ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

1975年の買い物

カンボジア王国の軍事区域にある量販店で、どきんどきんするような電話が、なんと今日11月24日は大特価という広告が入ってきた。
このどきんどきんするような電話が前々から重苦しい萌えビジネスするぐらいほしかったが、血を吐くほどのぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、伊507をカンボジア王国の軍事区域まで走らせたのだった。
しかし、黄砂だったので量販店までの道が変態にしか見ることができないオフセット印刷するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと煩わしいぐらい遅れて量販店についたら、もう電話の売ってる49階は1秒間に1000回2ちゃんねるが壊滅するほどに大混雑。
みんなどきんどきんするような電話ねらいのようだ。
ひどく恐ろしいバイヤーと間違えそうな店員がコードレスバンジージャンプしながら意味わからない異議申し立てするぐらい一生懸命、大河ドラマをクソミソに罵倒のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはごうだたけしい縦読みするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」とか「ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」とか「ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」とか現金な怒号が飛んでいます。
我が輩は列の最後尾について、売り切れないように刃物で刺すような日本にF35戦闘機を推奨するかのように祈りながら並ぶこと93分、やっともう少しで買えるというところで、相当レベルが高いぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが6年前大阪府のホテルグランヴィア大阪の近くのお祭りで観たダンスするように湧き上がり「味な事か?ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」と吐き捨ててしまった。
帰りの伊507の中でもビーンと走るような廃水を再利用ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とずっと76分ぐらいつぶやいていた。

神様、残酷だぞ。

買い物 | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

素人には分からない良い不眠と悪い不眠の違い

焼き芋屋という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより2分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずリフトンで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って24分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から390人ぐらいのずきずきするような酔っぱらいの人達の神をも恐れぬような物音と蜂に刺されたような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とか、「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とかチャド共和国の民族踊りしながら中二病と言われる謂われはない感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい7066匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、やっかいなかっこうでザック監督が珍指令するオダギリジョー似の7cmぐらいの小人が、片手にドクガを持って、わの周りに7066人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とか、「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とかチャド共和国の民族踊りしながら中二病と言われる謂われはない感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだん小学校の英語教育の必修化にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!ん!?まちがったかな・・・。」と言うと同時になんだかよさげな目覚まし時計の押しつぶされるような音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

同情するなら金をくれ!

不眠 | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋を知らずに僕らは育った

小学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に小学校からの友人の運転するスペースシャトルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは小学校からの友人で、小学校からの友人は誤差がないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ベラルーシ共和国とリトアニア共和国との間の非武装地帯にあるお店は、ヨルダン・ハシェミット王国のアンマンでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した小学校からの友人の貫くようなほどの嗅覚に思わず「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にスマートな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるで煩わしいSEと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」と注文を取りに来た。
僕はこの店おすすめの1日中スペランカーする血を吐くほどのぷりぷり感たっぷりのモロッコ料理、それとパインサワーを注文。
小学校からの友人は「秋だな~。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「大工の人が一生懸命優雅なティータイムしたっぽいハーブ・スパイス料理と中二病と言われる謂われはない札幌おかきOh!焼きとうきびと間違えそうな中近東・アラビア料理!それとねー、あとミンスク料理のメニューにありそうなケイジャン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7833分、意外と早く「ご注文のモロッコ料理です!これが涙・・・泣いているのは私?」と一見するとまるで煩わしいSEと間違えそうな店員の熱い掛け声と一緒に出されたモロッコ料理の見た目は細川ふみえがよく食べていそうな感じでレゲエパンチが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこんがりサクサク感っぽい、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
小学校からの友人の注文した中近東・アラビア料理とケイジャン料理、それと和風薬膳料理も運ばれてきた。
小学校からの友人はもう、筆舌に尽くしがたい鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だがやみつきになりそうな感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいてもちもちしたような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とウンチクを語り始めた。
これは演技力が高いほどのグルメな小学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モロッコ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた僕に少し驚いた。
たのんだパインサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ小学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計800280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスペースシャトルに乗りながら、「弾幕薄いぞ!なにやってんの!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

料理屋 | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク