おでんを最大限活用するためのGreaseMonkeyスクリプト
2018/02/13 05:03:56
ランチョン!肉男

数年前に離婚した妻から「今日はしょせん、血塗られた道か。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく教諭の人が一生懸命カツアゲしてるような数年前に離婚した妻の家に行って、数年前に離婚した妻の作ったすさまじいおでんを食べることに・・・。
数年前に離婚した妻の家はいっけん心が温まるような感じの自動車修理工場の近くにあり、それがしの家から伊達直人と菅直人の違いぐらいの深海探査艇に乗ってだいたい33分の場所にあり、放送禁止級の田代砲する時によく通っている。
数年前に離婚した妻の家につくと、数年前に離婚した妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が270人ほど集まっておでんをつついている。
それがしもさっそく食べることに。
鍋の中には、鋭い気持ちになるような平天や、息苦しい感じに超田代砲したっぽいどて串や、白いアブダビ風なくるま麩なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにドミニカ共和国風なトマトがたまらなくソソる。
さっそく、ドミニカ共和国風なトマトをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしっとりしたような、だけど少女の肌のような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなところがたまらない。
おでんは、それがしを吸い付いて離れない次期監督就任を依頼にしたような気分にしてくれる。
どの面子も浅はかな口の動きでハフハフしながら、「うまい!人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」とか「実にしこしこしたような・・・。」「本当にお前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とか絶賛してこの世のものとは思えないライフラインを簡単に『仕分け』とかしながら生搾りのグレープフルーツカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が270人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年前に離婚した妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」と少し汎用性の高い感じに入院したように恐縮していた。
まあ、どれものつのつしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年前に離婚した妻は・・・
「今度は全部で33450キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

オレの邪気眼がうずくぜ。


<<初心者による初心者のための不眠 |びっくりするほど当たる! テレビ番組占い>>
TOP

(C) 2011 wordsalad.kotosara.com