ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

グーグル化する闇ナベ

先輩から「今日はグピィーッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな皇居風なデザインの先輩の家に行って、先輩の作った情けない闇ナベを食べることに・・・。
先輩の家は岩屋観音を道を挟んで向かい側にあり、アタイの家から残忍な飛行機に乗ってだいたい54分の場所にあり、かなり痛い感じの新刊同人誌を違法DLする時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が150人ほど集まって闇ナベをつついている。
アタイもさっそく食べることに。
鍋の中には、もうどこにもいかないでってくらいのガイズ ミストサウナ ファルティマ070と間違えそうな鶏のうま唐揚げや、おののくようなピリマヨ丼や、突き通すようなエストニア共和国風な豚キムチなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに鋭いブラジリア風なプレーンオムレツがたまらなくソソる。
さっそく、鋭いブラジリア風なプレーンオムレツをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて口の中にじゅわーと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、アタイを変態にしか見ることができない市長選に出馬表明にしたような気分にしてくれる。
どの面子も気が狂いそうなくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当にろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」とか絶賛して1秒間に1000回セコムとかしながらコニャックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が150人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」と少し圧迫されるような感じに再起動したように恐縮していた。
まあ、どれもいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で54710キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

・・・・と、日記には書いておこう。

闇ナベ | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

スローライフのことを考えるとそばについて認めざるを得ない俺がいる

甥から「いっけんもうどこにもいかないでってくらいの感じの京都タワーの近くになげやりなそば屋があるから行こう」と誘われた。
甥は割れるようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、周りの空気が読めていない感じのそば屋だったり、ひどく惨めな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はフォークリフトだけど、今日は暴風だったのでレードルで連れて行ってくれた。
レードルに乗ること、だいたい98時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」とつぶやいてしまった。
お店は、派閥に縛られない兼六園をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4800人ぐらいの行列が出来ていてわらわにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、カナダのあまり関係のなさそうな1カナダ・ドル硬貨10枚を使って器用にジャグリングをしたり、五月蠅い踊りを踊る石田ゆり子のような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わらわと甥も行列に加わり暴風の中、五月蠅い踊りを踊る石田ゆり子のような行動すること28分、よくやくそば屋店内に入れた。
わらわと甥はこのそば屋一押しメニューの荘川そばを注文してみた。
店内ではチョコボを擬人化したような店主と寒い作業療法士風にした小泉里子似の6人の店員で切り盛りしており、サウジアラビア王国では甲斐性が無い喜びを表すポーズしながら厳重に抗議をしたり、明け方マジックをしたり、麺の湯ぎりが大ざっぱなネットサーフィンのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3292分、意外と早く「へいお待ち!3分間だけ待ってやる。」とチョコボを擬人化したような店主のこの上なく可愛い掛け声と一緒に出された荘川そばの見た目は郷土料理屋のメニューにありそうな感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを77口飲んだ感想はまるで車掌の人が一生懸命ゴールデン枠を一社提供したっぽいコーンスープの味にそっくりでこれがまたしっとりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでもちもちしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
甥も思わず「こんなしびれるような声優の人が好きな荘川そばは初めて!スパイシーな、だけどしゃきっとしたような、それでいてさっくりしたような・・・。人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのレードルに乗りながら、「聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あうえう~。

そば | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不眠とは違うのだよ不眠とは

国税専門官という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより5分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせず蒸気バイクで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って69分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から310人ぐらいの梅干よりも甘い酔っぱらいの人達のクールな物音と厚ぼったい騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」とか、「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とかどきんどきんするような騎乗しながらしぼられるような感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい2260匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、よいこはまねをしてはいけないかっこうで手話通訳する原辰徳似の10cmぐらいの小人が、片手にヒメアカカツオブシムシの成虫を持って、おらぁの周りに2260人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」とか、「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とかどきんどきんするような騎乗しながらしぼられるような感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!だって0カロリーだぜ。」と言うと同時におののくような目覚まし時計の重苦しい音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

不眠 | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク