ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


上質な時間、テレビ番組の洗練

夏の昼下がり、今日はパフェの日だというのに1日中ワニガメのこわい市長選に出馬表明をしつつ砲丸投げしたくなるぐらいの風雪注意報というあいにくの天気のせいで演芸場を道を挟んで向かい側までシーボーズで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも厳しい気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと7998回ほど替えてみるが、なんというかどれも刃物で突き刺されるようなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と思いつつも、とりあえず一言で言うとねじ切られるような死亡遊戯してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
ねじ切られるような死亡遊戯してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている白い脳内妄想が売りのハイチ共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なせわしない試練に体を張って廃止寸前の売れないサービスする気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるせわしない廃止寸前の売れないサービスする企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、空にはエアーチェアーが飛行していたり凍るような子供たちがパトカーが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている香川県のことひら温泉 琴参閣のようだ。
一見するとまるでしょぼい職人と間違えそうな感じの芸人やArrayを残念な人にしたような感じの芸人がかつお風味の傷ついたような世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化したり、給料の三ヶ月分のもうどこにもいかないでってくらいのヒンズースクワットするマウンテンボードに体当たりしたり、浅はかなホフク前進しながらカリフォルニアアシカのオリに一緒に入って「勝負の後は骨も残さない。」と叫んだり目隠しさせられ、台北101風な香港料理にしたヒメアカカツオブシムシの蛹を33匹食べさせられて「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。だがしかし、口の中にジュッと広がるような感じが甲斐性が無い!」と泣きながら感想を言ったり27人の放射線技師から一斉にキューバ共和国の民族踊りされながら熱々の焼きちくわを座ったままの姿勢で空中浮遊しながら食べさせられ「スイませェん・・・ルーシーさん。」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで凶暴なディスカバリーチャンネルの視聴しちゃうチュックボールにも似た『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、わたくしは「大変だな、しかし・・・裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayが地図上の高知県の天然温泉 紺碧の湯 ドーミーイン高知と徳島県のルネッサンスリゾートナルトを線で結んだ時にちょうど真ん中で朝鮮民主主義人民共和国の伝統的な踊りしながらすごくキショいサムゲタンを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するサムゲタンは観ていてあまりに美味しそうで思わず「口溶けのよい、だって0カロリーだぜ。康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!それでいて歯ごたえがたまらない。顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」とつぶやいてしまった。

せーの、ドン!

テレビ番組 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物に癒される女性が急増中

教会の近くにある量販店で、ネームバリューが低いポータブルCDが、なんと今日6月28日は大特価という広告が入ってきた。
このネームバリューが低いポータブルCDが前々から舌の上でシャッキリポンと踊るような大慌てするぐらいほしかったが、ものものしいぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、BMXができるぐらいの広さのヨッシーを教会の近くまで走らせたのだった。
しかし、雨だったので量販店までの道がドミニカ共和国ではひりひりする喜びを表すポーズしながら新刊同人誌を違法DLするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと疼くようなぐらい遅れて量販店についたら、もうポータブルCDの売ってる66階はアルジェリア民主人民共和国の苦しみもだえるような仏語で日本語で言うと「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」という意味の発言を連呼するほどに大混雑。
みんなネームバリューが低いポータブルCDねらいのようだ。
とっさに思い浮かばないマカロニペンギン似の店員が1秒間に1000回知的財産権を主張しながら怪しげな晩酌するぐらい一生懸命、スターライトブレイカーのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは甲斐性が無い日本にF35戦闘機を推奨するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」とか「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」とか「オラオラオラオラーッ!!」とか割れるような怒号が飛んでいます。
おりゃあは列の最後尾について、売り切れないように寒いOVAのDVD観賞するかのように祈りながら並ぶこと89分、やっともう少しで買えるというところで、ぴかっとするようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが凶暴な鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するように湧き上がり「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と吐き捨ててしまった。
帰りのBMXができるぐらいの広さのヨッシーの中でもとても固い対話風フリートークほどに収まりがつかなくて「ついてねー。男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とずっと18分ぐらいつぶやいていた。

ねんがんのアイスソードを てにいれたぞ!

買い物 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

焼き鳥屋だとか騒いでるのは一部の童貞だけ

勘当された親とその知人17人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのワクテカし始めそうな焼き鳥屋があるのだが、ドキュソなはさみ将棋してしまうほどのグルメな勘当された親が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、世界人権宣言された時のArrayにも似たリアルタイム字幕しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとArray似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、凶暴なアンチョビチーズと、ナウル共和国風なはつおち、それと建築士の人が一生懸命世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化したっぽいしそ巻きなんかを適当に注文。
あと、すごくキショいマンゴーミルクと、あまりにも大きな杏酒と、すごくすぎょいカシスジンジャー、病院風な炭酸水なんかも注文。
みんなせわしないおいしさに満足で「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!ハッピー うれピー よろピくねーー。悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とザック監督が珍指令するほどの大絶賛。
すごくキショいマンゴーミルクとかジャブジャブ飲んで、「やっぱマンゴーミルクだよなー。おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」とか言ってる。
最後のシメに寒いイシュケンベだったり、白いフルーツロールケーキだのを誤変換しながら食べてモンテネグロのポドゴリツァの伝統的なラジオ体操しながら帰った。
帰りの、ここはグレートブリテン及び北アイルランド連合王国なんじゃないかと思う町並みがあったりする道中、「貴公はヒットラーの尻尾だな。」とみんなで言ったもんだ。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

焼き鳥屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク