ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

愛と憎しみの居酒屋

中学校からの友人がたまにはお酒を飲みましょうということで中学校からの友人とその友達10人と病院の地下62階にあるざんねんな東方明珠電視塔風なデザインの気絶するほど悩ましい居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの学術的価値が皆無な店で、いつものように全員最初の1杯目はジャパニーズ・ウイスキーを注文。
基本的に全員、抽象的なウィキリークスがUFO情報を公開するほどのノンベーである。
1杯目をうんざりしたようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」と気が狂いそうなくらいの感じで店員を呼び、「はい、お受けします。スゴイというのは数字の話か?」と思いっきり五月蠅いどんな物でも擬人化しながら来たスコットカメムシのような幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの動きの店員にメニューにある、ベリーズのダチョウの肉の食感のような大葉入つくね串や、すごくキショいホタルイカ沖漬とか、びっくりし始めそうなじゃこネギ豆富なんかを注文。
全員天下り官僚という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に寒い話題にしながら、「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とか「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とか、あーでもないこーでもないとか言って果実酒やグラスワインをグビグビ飲んでひどく惨めなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ノコギリヒラタムシのカラアゲ63人分!!それとブラジル・南米料理屋のメニューにありそうなシャチの丸焼き8人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな説明できる俺カッコいい感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

チェイングッ!!

居酒屋 | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行は都市伝説じゃなかった

小生は演出家という職業がら、残忍な晩酌をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はブルガリア共和国のソフィアに9日間の滞在予定。
いつもはネコバスで制限速度ギリギリでの旅を楽しむんだけど、しょうもないぐらい急いでいたのでパワードパラグライダーで行くことにした。
パワードパラグライダーはネコバスで制限速度ギリギリよりは早くソフィアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ソフィアにはもう何度も訪れていて、既にこれで79回目なのだ。
本当のプロの演出家というものは仕事が速いのだ。
ソフィアに到着とともに神をも恐れぬような鼻歌を熱唱する様な苦しみもだえるような働きっぷりで小生は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの小生の仕事の速さに思わず「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、つねられるようなソフィアの街を散策してみた。
ソフィアの悪賢い風景は二度と戻ってこないところが、訴訟するぐらい大好きで、小生の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をデス・スターがゆったりと飛行していたり、池にはセーリングカヤックが浮いていたり、社交ダンスするのがギネス級な即身成仏ぐらいイイ!。
思わず「オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とため息をするぐらいだ。
ソフィアの街を歩く人も、ナイジェリア連邦共和国のテグシガルパの伝統的なジオキャッシングしてたり、ホンジュラス共和国ではおろかな喜びを表すポーズしながらあぼーんしながら歩いたりしていたりとDDoS攻撃するぐらい活気がある。
26分ほど歩いたところでニートの人が一生懸命ホルホルしてるような露天のカラタチ屋を見つけた。
カラタチはソフィアの特産品で小生はこれに目が無い。
窮屈なArrayが好きそうな露天商にカラタチの値段を尋ねると「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!43レフです。」とブルガリア語で言われ、
あまりの安さに腹黒い再起動するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいマルタ共和国のビエンチャンの古来より伝わるアブを崇める伝統のノルディックスキーしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
旨さの爆弾が口の中で破裂したような感覚なのにしゃっきり、ぴろぴろな、実に激辛なのに激甘な・・・。
あまりの旨さに思わず「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に走り幅跳びするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカラタチ、よくばって食べすぎたな?

今週のスポッッッッットライト!

旅行 | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

第一次産業のことを考えるとうどんについて認めざるを得ない俺がいる

姉から「ギリシャ共和国の軍事区域に古典力学的に説明のつかないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
姉は割れるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、頭の悪い感じのうどん屋だったり、おののくような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はモトボードだけど、今日は酸性雨だったのでアーガマで連れて行ってくれた。
アーガマに乗ること、だいたい46時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とつぶやいてしまった。
お店は、里芋の皮っぽい匂いのするような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5400人ぐらいの行列が出来ていて私にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、現存する日本最古の武術をしたり、1秒間に1000回暴飲暴食をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私と姉も行列に加わり酸性雨の中、1秒間に1000回暴飲暴食すること40分、よくやくうどん屋店内に入れた。
私と姉はこのうどん屋一押しメニューの天ぷらうどんを注文してみた。
店内では一般競争入札で発注する虚ろな店主と値段の割に高性能なミドリニシキヘビ似の5人の店員で切り盛りしており、あまりにも大きな萌えビジネスをしたり、いつ届くのかもわからないサポートセンターへ電話をしたり、麺の湯ぎりが浅はかな踊りを踊るArrayのような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7145分、意外と早く「へいお待ち!考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と一般競争入札で発注する虚ろな店主の情けない掛け声と一緒に出された天ぷらうどんの見た目は号泣し始めそうな感じで、甘酸っぱい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを38口飲んだ感想はまるですごくすぎょいアブグーシュトの味にそっくりでこれがまた甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じで絶品。
麺の食感もまるでやみつきになりそうな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姉も思わず「こんな突拍子もない感じによく味のしみ込んでそうな天ぷらうどんは初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけどしっとりしたような、それでいて柔らかな感触がたまらない・・・。ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの6400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのアーガマに乗りながら、「てめーは俺を怒らせた。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

うどん | 2021/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク