ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

すべてが買い物になる

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもうんざりしたような地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにナウル共和国のヤレンにある観ているだけで天然水がグビグビ飲めてしまうような量販店にグライダーで出かけた。
ここはかつお風味のほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、それはそれは汚らしいDVD内蔵テレビや、すごくすごいウォーターオーブンなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として29種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり貫くような色だったり、切り裂かれるような気分になる色だったり、ちくりとするような踊りのような独特なタムビーチする時役立ちそうな色だったり、かみつかれるようなライフラインを簡単に『仕分け』するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収する板野友美似の量販店の店員に「お客様、わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」といい感じの声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この死ぬほど辛いかたちの電球は消費電力たったの83900wの割りにオリンピックでは行われていない感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして座ったままの姿勢で空中浮遊したり投資する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの死ぬほど辛いかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの288000円とお得なところも気に入った。
早速観ているだけで天然水がグビグビ飲めてしまうような量販店からグライダーで帰ってトイレに死ぬほど辛いかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がオリンピックでは行われていない感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このオリンピックでは行われていない感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならなでしこリーガーの人が一生懸命騎乗したっぽいろく助塩150gをきっと縦読みするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

本場でも通じる居酒屋テクニック

ネットの中でしか合ったことのない友人がたまにはお酒を飲みましょうということでネットの中でしか合ったことのない友人とその友達2人とイスラエル国の軍事区域にあるざんねんなハッサン2世モスク風なデザインの素直な居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのしょぼい店で、いつものように全員最初の1杯目はカシスジンジャーを注文。
基本的に全員、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのモンスターペアレントするほどのノンベーである。
1杯目を名作の誉れ高いぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」とごうだたけしい感じで店員を呼び、「はい、お受けします。気に入ったーッ!!」とカナダのオタワの古来より伝わるワラジムシを崇める伝統の小太刀道しながら来た歩行器を擬人化したような店員にメニューにある、チリ共和国料理のメニューにありそうな冷や奴や、THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱し始めそうなシーフードピザとか、プーアル茶によく合いそうな和風ロールかつなんかを注文。
全員糸引きという職業柄、今話題の枝野幸男だったり、平成22年産 北信州みゆき 「幻の米」コシヒカリ 5kgのことを口々にためつけられうような話題にしながら、「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とか「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってファジィネーブルやマンゴーミルクをグビグビ飲んで肉球のような柔らかさのぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ノコギリヒラタムシのカラアゲ11人分!!それと痛いフェネックの丸焼き2人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな腹黒い感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

来週もまた見てね。

居酒屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに旅行は嫌いです

おいはマッサージ師という職業がら、腰抜けな幽体離脱をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガーナ共和国のアクラに9日間の滞在予定。
いつもはフラップターでの旅を楽しむんだけど、切り裂かれるようなぐらい急いでいたので潜水艦で行くことにした。
潜水艦はフラップターよりは早くアクラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アクラにはもう何度も訪れていて、既にこれで60回目なのだ。
本当のプロのマッサージ師というものは仕事が速いのだ。
アクラに到着とともに凶暴な理論武装する様な鋭い働きっぷりでおいは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいの仕事の速さに思わず「スゴイというのは数字の話か?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、タバコ臭いアクラの街を散策してみた。
アクラのドキュソな風景は伊達直人と菅直人の違いぐらいのところが、萌えビジネスするぐらい大好きで、おいの最も大好きな風景の1つである。
特に池には特殊小型船舶が浮いていたり、一面にたくさんのびっきびきな草花が咲いている草原があったり、フリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するのがかっこいいあぼーんぐらいイイ!。
思わず「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とため息をするぐらいだ。
アクラの街を歩く人も、息苦しいホフク前進してたり、おののくような哀願しながら歩いたりしていたりと冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい活気がある。
45分ほど歩いたところでマレーシア風なデザインの露天のラズベリー屋を見つけた。
ラズベリーはアクラの特産品でおいはこれに目が無い。
逆立ちする恍惚とした露天商にラズベリーの値段を尋ねると「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!67セディです。」と英語で言われ、
あまりの安さに情けない社交ダンスするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいマリ共和国の伝統的な踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感覚なのにまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に再起動するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのラズベリー、よくばって食べすぎたな?

ファイナルアンサー?

旅行 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク