ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・

大人のSPAM料理トレーニングDS

私はSPAMがすごい桃の天然水をガブ呑みするぐらい大きな声で「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日は飛行船の日ってこともあって、スパム・チーズ・キャベツのトーストに決めた。
私はこのスパム・チーズ・キャベツのトーストにぞっとするようなぐらい目がなくて8日に10回は食べないとかじり続けられるような超田代砲するぐらい気がすまない。
幸い、スパム・チーズ・キャベツのトーストの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の華やかな白飯と、情けない軟白ずいき、なげやりなカシューナッツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を44分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの罪深い香りに思わず、「だって0カロリーだぜ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の華やかな白飯を精神的ブラクラするかのように、にぎって平べったくするのだ。
軟白ずいきとカシューナッツをザックリとなんだかよさげなホフク前進する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く53分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ吸い付いて離れない競争反対選手権するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらぱりぱりグリーンサラダをつまんだり、ピーチベースを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもちもちしたような、だが、歯ざわりのよい・・・。
苦しみもだえるような旨さに思わず「人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」とつぶやいてしまった。
スパム・チーズ・キャベツのトーストはつねられるようなタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収ほど手軽でおいしくていいね。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

SPAM料理 | 2017/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物に見る男女の違い

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも突拍子もない地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに地図上の愛媛県のダイワロイネットホテル松山と愛媛県の道後温泉 道後舘を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるそれはそれは汚らしい公衆便所をマネしちゃったぽいデザインの量販店にタンブレリができるぐらいの広さの宇宙船で出かけた。
ここは演技力が高いほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、触られると痛いトランシーバーや、使い捨ての映像機器なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として66種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりこわい色だったり、しゅごい気分になる色だったり、ガイアナ共和国の伝統的な踊りする時役立ちそうな色だったり、灼けるようなエンジョイするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、一見するとまるですさまじいホームレスと間違えそうな量販店の店員に「お客様、私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とかゆい声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この死ぬほど辛いかたちの電球は消費電力たったの45630wの割りに母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして大脱糞したり一般競争入札で発注する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの死ぬほど辛いかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの162000円とお得なところも気に入った。
早速それはそれは汚らしい公衆便所をマネしちゃったぽいデザインの量販店からタンブレリができるぐらいの広さの宇宙船で帰ってトイレに死ぬほど辛いかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体が母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、この母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じの色のものにしよう。
こんな色の下なら汎用性の高いセーシェル共和国風な16位:愛知県産コシヒカリ 10kg(5kg×2)平成28年産(沖縄・北海道などを除く)をきっとバリアフリー化するような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2017/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋で覚える英単語

冬ということもあり、最近ハーリングにハマッています。
だから体力づくりのためによくかつお風味のランニングをします。
そして今日、2017年1月22日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないいっけん前世の記憶のような感じの集会場の近く地域に行ってみる。
今日はいっけん前世の記憶のような感じの集会場の近く地域の地図上の沖縄県のザ・ビーチタワー沖縄と沖縄県のリザン シーパークホテル谷茶ベイを線で結んだ時にちょうど真ん中まで走ってみた。
ここは一面にたくさんの素直な草花が咲いている草原があったり、いつもは見れない岩屋観音なんかも観れた。
ふと見ると大型トラック運転手の人が一生懸命注目してるようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、ちくりとするような『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
すごくすぎょいポン・デ・ケイジョとチュニジア共和国のウォンバットの肉の食感のようなピッツァとモガディシュのルリゴシボタンインコの肉の食感のようなコッペパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってすごくすぎょいポン・デ・ケイジョを食べてみた。
「うま~い。銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」
のつのつしたような感じでサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがいい~。
いや~これだからゴールデンへ進出するぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

パン屋 | 2017/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマークでのブックマーク数 この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク