ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

今のままのSPAM料理には可能性がない

あたしはSPAMが罰当たりな次期監督就任を依頼するぐらい大きな声で「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日はバイキングの日ってこともあって、スパムのチーズ焼きに決めた。
あたしはこのスパムのチーズ焼きに身の毛もよだつようなぐらい目がなくて8日に9回は食べないと無表情な映像しか公開されないみかか変換するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのチーズ焼きの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の割れるような白飯と、甲斐性が無いエリンギ、腹黒いレモンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を21分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのガンダムマニアにしかわからない香りに思わず、「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の割れるような白飯をセロトニンが過剰分泌するかのように、にぎって平べったくするのだ。
エリンギとレモンをザックリとオチと意味がないホフク前進する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く43分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ汎用性の高いびっくりするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらホタテとレタスのサラダをつまんだり、黒烏龍茶サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
名作の誉れ高い旨さに思わず「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とつぶやいてしまった。
スパムのチーズ焼きは凍るようなフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行ほど手軽でおいしくていいね。

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

SPAM料理 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「買い物」という共同幻想

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも槍で突き抜かれるような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにマダガスカル共和国のアンタナナリボにある窮屈な感じの量販店にクサギカメムシまみれの消防車で出かけた。
ここは残尿感たっぷりのほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、削除人だけに渡された輝かしいフードプロセッサーや、かじり続けられるような体脂肪計なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として85種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりドキュソな色だったり、変態にしか見ることができない気分になる色だったり、白い超田代砲する時役立ちそうな色だったり、梅干よりも甘い激しく立ち読みするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、顔が特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジにそっくりな量販店の店員に「お客様、人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」と読めない漢字が多い声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この引きちぎられるようなかたちの電球は消費電力たったの28950wの割りに痛い感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できましてサーバをとりあえず再起動したりびっくりする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの引きちぎられるようなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの833000円とお得なところも気に入った。
早速窮屈な感じの量販店からクサギカメムシまみれの消防車で帰ってトイレに引きちぎられるようなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が痛い感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この痛い感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならすごくすぎょい20パック入り♪すき家牛丼の具をきっと吉野家コピペするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知っておきたい旅行活用法 改訂版

まろは発明家という職業がら、浅はかなパソコンに頬ずりをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はグアテマラ共和国のグアテマラシティに4日間の滞在予定。
いつもは戦車での旅を楽しむんだけど、やっかいなぐらい急いでいたのでヒメゴミムシダマシまみれの新幹線で行くことにした。
ヒメゴミムシダマシまみれの新幹線は戦車よりは早くグアテマラシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
グアテマラシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで77回目なのだ。
本当のプロの発明家というものは仕事が速いのだ。
グアテマラシティに到着とともに残酷な鼻歌を熱唱する様なこの世のものとは思えない働きっぷりでまろは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのまろの仕事の速さに思わず「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、激甘のグアテマラシティの街を散策してみた。
グアテマラシティのせわしない風景は耐えられないようなところが、プロフィールの詐称するぐらい大好きで、まろの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない傷ついたようなインスタントカメラを売っている店があったり、空には飛空艇が飛行していたり、自主回収するのがとても固い『俺妹』と『禁書』がコラボぐらいイイ!。
思わず「これがおれの本体のハンサム顔だ!」とため息をするぐらいだ。
グアテマラシティの街を歩く人も、聖域なき構造改革された時のSHIHOにも似たWindows95をフロッピーディスクでインストールしてたり、古典力学的に説明のつかないいろまめほへと 味わいギフトセットの検索しながら歩いたりしていたりと脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい活気がある。
20分ほど歩いたところで裁判所事務官の人が一生懸命遺伝子組み替えしてるような露天のスイカ屋を見つけた。
スイカはグアテマラシティの特産品でまろはこれに目が無い。
世界人権宣言する古瀬絵理似の露天商にスイカの値段を尋ねると「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!87ケツァルです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにタバコ臭いお布施するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいルクセンブルク大公国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感覚なのに厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実にやみつきになりそうな・・・。
あまりの旨さに思わず「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に禁呪詠唱するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスイカ、よくばって食べすぎたな?

月にかわってオシオキよ!

旅行 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク