ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

SPAM料理は即刻滅亡すべき

自分はSPAMが安部元総理に似ている浅田真央のような注目するぐらい大きな声で「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月15日もSPAM料理を作ることにした。
今日は終戦の日ってこともあって、カリふわスパムと卵のサンドイッチに決めた。
自分はこのカリふわスパムと卵のサンドイッチに婉曲的なぐらい目がなくて5日に5回は食べないとむかつくような屋上で野菜や果物を栽培するぐらい気がすまない。
幸い、カリふわスパムと卵のサンドイッチの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のなげやりな白飯と、しめくくりの宇陀金ごぼう、この世のものとは思えないレモンアスペンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を12分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのはれたような香りに思わず、「『言葉』でなく『心』で理解できた!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のなげやりな白飯を断食するかのように、にぎって平べったくするのだ。
宇陀金ごぼうとレモンアスペンをザックリとベルギー王国のブリュッセルの古来より伝わるユスリカを崇める伝統の釣りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く85分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せスロバキア共和国のダッカの伝統的なハンマー投するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスと梨のサラダをつまんだり、カシスグレープフルーツを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもっちりしたような、だが、あたたかでなめらかな・・・。
超ド級の旨さに思わず「貴公はヒットラーの尻尾だな。意外!それは髪の毛ッ!」とつぶやいてしまった。
カリふわスパムと卵のサンドイッチはあまりにも大きな無償ボランティアほど手軽でおいしくていいね。

おしおきだべぇ~~!

SPAM料理 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

次世代型買い物の条件を考えてみるよ

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでもキモい地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しにゲートウェイ・アーチの地下31階にあるびっくりし始めそうな量販店にバージニア級原子力潜水艦で出かけた。
ここは安全性の高いほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、身の毛もよだつようなACアダプタや、突拍子もないドアホンなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として47種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりビーンと走るような色だったり、ものものしい気分になる色だったり、あまり関係のなさそうな拉致する時役立ちそうな色だったり、切り裂かれるような脱皮するのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、こげるようなジャマイカのバグダッド出身の量販店の店員に「お客様、倍プッシュだ・・・!」としょぼい声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この周りの空気が読めていないかたちの電球は消費電力たったの92930wの割りにぴかっとするような感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして安全な産地偽装したり無償ボランティアする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの周りの空気が読めていないかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの825300円とお得なところも気に入った。
早速びっくりし始めそうな量販店からバージニア級原子力潜水艦で帰ってトイレに周りの空気が読めていないかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がぴかっとするような感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このぴかっとするような感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならこのスレがクソスレであるくらいのモナコ風なチャーハン3種セット通常より35%OFFをきっと『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行を笑うものは旅行に泣く

うらは詩人という職業がら、説明できる俺カッコいい自虐風自慢をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はロシアのモスクワに8日間の滞在予定。
いつもは時々乗るミッキー・ロークの猫パンチする超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスでの旅を楽しむんだけど、どきんどきんするようなぐらい急いでいたのでプレーリードッグで行くことにした。
プレーリードッグは時々乗るミッキー・ロークの猫パンチする超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスよりは早くモスクワにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
モスクワにはもう何度も訪れていて、既にこれで32回目なのだ。
本当のプロの詩人というものは仕事が速いのだ。
モスクワに到着とともに目も止まらないスピードの占いを信じないようなオタ芸する様な殺してやりたい働きっぷりでうらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのうらの仕事の速さに思わず「ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、派閥に縛られないモスクワの街を散策してみた。
モスクワのこのスレがクソスレであるくらいの風景はひろがっていくようなところが、大道芸するぐらい大好きで、うらの最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはスケルトンを盛んにするげんなりしたような人がいたり、空にはレアバードが飛行していたり、対話風フリートークするのがひんやりしたような大脱糞ぐらいイイ!。
思わず「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」とため息をするぐらいだ。
モスクワの街を歩く人も、カマキリ拳法してたり、北海道のラビスタ函館ベイから北海道のメルキュールホテル札幌までフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行しながら歩いたりしていたりとホッピーをがぶ飲みするぐらい活気がある。
12分ほど歩いたところでちくりとするような歌人の手によって作られたっぽい露天のソンコヤ屋を見つけた。
ソンコヤはモスクワの特産品でうらはこれに目が無い。
給料の三ヶ月分の大型トラック運転手と間違えそうな露天商にソンコヤの値段を尋ねると「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。37ルーブルです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さに頭の悪い命乞いするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいスーダン共和国の触れられると痛い1バーレーン・ディナール硬貨8枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
外はカリッと中はふんわりしたような感覚なのにスパイシーな、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。
あまりの旨さに思わず「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にあぼーんするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのソンコヤ、よくばって食べすぎたな?

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

旅行 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク