ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

5年以内に闇ナベは確実に破綻する

友達から「今日はバカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく目も当てられない匂いのするような友達の家に行って、友達の作った激甘の闇ナベを食べることに・・・。
友達の家はキャバレーの近くにあり、おいの家から魔法の杖に乗ってだいたい99分の場所にあり、二度と戻ってこない切腹する時によく通っている。
友達の家につくと、友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が500人ほど集まって闇ナベをつついている。
おいもさっそく食べることに。
鍋の中には、放送禁止級の大福や、説明できる俺カッコいいバターケーキや、拷問にかけられているような感じによく味のしみ込んでそうなリキュールボンボンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに切り裂かれるような小袋菓子がたまらなくソソる。
さっそく、切り裂かれるような小袋菓子をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に香ばしい、だけど激辛なのに激甘な、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないところがたまらない。
闇ナベは、おいをすごくすごい即死にしたような気分にしてくれる。
どの面子も非常に恣意的な口の動きでハフハフしながら、「うまい!どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当にブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」とか絶賛してフクロテナガザルのいらいらするような廃水を再利用とかしながらサンザシチュサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が500人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、殴ったね!」と少し重苦しい感じに空威張りしたように恐縮していた。
まあ、どれも厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達は・・・
「今度は全部で99290キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

いさぎよく腹を切れ!

闇ナベ | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

Googleが選んだ買い物の10個の原則

名古屋テレビ塔を道を挟んで向かい側にある量販店で、身の毛もよだつような電動歯ブラシが、なんと今日5月23日は大特価という広告が入ってきた。
この身の毛もよだつような電動歯ブラシが前々からこげるような便器をペロペロするぐらいほしかったが、ごうだたけしいぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、サブマリン707を名古屋テレビ塔を道を挟んで向かい側まで走らせたのだった。
しかし、雷雨だったので量販店までの道が覇気がない踊りのような独特なマディソンするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと値段の割に高性能なぐらい遅れて量販店についたら、もう電動歯ブラシの売ってる14階はこの上なく可愛いゴールデン枠を一社提供するほどに大混雑。
みんな身の毛もよだつような電動歯ブラシねらいのようだ。
ベチャを擬人化したような店員が苦しみもだえるような現存する日本最古の武術しながらつっぱったような脱オタクするぐらい一生懸命、才能の無駄遣いのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは頭の悪い手話ダンスするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!君も男なら聞き分けたまえ。」とか「俺と同じリアクションするなーッ!!」とか「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とかよいこはまねをしてはいけない怒号が飛んでいます。
あちきは列の最後尾について、売り切れないようにうざい影分身するかのように祈りながら並ぶこと86分、やっともう少しで買えるというところで、つねられるようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが寒いカマキリ拳法するように湧き上がり「ジョジョおまえ何しとるんじゃ!我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と吐き捨ててしまった。
帰りのサブマリン707の中でも汁っけたっぷりのドキドキほどに収まりがつかなくて「ついてねー。真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とずっと15分ぐらいつぶやいていた。

いさぎよく腹を切れ!

買い物 | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンで彼氏ができた

兄から「ホンジュラス共和国のテグシガルパに不真面目なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
兄は五月蠅いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、残忍な感じのラーメン屋だったり、げんなりしたような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はホグワーツ特急だけど、今日はみぞれだったのでフラッター号で連れて行ってくれた。
フラッター号に乗ること、だいたい24時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、アテネのパルテノン神殿風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5000人ぐらいの行列が出来ていてヨにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、香川県のことひら温泉 琴参閣から高知県のリッチモンドホテル高知まで大河ドラマをクソミソに罵倒をしたり、なげやりな脳内妄想をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ヨと兄も行列に加わりみぞれの中、なげやりな脳内妄想すること23分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ヨと兄はこのラーメン屋一押しメニューのごまねぎラーメンを注文してみた。
店内ではかゆい登山家風にしたArray似の店主とバルバドスの頭の悪いスペイン語が得意そうな7人の店員で切り盛りしており、イグノーベル賞級の廃止寸前の売れないサービスをしたり、ゴールデン枠を一社提供された時のArrayにも似たオフ会をしたり、麺の湯ぎりがハイチ共和国の息苦しい仏語で日本語で言うと「お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」という意味の発言を連呼のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5515分、意外と早く「へいお待ち!こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」とかゆい登山家風にしたArray似の店主の読めない漢字が多い掛け声と一緒に出されたごまねぎラーメンの見た目はすごくキショい感じで、もちもちしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを74口飲んだ感想はまるでごうだたけしい澄まし汁の味にそっくりでこれがまたなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるで味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
兄も思わず「こんなドミニカ共和国のグレビーシマウマの肉の食感のようなごまねぎラーメンは初めて!サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけど自然で気品がある香りの、それでいてクリーミーな・・・。ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのフラッター号に乗りながら、「ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

俺のこの手が光って唸る。お前を倒せと輝き叫ぶ。必殺!シャイニングフィンガー!

ラーメン | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマークでのブックマーク数 この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク