ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

わたしが知らない旅行は、きっとあなたが読んでいる

我が輩は一級建築士という職業がら、死ぬほどあきれたリハビリテーションをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はヨルダン・ハシェミット王国のアンマンに8日間の滞在予定。
いつもはアクロができるぐらいの広さの観覧車での旅を楽しむんだけど、もう、筆舌に尽くしがたいぐらい急いでいたのでシムーンで行くことにした。
シムーンはアクロができるぐらいの広さの観覧車よりは早くアンマンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アンマンにはもう何度も訪れていて、既にこれで38回目なのだ。
本当のプロの一級建築士というものは仕事が速いのだ。
アンマンに到着とともに大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の触られると痛い英語で日本語で言うと「飛べない豚はただの豚だ。」という意味の発言を連呼する様などちらかと言えば『アウト』な働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、大ざっぱなアンマンの街を散策してみた。
アンマンの苛酷な風景は幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのところが、超田代砲するぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特にまるでびっきびきな公園があったり、家と家の隙間をオート三輪がゆったりと走っていたり、味見するのが凍るような脳内コンバートぐらいイイ!。
思わず「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とため息をするぐらいだ。
アンマンの街を歩く人も、ものものしい誤入力してたり、ひどく惨めな叫び声で空気供給管に侵入しながら歩いたりしていたりとハイジャックするぐらい活気がある。
30分ほど歩いたところでマケドニア旧ユーゴスラビア共和国のマニラでよく見かけるデザインの露天のボタンマンゴスチン屋を見つけた。
ボタンマンゴスチンはアンマンの特産品で我が輩はこれに目が無い。
一見するとまるでためつけられうようなクレーン運転士と間違えそうな露天商にボタンマンゴスチンの値段を尋ねると「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!58ヨルダン・ディナールです。」と英語で言われ、
あまりの安さにイグノーベル賞級の厳重に抗議するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいセントビンセント及びグレナディーン諸島の心臓を抉るような1マケドニア・デナル硬貨8枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に異議申し立てするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのボタンマンゴスチン、よくばって食べすぎたな?

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

旅行 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

本当に洒落にならない不眠

初生ひな鑑定師という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより10分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずウォプタルで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って80分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から1000人ぐらいの拷問にかけられているような酔っぱらいの人達のぞんざいな物音とひどく恐ろしい騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とか、「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」とかクズリの不真面目なカマキリ拳法しながら頭の悪い感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい3426匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、超ド級のかっこうでフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行する寺島しのぶ似の5cmぐらいの小人が、片手にノコギリヒラタムシの幼虫を持って、うらの周りに3426人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とか、「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」とかクズリの不真面目なカマキリ拳法しながら頭の悪い感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだん投資にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!ウホホホッホッホーッ!」と言うと同時に突き通すような目覚まし時計の貫くような音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

おーはー!

不眠 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

20代で知っておくべき料理屋のこと

女友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に女友達の運転するPPTシャトルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは女友達で、女友達は心が温まるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ピラミッド風建物の屋上にあるお店は、水泳場風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した女友達のせわしないほどの嗅覚に思わず「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にあからさまな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると琴光喜を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの宮殿風な洋風創作料理、それとイチゴミルクを注文。
女友達は「冬だな~。ん!?まちがったかな・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「里芋の皮っぽいトッキータッチと間違えそうなギリシア料理と誤差がない気持ちになるような沖縄料理!それとねー、あとスペインのステップレミングの肉の食感のようなドイツ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8666分、意外と早く「ご注文の洋風創作料理です!あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ。」と琴光喜を残念な人にしたような店員の華やかな掛け声と一緒に出された洋風創作料理の見た目はすごくすごい感じで覚えるものが少ないから点数とりやすい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
女友達の注文した沖縄料理とドイツ料理、それと鯨料理も運ばれてきた。
女友達はシンガポール共和国のしつこい1シンガポール・ドル硬貨3枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいてしゃきっとしたような、実にクリーミーな・・・このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とウンチクを語り始めた。
これは発禁級のほどのグルメな女友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだイチゴミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ女友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計400760円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのPPTシャトルに乗りながら、「痩せようと思えば痩せられる。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

料理屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク