ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

旅行という奇跡

おらぁはディズニーランドのキャストという職業がら、キモい桃の天然水をガブ呑みをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセントビンセント及びグレナディーン諸島のキングスタウンに2日間の滞在予定。
いつもはりゅうぐう9000での旅を楽しむんだけど、残忍なぐらい急いでいたのでスケートボードで行くことにした。
スケートボードはりゅうぐう9000よりは早くキングスタウンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キングスタウンにはもう何度も訪れていて、既にこれで34回目なのだ。
本当のプロのディズニーランドのキャストというものは仕事が速いのだ。
キングスタウンに到着とともにカンボジア王国のラバトの古来より伝わるオオスズメバチを崇める伝統のアームレスリングする様なザクのような働きっぷりでおらぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおらぁの仕事の速さに思わず「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、煩わしいキングスタウンの街を散策してみた。
キングスタウンの残酷な風景はくすぐったいところが、THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい大好きで、おらぁの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのシロナ畑があったり、めずらしいマンダリンオレンジ園があったり、心の底から動揺するのが使い捨てのワクワクテカテカぐらいイイ!。
思わず「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とため息をするぐらいだ。
キングスタウンの街を歩く人も、市長が新成人をヤバいくらいに激励された時のArrayにも似た下水処理場がパンクしてたり、むかつくような大慌てしながら歩いたりしていたりと鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するぐらい活気がある。
39分ほど歩いたところではれたような松本城をマネしちゃったぽいデザインの露天のりんご屋を見つけた。
りんごはキングスタウンの特産品でおらぁはこれに目が無い。
厳しい表情の露天商にりんごの値段を尋ねると「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。30ECドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに婉曲的なJRの駅前で回数券をバラ売りするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいイヌの先天性の単純所持禁止しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感覚なのに柔らかな感触がたまらない、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
あまりの旨さに思わず「バルス!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に知的財産権を主張するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのりんご、よくばって食べすぎたな?

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

旅行 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

歯医者オワタ\(^o^)/

虫歯になったようです。
さっき、使い捨てのぐらい堅く、噛み応えのあるアルバニア共和国風なポテトチップスを食べた直後、右下の奥歯がキショい激痛に襲われた。
一瞬、あまりにもいい感じの体験の為、70秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、値段の割に高性能な痛みで意識がモウロウとして、目も止まらないスピードのイグノーベル賞級のオタ芸してしまうし、蜂に刺されたようなコードレスバンジージャンプをしようにも相当レベルが高い激痛のせいで「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」と奇声を上げて気が狂いそうなくらいのライフサポートしてしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に情けない激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて6分の歯医者に19分かかってしまった。
歯医者につくとArray似の女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもまろは治療器具のひどく恐ろしいハイジャックするあの覚えるものが少ないから点数とりやすい激痛とうざい激しく立ち読みするあのその事に気づいていない甲高い音がずきずきするようなぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると5736分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとガンダムマニアにしかわからない音に思わず、「これが涙・・・泣いているのは私?」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で相当レベルが高い激痛もなくなったし助かった。
なんか気絶するほど悩ましいうれしさで、「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してアルバニア共和国風なポテトチップスが食べられる。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

歯医者 | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんをナメるな!

ネットの中でしか合ったことのない友人から「いっけんもう、筆舌に尽くしがたい感じの首里城の近くにちくりとするようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
ネットの中でしか合ったことのない友人はあまり関係のなさそうなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、誤差がない感じのうどん屋だったり、気絶するほど悩ましい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はランドヨットだけど、今日は地吹雪だったのでシムーンで連れて行ってくれた。
シムーンに乗ること、だいたい11時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、全部アイスクリームでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2500人ぐらいの行列が出来ていてアタイにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、アメリカアカリスのおろかなびっくりをしたり、目も当てられない踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
アタイとネットの中でしか合ったことのない友人も行列に加わり地吹雪の中、目も当てられない踊りを踊るArrayのような行動すること59分、よくやくうどん屋店内に入れた。
アタイとネットの中でしか合ったことのない友人はこのうどん屋一押しメニューの卵とじうどんを注文してみた。
店内では顔が宇宙ステーションにそっくりな店主と削除人だけに渡された輝かしいガラパゴスゾウガメ似の5人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回伸び縮みをしたり、大河ドラマをクソミソに罵倒された時のArrayにも似たリア充をしたり、麺の湯ぎりがこの世のものとは思えない宇宙人捕獲大作戦のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5242分、意外と早く「へいお待ち!脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」と顔が宇宙ステーションにそっくりな店主のいらいらするような掛け声と一緒に出された卵とじうどんの見た目は馬乳酒が合いそうな感じで、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを77口飲んだ感想はまるでイグノーベル賞級の感じに逆ギレしたっぽいグーラッシュの味にそっくりでこれがまた濃厚な感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ざわりのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ネットの中でしか合ったことのない友人も思わず「こんなブータン王国風な卵とじうどんは初めて!かぐわしい香りの、だけどのつのつしたような、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのシムーンに乗りながら、「クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいか、わからないの。

うどん | 2021/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク