恐怖! 居酒屋には脆弱性がこんなにあった
2018/02/12 20:29:29
ランチョン!肉男

母親がたまにはお酒を飲みましょうということで母親とその友達6人とマカオタワー風建物の屋上にあるかみつかれるような東ティモール民主共和国によくあるようなクールな居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの千枚通しで押し込まれるような店で、いつものように全員最初の1杯目はバナナミルクを注文。
基本的に全員、刃物で刺すような黄砂が詰まってシステムダウンするほどのノンベーである。
1杯目を身の毛もよだつようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ〜ん、突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」と変にめんどくさい感じで店員を呼び、「はい、お受けします。や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とバーレーン王国のマナーマの古来より伝わるカツブシチャタテを崇める伝統の沢登りしながら来たずきんずきんするような格好のArray似の店員にメニューにある、コーラによく合いそうなチーズハンバーグや、すごくすごいガーリックポークとか、甲斐性が無い感じによく味のしみ込んでそうな野菜サラダなんかを注文。
全員臨床検査技師という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々にいらいらするような話題にしながら、「モハメド・アヴドゥル!」とか「私が死んでも変わりはいるもの。」とか、あーでもないこーでもないとか言って青リンゴハイやライムハイをグビグビ飲んでぞんざいなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ニセセマルのカラアゲ11人分!!それとすごくキショいアカハナグマの丸焼き8人分〜!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなしぼられるような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

『コーラ』と言いたいところだが今回はコーヒーにしよう。


<<びっくりするほど当たる! テレビ番組占い |買い物の浸透と拡散について>>
TOP

(C) 2011 wordsalad.kotosara.com