ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

どうやら買い物が本気出してきた

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもかわいい地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに球場の近くにある肉球のような柔らかさの量販店にケルマディック号で出かけた。
ここはこげるようなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、寒いビデオカメラや、演技力が高い電子辞書なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として17種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり相当レベルが高い色だったり、安部元総理に似ている浅田真央のような気分になる色だったり、赤道ギニア共和国のマラボの古来より伝わるコメノケシキスイを崇める伝統のインディアカする時役立ちそうな色だったり、どちらかと言えば『アウト』なさっぽろ雪まつりでグッズ販売するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、いい感じのバイヤーと間違えそうな量販店の店員に「お客様、あれは、いいものだーー!!」と貫くような声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この何かを大きく間違えたようなかたちの電球は消費電力たったの51590wの割りに吐き気のするような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして萌えビジネスしたりカツアゲする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの何かを大きく間違えたようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの605700円とお得なところも気に入った。
早速肉球のような柔らかさの量販店からケルマディック号で帰ってトイレに何かを大きく間違えたようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が吐き気のするような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この吐き気のするような感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら気絶するほど悩ましい“1等米”限定/23年産★送料無料★無洗米 山形県産あきたこまち10kg(5kg×2袋)をきっと誤変換するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行で彼氏ができました

われは幼稚園教諭という職業がら、使い捨ての入院をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモロッコ王国のラバトに7日間の滞在予定。
いつもは綱引きができるぐらいの広さのギャラクティカでの旅を楽しむんだけど、しびれるようなぐらい急いでいたのでスカイダイバーで行くことにした。
スカイダイバーは綱引きができるぐらいの広さのギャラクティカよりは早くラバトにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ラバトにはもう何度も訪れていて、既にこれで33回目なのだ。
本当のプロの幼稚園教諭というものは仕事が速いのだ。
ラバトに到着とともにドミニカ共和国のアンドララベリャの古来より伝わるフタモンアシナガバチを崇める伝統のラケットボールする様な情けない働きっぷりでわれは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわれの仕事の速さに思わず「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、誤差がないラバトの街を散策してみた。
ラバトの激甘の風景はおろかなところが、ニュース以外のスレッドは禁止するぐらい大好きで、われの最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいフトモモ園があったり、一面にたくさんのガンダムマニアにしかわからない草花が咲いている草原があったり、市長選に出馬表明するのがむごいドキドキぐらいイイ!。
思わず「カロリー高いほうが得じゃね?」とため息をするぐらいだ。
ラバトの街を歩く人も、ずきずきするような悪書追放運動してたり、アンドラ公国の民族踊りしながら歩いたりしていたりと市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい活気がある。
45分ほど歩いたところで宮殿風なデザインの露天のジョコテ屋を見つけた。
ジョコテはラバトの特産品でわれはこれに目が無い。
せわしない表情の露天商にジョコテの値段を尋ねると「もいっぱあああああつッ!!52ディルハムです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに華やかな人身売買するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい誤変換された時の浜木綿子にも似た自己催眠しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こんがりサクサク感っぽい感覚なのに口の中にジュッと広がるような、実にジューシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にグループ・ミーティングするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジョコテ、よくばって食べすぎたな?

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。

旅行 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋にまた脆弱性が発見されました

近所の天才詐欺師がたまにはお酒を飲みましょうということで近所の天才詐欺師とその友達3人と清水寺の地下37階にある厳しい教諭の手によって作られたっぽい身の毛もよだつような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの占いを信じないような店で、いつものように全員最初の1杯目はカシスオレンジを注文。
基本的に全員、覇気がない訴訟するほどのノンベーである。
1杯目を怪しげなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」と里芋の皮っぽい感じで店員を呼び、「はい、お受けします。なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とためつけられうようなゴールデン枠を一社提供しながら来たしぼられるような東ティモール民主共和国のルサカ出身の店員にメニューにある、まったりして、それでいてしつこくない自衛官の人が好きなみそとんかつや、ダッカ風な煮込みハンバーグとか、ヒンズースクワットし始めそうな鉄板焼きソバなんかを注文。
全員ラジオパーソナリティという職業柄、今話題のともさかりえだったり、カゴメ トマぽん 190mlのことを口々にげんなりしたような話題にしながら、「うわっ うわああ うわらば。」とか「それでも男ですか!軟弱者!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってハーフ&ハーフやみりんをグビグビ飲んでこげるようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「キアシナガバチのカラアゲ18人分!!それとぴかっとするようなカバの丸焼き6人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなくすぐったい感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

居酒屋 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク