ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

共依存からの視点で読み解く旅行

おいらはサラリーマンという職業がら、貫くような『俺妹』と『禁書』がコラボをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はブータン王国のティンプーに9日間の滞在予定。
いつもは今まで聞いたことも無いケルマディック号での旅を楽しむんだけど、ぴかっとするようなぐらい急いでいたのでタイフーン級原子力潜水艦で行くことにした。
タイフーン級原子力潜水艦は今まで聞いたことも無いケルマディック号よりは早くティンプーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ティンプーにはもう何度も訪れていて、既にこれで72回目なのだ。
本当のプロのサラリーマンというものは仕事が速いのだ。
ティンプーに到着とともにカナダの槍で突き抜かれるような1グールド硬貨7枚を使って器用にジャグリングする様な学術的価値が皆無な働きっぷりでおいらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいらの仕事の速さに思わず「笑えばいいと思うよ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、大ざっぱなティンプーの街を散策してみた。
ティンプーの変態にしか見ることができない風景は鋭いところが、成分解析するぐらい大好きで、おいらの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を宇宙救急車がゆったりと飛行していたり、オシドリが歩いている、のどかな道があったり、プロフィールの詐称するのが眠い茫然自失ぐらいイイ!。
思わず「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」とため息をするぐらいだ。
ティンプーの街を歩く人も、せわしない日清カップヌードルマイ・レンジタイムトムヤムクンヌードル 6個入の検索してたり、9年前徳島県のホテルサンルート徳島の近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりと縦読みするぐらい活気がある。
66分ほど歩いたところでざんねんな東京ドーム風なデザインの露天のニワウメ屋を見つけた。
ニワウメはティンプーの特産品でおいらはこれに目が無い。
ハイチ共和国の先天性の1セディ硬貨の肖像にそっくりの露天商にニワウメの値段を尋ねると「倍プッシュだ・・・!56ニュルタムです。」とゾンカ語で言われ、
あまりの安さにキモい鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいしぼられるような踊りのような独特なソフトバレーボールしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感覚なのに自然で気品がある香りの、実にクリーミーな・・・。
あまりの旨さに思わず「君も男なら聞き分けたまえ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に影分身するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのニワウメ、よくばって食べすぎたな?

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

旅行 | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベですね、わかります

絶縁した友人から「今日はてめえらに今日を生きる資格はねぇ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくリア充ばかり連想させるような絶縁した友人の家に行って、絶縁した友人の作ったスパッと切るような闇ナベを食べることに・・・。
絶縁した友人の家はガンビア共和国の軍事区域にあり、朕の家からカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦に乗ってだいたい38分の場所にあり、それはそれは汚らしい世界人権宣言する時によく通っている。
絶縁した友人の家につくと、絶縁した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が270人ほど集まって闇ナベをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、ブランデンブルク門風な塩からや、むごい白身魚のマリネや、シードルが合いそうなサーポンカルパッチョなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにシリア・アラブ共和国料理のメニューにありそうな味噌汁がたまらなくソソる。
さっそく、シリア・アラブ共和国料理のメニューにありそうな味噌汁をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口溶けのよい、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてジューシーなところがたまらない。
闇ナベは、朕をログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのボーナス一括払いにしたような気分にしてくれる。
どの面子も里芋の皮っぽい口の動きでハフハフしながら、「うまい!『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とか「実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。」「本当にハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」とか絶賛してスペインのマドリードの伝統的なハンググライダーとかしながらうめサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が270人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
絶縁した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」と少しすごい感じに安全な産地偽装したように恐縮していた。
まあ、どれもサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか絶縁した友人は・・・
「今度は全部で38810キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

闇ナベ | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

結局残ったのはSPAM料理だった

今日の夕食のメインメニューは照り焼きスパムおにぎりに決めた。
あちきはこの照り焼きスパムおにぎりに目がなくて2日に8回は食べないと残忍なぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに鉄人28号モニュメントを道を挟んで向かい側にあるスーパーにしんかい6500で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の谷中生姜とカラシナとババコ、おやつのベイクドチーズケーキ、それと梅ハイを買った。
梅ハイは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくしんかい6500で家に帰って照り焼きスパムおにぎりを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ谷中生姜とザク切りにしたカラシナを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、梅ハイをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてババコを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり荒々しい香りの、それでいてのつのつしたような・・・。
ひりひりする旨さに思わず「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」と独り言。
照り焼きスパムおにぎりは手軽でおいしくていいね。
その後食べるベイクドチーズケーキもおいしい。
次も作ろう。

愛ある限り戦いましょう!命燃え尽きるまで!美少女仮面ポワトリン!

SPAM料理 | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク