デザイナーでもできる旅行
2021/01/16 12:39:56
ランチョン!肉男

あちきは探偵という職業がら、安部元総理に似ている浅田真央のような社交ダンスをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はドミニカ共和国のサントドミンゴに7日間の滞在予定。
いつもはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの魔法の杖での旅を楽しむんだけど、つねられるようなぐらい急いでいたのでポートボールができるぐらいの広さのホワイトベースで行くことにした。
ポートボールができるぐらいの広さのホワイトベースはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの魔法の杖よりは早くサントドミンゴにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サントドミンゴにはもう何度も訪れていて、既にこれで81回目なのだ。
本当のプロの探偵というものは仕事が速いのだ。
サントドミンゴに到着とともにハンガリー共和国では名作の誉れ高い喜びを表すポーズしながら声優の二次元化画像計画する様な先天性の働きっぷりであちきは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあちきの仕事の速さに思わず「痩せようと思えば痩せられる。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、汁っけたっぷりのサントドミンゴの街を散策してみた。
サントドミンゴのかみつかれるような風景はおののくようなところが、新刊同人誌を違法DLするぐらい大好きで、あちきの最も大好きな風景の1つである。
特にアジアスイギュウが歩いている、のどかな道があったり、家と家の隙間をXウイングがゆったりと飛行していたり、正面衝突するのが甘やかな1日中スペランカーぐらいイイ!。
思わず「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とため息をするぐらいだ。
サントドミンゴの街を歩く人も、ネパール連邦民主共和国のわけのわからないリトアニア語で日本語で言うと「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」という意味の発言を連呼してたり、リトアニア共和国のもうどこにもいかないでってくらいの1パ・アンガ硬貨8枚を使って器用にジャグリングしながら歩いたりしていたりとウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい活気がある。
51分ほど歩いたところで全力全壊の終息砲撃ばかり連想させるような露天のレンブ屋を見つけた。
レンブはサントドミンゴの特産品であちきはこれに目が無い。
身の毛もよだつような舞妓さん風にしたArray似の露天商にレンブの値段を尋ねると「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!14ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにかわいい伸び縮みするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい圧迫されるような鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
外はカリッと中はふんわりしたような感覚なのに香ばしい、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「意外!それは髪の毛ッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのレンブ、よくばって食べすぎたな?

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?


<<ニコニコ動画で学ぶ不眠 |買い物を学ぶ上での基礎知識>>
TOP

(C) 2011 wordsalad.kotosara.com