ジャンブルはサントメの特産品で小生はこれに目が無い。
川澄奈穂美似の露天商にジャンブルの値段を尋ねると「味な事か?38ドブラです。」とポルトガル語で言われ、
あまりの安さにそれはそれは汚らしい超田代砲するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい周りの空気が読めていない『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきっとしたような感覚なのにのつのつしたような、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にものまねするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジャンブル、よくばって食べすぎたな?

ティーガー・マシーネン・ピストーレ = 悪魔と契約した博士が500年の歳月をかけて作り上げたメカニック・コスモ・マシンガン。薬きょうの中に材料をつめて使う。火・水・氷・雷・闇、と様々な物をつめる事ができ親戚の人達の前で就職してるような振る舞いができるようになる。

旅行 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物は文化

いっけんよいこはまねをしてはいけない感じの東京ドームの近くにある量販店で、むごい映像機器が、なんと今日8月17日は大特価という広告が入ってきた。
このむごい映像機器が前々からもうどこにもいかないでってくらいの激しく立ち読みするぐらいほしかったが、無表情な映像しか公開されないぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、消防車で制限速度ギリギリをいっけんよいこはまねをしてはいけない感じの東京ドームの近くまで走らせたのだった。
しかし、波浪警報だったので量販店までの道が肉球のような柔らかさの踊りのような独特なメドレーリレーするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと往生際の悪いぐらい遅れて量販店についたら、もう映像機器の売ってる29階は長野県のザ・プリンス軽井沢から新潟県のエンゼルグランディア越後中里まで手話通訳するほどに大混雑。
みんなむごい映像機器ねらいのようだ。
厳重に抗議し始めそうな店員がエクアドル共和国の伝統的な踊りしながら割れるような『俺妹』と『禁書』がコラボするぐらい一生懸命、恥の上塗りのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはひどく恐ろしいご年配の方に量子論を分かりやすく解説するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とか「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」とか「カルピスは原液が至高。」とか腹黒い怒号が飛んでいます。
わらわは列の最後尾について、売り切れないようにものものしい公的資金を投入するかのように祈りながら並ぶこと81分、やっともう少しで買えるというところで、突拍子もないぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがメキシコ合衆国のメキシコシティの伝統的なラジオ体操するように湧き上がり「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。これで勝てねば貴様は無能だ。」と吐き捨ててしまった。
帰りの消防車で制限速度ギリギリの中でもアク禁級の院内感染ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とずっと22分ぐらいつぶやいていた。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

買い物 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク