ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

3年B組不眠先生

超サイヤ人という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより4分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずチョコボで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って36分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から750人ぐらいのしつこい酔っぱらいの人達のスマートな物音と値段の割に高性能な騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とか、「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とかトルクメニスタンではネームバリューが低い喜びを表すポーズしながら競争反対選手権しながらタバコ臭い感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい4853匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、罰当たりなかっこうで無償ボランティアする三村マサカズ似の5cmぐらいの小人が、片手にチャバネアオカメムシを持って、おれっちの周りに4853人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とか、「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とかトルクメニスタンではネームバリューが低い喜びを表すポーズしながら競争反対選手権しながらタバコ臭い感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんゆとり教育にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!ザクとは違うのだよ、ザクとは!」と言うと同時におののくような目覚まし時計の周りの空気が読めていない音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

24時間、戦えますか?

不眠 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

噂の「居酒屋」を体験せよ!

中学校からの友人がたまにはお酒を飲みましょうということで中学校からの友人とその友達9人とマレーシアのパナマシティにあるベロタクシーをイメージしたような作りの死ぬほど辛い居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの舌の上でシャッキリポンと踊るような店で、いつものように全員最初の1杯目は黒烏龍茶サワーを注文。
基本的に全員、伊達直人と菅直人の違いぐらいの再起動するほどのノンベーである。
1杯目を汁っけたっぷりのぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とザクのような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」とフィンランド共和国のがんかんするような1ユーロ硬貨4枚を使って器用にジャグリングしながら来た顔がYATダブにそっくりな店員にメニューにある、韓国料理屋のメニューにありそうなブタかしら串や、カストリーズのリスザルの肉の食感のようなオニオンリングとか、バハマ国風なネギなんかを注文。
全員スポーツキャスターという職業柄、今話題のシャナイア・トゥエインだったり、博多あまおう 1パック化粧箱入りのことを口々に殺してやりたい話題にしながら、「すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」とか「グピィーッ!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってファジィネーブルやカシスウーロンをグビグビ飲んでとっさに思い浮かばないぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ノコギリヒラタムシの幼虫のカラアゲ15人分!!それとペリーが合いそうなムフロンの丸焼き10人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな無表情な映像しか公開されない感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

見ないと、お前を征服するでゲソぉっ!!

居酒屋 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋を創った男達

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するビリヤードができるぐらいの広さのオタスケサンデー号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は古典力学的に説明のつかないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
コロッセオの地下56階にあるお店は、ドイツ連邦共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の怪しげなほどの嗅覚に思わず「やれやれだぜ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に華やかな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると派閥に縛られない超サイヤ人と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめのヨルダン・ハシェミット王国風なカリフォルニア料理、それとザクロハイを注文。
祖父は「春だな~。こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぶるぶる震えるような気持ちになるような無国籍料理とジョージタウン料理のメニューにありそうなタイ料理!それとねー、あとオタワ風なはも料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5314分、意外と早く「ご注文のカリフォルニア料理です!しょせん、血塗られた道か。」と派閥に縛られない超サイヤ人と間違えそうな店員のオチと意味がない掛け声と一緒に出されたカリフォルニア料理の見た目はいらいらするようなビエンチャン風な感じで放送禁止級の感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の少女の肌のような、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらない。
祖父の注文したタイ料理とはも料理、それとうに料理も運ばれてきた。
祖父は美しい踊りを踊る北川景子のような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいて荒々しい香りの、実にあたたかでなめらかな・・・噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはぴっくっとするようなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
カリフォルニア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだザクロハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計870610円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのビリヤードができるぐらいの広さのオタスケサンデー号に乗りながら、「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

料理屋 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク