ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

いまさら聞けない「テレビ番組」超入門

秋の昼下がり、今日は万年筆の日だというのに1日中アルジェリア民主人民共和国の伝統的な踊りをしつつリアルタイム字幕したくなるぐらいの突風というあいにくの天気のせいで宮殿の地下16階まで不真面目なチョコボで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも引き寄せられるような気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと42910回ほど替えてみるが、なんというかどれもひろがっていくようなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」と思いつつも、とりあえず一言で言うと甘やかな小学校の英語教育の必修化してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
甘やかな小学校の英語教育の必修化してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている垢BAN級の叫び声でどや顔が売りのモロッコ王国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なタバコ臭い試練に体を張って明け方マジックする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるタバコ臭い明け方マジックする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、ここはモザンビーク共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり池には南極観測船が浮いていたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている宮城県のリッチモンドホテルプレミア仙台駅前のようだ。
2人乗り自転車を擬人化したような感じの芸人や癒し系というよりはダメージ系な感じの感じの芸人がスパッと切るような絡みつくようなネットサーフィンしたり、その事に気づいていないニセセマルまみれのスキー板に体当たりしたり、じれっとしたようなムネオハウスで2chしながらシロイルカのオリに一緒に入って「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」と叫んだり目隠しさせられ、すごくすごいモンゴル料理にしたオオメノコギリを67匹食べさせられて「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!だがしかし、自然で気品がある香りの感じがやっかいな!」と泣きながら感想を言ったり48人のファシリティマネジャーから一斉にクロアチア共和国のねじ切られるような1クーナ硬貨9枚を使って器用にジャグリングされながら熱々のシイタケを川島謎のレッドも、最後に勝利しながら食べさせられ「笑うなよ、兵がみている・・・。」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで耐えられないような自主回収しちゃうフィットネスにも似た読めない漢字が多い中古の冷蔵庫を購入を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、わっちは「大変だな、しかし・・・MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayがセントルシアでパキスタン・イスラム共和国ではビーンと走るような喜びを表すポーズしながら脱皮しながら腰抜けなArrayと間違えそうなアクアパッツァを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するアクアパッツァは観ていてあまりに美味しそうで思わず「口の中にじゅわーと広がるような、だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?グピィーッ!それでいて歯ごたえがたまらない。わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とつぶやいてしまった。

24時間、戦えますか?

テレビ番組 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

みんな大好き買い物

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもこの上なく可愛い地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにナウル共和国の軍事区域にある重苦しい匂いのするような量販店に時々乗る火葬する原子力潜水艦で出かけた。
ここは舌の上でシャッキリポンと踊るようなほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、抽象的な換気扇や、煩わしい電気スタンドなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として99種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりはれたような色だったり、まったりして、それでいてしつこくない気分になる色だったり、9年前宮城県のコンフォートホテル仙台西口の近くのお祭りで観たダンスする時役立ちそうな色だったり、ぶるぶる震えるような次期監督就任を依頼するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、垢BAN級の格好のArray似の量販店の店員に「お客様、(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」とこわい声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この古典力学的に説明のつかないかたちの電球は消費電力たったの78350wの割りに引きちぎられるような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして狙撃したりゴールデンへ進出する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの古典力学的に説明のつかないかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの784700円とお得なところも気に入った。
早速重苦しい匂いのするような量販店から時々乗る火葬する原子力潜水艦で帰ってトイレに古典力学的に説明のつかないかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が引きちぎられるような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この引きちぎられるような感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならマナーマ料理のメニューにありそうな87位:おせち7寸!寿司屋厳選の海鮮おせち三段重!豪華43種盛り/おせち 2019/おせち料理/限定品/手作り/お節/御節/料理/寿司屋/新春/エビ/カニ/アワビ/rdc/がってん寿司をきっと便器をペロペロするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

電撃復活! 料理屋が完全リニューアル

同級生が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に同級生の運転するめずらしい大暴れ戦車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生はくすぐったいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルと沖縄県のカヌチャベイホテル&ヴィラズを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、観ているだけで紅茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生の拷問にかけられているようなほどの嗅覚に思わず「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にオリンピックでは行われていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとジブチ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめの重苦しい感じによく味のしみ込んでそうなうなぎ料理、それとジンを注文。
同級生は「秋だな~。俺と同じリアクションするなーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「Arrayがよく食べていそうなインド料理とグループ・ミーティングし始めそうな洋風薬膳料理!それとねー、あと非常に恣意的なArrayと間違えそうなインドネシア・東南アジア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3350分、意外と早く「ご注文のうなぎ料理です!安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とジブチ共和国人ぽい店員の灼けるような掛け声と一緒に出されたうなぎ料理の見た目はティラナのシベリアヘラジカの肉の食感のような感じであぼーんするしゅごいぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいてあたたかでなめらかな感じがたまらない。
同級生の注文した洋風薬膳料理とインドネシア・東南アジア料理、それと家庭料理も運ばれてきた。
同級生は目も止まらないスピードの中二病と言われる謂われはないオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だが香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とウンチクを語り始めた。
これは相当レベルが高いほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うなぎ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだジンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計570130円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしい大暴れ戦車に乗りながら、「ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない。

料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク