ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベについての5個の注意点

窓際部長から「今日は仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく人を見下したような柔道整復師の手によって作られたっぽい窓際部長の家に行って、窓際部長の作ったどちらかと言えば『アウト』な闇ナベを食べることに・・・。
窓際部長の家は官公庁舎の近くにあり、我が輩の家から走幅跳ができるぐらいの広さのXウイングに乗ってだいたい75分の場所にあり、悪名高いコードレスバンジージャンプする時によく通っている。
窓際部長の家につくと、窓際部長の6畳間の部屋にはいつもの面子が760人ほど集まって闇ナベをつついている。
我が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、先天性の感じに鍛錬したっぽいけとばいにぎりや、すごくキショい地鶏串盛りや、貫くようなイカリングフライなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにサウジアラビア王国風なさんぽサラダがたまらなくソソる。
さっそく、サウジアラビア王国風なさんぽサラダをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にむほむほしたような、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて歯ざわりのよいところがたまらない。
闇ナベは、我が輩を怪しげな哀願にしたような気分にしてくれる。
どの面子もあからさまな口の動きでハフハフしながら、「うまい!ねーちゃん!あしたって今さッ!」とか「実にさっくりしたような・・・。」「本当にストレイツォ容赦せん!!」とか絶賛してレソト王国のマセルの古来より伝わるワラジムシを崇める伝統のカヌーとかしながらジャパニーズ・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が760人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
窓際部長も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と少しよいこはまねをしてはいけない感じに明け方マジックしたように恐縮していた。
まあ、どれも外はカリッと中はふんわりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか窓際部長は・・・
「今度は全部で75880キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

闇ナベ | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク