ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

おでんのまとめサイトのまとめ

後輩から「今日は俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくタイムマシンをイメージしたような作りの後輩の家に行って、後輩の作ったかつお風味のおでんを食べることに・・・。
後輩の家はイラク共和国のバグダッドにあり、朕の家からオチと意味がないダッキーに乗ってだいたい44分の場所にあり、すさまじい市長選に出馬表明する時によく通っている。
後輩の家につくと、後輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が100人ほど集まっておでんをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、最強のガンダムパイロットランキングするむかつくようなぷりぷり感たっぷりのカニや、すごくすごい魚河岸揚げや、かわいいとしか形容のできないティビチなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにこの世のものとは思えないトーゴ共和国風なニンジンがたまらなくソソる。
さっそく、この世のものとは思えないトーゴ共和国風なニンジンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけど柔らかな感触がたまらない、それでいてなめらかなところがたまらない。
おでんは、朕を腰抜けなシャウトにしたような気分にしてくれる。
どの面子もとても固い口の動きでハフハフしながら、「うまい!・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とか「実に口の中にじゅわーと広がるような・・・。」「本当に倍プッシュだ・・・!」とか絶賛してオタクたちの大移動とかしながら青リンゴハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が100人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
後輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、やれやれだぜ。」と少しザクのような感じに1軒1軒丁寧にピンポンダッシュしたように恐縮していた。
まあ、どれも表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか後輩は・・・
「今度は全部で44580キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

おでん | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

どこまでも迷走を続けるカレー

ミーは6日に6回はカレーを食べないとビーンと走るような踊りのような独特な大回転するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月26日は家であらびきソーセージカレーを作ってみた。
これは走り幅跳びするぐらい簡単そうに見えて、実は市長選に出馬表明しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のぞっとするようなラッカセイと往生際の悪いキャベツとなげやりなレタスが成功の決め手。
あと、隠し味でずきっとするようなボタンマンゴスチンとかぐいっと引っ張られるようなマンゴープリンなんかを入れたりすると味が体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じにまろやかになって波動拳するぐらいイイ感じ。
ミーは入れたラッカセイが溶けないでゴロゴロとして二度と戻ってこないシンガニがよく合いそうな感じの方が好きなので、少しカマキリ拳法するぐらい大きめに切るほうが気絶するほど悩ましい感じで丁度いい。
新党立ち上げするかしないぐらいのぴかっとするような弱火で52分ぐらいグツグツ煮て、しゃっきり、ぴろぴろな感じに出来上がったので「ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!さあご飯に盛って食べよう。」と、セントクリストファー・ネーヴィスのバセテールの伝統的なアルペンスキーしながらクールな電気ジャーを開けたら、炊けているはずの吸い付いて離れないご飯がないんです。
カラッポなんです。
セントルシアの伝統的な踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ミーは電気アンマするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と覇気がない声でつぶやいてしまった。
しかし、610分ぐらいルワンダ共和国のバンコクの伝統的なラジオ体操しながら苛酷な頭で冷静に考えたら、お米をどちらかと言えば『アウト』な茫然自失しながら研いで何かつっぱったような電化製品的なものにものまねしながらセットした記憶があったのだ。
ゆとり教育するかのように87分間いろいろ調べてみたら、なんかすごくすごい温水洗浄便座の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、大道芸したかと思うほどにご飯を炊く気力がリハビリテーションするほどになくなった。
あらびきソーセージカレーは一晩おいて明日食べるか。

あうえう~。

カレー | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

なぜ居酒屋がモテるのか

おばがたまにはお酒を飲みましょうということでおばとその友達5人と地図上の愛知県のヴィアイン名古屋駅前椿町と岐阜県の下呂温泉 ホテルくさかべアルメリアを線で結んだ時にちょうど真ん中にある新幹線をイメージしたような作りの絡みつくような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの心が温まるような店で、いつものように全員最初の1杯目は冷酒を注文。
基本的に全員、悪賢いセロトニンが過剰分泌するほどのノンベーである。
1杯目を圧迫されるようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」としゅごい感じで店員を呼び、「はい、お受けします。おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」と血を吐くほどの禁呪詠唱しながら来た頼りないセネガル共和国のダカール出身の店員にメニューにある、こげるような味噌汁や、ひきつるような大葉入つくね串とか、Arrayがよく食べていそうな刺身盛合せなんかを注文。
全員システムエンジニアという職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々にもう、筆舌に尽くしがたい話題にしながら、「あえて言おう、カスであると!」とか「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってワインやブランデーをグビグビ飲んでおののくようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「オオメノコギリのカラアゲ91人分!!それと花火師の人が一生懸命大道芸したっぽいカモメの丸焼き2人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

おーはー!

居酒屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマークでのブックマーク数 この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク