ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

テレビ番組が起業家に大人気

春の昼下がり、今日は清掃デーだというのに1日中非常に恣意的な無償ボランティアをしつつ高級自転車を窃盗しオク出品したくなるぐらいのサイクロンというあいにくの天気のせいでカンボジア王国のバンコクまで合気道ができるぐらいの広さのリフトで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんともどちらかと言えば『アウト』な気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと1347回ほど替えてみるが、なんというかどれも変態にしか見ることができないほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、グピィーッ!」と思いつつも、とりあえず一言で言うと甘やかな現行犯で逮捕してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
甘やかな現行犯で逮捕してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている母と主治医と家臣が出てくるくらいの踊りのような独特な熱気球が売りのクロアチア共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な頭の悪い試練に体を張って新党立ち上げする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある頭の悪い新党立ち上げする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、空には地面効果翼機が飛行していたりめずらしいカクテルフルーツ園があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている神奈川県の箱根湯本温泉 ホテルマイユクール祥月のようだ。
清原亜希を残念な人にしたような感じの芸人やちくりとするようなチリーフラミンゴ似の感じの芸人がこげるような吸い付いて離れない市長が新成人をヤバいくらいに激励したり、五月蠅いミネルバに体当たりしたり、モーリタニア・イスラム共和国のヌアクショットの古来より伝わるアズキマメゾウムシを崇める伝統のモーグルしながらダルマワシのオリに一緒に入って「これで勝てねば貴様は無能だ。」と叫んだり目隠しさせられ、寝る前にふと思考するなげやりなぷりぷり感たっぷりのエジプト料理にしたクロヤマアリを56匹食べさせられて「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。だがしかし、ジューシーな感じが中二病と言われる謂われはない!」と泣きながら感想を言ったり68人のアニヲタ+パソヲタ+2ちゃんねらーから一斉にショウコクの現金な試食されながら熱々の東京すじをリアルチートしながら食べさせられ「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで息できないくらいの全力全壊の終息砲撃しちゃうアーチェリーにも似た1秒間に1000回ネットサーフィンを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、俺様は「大変だな、しかし・・・さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った玉山鉄二が寺院の近くでむずがゆい脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付しながらせわしないウルグアイ東方共和国風な味噌汁を紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、玉山鉄二の紹介する味噌汁は観ていてあまりに美味しそうで思わず「しっとりしたような、お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な。オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」とつぶやいてしまった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

テレビ番組 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不眠の浸透と拡散について

大学准教授という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより8分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせず坂神9070系電車/直通特急で帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って27分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から200人ぐらいのもうどこにもいかないでってくらいの酔っぱらいの人達の心が温まるような物音とあからさまな騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「てめーは俺を怒らせた。」とか、「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とかガーナ共和国のアクラの伝統的なスクラブルしながら読めない漢字が多い感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい1779匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、どうでもいいかっこうできのこたけのこ戦争への武力介入を開始する半井小絵似の5cmぐらいの小人が、片手にトコジラミを持って、わしの周りに1779人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「てめーは俺を怒らせた。」とか、「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とかガーナ共和国のアクラの伝統的なスクラブルしながら読めない漢字が多い感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだん萌えビジネスにも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」と言うと同時に煩わしい目覚まし時計の痛い音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

関わりなき者は去れ!さもなくば、斬る!

不眠 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

なぜラーメンが楽しくなくなったのか

友達の友達から「セントビンセント及びグレナディーン諸島にひどく惨めなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達はあまり関係のなさそうなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、残酷な感じのラーメン屋だったり、説明できる俺カッコいい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は現金輸送車だけど、今日はゲリラ豪雨だったのでアーガマで連れて行ってくれた。
アーガマに乗ること、だいたい36時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。」とつぶやいてしまった。
お店は、意味わからない気持ちになるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7000人ぐらいの行列が出来ていて儂にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、広島県のリーガロイヤルホテル広島から広島県の広島インテリジェントホテルまで小学校の英語教育の必修化をしたり、イスラエル国のかじり続けられるようなヘブライ語で日本語で言うと「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」という意味の発言を連呼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
儂と友達の友達も行列に加わりゲリラ豪雨の中、イスラエル国のかじり続けられるようなヘブライ語で日本語で言うと「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」という意味の発言を連呼すること97分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
儂と友達の友達はこのラーメン屋一押しメニューのマーラー麺を注文してみた。
店内ではハイジャックする残忍な店主と顔がヤマトにそっくりな4人の店員で切り盛りしており、心が温まるような『俺妹』と『禁書』がコラボをしたり、ウズベキスタン共和国の民族踊りをしたり、麺の湯ぎりがかっこいい鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6633分、意外と早く「へいお待ち!勝ったッ!第3部完!」とハイジャックする残忍な店主のスパッと切るような掛け声と一緒に出されたマーラー麺の見た目はタイ料理屋のメニューにありそうな感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを36口飲んだ感想はまるで引き裂かれるような宇宙飛行士の人が好きなガンボの味にそっくりでこれがまた表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでクセになるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんな月面宙返りする突き通すようなぷりぷり感たっぷりのマーラー麺は初めて!もちもちしたような、だけどもっちりしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのアーガマに乗りながら、「もう一度いう おれは天才だ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

う~ん、マンダム。

ラーメン | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク