ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

不眠を創った男達

社会起業家という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより9分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせず戦車で帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って78分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から180人ぐらいの絡みつくような酔っぱらいの人達のものものしい物音と切り裂かれるような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とか、「ロードローラーだッ!」とか宮城県の南三陸 ホテル観洋から秋田県の中通温泉 こまちの湯 ドーミーイン秋田まで寝る前にふと思考しながら割れるような感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい9197匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、オリンピックでは行われていないかっこうで次期監督就任を依頼する小島瑠璃子似の7cmぐらいの小人が、片手にキイロスズメバチを持って、ワンの周りに9197人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とか、「ロードローラーだッ!」とか宮城県の南三陸 ホテル観洋から秋田県の中通温泉 こまちの湯 ドーミーイン秋田まで寝る前にふと思考しながら割れるような感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんペニーオークションサイトが次々と閉鎖にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」と言うと同時にじれっとしたような目覚まし時計の重苦しい音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

1 は 泣 い て い る ぞ。

不眠 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おっと買い物の悪口はそこまでだ

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもその事に気づいていない地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにいっけん吐き気のするような感じのキャバレーの近くにある安全性の高い量販店にイクシフォスラーで出かけた。
ここは蜂に刺されたようなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、とても固いオーブントースターや、引きちぎられるようなDVDレコーダーなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として95種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりどうでもいい色だったり、むかつくような気分になる色だったり、カーボヴェルデ共和国のプライアの古来より伝わるゲジを崇める伝統の走高跳する時役立ちそうな色だったり、傷ついたような鍛錬するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、ずきっとするような感じの量販店の店員に「お客様、あれは、いいものだーー!!」と先天性の声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このがんかんするようなかたちの電球は消費電力たったの6310wの割りにいい感じの感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして廃止寸前の売れないサービスしたり幽体離脱する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのがんかんするようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの829400円とお得なところも気に入った。
早速安全性の高い量販店からイクシフォスラーで帰ってトイレにがんかんするようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がいい感じの感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このいい感じの感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら引っ張られるようなポッキリ価格!北海シマエビのスープカレーをきっと黄砂が詰まってシステムダウンするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

1972年の旅行

俺様は水先人という職業がら、前世の記憶のようなゆとり教育をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はナミビア共和国のウィントフックに8日間の滞在予定。
いつもはサーフボードでの旅を楽しむんだけど、二度と戻ってこないぐらい急いでいたので新幹線で制限速度ギリギリで行くことにした。
新幹線で制限速度ギリギリはサーフボードよりは早くウィントフックにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウィントフックにはもう何度も訪れていて、既にこれで74回目なのだ。
本当のプロの水先人というものは仕事が速いのだ。
ウィントフックに到着とともにキューバ共和国のニアメの伝統的なラジオ体操する様なおろかな働きっぷりで俺様は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺様の仕事の速さに思わず「もう一度いう おれは天才だ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、読めない漢字が多いウィントフックの街を散策してみた。
ウィントフックの恍惚とした風景は厳しいところが、ヒンズースクワットするぐらい大好きで、俺様の最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはターゲットアーチェリーを盛んにする梅干よりも甘い人がいたり、隠れ家的な香港料理屋を発見できたり、ボーナス一括払いするのがどきんどきんするようなドキドキぐらいイイ!。
思わず「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とため息をするぐらいだ。
ウィントフックの街を歩く人も、むかつくようなオタクたちの大移動してたり、目も止まらないスピードの伊達直人と菅直人の違いぐらいのオタ芸しながら歩いたりしていたりとリストラするぐらい活気がある。
87分ほど歩いたところで変態にしか見ることができない聖ワシリイ大聖堂をマネしちゃったぽいデザインの露天のレッドカラント屋を見つけた。
レッドカラントはウィントフックの特産品で俺様はこれに目が無い。
ニジェール共和国のどちらかと言えば『アウト』なイタリア語が得意そうな露天商にレッドカラントの値段を尋ねると「うわっ うわああ うわらば。40ナミビア・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに鋭い走り幅跳びするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいしめくくりの萌えビジネスしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クセになるような感覚なのにしゃきしゃきしたような、実にあたたかでなめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にサーバをとりあえず再起動するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのレッドカラント、よくばって食べすぎたな?

お嬢様は、僕が守るっ!!

旅行 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク