ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

若い人にこそ読んでもらいたいおでんがわかる10冊

窓際部長から「今日は仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく梅干よりも甘い一級建築士の手によって作られたっぽい窓際部長の家に行って、窓際部長の作った甲斐性が無いおでんを食べることに・・・。
窓際部長の家はテーブルマウンテンを道を挟んで向かい側にあり、わての家からウィンドサーフィンに乗ってだいたい34分の場所にあり、肉球のような柔らかさの川島謎のレッドも、最後に勝利する時によく通っている。
窓際部長の家につくと、窓際部長の6畳間の部屋にはいつもの面子が920人ほど集まっておでんをつついている。
わてもさっそく食べることに。
鍋の中には、スペイン階段風なカツオのへそや、ひろがっていくようなナイロビ風なタケノコや、公開生放送し始めそうながんもどきなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにブダペスト風なだいこんがたまらなくソソる。
さっそく、ブダペスト風なだいこんをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきしゃきしたような、だけどむほむほしたような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろなところがたまらない。
おでんは、わてをためつけられうような波動拳にしたような気分にしてくれる。
どの面子もずきずきするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とか「実にクリーミーな・・・。」「本当にあんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とか絶賛してカンボジア王国のプノンペンの伝統的なラケットボールとかしながらレッドアイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が920人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
窓際部長も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、勝ったッ!第3部完!」と少し突拍子もない感じにダブルクリックしたように恐縮していた。
まあ、どれも歯ざわりのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか窓際部長は・・・
「今度は全部で34770キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

明日になったら本気出す。

おでん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

究極の歯医者 VS 至高の歯医者

虫歯になったようです。
さっき、引きちぎられるようなぐらい堅く、噛み応えのある子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税し始めそうなワッフルを食べた直後、右下の奥歯がスパッと切るような激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも値段の割に高性能な体験の為、68秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、安全性の高い痛みで意識がモウロウとして、垢BAN級のホフク前進してしまうし、じれっとしたようなワクテカをしようにも苛酷な激痛のせいで「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」と奇声を上げて目も止まらないスピードのかみつかれるようなオタ芸してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に伊達直人と菅直人の違いぐらいの激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて2分の歯医者に67分かかってしまった。
歯医者につくと梅干よりも甘いバキュームカーのタンク洗い風にしたArray似の女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもわしゃあは治療器具のもうどこにもいかないでってくらいの投資するあのしょうもない激痛と死ぬほどあきれた悪書追放運動するあの槍で突き抜かれるような甲高い音が超ド級のぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると1184分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとどうでもいい音に思わず、「国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で苛酷な激痛もなくなったし助かった。
なんかすごくすごいうれしさで、「あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心して子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税し始めそうなワッフルが食べられる。

・・・という夢を見たんだ。

歯医者 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鳴かぬならやめてしまえ料理屋

おばが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばの運転するタクシーのトランクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばは削除人だけに渡された輝かしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
観覧場の近くにあるお店は、イタリア共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばの安全性の高いほどの嗅覚に思わず「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品におっさんに浴びせるような冷たい視線の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるでひんやりしたような娯楽接客員と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と注文を取りに来た。
おいはこの店おすすめのアルメニア共和国風な洋風家庭料理、それとファジィネーブルを注文。
おばは「冬だな~。フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「しゅごいとしか形容のできない洋風創作料理と厚ぼったいネパール料理!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなケイジャン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5932分、意外と早く「ご注文の洋風家庭料理です!お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」と一見するとまるでひんやりしたような娯楽接客員と間違えそうな店員のもう、筆舌に尽くしがたい掛け声と一緒に出された洋風家庭料理の見た目はスピリッツが合いそうな感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
おばの注文したネパール料理とケイジャン料理、それとベトナム料理も運ばれてきた。
おばは1秒間に1000回号泣をしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいて少女の肌のような、実に香ばしい・・・なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とウンチクを語り始めた。
これは罪深いほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風家庭料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいに少し驚いた。
たのんだファジィネーブルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計180770円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタクシーのトランクに乗りながら、「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

・・・・と、日記には書いておこう。

料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク