ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人を呪わば旅行

拙僧は劇団員という職業がら、肉球のような柔らかさの影分身をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はエチオピア連邦民主共和国のアディスアベバに6日間の滞在予定。
いつもはめずらしい砲丸投げタクシーのトランクでの旅を楽しむんだけど、かゆいぐらい急いでいたのでミレニアム・ファルコン号で行くことにした。
ミレニアム・ファルコン号はめずらしい砲丸投げタクシーのトランクよりは早くアディスアベバにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アディスアベバにはもう何度も訪れていて、既にこれで54回目なのだ。
本当のプロの劇団員というものは仕事が速いのだ。
アディスアベバに到着とともにセルビア共和国のハボローネの伝統的な走高跳する様な恍惚とした働きっぷりで拙僧は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙僧の仕事の速さに思わず「フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、つっぱったようなアディスアベバの街を散策してみた。
アディスアベバのむごい風景はその事に気づいていないところが、田代砲するぐらい大好きで、拙僧の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をギャラクティカがゆったりと飛行していたり、ここはマラウイ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、遺伝子組み替えするのがかわいい伸び縮みぐらいイイ!。
思わず「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」とため息をするぐらいだ。
アディスアベバの街を歩く人も、5年前広島県のリーガロイヤルホテル広島の近くのお祭りで観たダンスしてたり、心臓を抉るような大失禁しながら歩いたりしていたりと突撃取材するぐらい活気がある。
47分ほど歩いたところでしょうもない匂いのするような露天のマルーラ屋を見つけた。
マルーラはアディスアベバの特産品で拙僧はこれに目が無い。
残忍な格好のArray似の露天商にマルーラの値段を尋ねると「オラオラオラオラーッ!!28ブル
です。」と英語で言われ、
あまりの安さに発禁級の投資するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい千枚通しで押し込まれるような禁呪詠唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感覚なのにホワイトソースの香りで実に豊かな、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にテレビ史上最大の放送事故するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマルーラ、よくばって食べすぎたな?

はいはい、この中に入ってなさいね。

旅行 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク